2017年10月11日

鎌倉記念2017


火曜の川崎はまあまあ。途中までは本当に良かった。
終盤がよろしくなかった。つまりクラスが上がってからよね。

クラス下位ではできた手が、上級クラスでは通用しないよっていうこと。
ある程度馬場は読めていたものの、そこの部分のアプローチが足りていなかった。反省。


カウアイフォンテンは森さんが非常に上手かった。動くタイミングが完璧。思わず声が出てしまった。ああいうのが欲しかったんだよね。

あと声が出たというか、笑ってしまったのはメインのタマモベルモット。
タマモベルモットに乗ってた的場文男さん、1600mのレースで1580mくらい追ってた。2コーナーでムチ入れながら追ってたのはさすがに笑う。
それで2着だからね。あの難しい、競馬を妥協したがるタマモベルモットを、妥協させない地球が生んだ奇跡。コント感あった。


今年川崎ワーストと思われる3レースは別の意味で声が出た。3列目フルったらジョイフルステップ登場。
ジョイフルステップが足りるレースis…

デルマキミノナハが出遅れるのは知ってた。ガタつく馬だもんね。そんなの最内に入れたら…ねぇ…?
正重が何か間違えてモレイラと入れ替わってる可能性を考慮したものの、入れ替わったという報告の電話はなかった。




そんな感じで3日目。
上級になるにつれて面倒な馬場だな…
中途半端にフラットだし、中途半端に動きづらい。
そこらへんを意識しつつ、





水曜川崎





鎌倉記念
◎マッドドッグ
▲ゴールドパテック、シェーンリート
☆ユニバーサルライト、リコーワルサー
△色々

正直に書けば、今年の南関2歳馬のレベルは低い。
時計というより、その内容が薄いというか、まあ理由は色々。
馬たちは頑張っているとはいえ、この先、このままのレベルが継続するのであれば、来年以降の重賞ほとんど門別出身馬に持っていかれそうな気がして怖い。

4年前も似たような状況で、鎌倉記念に出てきた南関勢がおいおい大丈夫かみたいなレベルだった。あの時はニシノデンジャラスに勝たれてしまった。悔しかった。
◎打ってなんだけど、正直マッドドッグが強いとは思わない。このくらいのレベルは本来倒さないといけないレベル。

ぜひとも南関所属の2歳馬たちにマッドドッグ始め門別勢を倒してほしい。

面白そうなのはユニバーサルライトなんだけど、鞍上チーズか…困ったな…




1レース
◎チャーミングリボン

南関2歳の現実みたいなメンバー。
クラス的にこういうメンバーが集まるとはいえ、いかんせん前走とかで中身のあるレースをした馬が少ない。。


2レース
◎トップラン

結局国営ではダート使われなかったけど、ダートだとどうなるのか見たい。
ラヴコマンダーの子だし、ダートは最低限走れそうだが。


3レース
◎ハンドレッドライフ

距離は持つと思う。
前走1000mの内枠で、そこから転入して延長の外枠で鞍上チーズ。変わるパターンではありそう。
ただこの馬も結構弱いだけに、そこがね…


4レースはやぶさ賞
◎レディーイモン

この枠の形だとアイサイティアラよりレディーイモンのほうが速い可能性…

オールジャパンラブ森泰斗という文字列、なかなか新鮮。ありそうでない。
そもそも渡邉薫×泰斗自体珍しい。貴重。


5レース
◎フクノドン

前走は逃げたものの、今回は控えるのでは。
チーズは内枠でポジション悪くするとリカバリーが利かないし、ある程度の位置で運びたい。

逆転の発想で◎マリンレイという手は思いついたものの、良手感がなくやめた。


6レース
◎エムオーストリー

ビーアニーと迷った。ビーアニーよりかはこっちかな。距離感がちょっと離れ過ぎてる気がするけど。
池田厩舎にフィフティーストーム・ウィンターツリーとかいつ以来かと思ったら、4年半ぶりか。
あのハピネスハンター以来ね。いい馬だったね。

エッブレッツァにクアトロ、発想としては悪くないと思うけど、エッブレッツァクアトロ、なんかチーズのブランド名みたいに見える。


7レース弾丸賞
◎ストレンジウーマン

いやフツーに人気馬がいいと思うけどね…
C2の900はなかなか思考が面倒。

とりあえずストレンジウーマンは短縮で良さが出てほしい。
枠が微妙でアレだが。


8レース木の実賞
◎アクトナチュラリー

ラッパッパと迷った。
ラッパッパは自分の形にならないと脆い。外3とかになられても困っちゃうし、アクトをチョイス。

シナノクリスがいて、よく見ると最内のアイディンラヴが左なんだよな。これが考えもの。ラッパッパはこれがネックでもある。


9レースおいしい神奈川県産畜産物記念
◎メイショウザイル

届くといいですね。あまり期待はしていない。

カレリア次第でしょうか。カレリアが1500は多少長いということで妥協して、インデアンレコードあたりも妥協すれば、メイショウザイルはフツーに遅刻すると思う。

逆に、カレリアやインデアンレコードが妥協しないとメイショウザイルは…フツーに遅刻しそうだな…

ミッドストラーダの状態が戻ってるとか、そういうパターンだったりしないかな…


10レースオクトーバースター賞
◎エアシーラン

またジュキヤか。いいじゃん。
国営だとなかなか適コースがないし、こういう舞台に短縮はいいと思う。こういうチャンスをジュキヤにはモノにしていってほしい。

スマートダイバーと迷った。ダイバーも最近のレース見ていると国営に適条件がない感じ。川崎に戸惑わなければ、コース自体は悪くなさそうではある。

ウインサラにチーズ、いかにも手が合ってなさそうで、逆にプラスに見えてきた。


最終道志川特別
◎レジェンドセプター

ですかね。ポジション取れれば。

ポイントパイパーにチーズ、これは森下みたいなことをしてくるという認識でいいのかな。

そろそろキャバーンを外枠に入れる会を作りたくなってくる。カーボンタイクーンだけいつも外枠なのは不公平だってキャバーンが言ってそう。

アンカー冬樹、バトン落としそうな文字列ですね。
posted by cris at 02:28| Comment(0) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

火曜の川崎


月曜の国営はまあまあ。悪くなかった。

アンドリエッテやソールインパクトがラスト、ハナ差ごまかして3着。
あれいつもだったら4着のパターンだよね。
今朝、電車の中で席を譲った効果か分からないけど、ツキがあった。なんであれアンドリエッテ4着じゃなかったんだろう。


京都大賞典はスマートレイアー。
ただただ、素晴らしい騎乗でした。

もうスマートレイアーは母方の血が出て、中距離以上で差す形ができてきたけど、それにしても2400でフワっと乗って、内で我慢されられる騎手は少ない。
武豊という天才のスゴいところは、京都外回りがいくら4角で内が開くとはいえ、メリハリ付けて内を突いてくる。焦らない。

直線でトーセンバジルが内ラチ沿いに寄っていくんだけど、寄り始める前から武豊さんの切り返しが始まっている。岩田が左手にムチ持ってたのを見て、すぐに切り返しに掛かるその判断。
こういう細かい動作に関して、武豊、横山典弘の2人にはいつも唸らされる。
パトロールビデオ見てようやく気付くけど、彼らは時速60キロで馬を追いながらそれをやってのける。
この2人がいなくなると日本競馬はどうなっちゃうんだろう。ただただ心配になる。


2着トーセンバジル岩田も素晴らしい騎乗だった。3着シュヴァルグランは正直あれしかない乗り方だったと思うけど、岩田が完璧過ぎての3着でもあった。
ビックリしたもん、あの出足の遅いトーセンバジルが京都でインの4番手にいるんだから。
インを突く想定で重視したから、インの4番手から馬を誘導する発想がなかった。
毎年岩田は京都大賞典で内をうまく使ってくるね。今年も勝ちに等しい騎乗だった。相手が悪かった。




そんな感じで京都大賞典の騎乗に感動してたら、その5時間後、川崎最終でもまた芸術的な騎乗が見れるという。
御神本さん、あの4コーナーはなんですかね?プリーズドンテルってあんなママチャリみたいにホイホイ動くキャラだっけ?反応の鈍さをまるで感じなかった。

前に文男が川崎の4角でハングオンみたいな回り方してきたけど、あれを思い出したね。
川崎はコーナーが狭いから、スピードが出た状態で4コーナー回ると遠心力で馬が外に飛ぶ。
その4コーナーを左ムチを使いながら馬群捌いてくるとか、どういう技術なんだろう。
あれはベルラトールが勝ってたレース。かわいそうに…相手が悪かった…





そんな感じで火曜。馬3人7みたいなレースを立て続けに見て、もう南部杯で◎カフジテイク4だった記憶がほとんどない。

あまり好きな馬場じゃないね。
なんとかして後ろを間に合わせたいけど、来れるパターンが少なそう。あえてそこを突くのはリスキー。
でもそれをやりたい…(学習能力ゼロ)





火曜川崎





湘南二宮「きみのふるさとになりたい」記念
◎ナガラキコウシ

ディーズプリモがいるなぁと思ったら、7枠にケイエスソードとノースカルロスがいて、なるほどなぁ感が漂う。
最内に絶対ポジション取りにいくマン的場文男@タマモベルモット。
たぶんその後ろのポジションが空くのでは…という発想で、ナガラキコウシに◎。うまくいくといいですね。

心配なのはディーズプリモが押し込められて、内が渋滞すること。
必要以上にベイビータピット有利の展開になられると困ったもんである。



1レース
◎ブルーワンダー

こういう馬場と逆行した予想してるからダメなんだよな。
完全にミカポン頼み。スマートの後ろにくっついて、コバンザメ作戦。あまり期待はしていない。

アルモニューみたいな、門別組だけどこれまで1000mしか経験ないですよーみたいな馬の川崎1400替わり、本当に判断困るから、転入組には調教試験とかを義務付けてほしい…


2レース突風賞
◎クラウントゥレス

盛岡はちょっとタフ過ぎたかな。
内枠3頭がなるべく行きたくて、そうなるとパチャマル外2とかそういう展開が待ってそう。その後ろあたりが欲しいな。

シゲルクロジャガー転入初戦で900とか、そういうの笑っちゃうからやめてくれ。


3レース
◎ジャノサワホマレ

2017年川崎競馬最もメンバーがアレなレースに認定いたしました、ありがとうございました。
神奈川県、このレースで馬券を売ってはいけないからな。売ってはいけないメンバーだぞ。
前走唯一馬券になってるのがヴィクトリーノースだけという状況からして終末感。
近所の柴犬をメンバーに混ぜても掲示板に載れそう…


4レース
◎ラヴィルローズ

最内クアトロは行きたがりそうだし、キャプテンヴォーグもたぶん早めに展開していくでしょう。
となると内にいい感じにスペースが開くだろうから、本橋は色々考えて競馬できると思う。考えて乗ろうね。

ネックは隣が正重という点。正重に前に入られてイン5とかにいるのは、あまり都合がいいとは言えない。正重がイン3で溜め始めたら、その後ろ詰むでしょ。


5レース
◎ナデシコハート

妥協。まあ前走みたいな競馬にならなければ。


6レース祝増田賢二郎退職記念
◎ジェイケイウィン

ではないでしょうか。
最近1500でも長いと思ってるのに、マイルは…そりゃあ…ねぇ…?
今回は枠の形もいい。ゲート決めて、短縮が活きる形になれば。


7レース中野幹夫さん退職記念お疲れ様でした。
◎マックスアチーバー

未だに見慣れぬ出川厩舎×真島。
ミカポンの今年の成績がとんでもないことになってるけど、今年の出川厩舎も例年通りとんでもない成績。こういうスタンスの厩舎は好き。

アルファベットという哺乳類がいる。川崎に転入だったんだな。
馬主が馬場先生のままで、厩舎が佐々木仁。こんなパターンがあるんだなぁ…


8レース
◎カウアイフォンテン

ヒラボクカイザーと迷った。ヒラボクが今回先行しそうで気になるんだよな…
カウアイフォンテンは行かせ方が難しい馬のように見える。今回は森さんが2度目。ある程度の位置を取ってみたい。コスモフリーザーがどこまで先行していくか、そこ次第かな。

あとはアマリネにミカポン、これね。これ工夫してきそうだよなぁ…


9レース
◎レインボーアメリ

また不思議なメンバーだな。
今のレインボーアメリだったら、1400であれば川崎ならなんとかこなせるんじゃないか、そういう読み。
ちょっとずつ馬が変わってきているような感を受ける。

ウニヴェルソが外枠だったらもっといい感じにペースが流れてただろうし、怖いのはウニヴェルソが単騎になってしまうこと。みんなでウニヴェルソをいじめてほしい。


10レース快適生活♪にのみやLife杯
◎タイムオブレディー

短縮でも行けるといいですね。7枠2頭が少し距離感遠いこと、シェナヴィグラスなども短縮という点を突きたい。

デルマキミノナハ本田正重、そういう文字列は前前前世でやってほしい。
モレイラ→正重とか、さすがに笑っちゃうからやめてくれ。


最終湘南二宮「きみのふるさとになりたい」記念
◎ビートライン

届くといいですね。
ビートラインもそろそろズブくなってきてるし、本橋以外で見たいなぁ…
ムーアとか文男とか…ああこの2人は同一人物か。

しかもまたクロヒゲ正重とかいう黒ひげ危機一髪コンビが誕生してる…内田勝義大先生のところに移ったしもうこのコンビはないと思ったのに…
posted by cris at 23:30| Comment(0) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

金曜の大井


木曜の大井はあんまり。

前半戦はメンバーがアレ過ぎて元々買う気もなかったからまあいいとして、今日唯一、頑張って買ったアオジャシンが4着。もう心折れちゃった。
メインテキトーに買って、最終も放置。唯一頑張って買ったレースが4着、精神的に辛い。

クアトロはたぶん乗る前にアオジャシンは砂を被りたくない馬とか、そういうアドバイスを受けていたのでは。
だからって外4はダメだよ…フツーに考えてダメでしょ…



レディスプレリュードはクイーンマンボ。
妥当。特に驚きはない。

マイティティーが強引に外3を取りにきたところを、一度控えて立て直してルメールのナイスプレー。さすが。
仕掛け所も完璧。その分の8馬身差でもある。着差をそのまま鵜呑みにはできない。強いけどね。
JBCになると、ローズから間隔詰めて、今度また間隔詰めて、再輸送。そこがどうでしょうね。


しかし、何度考えても4レースでネコビーナス単という発想が浮かばない。
どうやればビーナス頭の3単を買えるのか。2着一番人気とはいえ、37万ちょっとしか付かないことに驚きを感じる。



そんな感じで金曜。
雨降るみたいだし、もう全レースやる気力がない。
今開催は馬場の変わり方を先読みできなかった。
雨もないし馬場が簡単に変わらないという油断もあった。
猛省。





金曜大井





印西市コスモス賞
◎キタノヘイロー

レーザー、リコーヴィッカースと迷って、真ん中を取った。
金曜になって内が良くなる順番も、そこに雨。寄せにくい。

キタノヘイローは一度ミカポン乗って負けてるけど、あの時は長期休養明け。プラス41キロ、全然馬ができていなかった。本質的には合いそうなコンビ。

サブノジュニアは負けるの覚悟で東京盃に出てほしかったな。
3歳の今、強いメンバー相手に負けることに意味があると思うんだが。。

アサクサスターズ1400はちょっと笑ってしまった。




4レース
◎ビヨンドザスター

短縮を待ってた。
このメンバーだったら席はあるんじゃなかろうか。

省吾は色々あったけど、気持ちを入れ替えて頑張ってほしい。
場外で騒がれるより、まずは腕で魅せてほしいね。


5レース
◎ウェルカムキッス

外枠はいい。
8月の未勝利経験馬だけど、その前に間隔が空いている分、ローテ的に余裕があるのもいい。


6レース
◎ショウナンアバロン

逆転の発想。ミカポン頼み。3角から4角をうまく使いたい。いつものポジションだと間に合わないし、ずっと内使う騎手ではないでしょ。


7レース
◎ユヅルノオンガエシ

ジリキの短縮と迷った。ジリキは枠がね、ちょっとね。

ユヅルの前走は正直ショック。まず馬券になると思っていただけに…。
道中の感じを見ると、半周でも1400のほうがいい感はちょっとあった。
むしろこれでダメだともう厳しいのかも分からん。。


8レース
◎マルリーコナン

モンバサと迷った。馬場見ながら。


最終ハナミズキ賞
◎フジノロンシャン

着順いい馬は多いけど、本当にこれがいいメンバーかどうか、判別するのに15分くらい掛かった。
posted by cris at 23:45| Comment(0) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする