2017年08月31日

欧州見聞録8日目後編〜英国のスーパースター・フランケルとの出会い〜


今まで、日々最低限の勉強はしてきたつもりだったけど、今回ヨーロッパに競馬の勉強に行くにあたり、これは本当に大きかった。

父や母父はもちろん、母母父や戦績を覚えておくことで、英国のホースマンたちと話が盛り上がる。
向こうはもっと色々教えてくれる。

やはり普段勉強しているといいことあるんだな。そう強く思った2週間あまりだった。




さて、8日目後半。




1日目
欧州見聞録1日目〜北京は広いよどこまでも〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/452476475.html

2日目
欧州見聞録2日目〜無職inパリ〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/452476967.html

3日目
欧州見聞録3日目〜ペリエという日本人〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/452691011.html

4日目
欧州見聞録4日目〜アレ・クリストフちゃんとの邂逅〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/452846110.html

5日目
欧州見聞録5日目〜パリの空の下、無職は歩く〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/453052285.html

6日目
欧州見聞録6日目〜競馬の聖地・ニューマーケット〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/453056874.html

7日目前半
欧州見聞録7日目前編〜ドバウィと戯れる無職〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/453056927.html

7日目後半
欧州見聞録7日目後編〜英国が誇る構ってちゃん・ニューアプローチ〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/453112676.html

8日目前半
欧州見聞録8日目前編〜英国の名門厩舎で見る、知る、考える〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/453125790.html




8日目前半学んだことは、『イギリスは掃除機もかわいい




こちらに来て重宝したのはサブウェイ。
自分の好きなようにカスタムできるし、物価が高い国の中では値段も手ごろ。


この日もお昼はサブウェイでサンドイッチ買って、ホテルの中庭でのんびり食べる。


近所に住んでる方が犬を散歩させている。ベリーというかわいいワンちゃん。

クマーニ厩舎のジェシーも大変賢かったけど、このベリーもかなり賢い。

イギリスの犬ってみんなこんなに賢いの?

その時実家では堕落したダックスフンドがソファの上でお腹出して、大の字になって寝ていたらしい。

どう育て方を間違えるとこうなっちゃうんだろう。。




タクシーに乗って、ニューマーケット中心部から10分ほど。


DF1F32tXcAAwKTh.jpg



バンステッドマナースタッド



サウジアラビアの王族出身のアブドゥラ殿下が率いる、ジャドモンドグループのスタリオン。

英国が生んだスーパースター・フランケルを繋養していることで知られている。


前日のダーレー同様、ダメ元でオファー出したら通った。日本出国1週間前、メールが来た時の夜中の喜びといったらなかったね。


予定より30分早く着いて、応接室に通される。

綺麗な庭には、ど真ん中にフランケルの銅像が立っている。

自然とこちらのテンションも上がる。


応接室は宮殿の一室を思わせるくらいの豪華さ。いるだけでド緊張。

机の上にはカタログや、タタソールズ社の250周年記念の分厚い本。

ガラス張りのショーケースにはフランケルが制した英チャンピオンステークスのドでかい優勝杯。
直径7、80センチくらいあったかな。とんでもない迫力。

壁にはフランケルの肖像画。そしてフランケルが出走した全14戦、当日のレーシングプログラムが全て額に収められたものが飾ってある。


オシャレが過ぎる…


天井を見ればシャンデリア。

これはスタリオンの応接室じゃないでしょ…

あまりの緊張に、出されたコーヒーの味をよく覚えていない。
確かコーヒーみたいな味だった…なんか高級だったような気がする…



DF1F320XYAEua-T.jpg


うわぁ…綺麗…


整備され過ぎてて怖くなるくらい綺麗…



まず最初に紹介されたのは彼。


DF1MUDGXkAA4GF0.jpg


ダンシリ。ハービンジャーやレイルリンクの父でお馴染み。

本当はもっと近寄って、触ってもいいんだけど、この時はまだ距離感が分からなかった。
だって日本では近寄って触ってってできないじゃん。


担当者『21歳です


ハハハ、相変わらず英国のホースマンの皆さんは冗談が上手い。

これのどこが21歳よ。こんな若々しい身体の馬が21歳なわけがないでしょ。

1996年生まれ…21歳だ…本当だ…


担当者『ハハハ!俺よりいいモノ食べてるからね!
無職『(主食がモヤシの俺、ダンシリ以下かよ…)』


イギリス人の馬主らしき人が、フツーに馬の隣に立って、触りながら記念撮影してる…
相変わらずこの国は自由過ぎる。ダンシリもまあおとなしいんだ。



ダンシリが馬房に戻った後、スタッフたちが向かって左端の馬房に移動する。

次の馬もおとなしいんだろうなぁ…
そう思いながら見ていた。

鹿毛の馬が上半身だけ出てきた。
めちゃんこ首振ってんの。


うわぁ…猛獣みたいなヤベェの出てきた…


担当者『フランケルです





ライオンじゃなくて?


首をブンブン振りながらこちらに歩いてくるフランケル。


DF1H6_AWAAIerAV.jpg


なんだこれ。

こんなに腰回りが太くて、お尻が大きな馬は見たことがない


見るからに強靭な足腰。
歩き方が、『ズン!ズン!』って感じ。戦車が歩いてる雰囲気。


ずーっと首をブンブン振り続けている。手綱離したらたぶんそのまま地平線の向こうまで走っていきそう。

こいつがフランケル、無敗の14戦14勝、G1を10勝した怪物か。


DF1H6_KXYAEJBdG.jpg


ごめんごめん、馬を見せてほしかった。これ馬じゃない何かでしょう?

担当スタッフがベテランなのも分かる。この怪物を扱うには経験が必要。



そんな中、フランケルとの写真撮影会が始まった。

昔ディープインパクトと隣同士で並んで触らせてもらったり写真撮ったりしたことがある。

ディープは全然おとなしいからまったく問題なかった。

今隣にいるのは首を振り続ける猛獣だ。

ベテランスタッフが手綱離したら、たぶん俺はいつぞやの松島トモ子選手みたいになったと思う


恐る恐るライオンフランケルに触れる無職。

触った瞬間、手が沈んだ。
そしてすぐに手が返ってきた。


すげぇ反発力。なんだこの筋肉。


今までディープインパクトやハーツクライといった馬に触ってきたけど、触り心地が全然違う。

もちろんディープも柔らかくてずっと触っていたくなる感触だった。

フランケルはまた違う。なんかこう、筋肉の柔らかさは伝わってくるんだけど、触っていて怖いという感情が芽生える。今までに触ったことのないタイプの馬だった。


DSC_1017.JPG


パシャ。
顔が猛獣だもん。


DF1JexSXsAAz9xJ.jpg


パシャ。
ベテランスタッフさんがどっか向いてるからもう一枚いこうか。


DSC_1016.JPG


パシャ。

良し。


最後まで首を振って、自分の馬房へ帰っていく猛獣。

隣にいたスタリオンスタッフに『あれはライオンじゃないんですよね?』と聞く。

『馬だよ(笑)』

みんなして笑う。いや、あれは馬じゃないだろ。



スタリオン内の小道を歩いていき、放牧地へ。

放牧地の広さは前日のダーレー・ダルハムホールスタッドほどではない。
社台スタリオンの内部放牧地に近いサイズだね。


社台スタリオンやダルハムホールと違うのは、ここはほとんどの放牧地が隣り合っていない

そもそも今5頭しかいないスタリオン。

言うなれば『完全個室』といった感じか。



歩いて3分、左手のほうの放牧地前で、すでに1頭、入口前に出されて我々を待っていた。


スタッフ『彼はオアシスドリーム、17歳です


だからさ、なんで英国のホースマンの皆さんは冗談が好きなの?
全然17歳の身体じゃないでしょ。
先日ニューマーケット競馬場のジュライカップ走った馬でしょ?これは。


DF1N_fVWAAAp0lK.jpg


日本にいるオアシスドリーム産駒たちは胴が短いイメージがある。

確かに実馬はやや短い気がするけど、バランスがいいな。前腕だけ発達しているとかそういうのではない。ダンジグ系の現役時代短距離系種牡馬はあまり見たことがなかったから、こういうイメージはなかった。


DF1N_fZWsAA6V1J.jpg


後ろからも1枚。

体高自体はそう高くない。

でも見てほしいのはこの後ろ脚の腿
何重にも筋肉が重なったような、発達した両腿。
これが重い馬場のスプリントで猛烈な末脚を発揮する原動力か。


DF1N_fTXcAEFfdd.jpg


オアシスドリームと一緒に。
さっきから英国の至宝たちとのんきに記念撮影してるけど、え?こんな流れで本当にいいの?

完全に観光客化している…いやまあそうなんだけどさ…

このあたりでもう童心に帰っていた。




続いて右手奥のほうの放牧地へ歩く。

スタッフが口笛を吹くと、その放牧地の住人がホイホイやってきた。

いやだから君たちなんでそんな簡単に寄ってくるの?


DF1SFB3XYAE8MnI.jpg



スタッフ『キングマンです


もう笑うしかない。
さっきから英国の至宝しか出てきてない。感覚がマヒしている。


分厚いトモと幅。こりゃ一流馬ですよ。8戦7勝、G1は4勝。さすがにそんな戦績残すわ。


DF1SIAJXkAQwH6L.jpg


前から。代謝がいい。皮膚が薄い。筋肉が浮き出ている。


DF1SNToXoAAfyq0.jpg


後ろから。撮る角度が良くない分小さく見えるけど、中身が詰まっている感じ。


DF1TkQ6WAAAQB4A.jpg


キングマンと一緒に。

またこの馬の筋肉も素晴らしい。
フランケルとは別の意味で、触ってゾクっとした

とにかくこの馬は柔らかい。
身体が変な方向に曲がる。

スタッフに構ってほしいのか斜め後ろにいたスタッフに、身体の向きを変えずに首だけで触ってもらいにいった時は息を呑んだ。

初年度産駒は今1歳。こんな筋肉持ってる種牡馬が失敗することはほぼありえないと思う。絶対成功するでしょ。



DF1WriEXoAEjoaE.jpg


最後、5頭目はベイテッドブレス

2007年生まれのダンシリ産駒のスプリンター。G1キングズスタンドSなどG1を2着4回。

日本馬にとってはヨーロッパの中距離より、スプリントで活躍するほうが難しいと思った。
重い芝で、このレベルの体型の厚みがあってようやく戦える…

となるといかに日本馬で速い馬が出ても我慢比べで勝てなそう。


DF1WriFXYAAhG29.jpg


後ろから。
このあたりになると、もう俺が前と後ろから馬を確認することをスタッフが理解してくれていて、何も言わなくても向きを調整してくれた。助かる。

前に岡田牧雄先生が馬を前と後ろから見ることの重要性について話してた。これはそれ以降ずっと遵守している。



DF1ZOvRXUAAo-NS.jpg



バンステッドマナースタッドも、ダルハムホールスタッドに負けず劣らず広い。

この広い土地を、わずか5頭で使用している贅沢。

手入れの行き届いている馬たち。身体はピカピカ。放牧中ってどうしても馬は横になったりして汚れるはずなんだけど、それでも綺麗。普段から時間を掛けて手入れしているんだろうな。


そしてフランケルみたいに気性がアレな馬をすぐに立ちポーズをキメさせるスタッフたちの技量。
上手く立たせる行為が難しいと以前聞いたことがある。
ずっと首を振っていたフランケルを2、3秒で立ちポーズキメされる技術の高さに驚き。



あと、敷地内の池の近くを歩いている鴨がかわいい。

みんなで仲良く縦列に20羽くらい歩いてんの。

こういうところまで英国は集団調教なんだな




バンステッドマナースタッドの皆さんに深く感謝の意を表しつつ、ニューマーケットを離脱。

この場所から離れたくなかった。泣く泣く離脱、ロンドンへ。


ドバウィやフランケルといった欧州を代表する名馬たちを見せてくれた上に、触らせてもくれて、かつ色々筋肉や癖まで教えてくれて、もうこれ以上ない3日間。


厩舎見学でも調教見学でも丁寧に説明してくれたりと、英国のホースマンの皆様の優しさに触れた、素晴らしい時間だった。



名伯楽・藤沢和雄調教師が若き頃、ニューマーケットで働いていた時、友人もできずに友達が担当していた2頭のみ、という状態の時があったという。

この時同僚のジョン・マギーが師にかけた言葉が、


Happy People make Happy Horse


幸せな人が幸せな馬を作る


競馬が生まれた街は、笑顔の素敵なライダー、スタッフばかりだった。


競馬を400年育んだ街は、心優しいライダー、スタッフばかりだった。



もちろん日本のホースマンはレベルが高いし、施設も一流。馬も素晴らしい。

でも、藤沢厩舎がこの概念を日本に入れてからまだ30年。

精神的な面で370年分の差をどう埋めるか。

異様におとなしいイギリスの馬と、パドックから暴れている日本の馬を比べてみると、改めてこの点について考えてしまった。



このあたりはまた、最後にまとめとして考察していきたい。


欧州見聞録はたぶんあと3回。

キングジョージ編、ロンドン編、そしてまとめ。



最後までお付き合いいただけると幸いです。



ありがとうニューマーケットの皆さん。



絶対にまた行きます。






DF2qB96XYAAVdnz.jpg


と思いながら、その日の夜はロンドンで鍋焼きうどんを食べていました。


だって寒いんだもん…


もう7月に鍋焼きうどん食べることはないな…
posted by cris at 22:02| Comment(0) | 海外見聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: