2011年06月13日

POG2011~12シーズン指名馬決定その4


千葉大のPOGも終了。これで一通り終わった、今年のドラフト会議。


そういえばまだ載せてなかった『うまカレ』POGの指名順位から。先週土曜のPOGですね。

1位…アドマイヤトライ(父シンボリクリスエス×母アドマイヤグルーヴ)牡
2位…アドマイヤバラード(父ハーツクライ×母プロモーション)牡
3位…ビキニブロンド(父キングカメハメハ×母モンローブロンド)牝
4位…シェイクスピア(父ディープインパクト×母グレースアドマイヤ)牡
5位…シャンボールフィズ(父キングカメハメハ×母マンハッタンフィズ)牝
6位…ブランクヴァース(父ネオユニヴァース×母クイーンソネット)牡
7位…クランモンタナ(父ディープインパクト×母エアトゥーレ)牡
8位…ロードガルーダ(父アグネスタキオン×母レディブロッサム)牡
9位…ダイワマッジョーレ(父ダイワメジャー×母ファンジカ)牡
10位…カレイドスコープ(父ディープインパクト×母アジアンミーティア)牝

千葉大まで終わったし、すべて公開。7位クランモンタナwリストにも載ってなかったけど、余ってたから獲ったって感じ。完全にお遊び指名といった印象。内訳は牡7頭、牝3頭。


このうまカレPOGの次の日にあった、お馬の会POG。振り返ったけど、一応順位をもう一度。

1位…アドマイヤトライ(父シンボリクリスエス×母アドマイヤグルーヴ)牡
2位…アドマイヤバラード(父ハーツクライ×母プロモーション)牡
3位…シャンボールフィズ(父キングカメハメハ×母マンハッタンフィズ)牝
4位…母ケイウーマン(父ディープインパクト×母ケイウーマン)牡
5位…ロードガルーダ(父アグネスタキオン×母レディブロッサム)牡
6位…マイネエカテリーナ(父アグネスタキオン×母マイネヌーヴェル)牝
7位…ダイワマッジョーレ(父ダイワメジャー×母ファンジカ)牡
8位…カジノロワイヤル(父タニノギムレット×母リビングデイライツ)牡
9位…レイズワーク(父キングカメハメハ×母エイシンアイノウタ)牡
10位…スイートジュエリー(父キングカメハメハ×母スイートテイスト)牝

うまカレPOGと被った馬は5頭。内訳は牡7頭、牝3頭。こっちは本気でやった感じ。


そして千葉大POG。こちらはリスト制。リストがあったということもあり、自分のリストをもう一度再編。作り直して臨んだ。


1位…アドマイヤトライ(父シンボリクリスエス×母アドマイヤグルーヴ)牡
2位…ビキニブロンド(父キングカメハメハ×母モンローブロンド)牝
3位…アルアマーナ(父ディープインパクト×母オネストリーダーリン)牝
4位…ロイヤルチョイス(父リダウツチョイス×母コーラルチャイムズ)牡
5位…ダイワネクサス(父ジャングルポケット×母ダイワルージュ)牡
6位…バーニングジール(父ハーツクライ×母モスコーバーニング)牡
7位…エポキシ(父ディープインパクト×母シーズアン)牝
8位…ストレートラブ(父アグネスタキオン×母ラリーズン)牝
9位…カジノロワイヤル(父タニノギムレット×母リビングデイライツ)牡
10位…ハッピーユーゲント(父ディープインパクト×母プンティラ)牝

牡5頭、牝5頭。4位でディープブリアンテの抽選負けしてから、完全に狂った感。うまカレPOG、お馬の会POG共に2頭指名が被った。
採点すると、うまカレPOGは100点、お馬の会POGは70点、千葉大POGは55点といったあたり。ちょっと辛めにつけて。


寸評付けるけど、すでに書いた馬は短く。初登場中心に。



1位…アドマイヤトライ
(父シンボリクリスエス×母アドマイヤグルーヴ、母父サンデーサイレンス)牡、橋田

すべての団体で1位指名。母アドマイヤグルーヴの仔を指名して3年連続。さすがにもう当たってほしい。執念。後悔はしていない。



2位…ビキニブロンド
(父キングカメハメハ×母モンローブロンド、母父アドマイヤベガ)牝、安田

うまカレ、千葉大の2団体で指名。馬体がこの世代で一番綺麗だと思う。上品。お母さんもラインの綺麗な馬だったけど、そこにキンカメの筋肉が付いて、よりシルエットがはっきりしてる。450キロとは思えない。
父キンカメ×母父サンデー×母母父トニービン×母母母父ノーザンダンサー系が成功していることを考えれば、この馬は血統的下地は十分。

モンローブロンドの娘、ソニックレディの牝系ということを考えれば、距離はマイルまで。が、マイルまでならかなり楽しませてくれるんじゃないかと思ってる。この牝系は去年もノーザンリバーがいたように、好調。



3位…アルアマーナ
(父ディープインパクト×母オネストリーダーリン、母父キングマンボ)牝、石坂

6月26日の阪神でデビュー決定。福永か。『獲りたかった馬』コーナーに書いたので詳細は省くけど、目付きが好き。こういう目たまらない。馬体はキングマンボ系に出た感じ。この馬もマイルあたりまでって感じ。
母がニキーヤの妹ってこともあって、ゴールドアリュールからダートを想像するけれど、ゴルア自体3歳春までは芝で走ってた馬。この馬も芝向きの良質なスピードを持った馬ってイメージ。キングマンボ最強ということで。

この馬の一つ下が、父ディープインパクトの牡馬。去年のセレクトでエイシンに4000万で落とされてる。この馬のケツは当歳とは思えないくらいプリプリしてた。来年のドラフト候補。



4位…ロイヤルチョイス
(父リダウツチョイス×母コーラルチャイムズ、母父サンデーサイレンス)牡、長浜

G1レーシングの1期生。指名したのは千葉大のみ。が、この馬は前のリストでも優先度Aの欄に入ってた。ただ、父リダウツチョイス。そこがどうでるか、それを考えて指名しなかった。千葉大POGでは4位で抽選負けしたため、賭けに出てみた。

父はオーストラリアのリーディングサイアーも獲得した、デインヒル系の名種牡馬リダウツチョイス。母父がサンデー。リダウツチョイス産駒は日本に高い適性を示しているのは、直仔スニッツェルを見れば分かる。
日本でのリダウツチョイスの代表産駒ランリョウオーも、スニッツェルの代表産駒ミッキーマスカットも、どちらも母父サンデー。母父サンデーとはかなり相性がいい。この組み合わせだと距離も持つ。
母コーラルチャイムズはQueen's Statuteの牝系出身。つまりラムタラの近親ですな。ダンジグの3×4っていうなかなか楽しいクロスもあるけど、ダンジグは代を重ねるごとに距離をこなす。
この馬自身も胴長で脚長の、スラっとした体型。いかにもリダウツチョイス産駒。皮膚も薄いし、ハマればある程度の活躍はしてくれるんじゃないかなぁと。


ここまで書いて思ったけど、距離持たない仔ばっかりなんだよな…

ここから先はその5にて。
posted by cris at 02:23| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: