2017年06月09日

金曜の大井


東京ダービーの文男は3着。

悔しいね。正直。
6馬身も離されて何だけど、本当に悔しい。

4コーナー手前で夢を見た。4コーナー出口で夢が叶ったと思った。

東京ダービーは難しい。
ブラウンレガートは自分の走りを見せたし、文男は完璧に乗った。
あれで勝てないとか、どうやれば勝てるのか分からない。


あえて言えば、やはりペース。
12.5-11.3-12.7-13.7-13.2-12.6-12.8-13.4-12.3-12.4。

13.7に落ちた地点、もう目に見えてスローだった。
日本ダービーもそうだけど、直線が長いコースで中盤ガツンと緩むと、後ろが構えて動かない。
特に火曜から大井は途中から3コーナーから動く方々に厳しい馬場だった。
本来向正面までにポジション上げるのが正解な馬場だったと思う。外で、そこで勝負に行ける騎手がほとんどいなかった。

ああなるともう泰斗が盤石。
向正面で『泰斗に勝たれるでしょ!』と何度も叫んだ。それでも動かないんだもん、誰も。

キャプテンキングがヒガシウィルウィンを見る位置だったのも一因。矢野ちゃんの性格上、ヒガシより後ろにいる状態で、ヒガシより先に動くとは思えない。
これがキャプテン3番手とかで、ヒガシがその後ろだったらもう少し違う展開になってたかも。
五分で殴りあうとヒガシウィルウィンのほうが強いわけで、矢野ちゃんにはもう少し工夫を求めたかった。

ソッサスブレイあたりが向正面で動くと面白いレースになった感。
でもあの気性に加えて柏木じゃ動かないか。

せっかく加速がつきにくい馬場なんだから、もう少し流れて縦長になっていたりしたら、少なくともブラウンレガートは6馬身付けられて負けることはなかったと思う。


しかしシェアハッピーに乗ってた人も完璧だったね。ザ・譲治みたいな騎乗。
カンムルで外2取りに行った左も好騎乗。カンムルは前からああいう競馬を何度も試していればもう少し変わったかもしれない。
左は本当に大井の1800以上が上手い。逃げがクローズアップされることが多いけど、外2でなだめたり、差しに回しての脚の使わせ方だったり、シンプルに上手いと思う時が多々ある。ハイペース作って潰れる左とこの左は別人。


あー、悔しい。
ゴールした瞬間から涙が止まらなかった。
本気で泣けるのはこの東京ダービーというレースだけ。
1年で、このレースに全てを懸けてるから、余計に悔しい。


しかも妙に水曜は馬券が当たった。
コパノミラーレやデュアルフレイムは自分のイメージにかなり近い形。
やりたかった競馬ができていた。

ドクトルレヒトミユは当たったけど、騎手が上手過ぎ。
ああいう競馬で当たるとは思わなかった。
なんかここまでイメージと違う競馬で当たるとなんか納得いかない、というと変だけど、満足感はない。
あれ本当にドクトルレヒトミユだった?

そして、自分の馬券は当たらなくていいから文男に東京ダービー勝たせてよ神様。。




木曜は、毎年恒例、東京ダービー翌日で抜け殻みたいになってた。
もう東京ダービーで出し尽くすから、翌日ブログ書く気力も湧かないし、ただの屍のような感じに。

まったくやる気がなかったけど、ザーっと出馬表見て、良さそうだった2、3、8レースだけやったら、どのレースも何かしら当たった。

毎年そうなんだよね。東京ダービー翌日は妙に大井が優しい。
前日に自分の目で、現場で馬場読めるからという話もあるけど、それにしても全部当たるとは。

エネルリリーは想定に近い形だったし、プリンセスバリューは3コーナーで当たったと思った。後ろ甘過ぎ。楽させ過ぎ。東京都はとんでもない番組組み過ぎ。

ティトローネの新馬はお昼ごはんのラーメン代にしかならず。
ティトローネとルーセントローズはもう一回運転免許センターで試験受けておいで。




そんな感じで最終日。
未だに大井に対する気力が湧いてこない。
やるけど、全レースやるいつもの熱意、モチベーションがない。

数レース、ある程度やりたいレースだけ、絞って書きます。
全レース期待しているという、ごくごく少数の方々、ごめんなさいね。
東京ダービー終わった直後なので許してください。





金曜大井





夏木立賞
◎リコーベルリネッタ

って1400初めてか。
確かによく考えたらそうかもしれん。意外だけど。

やはりマイル以上だと競馬が難しくなるね。
でもマイル以上を使い続けてきたことはこの先プラスに働くと思う。
今回は短縮。1400もペース次第で良さそう。少なくともマイルよりは。

ハタノリヴィールの叩2とか、そういうのまで足りてくれると嬉しい。
地味に前が緩そう。あまりに後ろだと物理的に難しそうだし、そういう意識を持ちながら。




1レース
◎ゴーゴーカズキ

の赤岡替わりをちょろっと。
前走サブノジュニアに潰されたリコーアルバトロスが休み明けじゃなければ…
アルバトロスといい、ベルリネッタといい、リコーパープルの子どっちも休み明けは辛い。

しかしいいメンバーだ。1レースにしておくのがもったいない。


2レース
◎コウギョウダニエル

柏木には一工夫求めたいね。


3レース
◎ツルマルパラダイス文男

ツルマルダンサーの子は走る。
この馬も走りそう。初戦からいけそうな配合、血統だけに、いきなりから楽しみ。


4レース
◎サクセスクイーン

マイルに慣れさせて、からの短縮。
こういうタイミングで締めるのは好感。


6レース
◎ナックコマチ

いかにも差し競馬感あるメンバー。
ベッラフレイバーがもう少し外ならなぁ…
ナックコマチに乗ってる人はいつもより動くタイミングに気をつけましょうね。


7レース
◎アンジェリコ

届くといいですね。
前走にしてもあとちょっと、展開のアヤというか、合わせ方一つ違えばという負け方だった。
やはり藤井勘さんとは手が合う。こういう合わせにくい馬に乗った時の藤井勘さんの巧さは特筆もの。
外枠がちゃんと仕事をすれば、チャンスあっていい。

だぞ、外枠。ちゃんと働けよ。

無職に言われたくはないか。


9レース若竹賞
◎キャッスルクラウン

省吾が乗るなら◎。省吾が乗らないなら買わない。
腰痛がどこまで深刻なのか分からん。

クラールハーモニー文男とか、そういうことは東京ダービーの前にやってくれ高月。


最終アレキサンドライト特別
◎ワタリセイユウ文男

本当はリアライズリンクスじゃなく、ワタリセイユウが歴史に名前を刻むはずだった。
前走何で負けたんだろう。ワタリセイユウが7000勝のプレッシャーを感じたか。
でもあそこで負けたからこそ、川崎マイラーズで劇的な7000勝があった。影の立役者だよね。

東京都はワタリセイユウが勝ってくれたほうが色々都合良かったんだろうけど。




絞ってやる、とか言いながらほとんどのレースやってるじゃねーかというツッコミはなしでお願いします。

金曜更に馬場変わって、また内の状況が良くなる…ということが本当にありそうなのがネック。
posted by cris at 04:27| Comment(2) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもブログを楽しみにしてます。
こちらのブログに出会ってから
予想の楽しみに加えて
財布の中身とは反比例に
展開や騎手への知見にふれられて
何よりも南関競馬への愛情が
日に日に増していることに強く感じてます。
本当にありがとうございます。
これからまた1年後の大きな楽しみに繋がるように
南関競馬とこのブログを心から応援してます。

Posted by 重馬場が苦手 at 2017年06月09日 14:16

こちらこそいつもありがとうございます!
そう言っていただけるとありがたいです!

予想以上に、より競馬を楽しんでいただければ、という思いで書いていますので、そのように思っていただけるだけでありがたいです。

これからもよろしくお願いいたします!
Posted by ワタル at 2017年07月12日 23:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: