2017年09月03日

9月3日のお馬ちゃん


土曜はいっぱい腹這った。
36レースやって◎4が9レース。
かなり際どいラインを狙っただけに仕方ない。





日曜国営





新潟記念
◎ハッピーモーメント
▲トーセンバジル、マイネルフロスト
☆フルーキー
△色々

ハッピーモーメント、届くといいですね。なんか不穏な馬場になりつつあるのが…



小倉2歳ステークス
◎アイアンクロー
◯ヴァイザー
▲モズスーパーフレア
☆オーロスターキス
△色々

アイアンクローはゲートがネック。
あとは差せそうな馬中心で。



丹頂ステークス
◎アングライフェン
◯プレストウィック
▲サラトガスピリット
☆パリカラノテガミ、ジェベルムーサ
△他

普通ならプレストウィック。それが人気だから◎アングライフェンに。
とにかく掛からないでほしい。





その他のお馬ちゃん





札幌1レース
◎トーセンクロノス

延長はいい。届きますように。


札幌3レース
◎アイアムエメラルド

アイアムアドーターでしょう?そういう感じで。


小倉6レース
◎コペルニクス

短縮→延長なら。


札幌6レース
◎ユキノカトレア

タバスコキャットごっこ。


新潟7レース
◎マイネルハレオ

の短縮。


札幌7レース
◎ルノートル

ジングルベルロックと迷った。そのへん。


新潟10レース飯豊特別
◎スズカゼ

の短縮。


小倉10レース西日本スポーツ杯
◎タイマツリ

の内枠。


札幌10レースすずらん賞
◎ハッピーグリン

内枠短縮できれば、この先更に楽しみ。


新潟最終雷光特別
◎ミキノドラマー

条件好転。


札幌最終釧路湿原特別
◎ディアドナテロ

フツーの予想。
posted by cris at 02:35| Comment(0) | 海外見聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

欧州見聞録8日目後編〜英国のスーパースター・フランケルとの出会い〜


今まで、日々最低限の勉強はしてきたつもりだったけど、今回ヨーロッパに競馬の勉強に行くにあたり、これは本当に大きかった。

父や母父はもちろん、母母父や戦績を覚えておくことで、英国のホースマンたちと話が盛り上がる。
向こうはもっと色々教えてくれる。

やはり普段勉強しているといいことあるんだな。そう強く思った2週間あまりだった。




さて、8日目後半。




1日目
欧州見聞録1日目〜北京は広いよどこまでも〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/452476475.html

2日目
欧州見聞録2日目〜無職inパリ〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/452476967.html

3日目
欧州見聞録3日目〜ペリエという日本人〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/452691011.html

4日目
欧州見聞録4日目〜アレ・クリストフちゃんとの邂逅〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/452846110.html

5日目
欧州見聞録5日目〜パリの空の下、無職は歩く〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/453052285.html

6日目
欧州見聞録6日目〜競馬の聖地・ニューマーケット〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/453056874.html

7日目前半
欧州見聞録7日目前編〜ドバウィと戯れる無職〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/453056927.html

7日目後半
欧州見聞録7日目後編〜英国が誇る構ってちゃん・ニューアプローチ〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/453112676.html

8日目前半
欧州見聞録8日目前編〜英国の名門厩舎で見る、知る、考える〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/453125790.html




8日目前半学んだことは、『イギリスは掃除機もかわいい




こちらに来て重宝したのはサブウェイ。
自分の好きなようにカスタムできるし、物価が高い国の中では値段も手ごろ。


この日もお昼はサブウェイでサンドイッチ買って、ホテルの中庭でのんびり食べる。


近所に住んでる方が犬を散歩させている。ベリーというかわいいワンちゃん。

クマーニ厩舎のジェシーも大変賢かったけど、このベリーもかなり賢い。

イギリスの犬ってみんなこんなに賢いの?

その時実家では堕落したダックスフンドがソファの上でお腹出して、大の字になって寝ていたらしい。

どう育て方を間違えるとこうなっちゃうんだろう。。




タクシーに乗って、ニューマーケット中心部から10分ほど。


DF1F32tXcAAwKTh.jpg



バンステッドマナースタッド



サウジアラビアの王族出身のアブドゥラ殿下が率いる、ジャドモンドグループのスタリオン。

英国が生んだスーパースター・フランケルを繋養していることで知られている。


前日のダーレー同様、ダメ元でオファー出したら通った。日本出国1週間前、メールが来た時の夜中の喜びといったらなかったね。


予定より30分早く着いて、応接室に通される。

綺麗な庭には、ど真ん中にフランケルの銅像が立っている。

自然とこちらのテンションも上がる。


応接室は宮殿の一室を思わせるくらいの豪華さ。いるだけでド緊張。

机の上にはカタログや、タタソールズ社の250周年記念の分厚い本。

ガラス張りのショーケースにはフランケルが制した英チャンピオンステークスのドでかい優勝杯。
直径7、80センチくらいあったかな。とんでもない迫力。

壁にはフランケルの肖像画。そしてフランケルが出走した全14戦、当日のレーシングプログラムが全て額に収められたものが飾ってある。


オシャレが過ぎる…


天井を見ればシャンデリア。

これはスタリオンの応接室じゃないでしょ…

あまりの緊張に、出されたコーヒーの味をよく覚えていない。
確かコーヒーみたいな味だった…なんか高級だったような気がする…



DF1F320XYAEua-T.jpg


うわぁ…綺麗…


整備され過ぎてて怖くなるくらい綺麗…



まず最初に紹介されたのは彼。


DF1MUDGXkAA4GF0.jpg


ダンシリ。ハービンジャーやレイルリンクの父でお馴染み。

本当はもっと近寄って、触ってもいいんだけど、この時はまだ距離感が分からなかった。
だって日本では近寄って触ってってできないじゃん。


担当者『21歳です


ハハハ、相変わらず英国のホースマンの皆さんは冗談が上手い。

これのどこが21歳よ。こんな若々しい身体の馬が21歳なわけがないでしょ。

1996年生まれ…21歳だ…本当だ…


担当者『ハハハ!俺よりいいモノ食べてるからね!
無職『(主食がモヤシの俺、ダンシリ以下かよ…)』


イギリス人の馬主らしき人が、フツーに馬の隣に立って、触りながら記念撮影してる…
相変わらずこの国は自由過ぎる。ダンシリもまあおとなしいんだ。



ダンシリが馬房に戻った後、スタッフたちが向かって左端の馬房に移動する。

次の馬もおとなしいんだろうなぁ…
そう思いながら見ていた。

鹿毛の馬が上半身だけ出てきた。
めちゃんこ首振ってんの。


うわぁ…猛獣みたいなヤベェの出てきた…


担当者『フランケルです





ライオンじゃなくて?


首をブンブン振りながらこちらに歩いてくるフランケル。


DF1H6_AWAAIerAV.jpg


なんだこれ。

こんなに腰回りが太くて、お尻が大きな馬は見たことがない


見るからに強靭な足腰。
歩き方が、『ズン!ズン!』って感じ。戦車が歩いてる雰囲気。


ずーっと首をブンブン振り続けている。手綱離したらたぶんそのまま地平線の向こうまで走っていきそう。

こいつがフランケル、無敗の14戦14勝、G1を10勝した怪物か。


DF1H6_KXYAEJBdG.jpg


ごめんごめん、馬を見せてほしかった。これ馬じゃない何かでしょう?

担当スタッフがベテランなのも分かる。この怪物を扱うには経験が必要。



そんな中、フランケルとの写真撮影会が始まった。

昔ディープインパクトと隣同士で並んで触らせてもらったり写真撮ったりしたことがある。

ディープは全然おとなしいからまったく問題なかった。

今隣にいるのは首を振り続ける猛獣だ。

ベテランスタッフが手綱離したら、たぶん俺はいつぞやの松島トモ子選手みたいになったと思う


恐る恐るライオンフランケルに触れる無職。

触った瞬間、手が沈んだ。
そしてすぐに手が返ってきた。


すげぇ反発力。なんだこの筋肉。


今までディープインパクトやハーツクライといった馬に触ってきたけど、触り心地が全然違う。

もちろんディープも柔らかくてずっと触っていたくなる感触だった。

フランケルはまた違う。なんかこう、筋肉の柔らかさは伝わってくるんだけど、触っていて怖いという感情が芽生える。今までに触ったことのないタイプの馬だった。


DSC_1017.JPG


パシャ。
顔が猛獣だもん。


DF1JexSXsAAz9xJ.jpg


パシャ。
ベテランスタッフさんがどっか向いてるからもう一枚いこうか。


DSC_1016.JPG


パシャ。

良し。


最後まで首を振って、自分の馬房へ帰っていく猛獣。

隣にいたスタリオンスタッフに『あれはライオンじゃないんですよね?』と聞く。

『馬だよ(笑)』

みんなして笑う。いや、あれは馬じゃないだろ。



スタリオン内の小道を歩いていき、放牧地へ。

放牧地の広さは前日のダーレー・ダルハムホールスタッドほどではない。
社台スタリオンの内部放牧地に近いサイズだね。


社台スタリオンやダルハムホールと違うのは、ここはほとんどの放牧地が隣り合っていない

そもそも今5頭しかいないスタリオン。

言うなれば『完全個室』といった感じか。



歩いて3分、左手のほうの放牧地前で、すでに1頭、入口前に出されて我々を待っていた。


スタッフ『彼はオアシスドリーム、17歳です


だからさ、なんで英国のホースマンの皆さんは冗談が好きなの?
全然17歳の身体じゃないでしょ。
先日ニューマーケット競馬場のジュライカップ走った馬でしょ?これは。


DF1N_fVWAAAp0lK.jpg


日本にいるオアシスドリーム産駒たちは胴が短いイメージがある。

確かに実馬はやや短い気がするけど、バランスがいいな。前腕だけ発達しているとかそういうのではない。ダンジグ系の現役時代短距離系種牡馬はあまり見たことがなかったから、こういうイメージはなかった。


DF1N_fZWsAA6V1J.jpg


後ろからも1枚。

体高自体はそう高くない。

でも見てほしいのはこの後ろ脚の腿
何重にも筋肉が重なったような、発達した両腿。
これが重い馬場のスプリントで猛烈な末脚を発揮する原動力か。


DF1N_fTXcAEFfdd.jpg


オアシスドリームと一緒に。
さっきから英国の至宝たちとのんきに記念撮影してるけど、え?こんな流れで本当にいいの?

完全に観光客化している…いやまあそうなんだけどさ…

このあたりでもう童心に帰っていた。




続いて右手奥のほうの放牧地へ歩く。

スタッフが口笛を吹くと、その放牧地の住人がホイホイやってきた。

いやだから君たちなんでそんな簡単に寄ってくるの?


DF1SFB3XYAE8MnI.jpg



スタッフ『キングマンです


もう笑うしかない。
さっきから英国の至宝しか出てきてない。感覚がマヒしている。


分厚いトモと幅。こりゃ一流馬ですよ。8戦7勝、G1は4勝。さすがにそんな戦績残すわ。


DF1SIAJXkAQwH6L.jpg


前から。代謝がいい。皮膚が薄い。筋肉が浮き出ている。


DF1SNToXoAAfyq0.jpg


後ろから。撮る角度が良くない分小さく見えるけど、中身が詰まっている感じ。


DF1TkQ6WAAAQB4A.jpg


キングマンと一緒に。

またこの馬の筋肉も素晴らしい。
フランケルとは別の意味で、触ってゾクっとした

とにかくこの馬は柔らかい。
身体が変な方向に曲がる。

スタッフに構ってほしいのか斜め後ろにいたスタッフに、身体の向きを変えずに首だけで触ってもらいにいった時は息を呑んだ。

初年度産駒は今1歳。こんな筋肉持ってる種牡馬が失敗することはほぼありえないと思う。絶対成功するでしょ。



DF1WriEXoAEjoaE.jpg


最後、5頭目はベイテッドブレス

2007年生まれのダンシリ産駒のスプリンター。G1キングズスタンドSなどG1を2着4回。

日本馬にとってはヨーロッパの中距離より、スプリントで活躍するほうが難しいと思った。
重い芝で、このレベルの体型の厚みがあってようやく戦える…

となるといかに日本馬で速い馬が出ても我慢比べで勝てなそう。


DF1WriFXYAAhG29.jpg


後ろから。
このあたりになると、もう俺が前と後ろから馬を確認することをスタッフが理解してくれていて、何も言わなくても向きを調整してくれた。助かる。

前に岡田牧雄先生が馬を前と後ろから見ることの重要性について話してた。これはそれ以降ずっと遵守している。



DF1ZOvRXUAAo-NS.jpg



バンステッドマナースタッドも、ダルハムホールスタッドに負けず劣らず広い。

この広い土地を、わずか5頭で使用している贅沢。

手入れの行き届いている馬たち。身体はピカピカ。放牧中ってどうしても馬は横になったりして汚れるはずなんだけど、それでも綺麗。普段から時間を掛けて手入れしているんだろうな。


そしてフランケルみたいに気性がアレな馬をすぐに立ちポーズをキメさせるスタッフたちの技量。
上手く立たせる行為が難しいと以前聞いたことがある。
ずっと首を振っていたフランケルを2、3秒で立ちポーズキメされる技術の高さに驚き。



あと、敷地内の池の近くを歩いている鴨がかわいい。

みんなで仲良く縦列に20羽くらい歩いてんの。

こういうところまで英国は集団調教なんだな




バンステッドマナースタッドの皆さんに深く感謝の意を表しつつ、ニューマーケットを離脱。

この場所から離れたくなかった。泣く泣く離脱、ロンドンへ。


ドバウィやフランケルといった欧州を代表する名馬たちを見せてくれた上に、触らせてもくれて、かつ色々筋肉や癖まで教えてくれて、もうこれ以上ない3日間。


厩舎見学でも調教見学でも丁寧に説明してくれたりと、英国のホースマンの皆様の優しさに触れた、素晴らしい時間だった。



名伯楽・藤沢和雄調教師が若き頃、ニューマーケットで働いていた時、友人もできずに友達が担当していた2頭のみ、という状態の時があったという。

この時同僚のジョン・マギーが師にかけた言葉が、


Happy People make Happy Horse


幸せな人が幸せな馬を作る


競馬が生まれた街は、笑顔の素敵なライダー、スタッフばかりだった。


競馬を400年育んだ街は、心優しいライダー、スタッフばかりだった。



もちろん日本のホースマンはレベルが高いし、施設も一流。馬も素晴らしい。

でも、藤沢厩舎がこの概念を日本に入れてからまだ30年。

精神的な面で370年分の差をどう埋めるか。

異様におとなしいイギリスの馬と、パドックから暴れている日本の馬を比べてみると、改めてこの点について考えてしまった。



このあたりはまた、最後にまとめとして考察していきたい。


欧州見聞録はたぶんあと3回。

キングジョージ編、ロンドン編、そしてまとめ。



最後までお付き合いいただけると幸いです。



ありがとうニューマーケットの皆さん。



絶対にまた行きます。






DF2qB96XYAAVdnz.jpg


と思いながら、その日の夜はロンドンで鍋焼きうどんを食べていました。


だって寒いんだもん…


もう7月に鍋焼きうどん食べることはないな…
posted by cris at 22:02| Comment(0) | 海外見聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧州見聞録8日目前編〜英国の名門厩舎で見る、知る、考える〜


やっぱり、自分の知識だけで書く文章と、実際に現場を見て書く文章では全然中身の密度が違うんだよね。
そりゃそうなんだけど。

ドバウィがかわいいとか、ニューアプローチの歩様がかわいいとか、こういうことも現場に行かないと知れなかったこと。

足を使う重要性を改めて痛感。

しかしニューアプローチの歩き方はかわいかった。後ろ脚を回すように歩くと言えば分かるかな。
不思議な歩様だった。




さて、8日目。まだ1週間だ。長い。




1日目
欧州見聞録1日目〜北京は広いよどこまでも〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/452476475.html

2日目
欧州見聞録2日目〜無職inパリ〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/452476967.html

3日目
欧州見聞録3日目〜ペリエという日本人〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/452691011.html

4日目
欧州見聞録4日目〜アレ・クリストフちゃんとの邂逅〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/452846110.html

5日目
欧州見聞録5日目〜パリの空の下、無職は歩く〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/453052285.html

6日目
欧州見聞録6日目〜競馬の聖地・ニューマーケット〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/453056874.html

7日目前半
欧州見聞録7日目前編〜ドバウィと戯れる無職〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/453056927.html

7日目後半
欧州見聞録7日目後編〜英国が誇る構ってちゃん・ニューアプローチ〜
http://ouma-keiba.seesaa.net/article/453112676.html



ニューマーケット3日目。今日も元気だ身体が軽い。

朝6時。普段だったらこんな時間に目覚ましなしで起きることなどない。興奮していたんでしょう。

フロント女性『今日も行くの?好きねぇ!』

好きなんですよ、競馬。普段からいつやめようとか考えてるけど。


DSC_0996.JPG


さすがに3日目ともなると、ニューマーケットの空気に慣れてくる。
この空気感、好きだ。


DFzmLrFW0AAE2Uq.jpg


ウォーレンヒルから戻り、ホテルで朝食。
イギリスはメシがマズいというが、全然そんなことはない。
フツーにおいしい。

こちらの食材事情もなんとなーく分かってくる。
牛乳が安い。おいしい。大きく分けて3種類売ってるけど、どれもイケる。

ニューマーケットだけなのかは分からんけど、缶ビールが瓶ビールより高かった。理由は分からん。



朝食も食べたし、ホテルチェックアウト。
ホテルはできて100年以上らしく、増築の繰り返しでひたすら階段の連続。スーツケース運ぶのに苦労する。


DSC_0995.JPG


ホテルの掃除機までいちいちオシャレ。かわいいなこの掃除機。


ホテルには本当に助けられた。タクシーの手配から夜食まで作ってくれたり。
午後までスーツケース預かっていてもらえるか聞いたら、二つ返事でOK。フロントの女性は言う。

ニューマーケットは馬に情熱を持つ人を常にサポートする街です

最高の街だ…住みたい…

聞いてみると、フロントの女性のお兄さんもホースマンらしい。ここはそんな人ばかりなのね。




ニューマーケット3日目の最初の勉強の場所はここ。


DF0D9f7XkAE0q7Y.jpg


ベッドフォードステーブル


ハイライズやファルブラヴ、アルカセット、ポストポンドなど数多くの名馬を輩出してきた、ルカ・クマーニ厩舎だ。


イギリスは日本と違って、厩舎は調教師の持ち物。調教師が既存の厩舎を買うシステムのため、厩舎の中をどう改装してもいい。

このベッドフォードステーブルはニューマーケットで特に古い厩舎の1つで、一番ニューマーケット側にある。
ホテルを挟んでジョン・ゴスデン厩舎があったりと、周りには大厩舎が立ち並ぶ。


日本でお世話になった方が昔クマーニ厩舎で働いていた縁で紹介してもらって実現した、クマーニ厩舎見学。

普通はレースやスタリオンは見学できても、厩舎までは見ることができない。こういう貴重な機会を与えていただいたことにただただ感謝。



案内していただいたのは、クマーニ厩舎のスタッフ、キャットさん。笑顔の素敵な女性だ。

事務所に通されると、そこにはクマーニ厩舎を支えてきた数々の名馬たちの写真が。これだけでもすでに感動モノ。

そこで事務所の奥の席にいた男性から握手を求められる。

うわぁ…クマーニ先生だ…

ドバウィに会ったり、英国屈指の名伯楽と握手したり、なんだかスゴい経験ばかりさせていただいている気がする。


クマーニ先生の愛犬・ジェシーにもご挨拶。

このジェシーがとにかくかわいい。そしてとんでもなく賢い。
厩舎スタッフみんなに愛されていて、クマーニ厩舎のマスコット的存在。
初めて会った俺にも甘えてくる。かわいい。




キャットさんの案内のもと、クマーニ厩舎見学スタート。


DSC_0999.JPG


無職『この厩舎の建物、いつからあったんですかね?』
キャットさん『100年前にはあったようね。300年くらい前じゃない?(笑)』

なんだか桁が違うぞ。


厩舎スタッフとすれ違うたびに挨拶。いい雰囲気。なんというか、一つの家族みたいな空気感。
家族のようですね?と聞くと、キャットさんは笑顔で『ええ、私たちはクマーニファミリーよ』と言う。

とてもいい雰囲気の厩舎と聞いていたけど、本当だ。



厩舎にいたのは80頭弱。

まず驚いたのは今回この80頭を、1頭1頭見せてくれたこと。
しかも実際触らせてくれたり、筋肉の説明や、性格、戦績も教えてくれる。

80頭近くの性格や戦績をほぼ覚えているキャットさん、何者なんだ…



厩舎内はもうね、見るモノ全てがカルチャーショック


扉が開いている馬房がある
馬に出て行っていいよ、と言わんばかりに開いている。
でも馬は勝手に外に出たりしない。

開いている馬房に、厩舎のアイドル・ジェシーがトコトコ入っていく。
鼻面を合わせたり、お互いをなめ合ったり、馬とフツーに遊びはじめた。
信じがたい光景だ。

担当者が口笛を吹くと、馬が馬房から出てきた。
そこに鞍を付けて、調教へ。

何だこれ…


馬はみんなおとなしい
おとなし過ぎる。みんな借りてきた猫。かわいい。
キャットさんが近づくと、それに気づいて馬から寄ってくる。

馬が舌を出す。キャットさんが馬の舌を掴む。そして舌を握りながら、ブランコのように、手を左右に動かし始めた。

何だこれ…

しかも馬が喜んでいる。ように見える。明らかにリラックスしている。
『こういう遊びもあるのよ』
なるほど…
日本ではまずお目に掛かれない…


馬の後ろに人が立っている
日本ではありえない光景。日本はまず『馬の後ろに立ってはいけない』と教えられる。
『こんなこと、日本ではありえません』と言うと、キャットさんは笑いながら『これが私たちの普通よ!』と言う。

馬はおとなしい。人が後ろに立っても蹴る素振りなどまったくない。
すぐに担当者に甘えたりしている。
何だこれ…


馬房に寝藁が敷かれていない。変わりに新聞紙が敷いてある
寝藁が敷かれている馬房しか見たことがなかったから、新聞紙が敷き詰められていたのにはビックリ。
新聞紙を細かくして、それが敷き詰められている。

『新聞紙を使用する理由は、馬の呼吸に影響を与えないようにするため』
ほう。衛生的な意味もあるみたいだけど、馬の呼吸に影響与えないための策が新聞紙なのか…

実際歩くと柔らかい。寝藁とそこまで変わらない気はする。
日本でも美浦トレセンの入院馬房に新聞紙を敷き詰めてあると聞いたことがあるけど、こういう世界があるんだな。実際見ると見ないでは全然違う。


紹介の仕方が日本と違う
日本は『オルフェーヴルです』みたいな感じで、まず名前を言う。
英国はまず『グッドボーイ!』『ナイスフィリー!』と言って、その後に馬の説明に入る。

例えば、ポストポンドの妹を紹介された時は、『グッドフィリー!』から入り、ポストポンドの妹という説明がされ、その後に戦績の話になり、次に血統、そして筋肉とか、性格の話になる。

これは確かにグッドフィリーだと思った。何よりおとなしくてかわいい。こちらに近づいてきて、なめてくる。かわいい。

未勝利の馬には笑いながら『slowly(笑)』と言うけど、愛情がこもった言い方。

もちろん日本のホースマンの皆さんも馬に愛情を持って接されているし、愛情を持った呼び方をされている。
でもさすが競馬の生まれた国だった。これが400年競馬やってる国か。


馬と人の距離が近い
『グッドボーイだから後ろに立っても大丈夫だよ!』とか、そういう一つ一つのスタッフの発言に馬と人との距離の近さを感じさせられる。

キャットさんはまず近寄ってきた馬にキスをする。馬も分かっていて、顔を寄せてくる。
あぜんとしていると、キャットさんが『やってみなさい!』というから、初めて馬とキスした。
なんか申し訳なくなった。




1頭1頭説明してもらい、結局2時間くらい勉強させていただいた。


ちょうど翌週に日本でも有名なグッドウッドフェスティバルがあったけど、やはりこちらの日とはグッドウッドのフェスティバルを使うことに誇りを持っているらしい。
『グッドウッドで使うの!』と語るキャットさんの顔は誇らしげだった。


ファルブラヴの話にもなり、ファルブラヴが住んでいた馬房も紹介される。
中は古いけど、出口の隣、明るく涼しいいい馬房だった。ここでファルブラヴは育ったのか。ここから日本に遠征したのか…


『このガリレオ産駒の前脚は…』とか、『昨日ドバウィを見てきたなら、このドバウィの子、ここが似ているでしょう?』とか、『オアシスドリームの子どもは英国だとこうなる』とか、聞いた話は書ききれないくらい。


一番馬体で衝撃的だったのは、ファストネットロックかな。産駒は3、4頭いて、みんな胴が短くない。決して前腕中心に発達していない。

日本は逆。胴が短く、前腕が発達する。

育て方なのかもなぁ。毎日ウォーレンヒルの坂路上がってると、腰と後ろ脚が鍛えられる分バランスが良くなるのかもしれん。

日本でファストネットロックの傾向が全体的に似るのは、血統的なもの以上に調教の場所、やり方が影響しているのかもしれない。


そういうことを考えながら、色々質問すると、キャットさんは全て分かりやすく、丁寧に答えてくれる。
前日のMr.ペルシーもそうだけど、英国のホースマンの優しさが身に染みる。


厩舎内の放牧地(!)まで見せてもらうありがたさ。厩舎内に放牧地がある時点でまず日本ではありえない…

厩舎のアイドル・ジェシーはそこらへんに遊びに行く。
馬房に勝手に入って馬と遊んだり、厩舎脇の庭に転がったり、植木の中に入っていったり…

キャットさんが『ヘイ!ジェシー!』と呼べば、ジェシーはホイホイやってくる。賢い。
うちの実家の犬は呼んでも来ないぞ。




クマーニ厩舎のオフィスに戻り、トロフィーや厩舎のレジェンドたちの写真を眺める。当然ファルブラヴやアルカセットのジャパンカップもあった。

ファルブラヴの写真を見ていると、クマーニ先生が言う。『彼は私が管理した馬では最高だ』と。

クマーニ先生の暖かい雰囲気は、どことなく厩舎の暖かい雰囲気とダブるものがある。


クマーニ厩舎と言えば、天才、ランフランコ=『フランキー』=デットーリが育った場所で有名。
デットーリはクマーニ厩舎からデビューし、クマーニ厩舎で育った。


『デットーリは世界最高の騎手だと思います』と言うと、クマーニ先生始め、スタッフはみんな笑う。

クマーニ厩舎にとって、デットーリは世界最高の騎手であり、未だに若いころのイタズラ小僧という認識らしい。


彼もこの建物で育った


そうクマーニ先生が言う。


100年以上ニューマーケットを見てきた事務所は、天才デットーリの成長も見てきたのかと思うと、ただただ感動した。



DF0D9f6XoAA5BAj.jpg


クマーニ厩舎の皆さんは、先生やキャットさん始め、皆さん丁寧で親切。
家族のような暖かい雰囲気を持った、素晴らしい厩舎だった。


DF0Gi6fXUAEy-iB.jpg


キャットさんと。
『また厩舎に来なさい!』そう言われると嬉しい。

遠く日本から、クマーニ厩舎を応援しています。





DF0TMTDXsAEMH4N.jpg


クマーニ厩舎で育成の現場を学んだ。


次に見るのは、調教の現場。


よく分からない縁で、『サー』の称号を持つマーク・プレスコット厩舎の調教の見学をさせていただく機会に恵まれた。



馬たちはまずはニューマーケットの街の入口、クマーニ厩舎の隣にある一周400mくらいの周回コースでウォーミングアップ。

このコース、幅が狭い。施設としては日本のそれよりレベルが低い。

1頭1頭、スピードはハッキングくらいだけど、念入りにウォーミングアップをこなしていく。



ここで気になったのは、このウォーミングアップの馬場の隣にある駐車場。

調教師用』と書いてある。

確かによく見ると調教師らしき人が数人、ウォーミングアップ馬場で馬を見ている。
調教場の丘のほうにも数人見かけたけど、こっちのほうが人は多かった。

ここなのかな、ポイントは。
管理馬の多い調教師はまずここで馬を見て、馬の状態を見る。

日本だと坂路小屋で、坂路を上ってきた馬をチェックする調教師も結構いることを考えると新鮮。まあ日本でもウォーミングアップ重視の調教師は多いだろうけど、ウォーミングアップ施設の隣に駐車場があることには色々考えさせられた。


DF0TMTDXsAEMH4N.jpg


この日もウォーレンヒルはいい天気。


DF0TMTFWAAAOBi1.jpg


ライダーたちは皆笑顔。
クマーニ厩舎同様、こちらも厩舎の雰囲気は良さそうだ。


ここで気づくのは、ライダーみんなステッキを持っていないこと。


無職『何でムチ持ってないの?』
スタッフ『ムチで心臓は強くならないでしょう?


なるほど確かに。

日本は調教でもステッキ入れて一杯に追ったりして時計を出すけど、こちらはレースが近い馬へ負荷をかける調教でも、ステッキなしで、一杯に馬を追ったりしない。


集団調教…ムチを使わない馬なり調教…どこかで聞いたことがある…


そうだ、藤沢和雄厩舎だ。


DF0TMSTW0AAHw5z.jpg


ニューマーケットの調教のやり方は、本当にそのまんま、藤沢和雄厩舎のやっていることだった。

若き日をこの地で過ごした藤沢先生はニューマーケットのやり方を日本に持ち込んだパイオニア。
当時は馬なりを否定する厩舎人も多かったと聞く。


今目の前で繰り広げられていた調教で、追われている馬は1頭もいない。時計を意識的に出したり、時計を計算しながら調教に乗っているスタッフはいない。


日本の、坂路で50秒くらい出すやり方も、日本競馬に出走させるという意味ではアリだと思う。
でもそこまで強くやって時計を出さないといけなかったら、イギリスの馬たちみんな弱いよね。

つまり、速い時計を出す意味があるのか?という話。

スタッフの言うことを総合すると、結局調教は『積み重ね』。紙を1枚ずつ積み重ねるように、継続すること。

このウォーレンヒルという力のいる上り坂を毎日上って、帰る時もタフな道を歩いて、馬の運動量は日本の数倍と言ってもいい気がする。

持久力、心臓の強さという意味で、こんなことやってる国相手に日本馬が勝つのはなかなか難しい。そう思う。


もちろん調教で速い時計が出ている馬は『調子』という意味ではいい。
でもそれは一時のものであって、普段の、地道な運動量こそが馬を強くする、そうも感じる。


イギリスが生んだ数々のレジェンドたちも、こうやってウォーレンヒルの坂を上がっていったのか…と思うと感慨深いものもあったね。

そもそもここまで調教見せてくれるとは思わなかった。
厩舎見学の時も、ここまでやってくれるとは思わなかったし、そこもカルチャーショック。



そんなことを思いながらホテルに戻って大井競馬の最終レース観たら、ワタリセイユウ的場文男さんが天神乗りで1位入線していた。


これもまたカルチャーショックだった。


そして降着だった。ショックだった。





ということで前編終わり!



ニューマーケットのメインイベントを書いた後編に続く!
posted by cris at 19:30| Comment(0) | 海外見聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする