2011年05月13日

木曜の文男


3勝…で、なぜリアンローズで勝てない…ヴァンテージ、コアレスアミーゴは当然として、ケイアイスサノオで妙技発動。いや文男、そこじゃないんだって…ヴァンテージのレースが面白すぎたw


東京プリンセス賞はマニエリスム。クラーベセクレタより2秒1遅い時計。牝馬限定戦ということを考慮しても、差があるなぁ…
別に勝った社台の馬にコメントする気はない。とにかく、リアンローズ。いつもより行きっぷりが悪かったのもあるけど、ハミ噛んでリラックスしていなかった感じに。本当はオーゴンヒリツあたりの位置で競馬する予定だったのに。切れる脚がない分、2コーナー手前で敗北が読めた。しかも4コーナーで詰まり。すべてが後手後手にまわってしまった。
これが2000で持つのか、と言われてると、厳しい。とても厳しい。東京ダービーは残り1ヶ月切ってる。課題の多い敗戦となってしまった。
本番、マニエリスムに戸崎が乗って、クラーベセクレタに文男が乗るというウルトラCがないだろうか…ねーか…

オーゴンヒリツ泰斗は、これで負けたら仕方ない競馬。『泰斗ぉ!そのままぁ!』と、聞き覚えのある声が入ってる気がするwマツリバヤシは馬として終わっちゃったのかな…?

まだ文男への愛が足りないのでしょう。叫んで、その影響で馬が内ラチに激突するくらい愛さなきゃダメなのかもしれない。


最終はコアレスアミーゴ文男。メインの悔しさをここで晴らす。そうだよ、文男。まだ東京ダービーを取る可能性が消えたわけじゃない。ダービー当日、俺を泣かせてくれ。
エドノブラウンを潰す逃げ。この中では一番強かったということ。簡単に当たるレースなんだけど、なぜ1番人気⇒6番人気⇒3番人気で決まったのに、3連単が5番人気なんだろう。おかしいぞ大井。それは前から知ってる。
エドノブラウンは1400とかでてきたら、フツーに一変しちゃう。


10レースはミハタマイラヴ。完勝。2着の遠藤いなきゃ3単あったのに…ミハタがこのメンツで一番強かったし、枠にも恵まれてた。バンタムチョッパーは難しい馬みたいだ。


9レース、勝ったのはケイアイスサノオ文男。転厩初戦だったけど、転厩が効いたのか、ジョージ⇒文男が効いたのか。まあ元々このクラスは勝ってた馬。上杉のとこいても、いずれ文男乗ったでしょう。立花グッジョブ。絶好枠だったし、悩みぬいて、諦めて1番人気と2番人気軸で買ったら棚からボタ餅見つかった。
クールバニヤンジョージね。ネタとネタ足してもいいようにならないもので。


8レースはカスミダンサー。これぞ魔界。こんな決着読めねぇ…今村のおっちゃんがキセンハボクに対する批判として、須田先生をディスってる光景が頭に浮かぶw


7レース、勝ったのはベレンバン。休み明けとクソ騎手だったからね、この馬は。9番人気は致し方ない。ミライブリリアント切って、ツルギマオウ買ったら、金子のおっさんが全然惜しくもない4着。何遊んでんだ俺。


6レースはヒルノカピオン。順当に1、2番人気で決着したのに、それで終わらせない魔界。なぜルドゥーテ…そこはせめて貴族でしょう…


5レース、勝ったのはレーヴドアロー。レーヴド、怖いくらい人気になってたから、単勝多点買い。が、フツーに勝ってしまった…


4レースはヴァンテージ文男。当然でしょうね。切れ味不足を補える馬場。スタート合わなくてまた後ろからいったけど、そこは鞍上が天才。ここから鞍上のショータイムwこれは見てほしいから載せよう。

http://www.nankankeiba.com/liveon/2011051220030404.do

ヴァンテージの頭が高い走法が目につくけど、それ以上に、魔界としてはありえない位置から届いたw
ラスト3ハロンが、12.8-12.7-14.0⇐ここが原因。
文男とジョージ2頭軸にして、1番人気の英光無視して、ヒモにゴールドヘイロー加えればいい簡単なお仕事。
それにしてもこのレースは笑えるw『なんか外からワープしてきたwww』的な。外からビュィィィィンって。効果音加えるとこんな感じ。これ木曜のベストレースだわw

英光ってのが本当にひどい。非常識なハイペースで逃げて、文男のアシスト。ここは礼を言おうか。英光、本当に下手で助かった。


ワンダフルダンサーはちょっと足りなかったな。ブライトカラーズの単は意味が分かる。そういう時に獲りたい。
posted by cris at 02:53| Comment(0) | 昨日の文男 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: