2011年01月18日

VSサウジ


5-0。これをどう見るかって話だけど、完勝だったと思う。正直、今日のサウジ相手には結果ではなく、何点差をつけるか、というのが問題になるレベルだった。

日本の今回の試合の大きなポイントは、『チームとしての進化』。ヨルダン戦から考えると格段に良くなった。

ヨルダン戦と違かった点を一つあげなさい、って言われたら、間違いなくサイド攻撃の進入って答える。ヨルダン戦はとにかく中途半端な位置から無駄なクロスばかり。今回のサウジ戦では、両サイドバックがかなり深い位置まで入ってから、クロスを上げてた。ディフェンスの裏を取りやすくなるし、アジアならスピード、テクニックは日本有利。それを生かすことができなかったヨルダン戦と、できたサウジ戦の差。岡崎の2点目、前田の1点目は、まさにそういうプレーだった。

選手の意識の差ってのは大きい。それ以上に、柏木の働きも目に付いた。。柏木は浦和でフィンケのパスサッカーの司令塔として鍛えられた分、スペースの作り方、サイドの上がりやすい形の作り方が格段にうまくなってる。これは本田、香川にはないもの。しっかり相手を引きつけてサイドの奥にスペースを作って、そこにサイドバックとかが走りこむと。そこまで組み立てれば、後はヨルダン戦の反省活かして深くまで切り込んで、正確に上げるだけ。本田いなかったのも逆に効いた。そんなサッカーだった。

アシストのクロス上げた選手、遠藤以外みんな欧州組。ここもポイント。ヨーロッパのセンターバックはガタイがヤバい。日本よりスペース空けてくれないし、ゴール前は戦場。日本の国内リーグより正確なクロスを求められる。香川が2点目のアシストで素晴らしいクロスを上げたけど、香川の所属するドルトムントはドイツ・ブンデスリーガ。ブンデスリーガはヨーロッパの中でも、指折りのゴール前が戦場になるリーグ。そこで活躍するためには当然正確なクロスボールが要求されるし、香川が活躍してる理由がちょっと分かるシーンだった。

2点差つけば、1点の貯金ができる。ということで前前でプレスが掛けられる。相手のパスを前線でカットして、前前でサッカーを組み立てられる。そういう余裕ができるのだから、深く進入できるならもっと最初からやれよ…って気がするけど。まあヨルダン戦は合宿無しで入ったから連携を心配したんでしょう。深い進入はカウンターというリスクがあるし。

日本が4点差以上獲った試合で全部フォワードが決めたって試合は、すごく久々ですね。こういうのが理想。やっぱり決める役目を負ってる以上、こうでなきゃ。中盤のプレーヤーをワントップで起用してくるような状態がいつまで続くのかと思ってただけに、これはかなり評価できるところだと思う。


でも、この5点差をどうとるかはまた別の話。正直なところ、サウジのディフェンス陣がクソだったってのも大きい。敢えて書こう。今日のサウジのディフェンスはザル。これが代表なのか、と思えるようなレベルだった。岡崎のハットトリックとなったゴールのVTRを見てもらえば、それがよく分かる。前田のシュートと見せかけての引きつけに4人も引っ掛かってる…これでいいのかよ…

2002年の日韓ワールドカップの予選の初戦でサウジがドイツに8-0でタコにされた時があったけど、あの時の5点目以降のディフェンスに似てる。最初はクロスからクローゼの高さにやられて、サイドに注意が向いたところをバラックに中央切り崩されて守備が崩壊したシーン。あれに似てた。もう最後は脚がボールにしか向いてなかった。悲しいことに、サイドに目が行ってない。序盤から4バックのはずなのに、5バックになったり、1人どっかに行ってたり、、、そりゃ連敗して国家問題になるわな。前線もお粗末。


日本の課題についても少し。

まずは後半12分のダサいプレー。これはもう日本の伝統。横に持ち過ぎてああーってシーンは何年も見続けてきたモノ。縦への意識ってとこは課題かも。いつもだけど。

あとはディフェンスよね。相手が相手だったことから、まだ4バックの動きが不透明。連携ミスはシリア戦で露呈したし、まだどういう組み合わせが最適なのか分からん。アジアではこれでよくても、コパアメリカで守備陣崩壊ってシーンがありそう。吉田麻也はカードの常習犯になりそうなクセを持ってるし、今野がセンターバック専門ってのはよく分からん。長友はイタリアでまたひとつ巧くなってる。そりゃプレミアやエスパニョーラからオファー来るな。とにかく走るだけだったのが、今日の3点目のような、走りながらでも正確なクロスも上げられるようになってる。左のサイドバックは品薄。名門と呼ばれるビッグクラブ移籍に一番近い存在…かも。
今回に関しても、前線のプレスが効いた守備だった。最終ライン全体で止めるシーンがほとんどなかった分、未だ測りかねる。


次はカタール。サウジとは違うサッカー。中東らしくないサッカー。また違った展開になると思う。取り合いもあるかも。日本のディフェンス陣次第。


だいたいザッケローニのやりたいサッカーは見えてきた。アジアで勝てても、これでヨーロッパに勝てる…か?特に面白いと思えるサッカーでもない。今日の試合に、もっと小刻みなパスを入れたいんだと思う。それ浦和がここ2年失敗してるんだな。今後どういうチームの方向性を定めていくのか、それ次第。まだ毎回見たいと思えるサッカーではない。1人で試合変えれるようなプレーヤーがいないのだから、今後チームとしてどこまで成熟できるか。これからが進化からの真価といったところだと思う。

さすがに、この前のバルセロナVSマラガのバルサのサッカーを見せろとは言わんけど、アジアレベルのサッカーでとどまっているようでは、魅力はない。マスコミのここで勝って満足的な報道には、強く違和感を覚える今日この頃。
posted by cris at 00:43| Comment(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

VSシリア


負けはさすがにないと思う。負けるとしたら、偶然であり、チームとして終了。

シリアは前半から引いてくる。ヨルダンと同じ作戦を取るでしょう。カウンター狙い。

これでまた崩せなくてドローとかだったら、初戦から何を反省したの?となってしまう。

とにかくサイドの使い方だと思う。これで引き分けてたら、4年後に期待なんて無理。こういう完全に守備的にくるチームを崩せないようでは。。。
posted by cris at 00:43| Comment(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

インテル優勝


得点シーンについてあまり詳しくは書かないけど、いい試合だったと思う。

インテルの得点シーンに共通するのが、ディフェンスラインの崩し方。裏を取る素振りを見せながら、前線でパス回されるとなかなかマゼンベはついていけない。ついていけなくて、脚が止まったところにできたコースにシュートされて万事休す。一瞬空いたコースにほぼノーステップでシュート決めるプレイヤーもどうかしてる。選手個々のサッカーのテクニックは元々世界トップクラスだし、パスサッカーが浸透すれば、本国でも首位争いなんだけど。

もう一つ、決定的だったのが、ファーストタッチの巧さ。ここが日本と違う。世界のレベルではファーストタッチは決めて当たり前。トラップは基本なんだろうが、その基本を完璧にこなせるか、こなせないかが、世界と日本の差だと思う。


今日のインテルは前回とは違うインテル。攻めのパターンを変えてきた。どちらかというと、いつも見るインテルだったと思う。スタンコビッチを下げて、サネッティを中央で使って、右サイドバックにマイコン。サイドから崩していくスタイル。アフリカ相手ならそうでしょうね。連携ミスを誘うのもいいし、突破するも良し。マイコンがいるかいないかでは、やってるサッカーが違う。

でも、このサッカーが今年不発なんだな。セリエとチャンピオンズリーグでは、それがうまくいかない。スペイン式のパスサッカーはチームに根付かせるのに時間が掛かる。スペインの各チームはカンテラからチームメイトというパターンが多く、コミュニケーション不足はありえない。お互いどういうプレーをするのか理解している。だからこそ、パスサッカーの威力が強い。
前にベニテスが監督やってたリバプールも、生え抜きが中心となって、非常にまとまりのあるチームだった。守備的と言われてたけど、そういうチームなんだから仕方ない。でも、インテルの場合、観て分かる通りの多国籍軍。この多国籍軍にパスサッカー浸透させるのはかなり時間が掛かりそうだ。


マゼンベはよく頑張った。大健闘だと思う。点差だけだと完敗だけど、少なくとも後半はだいぶ互角だった。互角にした原因が、その運動量。連中はガソリンで動いてるのかと思うくらい、終盤になっても脚がなかなか止まらない。脚が止まったのはインテルのほうが速かった。その点だけで見たら、世界一だと思う。が、ヨーロッパのトップチームの攻めのアイディアに対抗できるほどの柔軟な守備陣がアフリカにあるとは思えないし、個人技を使うにも、相手は各国の代表。手詰まりだった。そこであきらめず、とにかく走り続けたマゼンベに、拍手を送りたい。

常にダブルチームで塞がれて、脚が止まってきてるのにコースを狭くさせるディフェンスラインの動き方など、マゼンベにとっては初体験のことばかりだったと思う。動かない時は動かない、というサッカーができるようになれば、来年は更に上のレベルのサッカーができると思う。キディアバを中心とした守備はアフリカではトップクラス。攻めのパターンを増やせば、更にいいチームになるはず。


ジュリオ・セザールはとんでもないな。反応スピードもそうだけど、的確な指示。セレソンの正キーパーはこのくらいじゃないと務められないのか。指示という意味では、ルシオのラインの統率力も目についたし、中盤のカンビアッソの的確な判断も光った。この3人がいるいないでは大きく違う。ストライカーの代えはいるが、統率者の代わりはいない。

これをきっかけにインテルが浮上するのか、そこらへんを楽しみにしながら来年のヨーロッパサッカーを楽しみにするとしよう。
posted by cris at 04:02| Comment(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする