2017年05月06日

5月6日のお馬ちゃん


金曜の船橋はまあまあとボチボチの中間。悪くはなかった。後半がアレだったけど。

とりあえず肝心なところで4着連発したのが痛かった。
ベストワークス4ね。真島は最低限やることやった感あるものの、なんだかな感。
マイネルテゾーロ4は結構納得いかない。あれ矢野ちゃん一瞬油断してない?


かしわ記念はコパノリッキー。さすが武豊、さすが天才としか言いようがない。
もちろん縦長になる交流G1、そしてこのメンバー、枠。全てが揃ったことがあるにしろ、冷静なリカバリー。

最内のコパノリッキーはゲートでやらかすことがある。それは武豊さんも理解しているわけで、最初から行けなかった場合について考えていたんだと思う。
プランBとして、そこに移るまでの判断力の早さね。

4コーナーのカメラは無駄な置物、それこそ4月だけ設置してガトリングでも映してればいいくらいの感覚だったけど、そこに映ったコパノリッキーのエグい手応え。なんだアレは。普段先行してる馬の手応えじゃないでしょ。
あのカメラ初めてのファインプレーだったと思う。

インカンテーションの進路取りも結構ファンキーで春天に続きまたも岩田ファインプレーだったけど、武豊さんは春天に引き続き大ファインプレー。ただただすげぇという感想が出るばかり。


ブラゾンドゥリスは仕方ないね。外2取れたし、あのべスポジで4角手前から手応え怪しくなるのでは、まだ経験不足。
ベストウォーリアも頓挫の影響が大きかった感。決してモーニンの復活ではない。



そんな感じでまた週末。
ゴールデンウィークももう終わりですね。
まったくゴールデンウィーク感ないゴールデンウィークだった。





土曜国営





京都新聞杯
◎メルヴィンカズマ
〇プラチナムバレット
▲サトノクロニクル、インヴィクタ
☆ミッキースワロー
△ダノンディスタンス、サトノリュウガ、ハギノアレス

メルヴィンカズマはいわゆる京都替わりのヴィクトワールピサ。
配合上いかにも叩き上げで未勝利勝ちまで時間がかかったものの、こういうタイプのほうが京都新聞杯みたいな非根幹のトライアルは向く。
なおかつ京都の稍重以上に重い芝はヴィクトワールピサが大得意。母父アンバーシャダイからも雨が苦になるとは思えない。雨がどこまで降るか知らないけど。

3走前の未勝利でアドミラブルに負けたものの、この馬の内容もなかなか良かった。
前走は直線で内突いたら前がまったく開かずに公開調教になってしまった。
使い込んでる分、逆に負荷がかからなくて良かったのかもしれない。
割と状態はギリギリで、かつ直前まで騎手が決まらなかったように、そういう点がネック。
あと枠。うまいこと内に入れるといいですね。


状態と言えばサトノクロニクルも心配なところ。ここにやや強引に合わせる中間の内容。走らせて大丈夫ですかね。
そういう意味でプラチナムバレットの京都延長の評価を上げた。

ダノンディスタンスとかいつもの京都新聞杯ではスピード不足で絶対足りないでしょ。
と思うんだけど、雨がどこまで降るかにもよりそう。




プリンシパルステークス
◎レッドローゼス

前走内容が圧巻。ドスローを外から早めに動いて、あっさり後続を突き放し、追うのやめて楽をしての2着と4分の3馬身差。実質3馬身以上の差があったように感じる。馬の力が全然違った。
ベゴニア賞前から悪い馬ではなかったし、サトノアレスと叩き合った未勝利とかも内容は良かったけど、ようやく噛み合ってきた感がある。馬が変わってきましたかね。
中間は攻めてるし、今の状態なら東京のトライアルでも。

スイーズドリームスみたいな癖ある馬にノリちゃんはとっても興味深いけど、ノリちゃんは身体ができていない馬を強く追ったりしないから、その分◎にはできなかった。

チャロネグロはここ届かなくてもいいから、使ったら休ませてほしい。
うまいこと成長すれば将来重賞にも手が届くレベルになりそう。




メトロポリタンステークス
◎レコンダイト

前走は右回りの2500、前々走は右回りの1800と、なんだかなぁみたいなローテだったレコンダイトが、左回り替わりで田辺使ってきた。
いや、そういうのできるならもっと早くやろうよ。
ここで遅刻して3着とかだと、次の目黒記念がアツくなりそうだから、そういう感じで競馬してほしい。
音無選手が『馬体に銭型が浮いてきた』と言ってるけど、音無選手は銭型好きだよね。銭型出そうと仕上げてる感すらある。





その他のお馬ちゃん





東京3レース
◎アーバンイェーガー

フツーの騎手に替わったぞ…
前走は何のための高野継続だったんだ…


京都4レース
◎フナウタ

前走は外枠が響いてた感。まだ外枠から競馬して阪神で残すほどの体力がないのでは。
今回は京都内回りの内枠替わり。よりパワーを必要としない条件替わりで。
四位さんは合いそうなタイプ。


京都5レース
◎テイエムチェロキー

短縮はいい。あまり内枠得意な血統ではないものの、この馬自身は内で溜めて差せる。
捌けるといいですね。
詰まるんじゃないかな。うん、これは詰まるね。


東京6レース
◎ファンドレイザー

延長してくれねーかな…と思っていた素材。
半兄ノウレッジとは全然タイプが違う。もう1800では追走できてないし、2100延長、しかもコーナーの緩い東京替わりはプラス。
あとは2100になって集中力が持つかどうか。どちらかというとこっちですな、問題は。


東京8レース
◎インストアイベント

乗り難しい馬だけど、そういう馬が大野替わりで東京短縮。
テンテマリとかビヨンジオールとかも◎考えたものの、大野短縮は結構魅力的だった。


東京9レース立夏ステークス
◎ルールソヴァール

煮詰めてはいけないタイプなのかも。
間隔がほどよく空いていて、なおかつ外枠、この二つがあったほうが良さげ。
今回がこのパターン。素質は人気馬に劣らないし、これゴールデンバローズとか大丈夫なのかな。東京でも危なそうだが。

あとちょっと興味あるのはマルカウォーレンの半周短縮。
もしかしたらそういう馬感はある。


新潟10レースわらび賞
◎ロージズバード

敬愛するパドック派、某番組編集担当T先生が新馬戦で『サンマルデュークに似ている、これはいい馬!』と興奮していたのがこの馬。
サンマルデューク大好きな先生が、何の予備情報もなく馬体を見て同じロージズインメイ産駒でサンマルデュークの近親を見つけられるあたり、本当にすげぇ。

そんな馬が今回延長。サンマルデュークに似ているとしたら延長は良いのでは。
そして今回はチーク装着。前走ついていけてなかったし、こういう手はありだと思う。


新潟メイン駿風ステークス
◎プレイズエターナル

を直千に使うという発想はいいと思う。
陣営が直千試したくなるのも分かる馬。昔のベイリングボーイ的なタイプに近いように見える。
ハマるといいですね。

キーナンバーとかと迷った。
いかにも直千合わなそうなアレスバローズが大外。どうなるのか興味深い。


東京最終
◎スピナッチ

半兄ソルモンターレが大昔東京半周短縮でハマったのを覚えてて、そういえば半姉ヒラボクビジンも東京半周短縮がよくハマる馬だったな。
半兄インカンテーションは東京半周短縮だったフェブラリーSでも結果を出した馬。

スピナッチは一度東京半周短縮があったけど、あの時は1400だった。
1600短縮でどうよ。
posted by cris at 03:22| Comment(0) | 週末の国営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: