2011年01月20日

水曜の雑記


・風邪が治った

と判断して思いっきり叫んだら、ノドの痛みがぶり返した件。


・小林宏之

ようこそ阪神。なんだ、セットアッパーで使うのね。渡辺涙目。とりあえず先発もうひとり欲しいな。頑張れ白仁田。


・で、今季の外人

ザラテは割と楽しみはある。化けるか、そのままか。時代はベネズエラ。群馬もベネズエラの一部だと思いたい。ベチオナッシは分からん。ミートが巧いスイッチヒッター…で、2Aか。器用貧乏とも言うぜそれは。今季も神父さまに期待してようか。


・フィルダー13億…

おい、日本に来たいとか行ってただろ。13億とかもらってたら日本に来れなくなるぞ。当然来るなら西宮だよね。ね?


・メッシュ引退

すごく残念。まだ32歳。肩悪くしたのも今に始まったことじゃないし、今までもなんだかんだやってこれてたけど、ごまかしきれないか…


・カターニャの新監督

シメオネか…それは意外で。ダーティーなイメージがある人だけど、プレーはフェアだった。サッカーについてもすごく紳士だった。セリエでどういうサッカーをやるのか興味がある。


・バベル

ツイッターでこういう展開になるとは予想外だったでしょう。ホッフェンハイムのチーム方針から考えると、バベル獲りは意外。それだけ台所事情が厳しいか。これでリバプールも崩壊間近。立て直す時間がないんだから、名門と呼ばれるチームは難しい…


・白鵬に土

白鵬倒すなら、まずは組まないことが大前提なのかも。『後の先』を極めようとしてる白鵬にしても、少し立ち合いが遅かった気がする。そこから上体の浮いたカタチになってしまっていた。下半身に力入れる前に相撲終わってしまった光景は珍しい。普段の場所より稽古不足という気はする。

『負けて相撲は覚えるもの』というセリフに色々思うところあり。現役力士の中で横綱が一番努力してれば、1強体勢になってしまうか。他の力士が努力してないとは言わないけど、伸び悩む力士が多くなってきてる。


・元.萩原

そろそろ壁を破りたい。魁皇も今年で引退の可能性が高いし、大関に日本人がいないのはいくらなんでも寂しい。


・なぜ最近相撲はつまらないと言われるか

業師が少なくなった。小さい頃、相撲を見始めたころは技のデパート本店や、モンゴル支店、F1相撲、智ノ花、猫騙しの皇司…それがどっこい、最近は何を見せてくれるか分からない力士がほとんどいない。追風海の八艘飛びとか、そういうことやれって言ってるわけじゃなく、意表を突いた攻めのパターンが見たい。朝乃若みたいな力士がまた見たい。


・天龍と前田日明の対談

ありそうでない企画w考えた人には10点あげたいけど、通訳は必要ないのだろうか…天龍と前田日明のカードなら、両国の初場所より席埋まるぞ。


・ヘキサゴンで競艇してた件

偶然見た回に、賞金王決定戦で最内から詰んだ人が出てる偶然。アッキーナに対する香織ちゃんの視線が怖かったお。


・芸人審査

節子とデーブに審査させるのは明らかに間違ってると思う。ジパング上陸作戦の出演を希望。せぇつこぉぉぉぉぉ!
posted by cris at 01:33| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: