2017年04月21日

金曜の大井


木曜の大井はダメ。流れというものがあるとしたら、まったく流れが向かない日だった。


アイヴァンクール3なのにワイドしか当たらなかった1レースから、どうにも流れは良くなかった感。
馬場自体は水曜とあまり変わってなかったし、3着取りにいこうとべスポジより1、2列後ろに狙いを定め…

これが良くなかった。まあ届かない。
ウインベーネはよく頑張ったと思う。でも届かない。
ジュエリーアイスも悪い競馬ではなかった。でもあと100m直線長くても4だった。

ポイントパイパーは距離ですね。最後残り100mでピタリと止まった。進路取りがかなりエグかっただけにもらったと思ったけど。

ヤハタマルはもう藤井勘さんじゃないと内回り走れないのかもしれない。
バブルトップは鞍上が論外。後手に回り過ぎ。

ハギオスアレイオンを選ばなかった2レース、スパイスフレイバーを選ばなかった最終はこっちが悪い。朧月賞組の、違うほうを選んでしまった。
そんな最終のケイズイーグル外7は何度見てもおこ。ザ・正重と言えばその通りなんだけど、ケイズイーグルで外7回して足りる発想があったのか聞きたい。
内ラチより平和島競艇場のほうが近いところ回ってたぞ。


メインはムサシキングオー。武蔵屋ハウスにピンチを救われて終了。
ムサシキングオーはさすがMr.ブリリアントカップ、ブリリアントカップの走り方を分かってた。
ウマノジョーはローテ的に余計にズブい回だったと思うけど、藤井勘さんがかなり苦労してたね。
運悪かったのは、加速ついたのが4角の手前だったこと。大井の4角手前でギアが入ると曲がりにくい&スピードが落ちやすい。
レーザーが来るレースでウマノジョーは厳しいだろうし、そう考えるとよく頑張ったとも取れる。



さて、木曜特筆したかったのがマーガレット特別。

まずは昨日の東京スプリント。
12.4-11.3-11.7-12.5-12.1-12.7 1.12.7

今日のマーガレット特別
12.3-11.3-11.9-12.6-12.0-12.9 1.13.0

もちろんキタサンサジンは逃げて出したもの、サブノジュニアは逃げ馬に出させてもらったもの、この違いを前提にして考えたい時計。

昨日の東京スプリントと今日のマーガレット特別のラップに大きな差はない。馬場に大きな差もなかった。たぶん。
それを踏まえてもう一度レースを見てほしい。

東京スプリントに似た流れを、直線入口、手応えもげてるまま回ってきて、持ったまま内を交わす。残り200mになっても本気で追わず。

そして残り100mからの、右見て、左見て、春の交通安全運動。
この文男の春の交通安全運動がなければ12秒台半ばまで時計が縮まっていたかもしれない。もしかしたら。


マーガレット特別が1200になってからルックスザットキル、アピアに次ぐ好時計。この2頭はどちらも重賞級。

ルックスやアピアのマーガレット特別も同日にC2の下級があるんだけど、C2でイチネンセイが1.13.8出したり、全体的にかなりの高速馬場。
木曜も馬場ある程度速かったけど、C2の真ん中で1.15.4。
馬場差や力関係考えると単純に比べられないものの、過去の重賞級と差はほとんど感じない。

何より競馬の幅が広がってるし、今回は春の交通安全運動を開催したようにまだまだ余裕があっての内容。
ただただ楽しみ。うまく育てばアフター5スター賞も、その先の東京盃も楽しみ。南関短距離のエースになってほしい素材。

サブノイナズマは本当に子どもが走る。サブノクロヒョウも最近馬が変わってきたし(昨日は参考外)、サブノハッピーもいい馬だと思う。サブノハリケーンは個人的に好き。
中川三郎最強馬が出てきた感。まずは無事に運んでほしい。




そんな感じで金曜。今週はほとんどいいところなし。
そんな中なぜかブログはギャンブルカテゴリ2位に。久々に2位と3位の間にある壁を越えた。
何度も書いてますけど、このブログは明日使えない話9割で構成されております。

木曜は3着狙いのために思考を後ろに下げ過ぎた。
金曜は意識をもう少し前向きに。

最終日に極端に馬場変わったらしょうがないね。ある程度内が有利になるのは仕方ないと思うけど。





金曜大井





ダイアモンドターン賞
◎ファイトユアソング

コマンドゥールキイが大外なのも考えさせられる案件だけど、一番困ったのはファイトユアソング最内。最内って。。

でも金曜日。雨上がって少し時間が経った。そして金曜日。終盤。そろそろ内枠でも進路次第で、という馬場になっていそうな。ファイトユアソング自体内枠はいい。延長もいい。そこに賭けてみようかな。

一番興味深いのはスパイア。
今のスパイアではマイルで前に行ってポジション取れないよね。でも前走、2100だったにしろ、ジュキヤがガンガン押してある程度まで行けた点を評価したい。
ワイルドラッシュは高齢までしぶとい。最近行けない、でも前走みたいに盛大にショックを与えたワイルドラッシュが、マイル短縮でどうなるのか、個人的に興味ある。

ニシノゲンキマル◎も考えた。ただ最近テンがやけに遅い。それがネック。

で、テラザインパクトはなんで前走勝ったんですかね?




1レース
◎トップライジング

これワインフレイバーの位置的に、ラブフューチャーがちゃんと行かないと内枠は詰むんじゃなかろうか。
自然と真ん中から外有利のレースを想定。
トップライジングは西の先約で藤田に回ってきたっぽいけど、チャンプ今村先生風に言えば、いいパターンではない。ただまだデビュー週。風習があまり関係ないことに期待したいところ。


2レース
◎ダイワフォース

ヴァローダムーンと迷った。
ダイワフォースは前走みたいなことしなくていいから、もう少し安定志向な競馬を試してほしい。

ヴァローダムーンは達城替わりが好感。ヴァローダムーン、前に達城が乗った時いつもと違う競馬していたのが印象的。
外枠、リコーマチルダの鞍上が新人だからって優しく簡単に行かせたりしないように!


3レース新馬
◎マイシン

最内馬事学院、2番馬事学院、3番馬事学院って、馬事学院の模擬レースか何かでしょうか。
よく番組成立したと思う。最初2レース新馬組もうとしてたから怖いねこの競馬場は。

橋本2頭出しはアペリラのほうが好感。
でも◎はマイシンのほうで。
本当にこの競馬場、所属2歳馬のレベル上げる気あるのかな…
毎年書いてる気がする…


4レース
◎フェドゥラフォレ

ここまで3戦全て内枠。外枠でどうなるか見たかった。
カレンドゥラやアバレダイコとかまで考えたいレース。

サマースワローは馬主が逮捕されてから緒戦。
そうか、蛭川閣下の名義になったのか。閣下の男気を感じる。


5レース
◎ジリキ文男

前走イケノアサが勝った3歳400万は道中ガツンとペースが緩んで後ろはどうしようもなかった。
ジリキも影響受けた1頭。そしてからの文男替わり。逆襲の時間だ。

キープゴーイングが柏木じゃない!
と思ったら有年だった。解散。


6レース
◎ピアレスゴールド

いわゆる『最後方でも7番手』パターン。もしかしたら6番手でも競馬できるかもしれない。そういう意味でも少頭数はいいと思う。延長になるパターンも悪くはなさそう。
しかしこの条件で7頭か。偶然もありそうだけど、何だか寂しいね。


7レース
◎ゴールデンウルフ文男

スイートザザが好発切る、スイートザザが内を潰す、その流れに便乗してゴールデンウルフが差し込む…
とまあこんな感じの計画。
9割方スイートザザ頼みだなこれ。
スイートザザに何かあったらこの計画すぐ失敗するわ。


8レース
◎リックブライアン

内がもっと良くなってるといいですね。
内をちゃんと捌けるといいですね。
当たるといいですね。

行数埋めようと、願望しか書いてないな。


9レース
◎ミッドアイガー

マコーミックと迷った。
2開催スキップは気になるものの、枠も悪くないし、ここ最近真島と馬場がマッチしてなかったから泰斗替わりも良く見えるし、◎。

サイファー本田正重って書いてある気がした。今年まだ佐宗が正重乗せた記憶ないけど、初がサイファーって。しかも正重×佐宗、初コンビから30連敗中だった。使い続けて、なんか優しいな佐宗…
俺が調教師なら乗せないぞ…

ローザズカレッジは何になりたいんだろう…


10レース六分儀座特別
◎ジャマイカムーン

あれ?六分儀座特別が1700mになってる。
いや、昔は1700だったけどさ。

ジャマイカムーンは外の動きをうまいこと利用したい。
逆に言えば外の攻め方次第でもある。

そもそもこれ本当にC2の(一)選抜のメンバーか…?
さりげなくソーホワットとか混じっててジワる。


最終オメガ賞
◎ショウナンカウィー

いいメンバー。

ショウナンカウィーは明らかに馬場が合ってなかった2走前を除くとパフォーマンス自体は落ちてない。
今回は泰斗。泰斗がカウィーに乗れば、前走や3走前みたいに後方ドカンは選択しなさそうだし、そこを利用したい。
アリウムも考えたものの、◎にするには相当に展開がハマる必要がありそうだし、計算してもそこまでのレースになるのか…という感触。で、カウィー◎になった。


しかし出馬表開いた瞬間にメガンテ的場文男はダメだよね。さすがにこの出オチは反則だと思う。
さすがに笑ってしまった。
文男だったらメガンテ使っても生き残ってそう。そもそも命と引き換えなくてもこの人相手全部倒しちゃうぞ。

とまあそんなところにビックリしたわけではなくて、久々だな、文男×裕光。最近全然見ないと思ったら、そりゃそうだ、15年の秋以来だった。1年半近くなかったか。そうか。マホトーン乗ったな。

一度見た方がいいですよ、的場文男×栗田裕光の成績。
1997年から2009年までの圧倒的成績。
たぶん文男が完全無欠の帝王だった時に一番鉄板だったコンビだと思う。
それくらいのインパクトがある。

参照
的場文男×栗田裕光
http://www.nankankeiba.com/aisyou_cho/20170421200105120101.do

成績がおかしい。
posted by cris at 03:23| Comment(0) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: