2011年01月30日

VSオーストラリア


日本優勝。前半のサッカーだけだと、優勝に値しないと思ったけど、李と長友のプレーを見せてもらったし、ある程度満足。


前半のサッカーは、最高につまらなかった。のんびりうどん食ってた。

つまらないサッカーの原因が、香川の不在による、攻めのパターンの少なさ。とりあえず本田をマークしておけば怖くない。香川と本田のどちらかがチャンスメークする形だった今までと違い、起点が本田だけという状態。
ここで俺が試合前で誤算だったのが、藤本の動きが悪すぎた点。内田と被ってた。内田が上がろうにも、藤本の位置取りがはっきりしない。中途半端。かといって、逆サイドの岡崎は試合を作る選手ではない。これにより攻めのパターンはボランチからのロングパスくらい。でも相手のディフェンス陣は壁。なんの意味もなく、前半終了。

オーストラリアにしたって、もう日本との体格差を生かした攻め中心。特に他に奇抜なパターンはなし。そりゃつまらんサッカーになりますね。

試合が変わったのは後半20分の手前。藤本を下げて岩政入れてから。これによって内田と長友が上がりやすくなって、攻めのパターンが増えた。MF下げてDF入れるあたりが、いかにも監督がイタリア人のチーム。これはいい選手交代だったと思う。
タイミングよく、オーストラリアの足も止まり始めてきた。予想より10分ほど速く止まったかな。ここで振り回してれば、延長前半あたりのオーストラリアはもっと足が止まってたと思うけど。

前半のつまらんサッカーに、オフェンスの課題が見える。前回、対韓国戦でも書いた、『攻めのパターンの少なさ』。前回は本田△が封じられた後の後半のオフェンスが見どころ無し。今日も前半本田封じられて、点が入る気はまったくしない、と。岡崎をサイドに置くサッカーを作りたいみたいだけど、前田が機能してない状態の現在、これはあまりいいとは思えん。前田が機能してないのも問題。自分で突破するならするで、そういう裏を突く抜けだしが欲しいし、岡崎生かすなら、岡崎用のスペースを作る動きが欲しい。

もうひとつ気になったのは、パスカットした後の対応。前半23分のプレーが代表するように、誰かがパスカットするのを待ってるプレーが多い。前線でボールウォッチャーになってては、攻めのパターンの多いか少ないかとか関係なく、それ以前の問題。


延長後半の先制点は長友が最後まで走り続けて生まれたゴール。振り回されたオーストラリアディフェンス陣の足が止まったところで、李が完全にフリー。軸足がしっかりした、きれいなボレー。いいゴールを見た。このシーンは夢に出そう。この試合、唯一面白いサッカーを見せてもらった。ゴールパフォーマンスのサンフレッチェも良かった。シビれた。ベストゴールパフォーマンスはサンフレッチェだな、やっぱ。


ディフェンスはまともになってきてる…ようで、まだまだ未完成。今日はオーストラリアの決定力不足に救われた。今野と長友の間とか、最終ラインとボランチの間のスペースを誰が埋めるかとか、全体の意思疎通がまだ図れていない。これはまあ今後直せるレベルだと思う。延長前半12分の今野と吉田の間とかも、これでいいんかいと思ったプレー。

個人のディフェンスを見ると、まず挙げたいのが、前半31分の吉田のミス。マーク対象から目離すってどういうことよ。二人で挟んでるところにもう一人行く必要はない。ケーヒルから目を離す自殺プレー。

もうひとつ取り上げたいのが、前半12分のケーヒルのポストプレーに対しての対応。吉田と今野が2枚ついたが、ケーヒルに落とされる。ここまではまだしょうがないけど、そのあと落としたところのスペースがフリー。長友がカバー行ってなかったら入ってた。これが試合前指摘した、センターバックとボランチの真ん中のスペース。このスペースの埋め方が問題。誰がここを埋めるのか、はっきりさせないまま試合に臨んでたのかとも思ってしまう。


実況席も面白かった。松木絶好調。延長前半終了間際の本田のミドル、打った瞬間に『入ったぁぁぁ』はワロタwセルジオ越後が松木を空気のごとく扱い、名波が通訳みたいになってた。セルジオ自身、最初は『名波』って言ってたのが、次第に『名波さん』。セルジオ緊張しすぎw『名波、いや名波さん…』どうしたセルジオw

松木の『ハンド!』って、今日何回聞いただろ。『ファウル』『イエロー』『ハンド』だけで解説できるなこの男。そんなにフットボールで『ハンド!』って叫びたかったら、アメリカンフットボールの解説者になればいいと思う。


今日のMVPは岩政か長友でしょう。サッカーが安定したし、ケーヒルだけじゃなく、クルーズに対する守備も良かった。ディフェンス陣で良かったのは長友と岩政。長友の足は止まってなかったし、岩政の体を張った守備も光った。

大会MVPは長友。守備の粗さも前よりマシ。それよりも落ちない運動量。こういうサイドバックは、どこの代表も、どこのチームも欲しい。日本はそういう意味ではラッキーよな。



最後に。日本最大のウィークポイントについて。これはもう露呈しかけてるけど、『統率者の不在』。

このチームは若い。若さは終盤の運動量にいい影響を与えるし、いい意味で常にチャレンジするサッカーをする。が、それを統一するプレーヤーがいない。遠藤がいる中盤はまだいいけど、バックラインの統率者がいない。それを担うのが闘莉王であり、中澤なんだけど、本番は3年後。

日本はここがゴールなの?ここはまだスタート。本番まではあと3年ある。3年を短いか長いか、どう取るかは人それぞれだけど、闘莉王や中澤が3年後もバリバリやれてる保証はない。今の最終ラインから、誰かしらの統率者が出てこなければ、今後守備に課題を抱えて毎回試合に臨むことになる。

いいチームには必ずいい統率者がいる。今の世界の強豪と言われるところは、必ず、そういう選手がいる。スペインであり、バルセロナのプジョルに代表されるような。

日本はスペインのようなサッカーに方向性が向いていると思う。スペインの伝統のサッカーには、必ずいいセンターバックがいた。プジョル以前にも、イエロがいた。ブラジルにもルッシオがいる。

そういうことを考えると、まだまだこのチームは未成熟。逆に言えば、伸びる可能性は大きい。アジアカップ程度で満足しているようでは、面白いサッカーを見せてくれるとは思えない。世界はアジアの比ではない。

とりあえず、次は7月の南米選手権。アジアのサッカーとはまるで違う、個人技で突破してくるサッカー。システマティックなサッカーとはまた違う。そういう相手にディフェンス陣が課題を持って臨めるか、いかに収穫を得ることができるかが、今後のチームの伸びを左右すると思う。



体格という大きな問題もあるが、こればっかりはどうしようもないこと。背丈までは伸ばせん。


このアジアカップ、予選から決勝トーナメントまで、全体の3分の2の試合を見た。感じたのは、アジアのレベルが上がってきたということと、まだまだヨーロッパとは比べられないということ。もうフットボールの中心はヨーロッパ。体格的にヨーロッパのようなサッカーはできないとは思うけど、ヨーロッパにはできないサッカーがあると思う。可能性を感じるサッカーが見たい。そんな感じでまたヨーロッパサッカーを見る日々に戻るとする。

posted by cris at 02:48| Comment(2) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
変なとこ突っ込むけど、アメリカンフットボールで『ハンド』って言葉使うの『イリーガルユースオブハンド』の反則のときぐらいだと思うのだが?
なんとなく気になってね。
Posted by ジョージ at 2011年01月30日 02:58
語弊がありましたね、そんなにフットボールで『ハンド』って使いたいなら、手を使うフットボールに転向しろよ、ということですw

個人的感覚ですが、アメフトのイリーガルユースオブハンドはバスケより厳しく取ってくる分、見てて分かりにくくて…
Posted by ワタル at 2011年01月30日 03:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: