2010年10月19日

月曜の文男


1勝。オペラサンサン。ここでは抜けてた。1500に戻ったのも良かったっぽい。ジャストロードが意外とやれてるし、調子は悪くなさそう。

今週もお楽しみ会が始まり、初日からまた暴走。ホイホイされてきました。ええ。


メインね。吉井竜一はなぜここまで俺の期待を裏切らないのか。さっすがべロシティクビになるだけある。マイネスターライトを渾身の騎乗で4着。また、4着。もう、いいよ…

彼は天才でしょう。狙ってるとしか思えない。ジョイフルビンゴを待ってる。ちょっとあからさまじゃないかこれは…どうも俺が直線で『会長4着!』と叫ぶと3、5着になって、『会長3着!』と叫ぶと4着になる。これは今週末のお客様感謝デーで会長に『マイネスターライトの4着、とっても巧かったです!感動しました!』って言ってやらないと。

最終。ピサノロダン+21キロなら当然買うのはミラクル戸崎、べロシティ(吉井)、文男インパクト。でも信2着はダメだって。おとなしくしてろよ。金曜浦和メインもそうだけど、最近の信は扱いに困る。今に始まった話じゃないけど。

そんな彼、山田信大が今週末の東京競馬場にご来場。東京競馬場4コーナー出口周辺のお客さんにヘルメット配り回らないと。


8レースはムサシモナーク2着。英光に勝たれたのはシャクだけど、ムサシモナーク2着付けしか買ってなかった分一安心。前半遅すぎ。1000m通過が65秒近い。そりゃ前残るわ。


お帰り貴族。ヴァンクルマロンは信じてたよ。信とかいう余計なのがいなければ…


そんな月曜大井、1レースから転がし開始。魔界で転がしてどこまでいくのかちょっとやってみた。

1レースのハーベスト石川で増えた分を⇒2レースのジョージの単⇒3レースのジョージの複⇒4レースの文男の複…なんだ、意外と転がるじゃん。

そして5レースのポエラヴァ慶応大生ですべて消えた。あとで体育館の裏に来なさい。慶応生に8000投資した俺が悪うございました。


大井は前開催より時計が掛かってる印象。あれはヤサカファイン専用馬場だったか。前が残って、外が差せる馬場。7レースとかはハイペースの前崩れという面もあるが。だから余計ヴァンクルマロン貴族は優秀。次も買いたい。そりゃこんな馬場にハイペースなら信が何回も来るわ。


ブックに載ってたけど、ナイセストスターが東京遠征するの?英光とかはご冗談だろうけど、パパが引き続き乗るのかな。駿さんにスイッチするのか、ちょっと気になる。
posted by cris at 01:38| Comment(0) | 昨日の文男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: