2011年03月02日

助っ人から考えるJリーグ2011


が始まりますね。あとちょっとで。今年はなかなか楽しみなシーズンになりそう。ストーブリーグが意外と動いた。

特に外人。数人挙げると、
マゾーラ(浦和)、カルロン(鹿島)、ピンパォン(C大阪)、ジョルジワグネル(柏)、ホジェリーニョ(神戸)

あとは移籍組で、ガンバに行ったアドリアーノ、浦和に行ったマルシオリシャルデス。

このあたりでしょうかねとりあえず。

ここまでのプレシーズンマッチ見る限り、マゾーラはチート。Jにいていいスピードじゃない。浦和はまだシステムが定着していない分連携ミスが多くて調子よくないけど、連携が良くなれば、マゾーラが活きてくる。ほんと、速さが半端ない。フィンケのサッカーはJでやるにはちょっと厳しかった分、浦和の上昇はあると思う。マルシオリシャルデスの加入も好材料。セットプレーで流れを変えられる選手は大きい。マルシオ日本帰化とかしてくれれば、代表のサッカーは面白くなるのに。

カルロンもフィットしてくれば相当な活躍はできる。長身を生かしてのポストプレーに加えて、足元の捌きが巧いのはゼロックスで分かった。あとはチームにどこまで合わせられるか。鹿島のチームの層の厚さは今年のJではトップ。とにかくカルロン次第。どこまでマルキの穴を埋められるか。

ジョルジワグネルもプレシーズンマッチ見る限り、中盤のブラジル人としては合格点の選手かと。リカルジーニョクラスには働いてくれるかも。柏はもうひとつ、何かのアイディアが欲しい。

ピンパォンはさっきの試合で結果出した。フットサル上がりの選手ってだけで異例。性格も愉快。ピンパォーンのネタはあまり人前でやらないほうがいいと思うがwセレッソはアドリアーノが抜けた分をどこまで埋められるかでしょう。チーム力が上がったとは思えない。

ホジェリーニョは元ブラジル代表。このくらいのビッグネームが来るのは久々。今季補強の目玉だからね、神戸はホジェリーニョ次第。このタイプの中盤は確かに今の神戸に必要だと思うけど、そう思った数年前のドゥドゥ獲った時の柏がダメだったからなぁ…

アドリアーノが加入したガンバは、橋本が今季ダメになったのが痛い。安田も抜けたし、ケガの多い加地がケガしたら、守備力はだいぶ落ちる。チーム力、総合力という点に関しては上位。

昨季優勝の名古屋はダニルソン不在が思った以上に大きい。あれだけ走るアンカーはいない。ケネディ封じられた時の攻めのパターンの足りなさも気になる。もう一枚、攻めの核が欲しいところだと思う。


順位予想になると、
1位鹿島
2位ガンバ大阪
3位名古屋
4位浦和
5位セレッソ大阪or川崎

こんな感じですかね。


最後に。我らがモンテディオ山形。田代と増田が抜けたのは痛い…替わりが船山では足りない気がする。長谷川の奮起が必要。大久保がどこまでフィットしてくるか…最終ラインはルーマニアから来たブラジル人wのウーゴ次第。このマイコンってのは名前間違えて獲ってきたのか?w

posted by cris at 23:20| Comment(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: