2018年02月13日

ユングフラウ賞2018


月曜の国営はクイーンカップ当たったものの、なんか物足りない当たり方。

一番自信あったロワアブソリューが目も当てられないくらい盛大に詰まってしまった。
ムーアの気持ちもわかるし、東京芝1400では起こり得ることとはいえ、悔しい。
去年からムーアはああいう1頭分しかスペースがない時、無理をしなくなったような気がする。
なんか進路が日本式になったような…



火曜の国営はまあまあ。
特に自信のあったアドマイヤメテオが来て良かったですね。

メテオはグリーンポーラ一族らしい馬。
ローテが良かったし、滞在も良かった。テンション上がらなければこのクラスでも戦える。

函館みたいな芝になってくれたのもプラスでしたね。



今週は浦和。
火曜の浦和はメインのサンガッロだけ。これは庄司様様。さすが。
焦って文男の外を回していたら最後甘くなっていただろうし、じっくり待って、文男の挙動を見て内を突くファインプレー。
こういう細かいプレーが上手いんだよな、この人。





そんな感じで水曜。

今開催の浦和はあまり好きなタイプの馬場ではないな…
キングマンボやフサイチリシャールにプラスの馬場だと思うけど、過剰にプラスというわけでもない。そこらへんを考えて買わないといけなそうですね。





水曜浦和





ユングフラウ賞
◎ピースフルジョイ
〇ストロングハート
▲グラヴィオーラ
☆ポッドジゼル
△他

難しいレース。
イメージは一昨年のユングフラウ賞に近い。
あの時はおとなしくしていた方々が連結してやってきたけど、そういうレースが欲しい。

ネックは2つ。
シェーンリートが物理的に邪魔になりそうなこと。シェーンが甘くなったり、垂れたりすると内ラチ沿いは辛いよね。

そしてもう1つ。似たようなことを考えていた一昨年は◎タケショウメーカーが4着だったこと。

ピースフルジョイは悪い馬じゃなくて、このメンバーでも足りると思う。楢崎もやることは一つだと分かっているはず。
心配なのは桃花賞が中止になったこと。あそこでカラ輸送になってしまった影響がどこまで残っているかな…


鍵は展開。8枠のローレル賞1、2着組がどこまで早く動いてくるか。
早めに動かれると内はキツいけど、この馬場で省吾が過剰にマクってくるとも考え辛い。省吾が馬場読めてることに期待したい。




1レース
◎ノートゥルレーヴ

内が動いて、それを藪口が捕まえにいって、その後ろからホイホイごっこを考えている。
ノートゥルはもっとやれる馬。このクラスでもこの枠なら。


2レース
◎エイシンレパード

道中14秒台が入るラップのレースだった前走雪晴特別で、出遅れから後手に回ってしまった。あれではどうしようもない。
浦和替わりも、この枠の並びでゲートか決まればそれなりに走れても。


3レース
◎トウキョウコール

そんなに強くないのがどうかね。
セコく乗って足りるといいですね。


4レース
◎フクノロブロイ

いいポジション取れるといいですね。
たぶんフクノロブロイのこれまでのキャリア65戦中24戦くらいで◎にしている気がするな。


6レース
◎ノブローズ

使い込めないのが難点だけど、800は結構合いそうなタイプ。
ワタシキタヨの外枠に入れたのは大きい。これが決め手。


7レース越生梅林賞
◎ジョーキーパーソン

の短縮に◎。あとは乗り方次第。

越生梅林賞マニアだからこのレースは当てたい。
マニアって言うほど思い入れないけど。


8レース遠足の聖地 ひだか賞
◎ファミリーチャンス

アーススピードと迷った。
展開次第でしょうね。ファミリーチャンスは前走距離感が遠かった。
もう少しいいポジションが取れれば。

しかし遠足にも聖地とかあるんだな…
遠足界のメッカ、遠足界のエルサレムみたいなものか…

ちなみに的場文男教の聖地は勝島と平和島です。
明日テストに出ません。


9レース梅見月特別
◎リワードデュラン

に赤岡とか面白いことしてくれるじゃん。
トサノナデシコと迷った。
たぶんナデシコイン3でリワードがその後ろとかなんだろうけど、赤岡の新鮮な発想により外2の後ろとか、そういうアイディアもあっていいと思うんだよね。
あとはどこまでメリハリある競馬ができるか。


10レース麗月特別
◎フレアリングスター

まったく考えていない(良くない)

しかしなぜこの条件にシナノクリスがいるのか。
迷子かな。


最終バレンタイン特別
◎ガウェイン

ギンチャンは短縮した今回からどこまで行けるか楽しみ。
ガウェインはそんなギンチャンをうまく使いたい。コバンザメ作戦の変型。



こういうランキングに参加するようになりました。


最強競馬ブログランキングへ
posted by cris at 19:29| Comment(0) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: