2011年01月29日

さて、VSサッカルーズ


かわいそうだよね。サッカルーズって。ユニオンラグビーの代表がワラビーズ、リーグラグビーの代表がカンガルーズ、で、サッカーはサッカルーズ…もう少しなんかあるべ。。。そらまあコアラーズだと迫力ないしな。

で、こと対オーストラリアの話になると、そこまで語ることもなく。6対4でオーストラリアって気がする。かなーり公平に見て。けっこう日本に甘めにつけて、こんな感じに。途中までは五分五分なんだけど、身長差っていうのは大きな要素。あとはバイタルエリアの使い方な。ここらへんでしょうね、攻めのポイントは。

オーストラリアの守備陣はでかくて強い。スウェーデンの最終ラインに近いイメージ。オグネノフスキとかの裏のスペースかを空けるのは意外と簡単にできそうなんだけど、そこに放り込む選手が少ない。藤本はまたちょっと違ったタイプかも。でも、対オーストラリアなら柏木よりも藤本のほうがいい。これは言える。

横から崩すのもいいかも。こういうバックラインは、大概は横から意外と崩せる。裏に飛び出すにしろ、横から崩すにしろ、攻めのキーマンは岡崎でしょうね。更に言えば、岡崎を効果的に使うための前田の位置取り。これが重要になると思う。前田の岡崎の動かし方見てるだけでメシ食べれる試合になれば。


課題のディフェンス。サイドバックよりも、センターバックとボランチの距離感がポイント。その真ん中のスペースを突いてくるケーヒルを止めるためにはどうするか。マンマークが長谷部の予定だっただろうけど、今日ケーヒルがワントップなのよね。だと今野か吉田麻也。そうなると吉田だよな。右手ですよ、右手。あとはマッケイとキューウェルにスペース与えないことだと思う。今の日本のディフェンスをザルとは言わないけど、ザルに薄い紙貼ったようなもの。今日のラインの動かし方、プレスの時のいてとの距離感、これからヨーロッパの強豪と試合をしていくのなら、今日の試合の持つ意味は大きい。

日本がドイツでオーストラリアにボロ負けした時も、センターバック陣とボランチの真ん中のスペースを突かれての負け。4年ちょっと前と同じことして負けてるようだと、世界とは戦えない。

オジェックは日本のサッカーを知ってる。が、勝てない相手ではない。今のオーストラリアにはまだ穴がけっこう多い。攻めのパターンも標準。ここまで予選のオーストラリアの試合全部観たけど、ウズベキスタンは自滅。そのパターンの半分はつぶせないと、世界相手では厳しい。
脚も止まるのはそんなに遅くない。意外と速く止まる。その前に日本が脚止まったらなんの意味もないんだけれど。

日本には最大のウィークポイントがあるけれど、これに関しては試合後。この試合だけで言える話ではない。

どっちが勝とうと、正直どうでもいい感じが。面白いサッカー見せてくれるほうを応援する。
ラベル:サッカルーズ
posted by cris at 23:38| Comment(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: