2018年04月10日

#26 皐月賞2018〜今年のメンバーだからこそ狙えるアノ馬!〜



はるー!


今週もやってきました、好調続く内ラチの上を走れ!の時間です。


フェブラリーS◎インカンテーションを皮切りに、次々と的中を重ねる内ラチの上を走れ!。
春のG1も高松宮記念◎レッツゴードンキが完璧な競馬をしてくれて、2着。大阪杯は6番人気◎ペルシアンナイトが見事2着。

そして迎えた先週の桜花賞は◎マウレアが5着。
4着かと思ったら、画面に急に現れた赤いメンコ。
そうですね、天才の登場です。
あの形から4着を取れる人がいるとは…さすが匠。


マウレアに関して言えば、最後までネックだったのが外枠。
桜花賞自体は外有利のレースとはいえ、マウレアという馬は両サイドに馬がいるか、外側に馬がいる形のほうがいいタイプ。

そんな馬が17番はさすがに外過ぎる…というネックを最後まで解消できず。
外外を回って、最後は甘くなってしまいましたね。
10番くらいであればリリーノーブルと競り合いになっていたのではないでしょうか。

ただ今回自分の競馬をさせてもらえなかったことで、オークスでは条件次第で楽しみになってきましたね。





さて、今週の予想レースは皐月賞


牡馬クラシック一冠目を血統やラップから考察。ダノンプレミアムはいなくなりましたが、今年のメンバー構成だからこそ狙える馬を紹介していきます。


この血統が来る年は1つの共通点があるんですよね。
ここ3年の勝ち時計がほぼ同じだからといって、よく見ると傾向が違ったり、天候や馬場次第で傾向が変わるこのレース。今年はそれなりに楽しみです。





#26 皐月賞2018〜今年のメンバーだからこそ狙えるアノ馬!〜







今週も内容はなかなか充実していますので、ぜひ、この番組を拡散していただけると助かります。

今週も当たるといいですね。




こういうランキングに参加するようになりました。


最強競馬ブログランキングへ
posted by cris at 18:04| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: