2010年07月12日

決勝前半終了


感想としては、スペイン、オランダ共によく相手を研究してる。いろんな意味でヨーロッパ同士のサッカーだなと感じた前半だった。

スペインはロッベンをボランチで挟みながら、ディフェンスラインにスナイデルとファンペルシーに専念させるようなディフェンス。このやり方は今日のオランダのシステム考えると妥当。ロッベンの突破から前を組み立てていた最近のオランダを見ての対応。

オランダもビジャをセンターバックで見ながら、たびたび出る横パスのカット重視。スペインの横の動きを封じれば、確かに縦に動くしかない。で、ペドロが縦に、相手の裏を突こうとしてるが、そこはベテランのディフェンスラインがオフサイドライン調整して、ペドロがオフサイド。オフサイド覚悟の動きなんだろうけど、ペドロの動きを見てると、いろいろ工夫しながら動いている。それでもオフサイドになるんだから、オランダのバックラインのほうが上手だったと言える。

ゾーンを消しながらパスコースを制限させるオランダの守りは、今のところうまくいってる。スペインオランダの攻めのパターンを少なくさせている。その分それに気を取られて攻め手を欠いて、やや焦りが見えた。焦りからプレーが粗くなり、荒っぽい削りが目につく。まあ決勝で冷静にやるのは難しいが。

にしてもデヨングのシャビアロンソへのファールはひどかった。これはK-Tじゃないぞ。

そんな中、スペインがしくじってオランダコーナーになった時にオランダがコーナーから直接キーパーにボールを返した光景は、フェアプレーと言える。素晴らしいプレーだった。

後半、どうパターンを増やしていくか、これは楽しみ。
posted by cris at 04:26| Comment(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: