2017年02月25日

2月25日のお馬ちゃん


金曜の浦和はまあまあ。さすがに木曜ほどのツキはなかった。
ブラウンタイガーとマイネルラヴォーロ4はさすがに凹んだ。

マイネルラヴォーロはたぶん直線があと500mくらい長くても4だったと思う。
ブラウンタイガーは保育園も枠があったし仕方ないとはいえ、そういうレースだと4角前で頭上げちゃうんだよな。惰性に外回さないとどうにも良くない部分がある。


メインはジュンサザンクロス。毎度おなじみ的場文男再生工場。
昔ケイアイデメテルが覚醒した時も思ったけど、この手の乗り方した時の文男はなんで最後まで脚が持つのかよく分からない時がある。
よく分からないと言えばカスタネット4。何度見ても3着に見えるんですがこれは…


今開催は水曜からの3日間しかやらなかったものの、全体的には良かった。
予想に時間掛けて損はないと改めて思ったり。



そんな感じでまた週末。もう来週から3月ですね。早いですね。






土曜国営






アーリントンカップ
◎ヴゼットジョリー
〇ペルシアンナイト
▲ディバインコード
☆レッドアンシェル
△他

ヴゼットジョリーがわざわざアーリントン使ってきたのは使い分けに加えて、新潟2歳から間隔空けたのにマイナス10キロだったことも影響してそう。
今回アーリントン使えばチューリップ使うより桜花賞との間隔は空く。確かに、すでに賞金持ってればこういう手があったな。
アーリントンは重めの血統がよく来ることでお馴染み。なんちゃってサドラーなのも好感。間に合うといいですね。

ペルシアンは動けるハービンジャー。掛かる部分がそろそろ何とかならないとこの先延長は厳しそう。

ミラアイトーンはマイルまでの馬だと思う。ただ前走短縮で締めて、それで結果が出た後の延長というのがどうか。掛かる心配がある。
だったらレッドアンシェルのほうがいいかな。前走はマンカフェがダメな条件。今回はまだ悪くない条件替わり。



総武ステークス
◎メイショウウタゲ

たった100mでも短縮はいい。2度目の中山になるのも好感。
詰めてきている分そこが心配。変に掛からなければ。

バスタータイプは前走の川崎記念でずっと外に張ってた。初めての左回りに戸惑っている感しかなかったし、右回り戻りはいいのでは。
あとは7枠とか。





その他のお馬ちゃん





中山1レース
◎アクアリオ

ダート馬ではないでしょうか。牝馬限定なら。


阪神1レース
◎スズカチャレンジ

内枠決着だった前走、スズカチャレンジだけしっかり出遅れて終了してた。
そう考えると今回外枠に変わることは悪くない感がある。
ゲートまともに切れば1200もいけそうな雰囲気。


小倉3レース
◎ライブリハナメ

折り合い難しいタイプのディープブリランテ。スズカゼあたりがそうだけど、この手のディープブリランテは短縮がハマりやすい。
このメンバーだったらライブリハナメでも足りるのではなかろうか。
コース替わりで内枠が伸び始めたらしょうがない。開幕週からやや外有利で、コース替わりすると内有利になるってパターン存在するのかな。


阪神6レース
◎ラバピエス

サルスエラの他の子、チカリータやヴェルステルキング見てても、サルスエラの子は短縮がいいと思う。
多少底が割れた感があるものの、このコースに短縮でこのメンバーなら一考。


小倉8レース
◎ユキノカトレア

でしょ。と思ってJRAホームページ見たら、ユキノカトレアの脇に1番人気って書いてあった。
近くにあった土鍋食べた。さすがにそれは辛過ぎる。
芝戻しで短縮はどう考えてもいい。小倉も合いそう。
だからって1番人気はさすがに辛いでしょ。。



ビックリし過ぎて句点を下に落としちゃったじゃん…


中山9レース水仙賞
◎フラワープレミア

いかにも中山2200が合いそうな配合。
力だけだと1枚落ちるものの、中山2200はその1枚落ちる部分を血統でカバーできるコース。そういう部分に期待したい。


阪神10レース尼崎ステークス
◎アドマイヤキズナ

2走前はシュタルケが謎のプレーを見せたことで参考外。
前走は道悪もあった。
阪神2200延長は好感。乗り方次第でこのクラスでもやれる。


小倉メイン皿倉山特別
◎アグリッパーバイオ

今年もG1がやってきた。G1皿倉山特別。
近年◎メイショウブシンだったり◎カンタベリーナイトだったり◎マッキーバッハだったり、いいところつけてる気がするんだけど、いかんせん着順が当たらない。マッキーバッハが完勝するレースとかそうそうない。

スズカヴァンガードとかまで考えたいレース。
8枠が自滅するような展開まで考えないといけなそう。
posted by cris at 05:20| Comment(0) | 週末の国営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: