2011年02月26日

ゼロックススーパーカップ2011


いかにもゼロックスって感じの試合だった。互いに探りあいの展開。

PKの末、名古屋勝利。

個人的にこの試合のポイントは、名古屋がダニルソンがいない今、守備面をどう修正してくるのか、鹿島の場合はやはりカルロンがどこまでフィットするのか、という点だった。

名古屋はダニルソンに替わって中村直志。まあでしょうね。闘莉王が上がった時のカウンターをどう処理するのか見てたけど、増川がうまくそれをカバーしてる分前半無失点。楢崎もよく見てたと思う。

その増川から生まれた先制点。これは名古屋、セットプレー練習で何度もやってたとしか思えないプレー。ケネディが先に動いて、闘莉王と増川がほとんど同じ位置から同じタイミングで動くことにより、マークが分散。事実、何もしてないディフェンスがけっこういたし。名古屋だからできるセットプレーだった。藤本のフリーキックもピンポイントだったけど、増川のポジショニングも良かった。闘莉王の引きつけから裏に入るあたりのタイミングはドンピシャだった。

鹿島は新加入選手を入れてどんなサッカーをするのか、その一点だった。完成度自体は悪くなかったと思う。むしろシーズン前の今としては合格点レベルだったはず。
内田がシャルケに行って、マルキーニョスがいなくなって、攻めのパターンが足りなくなってたのは事実。でも、ここにカルロンが入ることを考えると、そんなにマイナスではない。闘莉王と隼磨の間が狙い目だったし、フェリペ・ガブリエルが縦に抜け出そうとしたくなるのも分かる。名古屋の最終ラインの動きはそれを全体でカバーする動き。昨シーズンの反省を生かしてた。

後半の真ん中あたりで野沢が同点弾。素晴らしいフリーキック。縦に落ちてたぜおい。あれは楢崎しょうがない。あそこしかないというところに決められた。

カルロンがどこまでやれるのかは、今日見ただけだとまだ不明。アレックスはジウトン並みには使えそう。いずれにしろ、鹿島も名古屋も、今年大きく崩れることはなさそう。


PKは運の要素も大きいからなんともいえん。

でもさ、なぜ名古屋最初ケネディ使ったよ。ケネディもう少し本気出して蹴れよ。。。3人目のアレックス対決はわざと?wアレックス助走付け過ぎ。助走大きけりゃいいってわけじゃねぇべw


つまり、だ。日本代表監督をストイコビッチかオリヴェイラにしてほしい。日本代表キーパーに楢崎復帰してほしい。川島じゃ見てらんない…
posted by cris at 15:40| Comment(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: