2010年11月12日

木曜の文男


1勝。サングエブル。相手の馬が弱いというか、相手の人が弱すぎた。今開催初勝利。もう少し頑張ろう文男。

木曜のムンロは1勝。だんだん成績が上向いてきてる。大井の乗り方が分かってきたということもあるし、各馬2度目の騎乗とかで馬の癖を掴んできたのもあるか。

木曜の会長は…うん。。。


木曜はアスキットクインだけで終わった。競馬に絶対はあった。


その前に実質メイン。内枠競馬にご案内とか書いてる時点で無理ゲー。大外枠のタンゴノセックに勝たれて終了。予想以上に流れが速かった。サザンクロスラリーが垂れるのはしょうがないとして、ラストキングの頑張りは目にとまった。マイルのほうが安定するマイネルセレクトっていうのは前走で学習したが、このペースで粘りこむと後々厄介。
ピエールバスターが馬に戻ってた。さすが文男再生工場。サンキューウインも再生できる気がしてきたぞ。

準メインはロイヤルデジタル完勝。そりゃあね。この枠、この相手で負けてたらもうどうしようもない。

最終。エスプリレッドは外枠も響いたし、前残りの流れだからしょうがない。内枠でまた考えたい。

ネイルセンプーは4着。大丈夫。木曜はこれ以上にひどいのがいたから。まだまだやれる馬ってバレてしまったのが残念。



つまりそうです、5レース。木曜はこれだけでお腹いっぱい。

アスキットクイン吉井竜一4着。なんなの彼は。本気出し過ぎ。チャージ満タンだとこうなるの…

そんなに前に優しい流れではないし、数頭絡んできての逃げ。直線向いて、渾身のステッキで粘りこみを図る会長。しかし、それも残り200mまで。映像で見るとよく分かりますね。残り200で『あぁ…また4着…』と声が出てしまいます。お約束ですね。

9月から今日まで、半数以上が3着から7着って成績もそうだけど、もうあなたが天才だってのはよぉく分かってるから…プリサイスクイーン、マイネスターライト、セレンディビティ、ワンダフルダンサー…なんなの?いじめ?大御所がいなくてこの成績は一部のファンに対する拷問。

『4着はいらない。1着が欲しい。』

誰だこのセリフカッコよく言った男は…


全世界の頂点に君臨する帝王的場文男大先生も、4着率では会長の足元にも及ばない。ワールドスーパージョッキーズシリーズに会長を出場させたい。会長なら未勝利戦でブエナビスタに乗っても4着取るぞ。



そんな感じの木曜日。祝、キングシャーク初勝利!もう勝てないで帰っちゃうのかと思ったよ…しかも初勝利がカントリーホーマwならもっと早く勝てるべ。。。ピエールガルダンでガツーンに勝って今日2勝。なぜ急に。

ガツーンは英光に乗られたのが運の尽きだったな。かわいそうに、せっかく上京して初戦英光とか…

ジョージ巧いな。ボルトプレデターとかもペースが向いたにしろ、よく乗ってる。ダンディシャークが馬券に絡んだらジョージは神。


さて今日金曜は…

セレンディピティ…ワンダフルダンサー…

骨は拾ってください…
posted by cris at 03:41| Comment(0) | 昨日の文男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: