2011年06月13日

POG2011~12シーズン指名馬決定その5


いつまでこのシリーズやるんだか知らんけど、とりあえずpart5まで来た。こりゃ6もあるな。6では、ちょっと変わりどころ、気になった馬とかを中心に取り上げてみたい。何せ400頭はリストアップしたりするように、今回は相当時間かけて調べ、考えた。そのやる気を他に生かせよ俺…


千葉大POG指名馬寸評の続き。



5位…ダイワネクサス
(父ジャングルポケット×母ダイワルージュ、母父サンデーサイレンス)牡、上原

今までリストに載せてたけど指名まではいかなかったパターン。馬体の見栄えはあんまり良いとは言えないけど、全兄が走っちゃってるんだよなぁ。母ダイワルージュにとって最後の仔。牡馬の方がいいみたいだし、ジャンポケ×サンデーも実績十分。ま、あとは走ってくれればいいなぁ程度。その前までがマイラーばかりだったし、牡馬の中距離血統を指名したかったので、ここで指名。



6位…バーニングジール
(父ハーツクライ×母モスコーバーニング、母父Moscow Ballet)牡、荒川

やっぱさ、本格派欲しいじゃん。ということでバーニングジール。ギュスターヴクライのイメージ。ハーツクライは母父トニービンにリファールということで、少し重め。アメリカンな血を入れたほうが素軽くなるんじゃないかなと。
で、選んだのがこの馬。母はアメリカG2勝ち馬。ちょっとスピード色が濃い母系だけど、母父モスコーバレットのドロッセルマイヤーが去年のベルモントステークス勝っちゃったし、距離自体は中距離向きって感じ。遠い親戚にフジキセキ。遠いなほんと。なんだかんだ芝向きだと思うけど…
後ろ脚がちょっと独特な形。まあ気になるほどではないし、成長次第では面白い存在かな。



7位…エポキシ
(父ディープインパクト×母シーズアン、母父ザイーテン)牝、国枝

シーズンズベスト、ビーオブザバン、テンペルの下。牡馬で中距離型連続指名だったから、牝馬の、しかも速攻型に行きたかった。
テンペルもそうだけど、ドナウブルーなどでディープインパクトと好相性のダンジグ。母父ザイーテンはダンジグの息子。となると相性はいいはず。大物感はないけど、ある程度の結果は残してくれるかなぁと。
母は2歳から走ってたし、脚元弱い兄弟の中で、体重軽いから脚への負担はそこまでないはず。ある程度は走ってほしい。ゲート出るんかいな。



8位…ストレートラブ
(父アグネスタキオン×母ラリーズン、母父Labeeb)牝、松田博

母はアメリカG2モリーピッチャーステークス勝ち馬。その初仔。マツパクがかなり吹いてるから敬遠しようと思ってたけど、8位で獲りたい馬が少なくてこの馬に。柔らかいらしいけど、馬体は…そんなにいいのかこれ?まあ期待の繁殖牝馬らしいし、楽しみにしましょう。
いとこにG1を2つ勝ったライオンハート。ダートっぽく見えるけど、母父Labeeb自身芝馬だし、ライオンハートはデンジャラスミッジを出してることを考えれば、この馬もたぶんに芝。
タキオン×ロベルト系も悪くはない。ちょっと軽すぎる気はするけど。マイラーって考えていいのかな…千葉大POGで選んだ牝馬、マイラーばっかじゃん…



9位…カジノロワイヤル
(父タニノギムレット×母リビングデイライツ、母父フジキセキ)牡、二ノ宮

お馬でも指名したカジノロワイヤルをここでも。速攻型の牡馬。いかにも2歳の新潟戦が合いそう。エプソムカップ3着だったセイクリッドバレーと一緒のタニノギムレット×フジキセキ。成長力があるとのこと。
が、例によってグリーンポーラ一族。グリーンポーラ一族でまともな馬がいるのか不安。兄弟が脚元に問題があったけど、この馬はまだなんとか大丈夫。まともな競走生活を送ってほしい。



10位…ハッピーユーゲント
(父ディープインパクト×母プンティラ、母父アカテナンゴ)牝、吉田

『獲りたかった馬』でもあげた、母プンティラ。指名枠にやっと空きができて、指名。ペルレンケッテの全妹ですね。クラブから個人馬主に代わり。しかもプンティラの最初の仔を持ってた馬場さん。まあある程度は走るって下地はありそう。
ドイツ血統の入った馬はどの団体でも1頭は指名する予定だったし、予定通りの指名ではある。母プンティラがドイツ血統。
このプンティラ、去年のペルレンケッテの血統表見て思ったけど、ちょっと複雑な血統構成。アカテナンゴを意識した配合になってる感。ディープの母ウィンドインハーヘアがドイツの重賞アラルポカルを勝ってたけど、ディープ自身、ドイツ牝系との相性はいいと思う。トーセンレーヴはなんだかんだ素質はあるし。まああれは母が凄いけど。
アカテナンゴはスピードも伝えるし、ディープには相性は悪くない。今年母父アカテナンゴのディープは、エックスマークやワールドエースがいる。あっちは注目されてるんだけどね…なんだかんだプンティラはドイツオークス勝ってるんだけど。
ドイツオークス勝ったプンティラの初仔が、1400で走ってるペルレンケッテ。内包してるスピードは相当。そこにドイツ牝系、特にクレペロとかのスタミナ血統と、ディープのスタミナがマッチしてくれば、面白い存在になるんじゃないかなと思ってる。



10位を一番語ってしまった…血統的に一番面白かったし。今後プンティラがどんな種馬つけようが、ちょっと追っかける価値はあると思う。


そんな感じで、近々またその6でも。そこらへんで一区切りつけたいところなんだけど…つけられるだろうか…
posted by cris at 03:48| Comment(2) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ユキチャン引退記念は個人協賛レースです。
事前に協賛金を払って申し込めばある程度希望のレース名のレースが行えます。
Posted by 通りすがり at 2011年06月15日 16:06

そうでしたか!個人協賛なら納得です。

となるとナッシュ引退記念も可能っちゃ可能ですね…彼が川崎で走ることはなさそうですけど。。。
Posted by ワタル at 2011年06月15日 22:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: