2010年11月26日

木曜の文男


1勝。プルシャンブルー。そうだ、彼は天才だった。。。

まずメインから。たぶんこの決着はあと10年くらい読めないと思う。3番人気⇒5番人気⇒1番人気で決まってるんだけど。スパラート?誰だいそれは。
サミンガードナーが怪しいって思ってた人はけっこう多かったようで、オッズがその不安を表してた。今回の地方勢の中で一番走れるのがナイセストスターだったし、そこにJRA絡めるだけでよかったのか…
サミンガードナーはなんなんだろう。離さなきゃいけないほど怖がりなのか。ただ鞍上の左が制御できてないのか。俺は後者だと思う。とりあえず、違う騎手で見たい。せっかく駿さん乗せ始めたんだし、ちょっと駿さんに替わってほしい。


最終。ヒモで決着。涙目。想像以上に外回す信、中途半端に動かない戸崎さん、そりゃ無理ゲー。プルシャンブルーは鞍上文男の好騎乗。この馬の2コーナーから3コーナーの手応えは、誰が見ても勝つと思えるような、そのくらい楽に走っているように見える。が、ここから追って甘い。で、誰かに差されたり、届かなかったり。
ところが昨日の文男は4コーナーに差し掛かっても追わず。後ろを待って、4コーナー出口まで持ったまま。直線に入ってから追い出し。浦和で逃げ馬じゃないのに持ったまま直線とか、あまりお目にかかれない。しっかり凌いで完勝。使える脚がそこまで長くないタイプなのかもしれない。それをテクニックで補う帝王。シビレましたぜ。プルシャンの走り方は好き。文男とは手が合ってそう。スクワットの時間が短かったけど、好騎乗でした。さすが文男。


9レースはマッチレースに。タイム的にC2ではちょっと速いかなって部類。3着以下に8馬身差つけてたけど、3着以外が弱かったと判断しても良さそう。まあ上位2頭もけっこう走るが。


8レースのサマーファインデイは4着。まああの位置取りだとしょうがない。もう少し前で運んでほしかったけど、外外回したくないっていうおっさんの配慮だったか。JRA勢が弱すぎる。先週のカーネリアンシチーとかは困るけど、弱いのも困りもん。もう少し骨のある馬に来てほしいところ。


7レースのバンブートニーニョは馬の調子を考えたほうがいいくらいの負けっぷり。タカトシの馬券圏内継続記録もストップ。でも、ここでミルエンボイも持ってきたら、タカトシはほんと神の領域に入るところだった。


アヤメヒメはじめちゃんは後ろすぎる。船橋ならあれでも届くけど、浦和は届かない。船橋帰ってもう一回か。


ムンロの落馬は大丈夫だったのか。完全に自分の馬に踏まれてたけど、その後すぐに4レースで乗ってたのには笑った。鉄人だな。そういえば浦和のパドックで馬に腹蹴られて肋骨数本折っても、その一週間後にハワイにゴルフしにいったのもいるからな。何食えばああいう体になるのか。
posted by cris at 04:30| Comment(0) | 昨日の文男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: