2012年01月01日

第88回箱根駅伝展望


今年も箱根駅伝の季節がやってきた。今年も東京箱根往復217.9キロの熱戦が繰り広げられることだろう。


昨年は史上最少着差21秒で早稲田大学が制した箱根。しかし昨年の覇者早稲田は昨年の2冠を獲れず、出雲を東洋、全日本を駒澤が制し、世間での構図は『3強』となっている。


そんな第88回箱根駅伝、上位3校に印を付けるとしたら、

◎駒澤大学
〇東洋大学
▲早稲田大学

となる。優勝候補筆頭は東洋大学と見ていい。堅いが、それだけこの3校のチーム力は抜けている。が、果たして東洋が圧勝という形になるのか、そこを考えてみた。



5区の距離延長により、近年5区を制したチームが確実に2着以内となっている。勝負は5区。5区に計算できる選手がいるチームは強い。

そんな5区の区間記録保持者、柏原が最終学年となった東洋。『1時間16分台で走りたい』と語る彼を考えると、他校のランナーは最低でも19分台が求められる。仮に東洋が4区終了時点で2位以下だったとして、トップで走る大学は、4区終了時点で後続の東洋と3分差が欲しい。

山下りが去年同様市川、復路9区に力のある田中、前回アンカーだった山本が変更で7区あたりに入ることを考えれば、復路で大逆転を望んでの往路はリスキー。柏原が1位でゴールするにしても、往路終了時点で東洋と40秒以内、これが優勝の最低条件と言えるだろう。昨年21秒差で負けただけに、今年は1秒にこだわってくることを考えれば、60秒差は危険水域とも言えそう。


東洋に勝つためには、やはり4区までにどれだけ貯金を作るか、という話になる。弱点を探すならここだろう。3区を変更で設楽にしてくる可能性が高いため、2、3区が設楽兄弟でつなぐとする。設楽兄弟は全日本であまり良くなかったように、昨年ほどの爆発力があるかどうか。

それを考えて今年は安定感ある宇野を1区に持ってきたのだろう。が、近年重要度の増した4区に1年生の田口。小田原あたりまでに7、8位通過ということもあるかもしれない。ただ、3分程度は差ではない柏原。勝つためには、5区のランナーが最低19分台で走らなければいけない。

18分台を出した過去のランナーは、箱根史に残る山上り巧者ばかり。順大・今井や早大・駒野など、18分前半で走れるランナーがいれば別だが、そんなランナーは見当たらず。もし19分台前半なら、勝負はまだ分からないと言えるだろう。


では、その東洋を逆転するならどこか。現状、駒澤大学しか考えられない。

主力が2、3年生と若いチーム。昨年1、2年生で箱根を経験したメンバーが1年経ってより力を付けた印象。若いのに、安定感があるランナーが多い。トラックでのチーム平均タイムは過去の駒澤黄金期と比べても、それ以上。トラックとロードは直結しないとしても、このスピードは柏原を倒すために必要不可欠とも言えるだろう。

復路6区に山下りのスペシャリスト千葉、7区に今季好調の上野、補欠に9区濃厚の窪田を揃え、復路で巻き返す可能性は十分。往路も、エース格となってきた攪上を1区、2区にスーパールーキー村山、3区に次期エース油布と、序盤で崩れないメンバー構成。

そして5区の山上りがキャプテンの井上。高瀬、久我の力のある選手を補欠に回して臨機応変な対応ができることは大きい。


問題は6区、山下りのスペシャリスト千葉だろう。ここ2年区間賞を獲るほど6区と相性のいい千葉だが、今年は故障明け。5区で柏原に逆転されるとして、果たして6区でどこまで逆転できるのか、そこが問題。村山に安定感が出てきた今、3区までに東洋と3分近い差が求められるだろう。復路は駒澤有利。30秒、40秒程度なら逆転は可能。のはず。



そして▲の早稲田。昨年の覇者だが、どうも今年は波に乗れない。原因は故障者の続出。キャプテンの八木、志方、佐々木、前田と、とにかく故障者が多かった。出雲、全日本とも完敗の3位。これだけ故障者がいる状況では致し方ないだろう。

故障明けの選手はだいぶ戻ってきたが、当初の予定では矢沢1区、大迫2区だったはず。それがエントリーは1区大迫、3区矢沢。矢沢のアキレス腱痛が長引いたと見ていい。2区は平賀が入ったが、平賀は昨年ほどの爆発力がない。どうにも今年は完調ではないことを考えると、序盤で奪えるリードはそこまで大きくないだろう。

5区もケガさえなければ佐々木だっただろうが、昨年同様佐々木がケガが長引いた分5区を回避。代わりに1年生の山本が入った。その山本は全日本で1区12位。信頼度ではまだ微妙と言えるだろう。
復路も8区あたりを志方か八木あたりに代えてくるだろうが、それでも駒澤、東洋と勝負するには足りない。山上りで山本がよほどマッチしていない限り、逆転優勝は厳しそうだ。



他大学は一長一短が目立つ。

鎧坂のいる明治は1区から4区までエントリーが1年生。変更はあるだろうが、さすがに心許ない。

最近いい拓殖は日本人エース野本を2区、モゼを3区にエントリー。マイナ投入なら3区ということになり、全体のレベルが上がったことを考慮したとしても、やはり山上りをうまくこなさなければ上位は見えてこない。逆にいえば、山さえ何とかなれば上位に食い込んでこれる。


これは東海大学にも言えて、2区村沢、5区早川という布陣。1区1年生中川が全日本並みの好走をすれば、4区トップでたすきを渡すことは十分考えられる。往路3位以内は十分望めるだろう。ただし、復路が薄い分、ここでどれだけ粘れるか。

中央は戦力が平均以上というのはいつも通り。ここも上位3チーム内というのは相当押しがないと厳しい。日体大も調整不足からここまでの成績はあまり良くないが、選手起用がハマれば、5位以内は可能と読む。


以上のことを総合して印を打てば、

◎駒澤大学
〇東洋大学
▲早稲田大学
△東海大学
△拓殖大学
△日本体育大学

こんな感じでどうでしょう。


さて、スタートまで残り9時間ほど。今年はどんなドラマが見れるのか。第88回箱根駅伝、出場20チームすべてのタスキが繋がることを祈る。
タグ:箱根駅伝
posted by cris at 22:56| Comment(0) | いろんなスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: