2018年05月15日

#31 オークス2018〜近年傾向変化アリ?!持続力勝負ならこの馬!〜



はるー!


今週もやってきました、内ラチの上を走れ!の時間です。


先週◎に指名したのはレッツゴードンキ。
ギリギリ折り合えて我慢してくれたんですけどね。

何より痛かったのはレース前の雨。
1分31秒台決着でスプリント適性を要求される芝が理想だっただけに、少し時計が掛かって、スプリント適性だけでは乗り切れない馬場になってしまったのが…

かといって、デンコウアンジュのようなサドラーが足りるほど時計が遅くならない道悪だったのがまたポイント。

そんな中で出走18番目、そして内枠、周りの馬が行ってくれたことなど全てが噛み合ったジュールポレールを見ると、G1は全て噛み合った馬が勝つものなんだと改めて感じた次第。
そりゃアーモンドアイみたいな力が抜けていればまた違いますけどね。

ただレッツゴードンキはよく頑張りました。スタミナも求められた中で最後までしぶとく伸びて。
延長でもこの条件ならと思い重視しただけに、馬券にならなくてもそれなりの満足感はあったなと。




さて、今週の予想レースはオークス


最近堅く決まりやすいこのレース。

そんなレースを血統傾向だけではなく、普段とは違った形でまた解説していきます。

いつもなるべく妙味のある馬に◎を打つようにしているので、こういう上位が強いレースだと◎を選びにくいんですよね…





#31 オークス2018〜近年傾向変化アリ?!持続力勝負ならこの馬!〜








今週も内容はなかなか充実していますので、ぜひ、この番組を拡散していただけると助かります。





こういうランキングに参加するようになりました。


最強競馬ブログランキングへ
posted by cris at 20:57| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする