2011年04月29日

それでいいのかレアルよ


昨日のクラシコを観た人の中には、違うスポーツを観た気がした人もいるかもしれない。

結果はバルサが2-0でレアルを完封。アウェーゴール数も考えると、もはや突破は決定的でしょう。カンプノウで3-0で負けることは考えられないし。


これだけはいいたい。レアルはフットボールに対して紳士なのかどうか。

観てて気持ちいいと思った人はいないはず。後半16分のペペの退場により、バルサ勝利は決定的なものになった。
ポゼッションが70%バルサというとんでもない数字が出たように、確かに試合はバルサ有利に見えた。が、レアル自体は攻めさせてる感覚で、カウンター狙い。そのカウンターに繋がるパスの精度が悪いってのはあったけど、それなりに手応えありの内容だったと思う。

が、ペペの退場ですべてが変わった。国王杯で献身的に走っていたペペのラフプレーにはガッカリ。モウリーニョはペペの退場に不満みたいだけど、この退場は当然の結果。これで退場にならなかったら、フェアじゃない。
アデバヨールのプレーだってそう。本来ならレッドが出てしかるべきプレー。ホームの温情があったとしか思えない流され方だったと思う。

それに対してのモウリーニョが、また審判批判、クリスティアーノは『10人でバルサに勝てない』とか言い始め。もう少しクリーンなフットボールができないのかね、それ以前に。フットボールとは言うけれど、脚の使い方が間違ってる。

そりゃあね、クラシコよ。クラシコクラスになればプレーが粗くはなるさ。バルサのパスサッカー止めるためには、スペース消すために際どいコースを狙って行かなきゃいけないのは理解できる。が、当たると削るは違うって。リーガエスパニョールはこんなプレーが常なの?それはプレミアの役目。

今回にしても、バルサの中盤の展開を止められないのなら、バイタルエリアの手前から両サイドバックとの延長線を結んだあたりのパスコースを丁寧に消して、メッシに2人つけたり、ディアラの生かし方を考えたりすれば、もう少しやりようはあったって。左サイドバックはマスチェラーノだったし、そこまで攻略不可能なディフェンスではなかった。

が、レアルのやったことは、ライン上げる前にラフプレー。いくら一流の技術を持ってて、フットボールが脚を削りあうスポーツだからといえ、相手へのリスペクトが足りないんじゃないの?バルサファンとして、心からそう思う。

バルサもそうよ。いくら挑発的なプレーがあろうが、クラシコはその程度のことを気にする試合ではないはず。なんでピントが退場になってるんだよ…もしバルデスがケガしたらどうしたのよ。準決勝までの苦労が水の泡よ。抗議するなら、もう少し考えて行動してほしい。


とまあそんな話をしてみたけど、試合自体はバルサ有利で。レアルの守備陣がついてこれてない。何かしらの核が必要かもね。マルセロではきついかもしれん。
エジルはそんなに悪くなかったけどなぁ。アデバヨールに替えたってことは、カウンターサッカーを更に押していこうという判断だったのでしょうが、そうするとパサーが足りない。エジルを下げただけではバランスが変わらない気がする。


まあセカンドレグはカンプノウ。レアルが前回よりも攻めてくる⇒ディフェンスラインが高い⇒その裏を突く感じ

のイメージか。とりあえず、もうこんな荒れた試合は、少なくともクラシコでは見たくない。フットボールをやろう。俺は面白いフットボールが好きだ。考え尽くされたフットボールを見せてほしい。
posted by cris at 03:46| Comment(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: