2018年06月06日

水曜の大井


時間がないので省略版で。

今日から雨とか、昨日までの馬場読みをまた無にするようなことを…





水曜大井





東京ダービー
◎クリスタルシルバー

http://ouma-keiba.seesaa.net/article/459792051.html









1レース
◎ゴッドミラクル

カリオカフレイバーと迷った。
ゴッドの後ろにいそうなカリオカで3着狙う手はあると思うけど、ちょっと隊列が読みにくい。


2レース
◎マキバハミドリ

転厩2戦目。
今度は前に行ってみようか。


3レース
◎ウラルハーモニー

届くといいですね。


4レース
◎ワイルドラヴ

ツエアストちゃんとハナ行こうね。
じゃないとワイルドラヴが来ない。

目先を変えてホワイトニングの短縮に◎も考えた。
ただ隊列固まったら外の差し馬の方々苦しそうだからやめた。
馬場変わってたらどうしましょうね。


5レース
◎エスプリドール

8枠は別に行かせてもいい気がするな。
4コーナーで外1列目に入れれば最高。
そんなにうまくいかなくてもジュキヤは考えてきそう。


6レース
◎キセキノオクリモノ

難しいレース。
いかにもエターナルに◎打ちたいけど、たぶん鞍上が妥協して中途半端に引くんでしょう?
ギンセイゴウが外2に行ってくれるなら◎も、不透明な部分がある。

ということで大外に◎。ここ2走は内枠。外枠替わりでどうよ。


7レース逃げ水賞
◎アサクサスターズ

謎のレースを7レースに組まないでくれ。

買いたいのはアサクサスターズ。ただ休み明け。身体がある程度できていれば。
センティグレードやナリチュウドラゴンもまあ気になるけど、リコーヴィッカースなんだよね、一番気になるのは。
展開次第でワンチャンあっていいと思うが…

しかし不思議なメンバーだ。


8レース
◎クランキングアップ

スリーペイドの後ろにいてください。


9レースムーンストーン賞
◎タイガークラウン

これはスローからの一団、4コーナーからヨーイドン勝負では…

面白そうなのは他にアイファーサンディの短縮。
ポルターレはちょっと切れ味鈍ってきたのがどうかね。買うけど。

ああ、あとアクティフね。謎の文男替わり。
そりゃ買うでしょ。去年突発的に替わって特にいい結果出てないけど。


10レース蛍狩り賞
◎カメヤマシャチュウ文男

これ外2取ってそのままでしょ。
もうこのレースが東京ダービーで良くない?
いいよね?今日くらいは。


最終ハッピーナイト賞
◎ゼロワンチャンプ

このあたりの時間はすでに胴上げされている頃だと思います。
東京ダービージョッキーとなった帝王の優勝パレードがスタートする時間。
楽しみだな、ついに歴史が塗り変わるのか。





こういうランキングに参加するようになりました。


最強競馬ブログランキングへ
posted by cris at 13:21| 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

東京ダービー2018


また、この日がやってきた。


2017年、6月7日。


ヒガシウィルウィンに負けたあの日。


7馬身近い差をつけられ、夢はまた1年遠のいた。


しかし、夢を諦めたことは1日たりともなかった。


文男も、我々も。





的場文男は61歳になってもまた、この舞台に帰ってきた。


“ダービーは宿題だね。俺の人生の宿題”


そう言った鉄人は、今年も再び人生の宿題に挑む。





“できないかもしれない”


鉄人は言う。


しかし鉄人は諦めない。的場文男はまだ、砂の上にいる。





現在、アメリカ・メジャーリーグで旋風を巻き起こしつつある大谷翔平。


大谷が挑む記録がある。


メジャーリーグで過去、わずか1例しかない、『同一年度での10勝かつ10本塁打』。


達成したのは、野球史上最も偉大なプレイヤーの一人である、ベーブ・ルース。


今からちょうど100年前の1918年に、『同一年度での10勝かつ10本塁打』を達成した彼は言う。





“決してギブアップしないヤツを打ち負かすことだけはできない”





帝王は帰ってきた。


37度目の挑戦の舞台に。


帝王は帰ってきた。


37度目の正直を叶えるために。


帝王は帰ってきた。


東京ダービージョッキーという偉大な称号を獲るために。


さあ、進もう。さあ、戦おう。さあ、夢を叶えよう。37度目の夢を。





Do you believe in God?





Yes, I believe the Fumio Matoba.





東京ダービー2018
◎クリスタルシルバー
〇ハセノパイロ
▲リコーワルサー
☆モジアナフレイバー、マースインディ
△ヤマノファイト、トーセンブル、プロミストリープ、フレアリングダイヤ



内ラチの上を走れ!#34 東京ダービー2018〜母の夢を繋いで、37度目の正直へ〜







世界最高のレース・東京ダービー。
2015年生まれ、6955頭のサラブレッドの頂点が決まる。
勝ち馬は東京ダービー馬という栄誉ある称号を手にし、日本競馬史にその名を刻む。


歴史に残るであろう第64回東京ダービー。的場文男を東京ダービーに導いたのは◎クリスタルシルバーだった。

昨年夏の大井新馬戦でリコーワルサーの3着に敗れたが、2戦目で勝ち上がると、続く大井・ゴールドジュニアーで連勝。
今年緒戦の雲取賞は3着だったものの、スローペースで内前有利の馬場だったことを考えれば、14番枠、そして4角6番手という厳しい条件でよく3着まで差し込んできている。
前走の羽田盃は1着から2.7秒離された7着と完敗だったが、3コーナーから重い馬場で動きにくかったことも影響している。
どのような競馬もできるタイプで、血統的には2000mも持つ。秘めたるその天才的競走センスで大逆転を狙いたい。

母は大井で活躍したマルヨシロワイン。思えば彼女のデビュー戦の鞍上、そして初勝利は的場文男だった。
クリスタルシルバーは的場文男を東京ダービージョッキーにするために生まれてきた、そう言っても過言ではない。


対抗はハセノパイロ。
内ラチ沿いを突いて伸びた昨年秋のニュージェネレーション特別、外を回して早め先頭から押し切ったハイセイコー記念と、どのような競馬もこなせるのがこの馬の強み。
今年緒戦のニューイヤーCは調子も一息に加え、外から動く馬に厳しい馬場。そんな中早めに外から動いたことが大きな敗因。京浜盃も狭いスペースに入ったことから参考外。羽田盃の内容は悪くなく、全日本2歳優駿3着の実績が示すように、厳しいペースでより持ち味が活きる馬。東京ダービー向きと言っていい。
あとは3コーナーから4コーナーが雨の影響で重くなってしまうかどうか。ここが重くなるとハセノパイロは考えて競馬しないといけない。

リコーワルサーが3番手。全日本2歳優駿、京浜盃と6着だったものの、全日本2歳優駿は道中不利があったこと、そして京浜盃は休み明けで太く、かつ内前有利の馬場で前が壁になり、外を回す不利を受けてしまった影響が大きかった。
前走羽田盃は意欲的な先行策で2着。色々な競馬ができ、競馬偏差値が高いこの馬の良さが出た。
距離延長は問題ない。ただ森さんが乗れないのは痛い。この馬をよく知っていることに加え、知っているからこそできることがある。

モジアナフレイバーも要マーク。初の一線級相手だった前走羽田盃は4着だったものの、早めに動く馬たちには厳しい馬場で3コーナーから動き、一瞬先頭に並びかけた内容は決して悪くない。
直線でフラつくなど未完成で粗削りな一面は残すものの、伸びしろも大きい。2000m延長は問題なさそう。

安定感ある羽田盃勝ち馬ヤマノファイトは馬場次第。本質的に2000mは長いと思う。今の時期ならこなせる、という感じ。となると多少ペースが厳しくなれば盤石ではない。逆に3、4角が重くなって4角1列目べスポジ馬場も場合はこの馬に有利。そういう部分は雨で変わるから、状況を見ながら。

プロミストリープは前走初ナイターで入れ込み。でもそれに加えて距離という面は確実にあった。そこがどうか。
ここ最近馬場と競馬がマッチしていないマースインディやトーセンブルなども買っておきたい。ただこれも雨次第。3、4コーナーの重さがどうなるかが大事。





さて、東京ダービーの時間が刻一刻と近づいてきた。


このレースには競馬の素晴らしさ、面白さが凝縮されている。


6月6日、20時10分。


歴史が塗り替わる時がきた。


大井の馬場に住まう女神は微笑む。


4コーナーの猫は嗤う。


そして大観衆は涙する。


夢は夢のまま終わらない。


夢は今年、現実になる。
posted by cris at 18:08| 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

火曜の浦和


日曜の国営は…


なんだったんだろうね。


馬主席で見ていて、角度的にエタリオウが3着に見えて、飛び跳ねながら検量室前に行ったら、検量室のホワイトボードの4着欄に14って書いてあるの。

バカ言っちゃいかんよと。エタリオウ3着でしょ。

と思いながらスローモーション見たら全然4着なの。

ハナ+ハナの4着。

ねえボウマン、そんなのあり?

ねえ…



エタリオウはよく頑張ったと思う。

ボウマンの作戦に関しても特に何か言うことはない。

接触がなければ…。エタリオウは追い出すとフラつくんだよね。それはボウマンもVTRで分かっていたことだと思うし、もはや仕方ないと言うしかない。



この話は書いていて悲しくなるからまた次の記事で書こう。




ダービーで◎エタリオウが4着になった後、◎レッドオルバースが4着、◎アグネスユーリヤが4着ともう魂だけネパールに行った状況で、怒りのノーブルマーズ倍プッシュしたら当たって復活。

しかし心は晴れず。

競馬って難しいですね。





そんな感じで今週は浦和。

月曜の浦和は…またこんな馬場が出現するんだもんね…

埼玉県の条例にも書いてあるよね。

着差の付きやすい時の浦和は本気でやるなって。





火曜浦和





皐月特別
◎シュンプウ

ラガッソやカスタネットと迷った。
シュンプウの短縮はいいね。ポジション取りに行っていいと思いますよ。
4コーナーで馬群が凝縮していると困っちゃうけど。

スマイルゴーイング赤岡はなかなか荒療治だなぁ。
ビシバシやって集中力戻したい系か。




3レース
◎ダテノグロリアス

ポジション取れるといいですね。


5レース
◎クイーンズスタイル

ペドラプレシオーザと迷った。
明日はこういう馬から人気になるんだろうなぁ。


7レースツインベスト特別
◎グランディスカーペ

ミスティカルっぽいですけどね。
ダート替わり短縮で。

ミスティカル誰が乗るんだろう。
乗り替わるにしろ、森さんがまさか火曜から騎乗入れてくるとは…


8レース関東のどまんなかかぞ賞
◎リワードデュラン

キングイマデショウと迷った。
キングイマデショウは2走前みたいなことするといいと思うけど、外枠の並び次第で詰まりそう。

デュランは延長繁田替わり。こちらも詰まりそうなんだが、詰まるなら詰まるで悔いがないほうに◎を。
まあ実際詰まったら悔いは残るでしょうね。


9レース行田「在来青大豆」賞
◎フクサンレイズ

思考がシンプル過ぎて心配。
まああとは赤岡ゴッド赤岡に任せよう。


10レース菖蒲月特別
◎グランシェフ文男

こういう馬場で1600をやってはいけないのでは…
グランシェフ自体はこんな馬場に合っていない感あるものの、延長はいい。その分ポジション取ってごまかしたい。

東京ダービーの直前になると急に調子良くなるんだよなこの人…


最終カーネーション特別
◎ブルーフォレスト

足りるといいですね。





こういうランキングに参加するようになりました。


最強競馬ブログランキングへ
posted by cris at 23:17| 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする