2011年06月14日

POG2011~12シーズン指名馬決定その6


part6までやってきた。こうなったら続く限りやろうと思う。これ書いてると、いかに指名失敗したのかがよくわかる。

うーん、POGドラフトは難しい。。。リストの頭数も、多すぎるとマズイし、少なすぎてもマズイ。正規リストから少し取り上げたいと思う。特別リストは更に次回。2011年用特別リストのカオスさについては、見てもらうと分かる。

ということで正規リストで指名から漏れた馬。そんな中割と気にしてる馬を。指名したかった馬はもう書いたから、それ除く。順番は関係ない。とりあえず20頭挙げてみた。



1.ヴァンヘルシング(父ディープインパクト×母シャイニンレーサー)

やしきたかじんに似てる人の娘が名付け親。角居なんだよな…


2.シャイニンバイパー(父スマートストライク×母シャイニンルビー)

白井最強。母父サンデーのスマートストライクとか、その新鮮さに惹かれた。


3.アドマイヤクリス(父アドマイヤドン×母ジョリーザザ)

兄はタイムパラドックス、父はアドマイヤドン、厩舎はマツパク。ダート好きとしてはたまらない。馬体もいかにもパワーがありそうな感じ。本格化は4歳からだと思うけど、これは個人的に応援しよう。


4.チェスナットバロン(父フジキセキ×母ベルベットローブ)

アドマイヤサガスの全弟。パワーがありそうというか、ゴーンウエストが出てたら相当砂で走りそうだけど。金子さんの馬なんだよなぁ…


5.母グリントインハーアイ(父フサイチペガサス×母グリントインハーアイ)

ティアモブリーオの半弟。いかにも揉まれると終了しそう。近親はディープインパクト。この母系にフサイチペガサスだとどうなるんだべ。


6.クイーンリヴィエラ(父ディープインパクト×母フレンチリヴィエラ)

スズカコーズウェイの妹。なんかダートに出そうだけど、牝馬の分芝かなぁ。活躍馬のパターンに入る母父フレンチデピュティのディープ産駒。割と楽しめそう。


7.母バランセラ(父エンパイアメーカー×母バランセラ)

イメージがケイアイガーベラ。ドイツ牝系にスマーティージョーンズを付けるとああなるらしい。ガチンコのアメリカ血統にドイツ牝系ってパターン。バランセラはドイツ牝系で、父アカテナンゴ。母父アカテナンゴのエンパイアメーカー産駒ってのは面白い。


8.テナシティー(父ゼンノロブロイ×母フサイチハッスル)

父ゼンノロブロイに母父トニービンはあっているはず。去年は活躍馬が出なかったけど、ギンザボナンザ的なパターン。血統だけ見てリストアップしてたら、競馬王POGで割と取り上げられてて驚いた。


9.マーチャンテイマー(父クロフネ×母マサコチャン)

ベストクルーズの全妹。父クロフネに母系がチヨダマサコ一族だと、ホエールキャプチャも同様。ホエールの全妹にあたる母グローバルピースもいたけど、冠動脈破裂で亡くなった。千代田牧場はその分も期待してるはず。


10.母コッコレ(父マンハッタンカフェ×母コッコレ)

全兄にメイショウレガーロ。マンカフェのこのパターンは血統的相性が抜群。アッパーイースト程じゃなかった分指名はしなかったけど、星になったお兄ちゃんの分も期待してる。


11.トリップ(父クロフネ×母ビーポジティブ)

フェアリードールの一族にクロフネ。冠名の付かないアドマイヤ。いかにもダートで勝ってくれそうなんだけど。ヌレイエフとクロフネ合わせたらダートしか無理って気がする。
てか、今年アドマイヤに海外馬がいるんだよね。リストアップしたけど。それと、まさかフランスで走ってるメイショウがいるとは思わなかった。


12.マイネルアルティマ(父キングカメハメハ×母エイシンヒューロン)

エイシンビートロンの下。兄は体質が弱かったけど、弟は早期デビューもあるらしく。距離はもたないのかな。早馬で考えてはいたけど、マイネル。


13.ウォーレンバローズ(父フジキセキ×母リングレット)

フジキセキ×トニービンでドリームパスポートと一緒の配合。厩舎が角田。今年の猪熊の2歳馬はレベルが高いようで。その中でも走ってきそうだけど。


14.カラヤン(父ゼンノロブロイ×母ムーディーサンダー)

半兄はシャドウストライプ。母ムーディーサンダーはサンダーガルチの全妹。ゼンノロブロイの母父がマイニングでダート色が濃すぎる気がしてやめたけど、けっこう走るかもしれん。


15.リントス(父ウォーエンブレム×母コニャックレディ)

カフェオリンポスの妹。馬主が林正道。十分狙える気がするんだけど、ダート色が濃すぎるのと、馬名の意味が『凛とする』からきてる、といううさんくささで回避。


16.チェレンコフ(父アグネスタキオン×母エミスフェール)

エミーズスマイルの全妹。道営デビュー。この馬と父フサイチコンコルド×母エミーズスマイルのエミーズパラダイス、どちらかを指名しようとは思った。ただ、ルール上カウントされない地方のポイント。そこがネックだった。南関おいでよ。どうせヒゲのとこなんだろうけど。


17.マンハッタンコード(父ネオユニヴァース×母マンハッタン)

メトロノースの弟。馬主は林正道。馬体はかなり俺好み。俺好みで去年テーオーゼウス。それプラス、ダート専用かもしれないという思いもあって自重。


18.ネコヤッタネ(父パラダイスクリーク×母セイウンタカコ)

堀井厩舎の函館デビュー。ロビンフット的な。馬主も一緒だし。ただ、パラダイスクリーク…需要ねぇよな…


19.オーシャンドライヴ(父ゴーストザッパー×母アイランドファッション)

金子さんの馬。いかにもそんな馬名。金子の外車とくるとちょっとグッとくるけど、父ゴーストザッパーの大不振。ゴーストザッパー自身は、体にガソリン流れてるようなとんでもない名馬だったんだけどなぁ…


20.タイセイシュバリエ(父クロフネ×母ダンスノワール)

なかなかデビューが早そう。クロフネ産駒にしては柔らかみありそうな、母父サンデーが出た印象の馬体。このクロフネはちょっと違うかもしれん。



とりあえずこんな感じか。けっこうメジャーどこが多いだろうし、リストに入ってた人も多いと思う。正道の2頭や母バランセラ、そしてテナシティーやチェレンコフは隠し玉だったかも。


次回、part7で取り上げる馬は、ほとんど誰もリストに載せてない自信がある。ただ、使うところが…ないんだなこれが。
posted by cris at 04:00| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

POG2011~12シーズン指名馬決定その5


いつまでこのシリーズやるんだか知らんけど、とりあえずpart5まで来た。こりゃ6もあるな。6では、ちょっと変わりどころ、気になった馬とかを中心に取り上げてみたい。何せ400頭はリストアップしたりするように、今回は相当時間かけて調べ、考えた。そのやる気を他に生かせよ俺…


千葉大POG指名馬寸評の続き。



5位…ダイワネクサス
(父ジャングルポケット×母ダイワルージュ、母父サンデーサイレンス)牡、上原

今までリストに載せてたけど指名まではいかなかったパターン。馬体の見栄えはあんまり良いとは言えないけど、全兄が走っちゃってるんだよなぁ。母ダイワルージュにとって最後の仔。牡馬の方がいいみたいだし、ジャンポケ×サンデーも実績十分。ま、あとは走ってくれればいいなぁ程度。その前までがマイラーばかりだったし、牡馬の中距離血統を指名したかったので、ここで指名。



6位…バーニングジール
(父ハーツクライ×母モスコーバーニング、母父Moscow Ballet)牡、荒川

やっぱさ、本格派欲しいじゃん。ということでバーニングジール。ギュスターヴクライのイメージ。ハーツクライは母父トニービンにリファールということで、少し重め。アメリカンな血を入れたほうが素軽くなるんじゃないかなと。
で、選んだのがこの馬。母はアメリカG2勝ち馬。ちょっとスピード色が濃い母系だけど、母父モスコーバレットのドロッセルマイヤーが去年のベルモントステークス勝っちゃったし、距離自体は中距離向きって感じ。遠い親戚にフジキセキ。遠いなほんと。なんだかんだ芝向きだと思うけど…
後ろ脚がちょっと独特な形。まあ気になるほどではないし、成長次第では面白い存在かな。



7位…エポキシ
(父ディープインパクト×母シーズアン、母父ザイーテン)牝、国枝

シーズンズベスト、ビーオブザバン、テンペルの下。牡馬で中距離型連続指名だったから、牝馬の、しかも速攻型に行きたかった。
テンペルもそうだけど、ドナウブルーなどでディープインパクトと好相性のダンジグ。母父ザイーテンはダンジグの息子。となると相性はいいはず。大物感はないけど、ある程度の結果は残してくれるかなぁと。
母は2歳から走ってたし、脚元弱い兄弟の中で、体重軽いから脚への負担はそこまでないはず。ある程度は走ってほしい。ゲート出るんかいな。



8位…ストレートラブ
(父アグネスタキオン×母ラリーズン、母父Labeeb)牝、松田博

母はアメリカG2モリーピッチャーステークス勝ち馬。その初仔。マツパクがかなり吹いてるから敬遠しようと思ってたけど、8位で獲りたい馬が少なくてこの馬に。柔らかいらしいけど、馬体は…そんなにいいのかこれ?まあ期待の繁殖牝馬らしいし、楽しみにしましょう。
いとこにG1を2つ勝ったライオンハート。ダートっぽく見えるけど、母父Labeeb自身芝馬だし、ライオンハートはデンジャラスミッジを出してることを考えれば、この馬もたぶんに芝。
タキオン×ロベルト系も悪くはない。ちょっと軽すぎる気はするけど。マイラーって考えていいのかな…千葉大POGで選んだ牝馬、マイラーばっかじゃん…



9位…カジノロワイヤル
(父タニノギムレット×母リビングデイライツ、母父フジキセキ)牡、二ノ宮

お馬でも指名したカジノロワイヤルをここでも。速攻型の牡馬。いかにも2歳の新潟戦が合いそう。エプソムカップ3着だったセイクリッドバレーと一緒のタニノギムレット×フジキセキ。成長力があるとのこと。
が、例によってグリーンポーラ一族。グリーンポーラ一族でまともな馬がいるのか不安。兄弟が脚元に問題があったけど、この馬はまだなんとか大丈夫。まともな競走生活を送ってほしい。



10位…ハッピーユーゲント
(父ディープインパクト×母プンティラ、母父アカテナンゴ)牝、吉田

『獲りたかった馬』でもあげた、母プンティラ。指名枠にやっと空きができて、指名。ペルレンケッテの全妹ですね。クラブから個人馬主に代わり。しかもプンティラの最初の仔を持ってた馬場さん。まあある程度は走るって下地はありそう。
ドイツ血統の入った馬はどの団体でも1頭は指名する予定だったし、予定通りの指名ではある。母プンティラがドイツ血統。
このプンティラ、去年のペルレンケッテの血統表見て思ったけど、ちょっと複雑な血統構成。アカテナンゴを意識した配合になってる感。ディープの母ウィンドインハーヘアがドイツの重賞アラルポカルを勝ってたけど、ディープ自身、ドイツ牝系との相性はいいと思う。トーセンレーヴはなんだかんだ素質はあるし。まああれは母が凄いけど。
アカテナンゴはスピードも伝えるし、ディープには相性は悪くない。今年母父アカテナンゴのディープは、エックスマークやワールドエースがいる。あっちは注目されてるんだけどね…なんだかんだプンティラはドイツオークス勝ってるんだけど。
ドイツオークス勝ったプンティラの初仔が、1400で走ってるペルレンケッテ。内包してるスピードは相当。そこにドイツ牝系、特にクレペロとかのスタミナ血統と、ディープのスタミナがマッチしてくれば、面白い存在になるんじゃないかなと思ってる。



10位を一番語ってしまった…血統的に一番面白かったし。今後プンティラがどんな種馬つけようが、ちょっと追っかける価値はあると思う。


そんな感じで、近々またその6でも。そこらへんで一区切りつけたいところなんだけど…つけられるだろうか…
posted by cris at 03:48| Comment(2) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

POG2011~12シーズン指名馬決定その4


千葉大のPOGも終了。これで一通り終わった、今年のドラフト会議。


そういえばまだ載せてなかった『うまカレ』POGの指名順位から。先週土曜のPOGですね。

1位…アドマイヤトライ(父シンボリクリスエス×母アドマイヤグルーヴ)牡
2位…アドマイヤバラード(父ハーツクライ×母プロモーション)牡
3位…ビキニブロンド(父キングカメハメハ×母モンローブロンド)牝
4位…シェイクスピア(父ディープインパクト×母グレースアドマイヤ)牡
5位…シャンボールフィズ(父キングカメハメハ×母マンハッタンフィズ)牝
6位…ブランクヴァース(父ネオユニヴァース×母クイーンソネット)牡
7位…クランモンタナ(父ディープインパクト×母エアトゥーレ)牡
8位…ロードガルーダ(父アグネスタキオン×母レディブロッサム)牡
9位…ダイワマッジョーレ(父ダイワメジャー×母ファンジカ)牡
10位…カレイドスコープ(父ディープインパクト×母アジアンミーティア)牝

千葉大まで終わったし、すべて公開。7位クランモンタナwリストにも載ってなかったけど、余ってたから獲ったって感じ。完全にお遊び指名といった印象。内訳は牡7頭、牝3頭。


このうまカレPOGの次の日にあった、お馬の会POG。振り返ったけど、一応順位をもう一度。

1位…アドマイヤトライ(父シンボリクリスエス×母アドマイヤグルーヴ)牡
2位…アドマイヤバラード(父ハーツクライ×母プロモーション)牡
3位…シャンボールフィズ(父キングカメハメハ×母マンハッタンフィズ)牝
4位…母ケイウーマン(父ディープインパクト×母ケイウーマン)牡
5位…ロードガルーダ(父アグネスタキオン×母レディブロッサム)牡
6位…マイネエカテリーナ(父アグネスタキオン×母マイネヌーヴェル)牝
7位…ダイワマッジョーレ(父ダイワメジャー×母ファンジカ)牡
8位…カジノロワイヤル(父タニノギムレット×母リビングデイライツ)牡
9位…レイズワーク(父キングカメハメハ×母エイシンアイノウタ)牡
10位…スイートジュエリー(父キングカメハメハ×母スイートテイスト)牝

うまカレPOGと被った馬は5頭。内訳は牡7頭、牝3頭。こっちは本気でやった感じ。


そして千葉大POG。こちらはリスト制。リストがあったということもあり、自分のリストをもう一度再編。作り直して臨んだ。


1位…アドマイヤトライ(父シンボリクリスエス×母アドマイヤグルーヴ)牡
2位…ビキニブロンド(父キングカメハメハ×母モンローブロンド)牝
3位…アルアマーナ(父ディープインパクト×母オネストリーダーリン)牝
4位…ロイヤルチョイス(父リダウツチョイス×母コーラルチャイムズ)牡
5位…ダイワネクサス(父ジャングルポケット×母ダイワルージュ)牡
6位…バーニングジール(父ハーツクライ×母モスコーバーニング)牡
7位…エポキシ(父ディープインパクト×母シーズアン)牝
8位…ストレートラブ(父アグネスタキオン×母ラリーズン)牝
9位…カジノロワイヤル(父タニノギムレット×母リビングデイライツ)牡
10位…ハッピーユーゲント(父ディープインパクト×母プンティラ)牝

牡5頭、牝5頭。4位でディープブリアンテの抽選負けしてから、完全に狂った感。うまカレPOG、お馬の会POG共に2頭指名が被った。
採点すると、うまカレPOGは100点、お馬の会POGは70点、千葉大POGは55点といったあたり。ちょっと辛めにつけて。


寸評付けるけど、すでに書いた馬は短く。初登場中心に。



1位…アドマイヤトライ
(父シンボリクリスエス×母アドマイヤグルーヴ、母父サンデーサイレンス)牡、橋田

すべての団体で1位指名。母アドマイヤグルーヴの仔を指名して3年連続。さすがにもう当たってほしい。執念。後悔はしていない。



2位…ビキニブロンド
(父キングカメハメハ×母モンローブロンド、母父アドマイヤベガ)牝、安田

うまカレ、千葉大の2団体で指名。馬体がこの世代で一番綺麗だと思う。上品。お母さんもラインの綺麗な馬だったけど、そこにキンカメの筋肉が付いて、よりシルエットがはっきりしてる。450キロとは思えない。
父キンカメ×母父サンデー×母母父トニービン×母母母父ノーザンダンサー系が成功していることを考えれば、この馬は血統的下地は十分。

モンローブロンドの娘、ソニックレディの牝系ということを考えれば、距離はマイルまで。が、マイルまでならかなり楽しませてくれるんじゃないかと思ってる。この牝系は去年もノーザンリバーがいたように、好調。



3位…アルアマーナ
(父ディープインパクト×母オネストリーダーリン、母父キングマンボ)牝、石坂

6月26日の阪神でデビュー決定。福永か。『獲りたかった馬』コーナーに書いたので詳細は省くけど、目付きが好き。こういう目たまらない。馬体はキングマンボ系に出た感じ。この馬もマイルあたりまでって感じ。
母がニキーヤの妹ってこともあって、ゴールドアリュールからダートを想像するけれど、ゴルア自体3歳春までは芝で走ってた馬。この馬も芝向きの良質なスピードを持った馬ってイメージ。キングマンボ最強ということで。

この馬の一つ下が、父ディープインパクトの牡馬。去年のセレクトでエイシンに4000万で落とされてる。この馬のケツは当歳とは思えないくらいプリプリしてた。来年のドラフト候補。



4位…ロイヤルチョイス
(父リダウツチョイス×母コーラルチャイムズ、母父サンデーサイレンス)牡、長浜

G1レーシングの1期生。指名したのは千葉大のみ。が、この馬は前のリストでも優先度Aの欄に入ってた。ただ、父リダウツチョイス。そこがどうでるか、それを考えて指名しなかった。千葉大POGでは4位で抽選負けしたため、賭けに出てみた。

父はオーストラリアのリーディングサイアーも獲得した、デインヒル系の名種牡馬リダウツチョイス。母父がサンデー。リダウツチョイス産駒は日本に高い適性を示しているのは、直仔スニッツェルを見れば分かる。
日本でのリダウツチョイスの代表産駒ランリョウオーも、スニッツェルの代表産駒ミッキーマスカットも、どちらも母父サンデー。母父サンデーとはかなり相性がいい。この組み合わせだと距離も持つ。
母コーラルチャイムズはQueen's Statuteの牝系出身。つまりラムタラの近親ですな。ダンジグの3×4っていうなかなか楽しいクロスもあるけど、ダンジグは代を重ねるごとに距離をこなす。
この馬自身も胴長で脚長の、スラっとした体型。いかにもリダウツチョイス産駒。皮膚も薄いし、ハマればある程度の活躍はしてくれるんじゃないかなぁと。


ここまで書いて思ったけど、距離持たない仔ばっかりなんだよな…

ここから先はその5にて。
posted by cris at 02:23| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする