2019年06月13日

木曜の川崎


水曜の川崎は微妙。

まあ4着が多かった。綺麗に収束されていく。
自分の発想がどうしても後ろよりになる分、差し込みにくいこの馬場だといつもより後手に回って4着が増える、これは仕方ない。

予想に10秒もかけてない◎が4になるのはどういうことだ。


関東オークスはラインカリーナ。
ローザノワールがハナ行かずラインカリーナド単騎だとこうなるよなーってレース。
アークヴィグラスイン3はこれ以上ない森さんの攻め。これで足りないならどうしようもない。
トーセンガーネットも仕方ないかな。ギリギリな状態感もあった。もう1列上げられればベストだったんだろうけれど、1列上げていたからと言って勝ったか、というとそこまでの着差ではない。


ヴァケーションは期待通り、期待以上という感じか。
5頭立ての割に10頭立てのような競馬内容。
ギアが変わってからの動きの変わり方の早さ、そして小回りを労せず回ってくる機動力、2歳馬離れしている。
鎌倉記念は勝たれたと思う。全日本はメンバー次第。



そんな感じで木曜。

上位はワンダーツーみたいなことをまたやりたいものの、あんなにうまくハマるレースもそう多くないはず。





木曜川崎





川崎スパーキングスプリント
◎ケイエスソード

別定っていうのがミソよね。
しかもこのクラスで頭数が7。

オープンの別定ということでさりげなく恵まれているケイエスソードに◎。
前走は6着も、57キロ。2着ジュンヒラメキ、3着ドリームメダリストが53キロだったことを考えれば、同斤だとあまり着差はなかったのでは。

今回はオープンの別定でケイエスソード自体が53キロ。
隊列が読みにくいけれど、ジュンが51キロで大外、それを何とか止めに行く59キロノブワイルドと、それなりに前がワシャワシャしそう。直線まで脚を溜めて内をロスなく回れば3着取れてもいいのでは。

あとは鞍上にルパルーの魂を移植したいね。




1レース
◎アークゼノン

色々あってデビュー遅れ、能試で様子見みたいな仕上げをしていたことを考えれば、上積みはそれなりにありそう。


2レース
◎レターマン

全然関係ない話なんだけれど、まだブルーマンって見に行ったことないんだよね。
見に行ってみたいな。


3レース
◎アークシュン

試しにキャノンデールをゴリゴリやってみてほしい。揉まれるとまだ分からんぞあの馬。


4レース鈴蘭特別
◎ニヨドハンター

ボルドーシエルと迷った。
ニヨドは延長でそれなりのポジションにいたい。雨が降らなければこのクラスでもやや内有利では。


5レース金魚草賞
◎シナノシラカバ

マルモリラッキーは置いておいて、ヴァケーション組は何秒離されてようが、別にいいんじゃないかという思いが芽生えている。


6レース稲妻賞
◎アローズ

テンはゴールドマジックよりやや速い。ガンガン押してゴールドマジックを潰すつもりで乗ってほしい。


7レースアフロディーテ賞
◎ミスダイテン

カルガモ賞組がまた似たような競馬ができるのか、まずそこからだよね。
できないと思うけど。
サンロックヒルが前を掃除するのを利用したい。


8レースサンライズ特別
◎ワールドヴィジョン

さすがにこの距離ならもう少し追走楽になるでしょう。

イーストスパークル達城龍という文字列はさすがにスクショした。
いかにも手は合いそうだし、これはもっと早くやってよ…
つまり事実上のノンコノユメ達城先生。妄想がはかどる。

川崎のレース名に普段とやかく言うことはないけれど、サンライズ賞もあって、このレースはどうなのかなって気がしている。


9レース疾風怒涛賞
◎デスヨネ

初速はトリプルキセキより速い(当社比)
最低でも外2は欲しい。最低でもね。

今日900多いね。前にも1日3レース900やったよね。たまに極端。
2000あったり、なかなか番組が豊富になった点はいいと思う。


10レースサンクス増建賞
◎キーネットワーク

をおとなしくハナに行かせないようなメンバーですね。
譲り合いの精神って大事だと思うなぁ。


最終紫陽花特別
◎ビービーバンチョウ

最終はちょっと目線を変えてこっちに◎。

きた、天才マントバーニ!
…と思ったらマントバーニ田邉厩舎?神奈川県民?住民票移した?
posted by cris at 01:05| 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする