2011年01月26日

VS韓国


PK戦の末、日本勝利。後半のサッカーはつまらなかったけど、前半終盤は楽しめた。

まずは勝ったということで、良かった点から。

MVPは長谷部にあげたい。今日一番良かった。長谷部がパク・チソン止めてるおかけで、韓国の攻撃陣のパターンは3分の1くらいになったと思う。それでも延長終盤まで走り続けてるパク・チソンはガソリンが流れてるw日本のリズムが良かった時も基点はダブルボランチからだった。攻守にわたって一番良かった。
そのリズムが良かった前半終了間際。本田△を中心として連動した攻撃。久しぶりというか、ここ2年お目にかかれなかった、日本代表がサッカーしてる光景。この時間帯のサッカーは面白かった。90分は無理だけど、10分でもこういうサッカーが見せられたのは好材料。香川が少し引いて本田△を生かしていた点も目に付いた。香川はこういうことができるから、10番をもらえるのだと思う。
先制点の車ドゥリの裏を突くプレーも好感。一番の穴を突いた。車ドゥリの中途半端なポジションにドンピシャの長友の抜けだし。ラッキーだったのは、今日イ・ジョンスがいなかったこと。車ドゥリとファン・ジェウォン、チョ・ヨンヒョンの間にスペースができまくり。本当ならリズムに乗った時もう少し裏突きたかったけど、初めて長友が裏に抜け出したプレーが先制点につながってしまった為、車ドゥリが下がってしまった。これが後半の大きな課題に繋がることになる。


そんな課題点。内容負けしても勝ちは勝ち。が、やはり守備に課題がポロポロ。ディフェンスはサッカーの基本。点数つけるなら、今日のオフェンスは70点、ディフェンスは50点が妥当なところだと思う。
オフェンス面では問題点はひとつだけ。全体的にオフェンスはアジアカップ始まって一番良かった。あえて問題点としたいのは、前半終盤、本田△が良すぎたというところ。当然韓国はマーカーを2枚付けてきた。それ以降、日本のチャンスらしいチャンスはなし。入る気がしなかった。本田が使えない、と判断した後、誰を中心に攻めのパターンを組むか、ここ。こういうパターンの増加はチームの成熟と共にあると思うが、後半10分あたりで、日本が点入れることはないなと確信できた。勝ち越しはPKだったし。
車ドゥリが引いて、裏を取る選択肢がなくなった後、どうやったらそういう引いた相手を崩せるか。パスサッカーを選ぶか、サイドチェンジの多用を選択するか、ポストプレー重視を選択するか。チームとしてどういう方向を目指すかで決まる。2年後に今日と似たようなサッカーになったらテレビ消す。

ディフェンス面では、問題点が3つ。まず、後半15分のク・ジェチョルの突破を許した時の岩政のプレー。これ悪い見本。先制点のきっかけが微妙な判定でのPKだった分、クが突破してきた時に強く当たればカード、PKという思いが頭をよぎったのだと思う。ボールに足が行ってない。内田が押し込んできたのだから、挟んで止めたかった。その後倒した後に詰めたところで、岩政はもう一度ボールに行かなかった。PK恐れすぎ。だったら指くわえて見てるか。ならいる意味がない。
今日一番ひどいプレーがこれだった。PK取られた後、全体的にカードとPK恐れてるのか、ボールに足が出ない。突破を見てるだけってのは、ディフェンスの意味ということを考えると、いてもいなくても一緒になってしまう。
2つ目。韓国より先に足が止まった件。120分戦って中2日のチームより先に、90分から中3日のチームの足が止まった点は強調したい。お互い苦しくなる後半25分からがポイントと書いたら、日本のほうが先に足止まるとは。当たりの強さを考えると見た目以上に苦しい試合だったが、それにしても。強豪との試合で終盤のスタミナという課題が出てきてしまったのは、後に、だんだん響いてくる。長友のスタミナは求めていないけど、後半終盤に面白いサッカーを展開する可能性は今のままではゼロらしい。
3つ目。5バックにしたのに縦パス通される件。なんのために5バックで守備固めしてるのか。足が止まっていたことが主な原因だけど、まだまだ連係不足。マーカーの対象がはっきりしない場面が多かった。韓国の縦へのロングフィードが少なかったことで、露呈した場面が少なかった。ここも大きい課題。まあまだ新チームできてそんなに時間が経ってないし、今後修正…しなきゃやばいよ。ディフェンスは非常にまずいよ。

2失点目なんだけど、ここはテレビ消しかけた。それだけあせってる守備だったというのもあるけど、岩政、伊野波の位置取りが…キーパーが3人、そのうち手使えるの1人。意味ないですな。


日本の2点目は完全に誤審。松木が苦笑して流してたけど、そんなバカなって思える判定。韓国の敗因は、イ・ジョンスの不在、中2日、そしてこれでしょう。アドバンテージはあったけど、明らかにエリア外。ちょっとでも入ってるからPK?だったら岩政2回PK対象のプレーあったけど、あれはPKにならんのかと。
原因は最初の今野のプレーをPKにしてしまったところか。あれもまた微妙な、正直このチャージングでPKはないと思うプレー。そこでPK与えた分、その後のエリア近辺での際どいプレーは全部流し気味。試合の流れを壊したくないってのが、主審の反応見てるだけで伝わってくる。審判の反応見てるだけでご飯一杯はいける。下手だったな今日の主審は。延長後半にエリア内で遠藤がハンドまがいのプレーしたのに見逃してたし。

PKで左右される試合ってのもなんとも微妙なものがあるけど、日本が勝って、韓国が負けたのは事実。内容は韓国優勢でも、決め切れなかったという時点で韓国の負け。野球でいう、いくら塁埋めても残塁多かったら負けと一緒か。

PK戦について語ることはないけど、韓国の3人目、ホン・ジョンホが外したのは、川島の気迫がボールをゴールの外に出したわけではないことを記す。蹴った7人の中で一番見応えのあったのは、ここ。

代表のここ5戦の中では、一番楽しめたかも。理想の面白いサッカーの基準を厳しくしてるから課題が目につくけど、今の時点でここまでやれれば十分かなって気もしないでもない。
posted by cris at 01:36| Comment(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

VSカタール


3対2。勝ってよかった。なんてまったく思えないサッカー。このディフェンスはないわ。

だいたい前回のサウジ戦終わった後の回顧で感じたこと通り。あの時想像したように、点の取り合いになった。

前回回顧で書いた『今回に関しても、前線のプレスが効いた守備だった。最終ライン全体で止めるシーンがほとんどなかった分、未だ測りかねる』、今回の試合で最終ラインの守備を、ちゃんと見せてもらった。大きな欠点。オフェンスよりディフェンス考えなきゃいけないぜ、今のままでは。

つまり連携という問題。シリア戦で目に付いたが、サウジ戦では相手がひどくて露呈しなかった問題。さかのぼるとシリア戦が伏線になってる。とりあえず伊野波が良くなかった。吉田麻也のクセと合わせて、最終的に連携ミスにつながってる。
ポイントが、相手の攻撃の中心がセバスチャンだということ。セバスチャンは高さと裏に抜け出すプレーがある分、高さのある吉田がマークにつくのは予定通り。が、セバスチャン専任とは思えない運動量。ならもう片方の今野がカバーすりゃいいべ、って話なんだけど、今野が右サイドバックのケアもやってたことで、最終ラインが吉田1人になる時がけっこうあった。
原因が伊野波の位置取り。中途半端。サイド駈け上がるならもう少しアタックすべき。岡崎が1人だけ飛び出してるから、スペース空くの嫌って下げてるの?ならもっと下がるべきよ。セバスチャンのマークになった時に見失ったり、今野がカバーに行ったり、全体的に動きが悪かった。最後に詰めて決勝点決めてなかったら、今日の敗因になるとこだったね。

2失点目の話。吉田麻也が2枚目のイエローもらったけど、これに関しては吉田はしょうがない。1枚目は完全に本人の責任だけど、2枚目は吉田だけの責任じゃない。つい足が出ちゃった、ってのは代表クラスじゃ御法度なんだろうけど、これは責められない。吉田が最終ラインで1人だけってパターン。伊野波が動かなかった分のツケ。
問題は失点のフリーキックでしょう。壁1枚にとやかく言うつもりはないけど、1枚なら川島もっと外に置こうよ。セバスチャンを気にしたんだろうけど、あの距離なら直接って選択肢はかなりのウエイトを占めてる。相手の攻撃の中心気にするのは大事だけど、サッカーは11人でやってるということを忘れちゃダメ。ディフェンダーの位置とか、あの距離だとあまり関係なくなってくる。キーパーの位置取りの問題だったと思う。

1失点目はひどかった。とんでもなく。高校生じゃあるまいし、代表クラスでオフサイドトラップの単純な仕掛けミス。吉田は今野が同じラインにいると踏んでボールウォッチャー。今野のほうは、吉田がセバスチャンを気にし続けてると判断して、右斜め前のアフメドあたりを気にしてると。トラップを掛けるならしっかり掛けよう。中途半端な掛け方からの情けない点の取られ方。
追い打ちをかける吉田の対セバスチャンのディフェンス。裏取られたまではまだしょうがないけど、セバスチャンがゴール手前で切り替えるまで、ただ追いかけてるだけはまずいって。切り返した瞬間に足を入れればいいものを、傍観。なぜそこで足を突かない?と声が出てしまった。

吉田についてはもうひとつ。最初のカードね。シリア戦もそうだけど、なぜ右手を絡める。クセなんだろうけど、なんでもないチャージが大きなチャージングに取られちゃうぜ。セバスチャンとのマッチアップはまだ早かったというしかない。でも、セバスチャンみたいなアタッカーを中心に作ってるチームは世界中に星の数ほどある。闘莉王はそんな癖もない。今のところは闘莉王のほうが上。高さがあっても、これではまずい。

次はイランか韓国だけど、仮に韓国が相手だと、今日のディフェンスじゃダメ。伊野波も終了後の話で言ってたけど、次も同じようなディフェンスだったら、このチームのサッカーはもう見ない。連動しないディフェンスのチームは、世界の強豪相手に絶対に通用しない。


と、課題ばかり書いてきたけど、今回の試合で一番印象に残ったのが日本の守備だった。ここまでひどいとは思わなかった。次回どうなるかというところ。
次は日本の得点シーン。

日本の1点目、岡崎の裏を突くプレー。カタールの最終ラインの高さは、結局試合終盤まで目立った。裏取りやすいチームだったと思う。そこをうまく突いて、ループ。キーパーが予想以上に前に出てた分、サウジ戦の1点目のイメージがあった。実際は岡崎の得点と考えていいと思う。


日本の2点目、香川のゴール。これも岡崎が大きかった。いいところにスクリーン掛けるなぁと、感心。今日の日本のプレーで2つ唸るプレーがあったけど、その内のひとつがここ。3人分にスクリーンかけてたけど、ドンピシャのタイミングだった。ポスト役としては必須の、基本のプレーなんだけど、ゴール前でできる選手は少ない。岡崎巧くなったなぁと思い。清水で出始めたころはスクリーン掛けに行って味方倒してたからw


日本の3点目。このプレーの中の、とあるプレーが今日一のプレー。今試合のベストプレーとして取り上げたいのが、ゴール前への、長谷部の縦パス。
試合終盤、ラインが乱雑になってる局面で、ここに通すか、ここに通るか、と思うような、針の穴通すようなグラウンダーの縦パス。一瞬背筋が凍った。日本代表のサッカーでこんな状態になったのはすごく久々。記憶にある限り、2年半ぶり。遠藤のドンピシャセンタリング以来。
その後の受けた香川の無理矢理突破するプレーもそうだけど、ふたりともブンデスリーガで鍛えられてるなと思うプレーだった。足元ぴたりと合わせるプレーもそうだけど、突破力が求められてる局面が非常に多いドイツで活躍するだけあるな、と思わせられるプレーだった。
香川はいろいろ言われてるけど、ここぞという決定期は外さないね。某Y沢さんとか、ああいう局面迎えたら絶望的なプレーを見せてくれたのが懐かしい。

後半裏取る攻撃が少なかったのは、吉田退場で前田下げて岡崎の役割が替わったから。攻めのパターンは基本、単調よね。本田△も言ってたけど、攻めのパターンの足りなさが課題。
中盤のパスワークも、三角形が大きかった分パスカットされやすいし、突破されやすい。バルサみたいに恐ろしく小さい三角形でサッカーできないことは知ってる。とりあえず今はでかすぎる。もう少し狭めないと面白いサッカーはできない。


そんな感じか。審判は厳しかったけど、こればかりはどうしようもない。実際かなり見てたほう。前半23分の岡崎のオフサイドは、よく見てたと思う。あれは取れんよ普通。
審判が今回はダメだから試合がどうとか騒ぐマスコミに言いたい。格下相手にひどいジャッジがあったから負けた、フツーにやれば勝てる、推してるチームがそういうチームでいいの?強いと言えるチームは攻守のバランスから、攻守の切り替えの速さまてせ抜群。格下相手に負けてるようでは、強いとは言えない。格下には負けないから強いということ。試合前に、審判が今日はあいつだから厳しいとか言う前に、推してるチームに必要なサッカーとは何か考えるべきだと思う。

松木安太郎も素晴らしい発言連発。『シュート2本目で点入ったから、あと6本くらい打てばもっと入る』発言には笑った。小学生じゃあるまいし。


まあ、試合見ての感想は千差万別。どう感じるかは、その人のフットボール観次第。自分自身、毎日1試合以上は見るようにしてるけど、まだまだ深く見れていないと思う。もっと深く、面白いサッカーとは何か、考えていきたいと思う今日この頃。
posted by cris at 01:06| Comment(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

クソワロタwww


『モンテディオ山形では、CFRクルージュ(ルーマニア)よりウーゴ選手が完全移籍加入することになりましたのでお知らせいたします。』by公式サイト

www

なぜルーマニアからブラジル人?w

いや、モンテの獲ったディフェンダーは古くはシジクレイ、最近だとレオナルドと、外れがほとんどない。しかもわざわざルーマニアから獲ったくらいだから、日本のサッカーにフィットすると見込んで獲ったのでしょう。そう思いたい。

ディフェンダーから補強ってことは、今季はとにかく残留、ということなんでしょう。


モンテはたまに謎の補強カマシてくるけど、ルーマニアからブラジル人は想定してなかった。ポルトガルから韓国人獲ったり、ブラジル3部から謎の160pちょっとのフォワード獲ったり、リヴァウドじゃなくニヴァウドって名前のブラジル人獲ったり。

今季も楽しくなりそうだ。しかし笑えるw
posted by cris at 22:29| Comment(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする