2017年02月26日

2月26日のお馬ちゃん


土曜の国営はボチボチ。いつもよりおとなしくしていて良かった。
アツくなってJRAと殴り合い始めてたら火傷するところだった。


アーリントンカップのヴゼットジョリー4は仕方なかった感。もうちょっと何とかなった気はしないでもない。
ベルシアンナイトは強かったものの、毎回コンスタントにMAXなパフォーマンスができるタイプでもなく、この後着付けが難しくなってきそう。
しかしオリエントチャームの子はよく走るな。


土曜一番納得がいかなかったのはユキノカトレア2番人気。
いかにも感はあったけど、ここ最近の着順で2番人気とは…
前夜1番人気で頭抱えたものの、まさか2番人気までしか落ちないとは思わなかった。
日本の競馬ファンのレベルが高過ぎる。



そんな感じで日曜。
土曜は中山芝とかの馬場読みがズレた。開幕週だから逆に差しに振ったら、知らない馬場になってた。
そこらへんを意識しながら、





日曜国営





中山記念
◎ネオリアリズム
〇アンビシャス
▲リアルスティール
☆ヴィブロス、サクラアンプルール
△マイネルミラノ、ツクバアズマオー、ロゴタイプ、ヌーヴォレコルト

まったく絞れん。今年の中山記念は例年以上に難しい。

ネオリアリズムのいいところは内ラチの使い方が上手いところ。延長になるものの、小回り1周ならコーナーを上手く使えるかも重要な要素。
まあ最内でデムーロ、出遅れる確率は倍増してるんだけど。
兄貴が適性なさそうと見られながら好走したように、機動力も大事な要素になってくると思う。

アンビシャスは、競馬のタイプとしては去年のほうが良かったかな。去年は自信があった。
ルメールが前哨戦から先行させて何とかさせにいくのは少々考え辛い。控えるほうで計算してみたい。

リアルスティールは本質的に中山だと競馬が難しくなるだけに、そこがどうか。
ヴィブロスは中山も問題ないものの、1週前のパドック写真はぬいぐるみだった。冬とはいえ、さすがに冬感あった。

サクラアンプルールはペース次第でワンチャン。
兄にサクラメガワンダー。サクラメガの子は悪くない馬でもほぼもれなく脚元が弱い。
ここまで陣営が大事に育ててきた結果、このレベルのメンバーに混じることができた。
スタッフのみなさん、良かったですね。




阪急杯
◎ブラヴィッシモ
〇ロサギガンティア
▲シュウジ
☆ムーンクレスト
△トーキングドラム、ヒルノデイバロー、ミッキーラブソング、テイエムタイホー、ダイシンサンダー

まったく絞れん。今年の阪急杯は例年以上に難しい。
そもそも阪急杯は苦手なレースの一つで、予想当たったの去年の◎ブラヴィッシモより前がプリサイスマシーン勝った時の◎エイシンドーバーまで遡るくらい苦手。

ブラヴィッシモはここ3走が京都。
ファストネットロック産駒は前脚の馬力で走るタイプが多い。この馬もその例にもれず、阪神>京都が顕著なタイプ。
阪急杯は前傾になりやすいだけに、このメンバーでもある程度は流れそう。そういう時にこの配合はプラス。

できることなら短縮、それか最低限前走から同距離がほしかった。延長がどうか。
前走はプラス12キロと、いかにもこの時期らしく太目残り。絞れているといいですね。

ロサギガンティアは阪神カップが出遅れ。本質的に阪神1400はベストコース。出遅れるところまで考えると◎にはし辛いものの、この手のタイプと四位さんは手が合いそう。まずはゲート出ようね。

シュウジ1.8倍はちょっとやり過ぎ感がある。毎回前走みたいにうまくいくかというとそうでもないだろし、直線でオーロラビジョンを見る癖があったりと結構色々抱えてる子。割とリスクは多め。

ムーンクレストとかまで足りてほしいものの、ペース次第。
テイエムタイホード単騎を阻止する会としては、それは避けたい。





その他のお馬ちゃん





中山1レース
◎リネンマックス

リネンパズルの子でしょう。短縮でしょう。
ただ芝だったらどう考えても合ってたものの、ダート。そこにネックはある。

それでも2番人気。みんなリネンパズル好きだな。
なんでこんな人気馬をいきなり挙げるかというと、つまり今日はブログに上げる用のレースが少なry


阪神1レース
◎エンゲージスマイル

エミーズスマイル好きだったな。
ダート替わり自体は問題なさそう。今週の調教はやけに動いた。脚力はあるだけに、条件がハマれば。


小倉2レース
◎イズモ

昨年夏の北海道で1000m使ったらフィットした馬。
7着だった時も速い流れを5頭先行する中で真ん中に入る、苦しい位置取り。
そんな中早めに先頭に立つ勢いで、最後歩いてもそこまで大負けしてない。適性自体はなかなかのものがある。
今回は短縮。締めてあげるのはいいと思う。この枠の形でどうよ。


中山4レース
◎サンオークランド

新馬もいいとは思ったものの、思った以上にいい馬だった。
それが2戦目でTNPK。
引退分の配慮なんだろうけど、大丈夫なんでしょうか…


小倉4レース
◎カフジリバー

ダートは合わないと思ってたら、想像以上に合ってなかった前走。
芝替わりで短縮。ある程度の位置がほしいところですね。


中山6レース
◎クレッシェンドラヴ

前走はエイプリルミストのやや強引な外への進出のおかげで挟まれ、ゴール前100mでまた挟まれ、と何ともツキのないレースだった。
挟まれた後競馬へのやる気をなくしてる素振りがあったり気持ちの面が大きい馬だけにアテにはし辛いものの、前走挟まれてなければもう少しやれていたと思う。
中山2200は合いそうな配合。足りるといいですね。

って前日1番人気じゃん…


中山7レース
◎モザイク

中山短縮。ルメール替わりもいいと思う。

って前日1番人気じゃん…


小倉7レース
◎ピッツィカート

去勢はしたものの、ゼンノロブロイ×ディクシージャズだけに、2600延長は悪くなさそう。
集中力が持つといいですね。


阪神8レース
◎ナリタゴールド

小柄な馬で、すぐに体重が減る。
そんな馬が中間よく飼い葉を食べるとは陣営の弁。
そんな馬ではないのでは…と思ったら、確かによく調教してる。森一馬がつきっきりで。
これでレースだけムーアとかそういうサプライズ案件はありませんね。
なさそうですね。


中山9レース冨里特別
◎キンショーユキヒメ

さすがに前走、京都外回りでアドマイヤリードとかを倒せというのは無理がある。
ストライクゾーンが狭い馬。中山替わりなら牡馬相手でも戦えるくらいに力はある。


中山10レースブラッドストーンステークス
◎ゲマインシャフト

クワドループルとかと迷った。方向性はそっち。
ゲマインシャフトの心配な点はちょっと外過ぎるということ。
馬体が引き締まったとは陣営の弁。これでプラス体重だったら怒るよ。


小倉メイン関門橋ステークス
◎メイクアップ

前走レース前コメントが『プラス50キロくらい増えて帰厩した』でお馴染みのメイクアップ選手。
どんなにブクブクの状態で出てくるのかと思ったら+12キロだった。どこにいった40キロ。
栗東から府中に歩いてきた説が自分の中では有力。

今回は叩2。気性的にはマイル向きも、血統的には1周でマイルより長い距離向き。今回はこのパターン。
頭上げやすいだけに、そこらへんを考慮しながら乗ってほしいものですね。


小倉最終周防灘特別
◎アスクジョーダン

素質はオープン級。
どうにも体質弱かった馬が連闘で使えるようになったあたり、だいぶ馬としてまともになった感。
昇級馬や現級で伸び悩んでる方々が相手。昇級してもいきなりやれそう。気性的にも昇級向きに感じる。
posted by cris at 04:55| Comment(0) | 週末の国営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: