2011年03月17日

いらっしゃったか…


『ブラジルでの報道によると、サンパウロがブラジル代表MFルーカスの移籍に関して、チェルシーと合意に達したと明らかにしたそうだ。

17歳の“ニュー・カカー”と評される同選手は、18歳になってからチェルシーに加わることになるとのこと。ルーカスに関しては、ユヴェントス移籍が有力と伝えられ、獲得目前とも報じられていたが、実現に至っていなかった』


ついにルーカスが引き抜かれたか。この世代のブラジルは黄金世代になる可能性があるけど、その中心のルーカスがプレミアへ。

このポジションのブラジル人でプレミアで成功した選手の数が少ないのが難点だけど、個の能力なら、過去のブラジル人選手の中ではトップクラス。ダイヤの原石なのは間違いない。だからサンパウロはルイス・ファビアーノ獲ったのか…じゃないと天秤釣り合わないからな…

プレミアではこの手のブラジル人が通用しないという通説を打ち破ってほしい。

あとはガンソとネイマールがどうなるか…
posted by cris at 16:10| Comment(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: