2011年02月01日

長友、インテルか…


さっき速報で知った。

まさかのナツィオナーレ。日本人がインテルに入る日が、ついに来たか…

チェゼーナが昨日FC東京から完全で買い取った時点で、移籍シーズン最終日の今日中にどこかに売りに出されることは分かるけど、まさかのインテル・ミラノ。

仮にスタメン取れば、最終ラインは右から、マイコン、ルッシオ、サムエル、長友…?想像すると楽しい。他の3人は世界的なディフェンダー。メンツだけなら世界最高クラスのバックラインを持つチーム。

確かに左サイドバックは世界的に品薄。120分最後までトップスピートで走り続けられるスタミナ、安定した体幹、アフリカ系にも負けない迫力ある顔…日本人がビッグクラブに行くなら長友だとは思ってたけど、それにしても…

まずはスタメン争いなんだけど、相手はギブか。相手がギブだと迷うぜこれ。スタメン獲ったら、マイコンと長友の両サイドバックが駈け上がってくのか。アツいな。

実はチャンスだったり。正センターバックのサムエルが先月頭に靱帯損傷してるはずだから、急な補強に動いたんだろうインテル。サントンはチェゼーナと交換したし、ギブの使い方次第ではいきなりスタメン…なんて甘くはないか。

獲得に名乗り上げてたのが、リバプール、マンU、アーセナル、ユーベ、バルサ、ビジャレアルなどなど。それだけでも名誉なのに、インテル入りは本当にスゴい。もちろんスタメンを獲ってからがスタートなんだけど、あの多国籍軍の中に名を連ねるだけで、日本サッカー史の歴史を塗り替えたと言える。

おめでとう、長友。
posted by cris at 05:18| Comment(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: