2017年07月20日

そんな感じでヨーロッパ


明日からヨーロッパに競馬の勉強しに行ってきます。





以下、余談。





自分の競馬観が、何というか停滞してるな、そう思い始めたのはそんなに最近のことではなくて、それこそ2年近く前くらいからずっと思い続けていたことだった。


競馬始めてそれなりの年月が経って、仕事も競馬関係になって、環境自体はどんどん恵まれていっている。
でも、自分の発想力は本当に上がっているのか、そして競馬力、と言っても色々あるだろうけど、自分が以前より競馬の知識が増えているのか、増やそうとしているのか、疑問に思うことが多々あった。


それなりの年月をかけてやっている割に、未だに知らないことが多過ぎる。
何度も北海道に行かせてもらって、それこそ主要な牧場、育成施設は全部見たけど、行くたびに自分の無知を感じる。

普段いかに机の上で、文字だけで知識を得ているかがよく分かる。
実際必要なのは、自分の足で巡って、自分の目で見て、自分で感じること。


もちろん牧場勤めとかをしているわけではないから、そういう現場的知識が足りないのはある程度しょうがない。
そのような現場的知識をよりつけるために、先日の北海道行きの時も、セレクトセール当歳展示で1頭1頭じっくり見せてもらった。
牧場関係者の方に話を聞いて、新しい知識を得て、より自分の競馬観が広がった感覚を受けた。

知識があるから予想が当たるわけでもない。競馬はそこが比例しないし。
ただ、知識があって損をすることもない。とにかく好きなことに関して、知らないことを1つでも減らしたい性格だったりもする。


北海道行くたびに思う。
自分の目で見ないと分からないことがこの世には多い。
そしてそれは競馬も例外ではない。
今の自分に足りていないのは現場を見る機会の少なさだと思う。

そして競馬をある程度の年月やってきたことで頭に染みついてしまっている『常識』。
常識になっていることが、実は常識ではない、これは競馬の世界においてそう珍しいことではない。


本当にそうなの?という話がネット上には溢れている。
一般論が、実際色々見聞きすると違うことはよくある。これはどの世界でもそうなんだろうけど。
実は様々な理由があることが、騎手が下手とかそういう1つの要素で片付けられるのはもったいないと思っていて、自分もそうならないよう常々現場を見て勉強していこうと思い続けてきた。


現場に行って、著名なホースマンに話を聞く機会も多かった。
岡田牧雄先生のおっしゃる『いい馬をたくさん見ることが大事』、これは実践している。


そんな中言われたのは、
『若いうちにヨーロッパで競馬を見てきたほうがいい』
『今、ヨーロッパに行くことに意味がある』
ということ。
某天才ジョッキーや某S台ファームの方々に言われたことね。
これが1年半前。ずっとこの言葉は頭の中にあった。



単純に、今より競馬が上手くなりたい。新しい競馬の世界を知りたい。新しい知識を得たい。今の自分の競馬観を壊したい。

だから実際ヨーロッパに行くことにした。


近代競馬において、イギリス、フランスは日本の4倍以上の歴史がある。
映像や写真でしか見たことない光景を実際に目で見て、空気を感じたい。

近代競馬発祥の地であるニューマーケットに行って、馬の勉強をする、これは1つの夢でもあった。


1つの例として、ヨーロッパから輸入されるマル外たちが、日本国内のレースで口を割って引っ掛かっていることはそう珍しくない。
フランケル産駒の短縮とか気性的にハマるし。

ヨーロッパのレースを見ていると、日本の馬ほど口を割っている馬がいない。
なんでこうなるのと。育った環境?人との距離感?人間の技術?

まあ色々あるんだろうけど、自分の中でそれを明確に説明する知識はまだないと思っているし、知らないことだらけの自分にある意味ショックを与えたいから、イギリスに行く。


馬を育てる仕事に就きたいわけではない。ただ、1つの国の競馬しか生で見ていないのに、競馬についてより知識や競馬観を広げられるかというと疑問なわけ。


さすがに半年とか1年とか、そこまで長い期間行くわけにはいかないものの、短期間でいいから『本場』を知っておきたい。S台ファームの方々の『今ヨーロッパに行くことに意味がある』という言葉の意味を知りに行ってきます。


そう決めてから2ヶ月ほど経ったけど、仕事関係先とかでは結構笑われることは多かった。
まあ確かに馬の勉強で乗る側として行くならまだしも、競馬の勉強は珍しい。


前の仕事の人脈や繋がり、そして英国の皆様のご厚意によって、自分が希望してた以上に素晴らしい環境を回れそう。

あとはその環境で、自分が何を学ぶか、何を感じるかでしょう。こればかりは行ってみないとどうなるかは分からない。
ただ英国、それこそ欧州競馬の中心の一つまで見せてもらえる機会なんて、人生でそうあるもんじゃない。
この貴重な機会を大事にして、自分の競馬観をぶっ壊して、日本に帰ってきたいところですね。




まずはフランス。滞在期間自体は一週間ほど。
ここで競馬場にいくつか行き、現地の専門家の方に話を聞く。
凱旋門賞の舞台も見ておかないとね。


そしてイギリス。
近代競馬発祥の地・ニューマーケットで、馬と人との距離感を見たい。

お世話になってる方に、ニューマーケットで調教助手をやってた方がいて、その方が『ニューマーケットではペットの犬とペットの猫と馬が同じ扱い』と聞いている。
どういう環境なんだそれ…

まるで想像できないから自分で観に行く。
400年前から競馬が開催されている街がどんなものなのか、実際に観る。

それからいい馬を多く見て、最後はキングジョージ。ここまでが1セット。



ちょうど欧州周遊中にホーム・大井開催があるものの、こればかりは仕方ないね。

フランスで買う。



毎日の南関、国営のブログ更新は少しの間止まりますが、欧州での出来事や感想などをまとめた記事はたぶん更新しますので、欧州でもアホなことやってるなぁと生暖かい目で見ていただければ幸いです。




ということで、ちょっと自分の競馬観をぶっ壊してきます。




まずは場所まで辿り着けるか…それが問題だ…
posted by cris at 20:47| Comment(14) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんせケガと病気だけには気をつけて、元気に帰ってきてください。
Posted by 顔無し at 2017年07月20日 21:21
少しでも目的を果たせるよう北海道から
心より願ってます。
気を付けていってらっしゃいませ。
Posted by 重馬場が苦手 at 2017年07月21日 02:57
いってらっしゃい。
ワタルさんはなぜか不思議と、スッと入ってくる、嫌味のない文章がかける方と思ってます。あなたの言葉であなたが見たものを、われわれに伝えてくれたら、嬉しいです。
Posted by タケシ at 2017年07月21日 07:12
佐藤さんのブログずっと見てきました。
遠征、お気を付けて。行ってらっしゃい。
Posted by だい at 2017年07月21日 11:48
神、お気をつけて行ってらっしゃいませ。元気に帰国されること、心よりお祈り申し上げます。
Posted by 最終王子 at 2017年07月21日 13:43
気をつけて行ってきて下さい。戻ってきてからの再開、楽しみにしてます。
Posted by 単身赴任 at 2017年07月21日 19:46
 先日は私のコメントへのお返事ありがとうございました。ツイッターで無事にフランスでの競馬研究とスイーツ探求をされていることが伺えましたのでホッとしました。

 フランスに滞在されるようですが、佐藤さんが某シャ○ルリー・エブドの影響を受けてツイッターやブログで特定の騎手(本田○重騎手とか、本◎正重騎手とか、▲田正重騎手とか)や調教師を思いっ切りバカにしたイラストを出してしまわなければいいな、って思ってます。頭がいい人ほどアレな考え方に染まる傾向がありますし…。

 無事に帰国されることを北海道から願ってます。
Posted by デーリイスポルツ at 2017年07月25日 07:55

>顔無しさん

ケガなく、無事に帰ってきました!
今回は無事でしたが、海外でケガや病気すると大変だろうと実感しました…
Posted by ワタル at 2017年08月26日 03:53

>重馬場が苦手さん

目的であった、自身の競馬観の破壊を無事達成して帰ってきました。
北海道にも何度も勉強で訪れていますが、欧州はその上を行っていましたね。行って良かったです。
Posted by ワタル at 2017年08月26日 03:54

>タケシさん

そう言っていただけるのはありがたいです。
素晴らしい経験を欧州でさせてもらったので、あとはこの経験を、いかに皆様に伝えることができるか、それは自分の文章力の勝負だと考えています。
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by ワタル at 2017年08月26日 03:55

>だいさん

いつもありがとうございます!
おかげさまで無事に帰ってまいりました。
いい勉強をさせてもらいました。
Posted by ワタル at 2017年08月26日 03:56

>最終王子さん

ありがとうございます!
無事に元気に帰ってまいりました!
Posted by ワタル at 2017年08月26日 03:57

>単身赴任さん

無事に帰国いたしました!
経験も交えてこの先も書いていければと思います!
Posted by ワタル at 2017年08月26日 03:58

>デーリイスポルツさん

無事に帰国いたしました!
ツイッターのほうにも書きましたが、素晴らしい経験、勉強をさせていただきました。
帰ってきたら正重がまともな騎手になっていて、僕がいなかった数週間の間に日本の地軸が傾いたのかと心配になりました。
Posted by ワタル at 2017年08月26日 04:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: