2017年04月04日

火曜の川崎


日曜の国営はまあまあ。大阪杯がうまい具合にいったのが大きかった。
大阪杯はショウナンマイティ勝った時も結構いい感じに当たったし、2000m内回りの重賞はやっぱりいいね。発想に合う。

少なくともステファノスは完璧だった。キタサンブラック相手にするならああいう競馬。キタサンブラックは外を回って差し込む馬から潰す競馬をする。一緒についていく作戦は大正解だし、それを実行する決断をした陣営と川田のファインプレー。

何より藤原厩舎の仕上げは完璧。所用でレース観てなかったんだけど、家帰ってパドックから見たら、ステファノスが前走とはまるで別馬になってた。
いや、それを望んで◎にしたんだけど、本当に違う馬になってた。
去年の毎日王冠から天皇賞秋でも今回同様馬が変わった。トライアル仕様の仕上げから、本番100%まで持ってくる藤原厩舎の技術力ね。

藤原厩舎は乗馬の達人が揃ってる厩舎として有名。普段のちょっとした運動から身体の使い方を意識する厩舎。『馬を作る』という意味では角居厩舎と藤原厩舎は怖いくらいハイレベル。
金鯱賞のパドックと大阪杯のパドックを比べて見てほしい。パドック派ではない佐藤さんでも気付くレベルで違う。
『馬が沈む』とはこういうことを言うんだろうね。弾力感ある、かといって芯のある、いかにも調子がいいのが分かる馬体。誰が見ても分かる仕上げってスゴい。感動した。


そこまで仕上げてほぼ完璧な競馬をしたステファノスを寄せ付けないキタサンブラックね。
着差はそこまでないけど、あれは直線あと200m長くてもキタサンブラックが勝ってたと思う。
調教やり込んでる影響も休み明けの影響もどちらもあったと思うのが、テンションの高さ。
この状態で京都3200に延長は正直怖い。
でも今のキタサンブラックで先輩が京都3200でラップを刻んだ時、サトノダイヤモンドがどう倒しにいくのか、とても興味深い。今年の春天は面白くなりそう。


マカヒキは早く短縮してほしい。ちょっと馬が変わってきた。
ヤマカツエースはよく頑張ったと思う。アンビシャスも。アンビシャスは今年こそ宝塚使ってから札幌記念に出てほしい。札幌記念で鬼買いする。


あとはサザンボルケーノか。よく頑張りました。
割と買った伏竜ステークスでほとんど返還食らって、唯一残ったのがシゲルベンガルトラとブルベアバブーンのワイドとかいう、ブルアンドベアに魂買収されたような馬券だったのが日曜のハイライト。



月曜のハイライトは川崎2レース。
海馬澤2頭出し。おとなしくその時を待った。
締切5分前まで単勝40倍を超えていたソリッドゴールドが、締切4分前に単勝16倍まで下がったのを確認した瞬間、SPATの画面開いて速攻投票。
最終オッズ単勝14倍。4コーナーで手応えがもげてて笑った。あれで負けたらそれこそ八百屋。

ソリッドゴールドが川崎だと動くということに加え、わざわざ連闘。
そして何より2頭出し。去年から海馬澤は2頭出しの時の成績がいい。ブリスでフェイクかけた時も、ビビッドレッドで放出した時も、どれも2頭出し。

意味のある2頭出しは考えやすくていいよね。意味のない3頭出しも同様。ねぇ、サトケン。

久々に海馬澤の動きを読めた気がする。ずっとおとなしくしていて良かった(笑)何より周辺に同じく海馬澤の気配を読んでいた人が3、4人いて笑ってしまった。
こういう人達がいるから単勝16倍に下がった直後に、単勝14倍に下がったんだと思う。あの2倍は絶対海馬澤の熱狂的なファンの仕業。2倍下げたことに貢献してしまった。

何度も言うけど、これは八百屋じゃないからね。念入りに仕込まれた芸術。
この芸術を読むまでが競馬。




そんな感じで火曜。
月曜夕方の雨のおかげで前半のイメージが崩れるところだった。
後半戦の延長線で考えてみたい。





火曜川崎





スポーツニッポン卯月杯
◎キタサンオーゴン

まーたサトケンかと思ったそこのあなた。
またサトケンです。
なんだかんだ佐藤さんはサトケンの熱狂的ファンみたいなところがあるからね、仕方ないですね。

ジャーニーマンの外にノーキディングがいて、更に外にタマモホルンがいる、なるほど、考えさせられる枠の形だ。
それをフェスティヴイェルがお掃除しにいけば、2100でも後ろの方々が間に合うレースになっていいと思う。
色々噛み合ってほしい。

フェスティヴイェルを使う発想で◎スパイアという手まで考えたけど、さすがに理性が止めた。
理性あるならこんなに◎サトケンにしないか。

プラントハンターの鞍上変遷、松岡→勝浦→柏木→藤井勘さんとか、アサガオの成長日誌を見ているかのようだ。




1レース
◎チェリーフランス

ディヴェルティーレやコウギョウヘイローと迷った。
特に決め手があったわけではないけど、ティンバーに惹かれた。

櫻井くんという新人は初騎乗も馬事学院で今回も馬事学院だけど、何か馬事学院関係者だったりするのかな。
するんだろうな。


2レース
◎キョウエイダイチ

1500が本当に長いとは思えないんだよな。気持ち長いんだろうけど。
前走にしても今までより内をうまく使えていたし、最後直線でフィーアにヒップアタックされてなかったらもっと着順上がってたかもしれない。
サトケンのヒップアタック、文字列にするとなんか狂気を感じたからフィーアのヒップアタックに訂正した。


3レース
◎ベニノエクスプレス

妥協混じりの◎。
キャプテンヴォーグを◎にしたいんだけど、藤井勘さんでも延長というのがどうもね。短縮だったら◎だった。
ブレッザバラーレ◎も考えたものの、外の動きが怖くてやめた。


4レース
◎フォンテンクリーク

の鞍上が朝起きたらムーアに替わってますように。
トキノシシリーはいかにも新人くんへのプレゼントパターン。勝たせにきてるなぁ。

レベルフラッグのローテ、斬新ですね。私の競馬はちょっと新しいの次回の登場はレベルフラッグかな。
とりあえず神奈川県は高月の転入馬に調教試験義務付けてくれ。
何度目だこのパターン。


5レース
◎ホワイトクック

なんか荒れそうなメンバーだけど、メンバーレベルが低調過ぎて無風な気もしてくるメンバー。
無駄に上がり掛かる想定でホワイトクックとかに一票投じてみる。
朝起きたらホワイトクックの体重70キロくらい増えてないかな。


6レース紫電賞
◎ギンマクデビュー

乗り方次第。町田もう少し意識を前に向けてくれ。
エイミーフレイバーが900使ってる…そういうフィットしそうな事例はもっと早くやってくれ…


7レース
◎ボーディングパス

この馬はもっとやれる馬。Bでも戦えるレベル。
ただ多くのディープスカイの例に漏れず、気性がね。
そういう意味でも延長は課題だけど、そこはジュキヤに賭けてみたい。本来血統的には一周以上の上がり掛かるコース向き。
ホント、稲益厩舎は先々もっとやれそうな好素材が多い。


8レース
◎ディモンド

分からない。
リュウノファンタジに◎とか考えたものの、なんか違う気がしてならない。
妥協of妥協。

ポッドブロンコはわざわざ刺激与えた結果が出るといいですね。


9レースエイプリルフラワー賞
◎フェールデクール

これはもっとやれる馬。モンプティクールの子だし、短縮はいいと思う。ちょっと頑張って買いたい。

しかし川又は完全に旅芸人と化してるね。
で、レクラドリール矢野ちゃん…?林隆之×矢野ちゃんとか見たことないぞ…
実際なかった。だよな、見たことも聞いたこともない。


10レースエイプリルスター賞
◎タニガワ

トーホウビーストとかと迷った。
タニガワ、パッと見川崎が合いそう。前走1400使って一度締めたローテもいいと思う。

色々と問い合わせたいメンバー。
ユヅルノオンガエシはこんなところ走ってる馬じゃないでしょ。
タバコで取り消したカシノエイシのローテが斬新。二本一という厩舎表記は毎回気になる。
そういえばレディカリビアンはB2でしたね。これもまた斬新なローテ。

馬場抜きで考えると、ヴォルスングに藤井勘さん、手が合いそう。


最終ソメイヨシノ特別
◎ルミエールウェスト

ですかね。駿、最後まで我慢してていいよ。からのドカン。
4着っぽいねそれ。

話は変わるけど、月曜メインのセイントチャンスは実に本橋らしい4だった。
毎回ああいうのに◎を打ちたい。

コーリンバロック町田でジョコーソ西ね。
コーリンバロック町田は先約なんだろうけど、この国はもっと騎手いないんだろうか…
posted by cris at 03:49| Comment(0) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: