2017年03月09日

木曜の大井


水曜の大井はボチボチ。フジノウェーブ記念やり過ぎた。
途中まで悪くなかったものの、後半に◎4着連発。少しくらい3着になってくれてもいいじゃん。。

コンドルダンス4ね。自信あっただけに残念。
出遅れた瞬間柏木に集合かけた。それで4でしょう?柏木それは…


そんなフジノウェーブ記念はケイアイレオーネ。
4コーナーでソルテの手応えが怪しくなったところを、外3から持ったまま、もげるような手応えでケイアイレオーネが回ってきたのを見た時は、さすがに変な声が出た。
本当にあれ、いつも勝負どころでガシガシ手綱動かされているケイアイレオーネさんですかね?
前よりズブくなってると思っていたから、1400短縮でスーっと上がってきたのを見て目を疑った。
この流れで持ったまま外3からの前潰しは相当中身が濃い。
また文男が時空を歪めていた。時空いじめ過ぎだよ文男。


ソルテは大井1400が一番苦手。それでもある程度は、と思ったら、ケイアイレオーネが強過ぎた。いつも潰す側だっただけに、苦手コースで潰される側になるとこれほどに脆いんだな。
でもいい時のソルテはさすがにもう少し抵抗できる。この先が不安になった。金子の引退がショックだったのかな。


しかし水曜は的場文男デー。世界の中心は常に文男だということを改めて証明した日。
なんかみんな忘れてるけど、60歳、還暦なんだよね。メモリーゴッドの直線の動きとか20代でもあんなにアクション激しくないでしょ。

サブノジュニアは強くなった。元々悪い馬ではなかったものの、前より競馬の幅が広がった。
今回も着差以上の楽勝。文男随分と後ろ気にしてたけど、そういう癖のある馬なのかもしれないし、ここらへんを知りたい。
もしかしたら後ろに置いてけぼりにした常識を気にしていたのかもしれない。
ガロ4ね。柏木本当にそろそろ鮫洲のジョナサンあたりで面談しような。


キモンクラブの4着も割とガッカリ。
4着は想定していたものの、その形で4着になるのは想定してなかった。

あとジャスティス。内にいた馬だけで決まって笑った。



そんな感じで木曜。
水曜は馬場自体はある程度読めてたと思う。4着削減デーということで、水曜とは列の意識を変えてみたい。





木曜大井





ゴールデンステッキ賞
◎サンドプラチナ

何が4着削減デーだから列考えるだ、結局いつもと同じ発想で遅刻狙いじゃねーか。
と思っている読者の皆様も多いと思われます。そうです、その通りです。
ビンテージヴォーグと迷いました。もう病気ですね。

このメンバーで4角凝縮すれば、結局極端追い込み勢にもチャンスが生まれると思うんですけどね。
プラチナバディ◎という発想もあった。ただ、まあ、うん。どうせ正重だからって書くのも読者の皆様に読まれているでしょうし、割愛。

国営時代1800が気持ち長かったデュアルフレイムは魔界にきて中野省吾さんが乗るとどうなるんですかね。興味深い。




1レース
◎アイヴァンクール

発想自体は水曜の1レースの◎サブノマイハートとあんまり変わらない。
変わるのはサブノマイハートが文男で、こっちが松崎ということだ(だいぶ違う)


2レース
◎スマートアロー

水曜の下級条件マイル、ラストに思った以上に負荷が掛かってた。
それも踏まえてこのメンバーを見ると、なるほど、また差し馬が届きそう。
キンカザン、ダイワフォースあたりに目が行ったものの、ダイワフォースは中途半端に間隔空けてきたし◎にしづらい。
ロイヤルマスター◎という手も考えた。休み明けの後の内容が次第に良くなっているものの、間に合うかどうか。
とりあえず、スマートアローに行くのは悪手だったと思う(なら◎にするな)


3レース
◎フィオーレ文男

あの気性を考えると、一度1500を使って、からの短縮はそれなりの効果がありそう。
そこに再び人間馬具的場文男。再度闘魂注入して届くといいですね。

マリードゥラメール藤本とか、時代は変わったな…


4レース
◎コウギョウヘイロー

っぽく見えるんだけど、誰乗るの?ムーア?

ジャックフロストの内回り替わりは興味深い。ちゃんと走れるのかな。


5レース
◎コアレスレンジャー

だと思うんですがね、問題なのはなんで文男じゃないのか、という点。
別に数の制限にかかっているわけでもなく。間隔的な問題なのかな。そこが引っかかる。
それ以上に短縮が魅力だから◎。


6レース
◎ドラムスティック

悪くないレースはしている感。
今回は泰斗。泰斗みたいなタイプが乗ってどうよ。

アートワークス◎も考えた。乗ってるのが僕の知らない騎手だったのでやめた。


7レース
◎クロシャイン

ルグナバードに◎打とうと思ったら、乗ってるのが僕の知らない騎手だったのでやめた。
クリノチクバオーやマオウも考えたものの、◎にするほどの決め手がなかった。
で、クロシャインで落ち着いた。距離感の問題ですかね。


8レース
◎ロコモーション

の短縮待ってた。でも乗ってるのが僕の知らない騎ry
そんなに縦長にならない読み。
で、そこをズドンと。そんな簡単にはいかなそうですね。
どこかに正重がただ外ブン回して終わるに賭ける馬券って発売されてないですかね。


9レース
◎クインズマーキュリ

前走、国営時代にできなかった競馬ができてた。
文男だからできたのかもしれない。そこが半信半疑ではある。


10レースキャピタルステッキ賞
◎フロリダブルー

このレース、毎年なんか不思議な文字列が発生するのに今年は少ないな。
フクノサンデー藤本とかよく分からん文字列はあるけど。

文男×佐野厩舎は久々に見た。前はトップグラスとかでズっ友の仲だったけど。
実際調べてみたら2014年の秋以来か。そりゃ久々に感じるわ。


最終寒梅賞
◎サブノクロヒョウ

大井でライズラインVSピグマリオンやるって言われても、イマイチピンと来ないよね。
しかもライズラインは休み明けで山Pに転厩、本橋替わり。どう判断しろと。

外枠3頭がどういう思考で競馬に臨むか、それ次第。
ラクテが大外の分揉まれないから妥協するとか、そういう面も考えられる。
これは難しいレース。

いや、大井に簡単なレースなんてないんだけどさ。
posted by cris at 03:46| Comment(4) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も差しが決まる大井のレースは好きなのですが、どの差し馬が来るかを絞りきれず、
とりあえず全部抑えようかなという発想になってしまいがちです。(例えば今日の2Rや11R)

これはどうしたものでしょうね…
とりあえず、2Rの差し勢なら、安洋は今野からの乗り換わりなので、今野のときほど差しの
脅威が無いと見て割り引き、早田功と中村尚なら後者の方がオッズが跳ねそうなので、
中村尚狙いという発想は出来ますが、いまいち確信が持てません。
Posted by やま at 2017年03月09日 09:46
ガロはスタートして一瞬下げたのが致命的でしたね…
柏木騎手と本橋騎手はイメージ通り先行してくれません(>_<)
Posted by 江戸ヴィシャス at 2017年03月09日 18:10

>やまさん

こういう2レースみたいな、差し競馬になりそうだけど差し馬が弱い、というパターンは考えにくいですよね。
ダイワフォースは間隔空けてアンヨーでまだ体ができていないと判断できますし、例えば大井で外の差し馬を優先する場合、差し馬であっても内枠なら1枚下げるとか、そういう発想をしなくてはいけないのでキンカザンの評価も下げざるを得ません。

まあ結局後ろが弱くてある程度前で決まってしまったので何とも言えませんがw、大井で差し競馬に持ち込む時は全部買わず、ある程度枠で寄せたりしないといけないと思います。
Posted by ワタル at 2017年03月17日 05:39

>江戸ヴィシャスさん

ガロは最内で下げられることがネックで。
柏木はああいうのが本当に多い。。
結局競馬が中途半端になって間に合わずという例が他の騎手に比べて絶対多いです。

と思ったらコンドルダンスで出遅れるわ…
まあ◎にしたこっちが悪いんですけどねw
Posted by ワタル at 2017年03月17日 05:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: