2019年06月04日

本番POG2019@


今年もこんな時期ですね。

すでに4団体終了で、これが5団体目。2つある本番POGの一つ。

レベルが高い分、毎年苦労するPOG。

昨年はマル外勢に期待をかけたものの、故障、ノド鳴り。

中央馬もアウィルアウェイ始め故障続き。

そう考えればよく中位でフィニッシュできた。今年は意識的に故障の可能性が少ない馬を選ぶ(選ぼうとしている)。



1位父ディープインパクト、母コンドコマンド

昨年はサートゥルナーリアが良過ぎて、指名できる団体全てでサートゥルナーリアを指名した。
今年の"サートゥルナーリア枠"はこのコンドコマンド。もちろんサートゥルクラスではないとはいえ、見た目に関して言えば相当のレベル。

鋭いナイフみたいなシルエット、薄い皮膚、少し前に寄った重心は気になるものの、別に距離こなしてほしいわけでもないからノーカウント。
「口向きの質を高いレベルで求めている」というコメントもいいよね。このレベルまで求められて、しかも求めているのが名手・佐々木厩舎長。

母父リローンチのディープが本当に当たるのか読めない部分ではあるものの、まあ全体構成だけ見れば最近の傾向に近い。ちなみにこの馬は高章と呼ぼうかと思っている。理由は血統表を見て察してほしい。

確かに、馬のシルエットか池江師がワールドエースに勝るとも劣らないと言う気持ちは分かるな。

狙いはね、夢は大きく、毎日杯。




2位父ハーツクライ、母チェリーコレクト

たぶん98%がそう思っているだろうけれど、最初に馬名見た時にワープアと勘違いするよね。2、3回間違えて、ワープア 馬、で検索してしまった。

正直ハーツ×オラトリオで母系がニジンスキークロスなのは不安ではあるものの、サリナスも母系は重厚。このあたりのハーツが2歳のこの時期に調教で動けている点を評価したい。ホーリームーン姉妹の子だと、エカテリンブルクよりこちらのほうが配合上走りそうな感はある。

調教もやるほどに良くなってきた。CWで5F68秒台後半、1F12秒台後半を馬なりで、ムスコローソとやれるなら十分。ゴルコンダではなくこちらにルメールを配してきたあたりも好感。あとは実戦で脚が使えるかどうかですね。

目標はやはりPOGだしね、東京2400mで輝いてほしいよね。ゆりかもめ賞1着。




3位父ロードカナロア、母グランデアモーレ

芦毛ってかわいいけれど見栄えという意味では難しいですよね。
悪い意味というわけではなく、皮膚感やら筋肉の付き方やら、いい悪いは分かっても、とてもいいか普通にいいかを見かけで判別するのは難しい。

この馬はキャロットのカタログでいいなと思っていた馬。前から見ずとも幅のある筋肉をつけていることは分かるレベル。血統も、グレイトフィーヴァーにネオユニという、表現するとダラっとした配合にロードカナロアみたいな種牡馬をぶつけることは得策だと思う。

すでに入厩まで進んで、この一族としてはデビューはかなり早め。アーデントやらシャルールやら、一族的に仕上がりの早い馬は走りやすい。

もう少し遅めの順位での指名も考えていたものの、どれくらいの人気になるのか読めず、かつロードカナロア枠で他の団体で指名した馬との兼ね合いもあり、ここでの指名。「この順位で良かった」そう思わせるくらい走ってほしい。

こぶし賞かつばき賞狙い。




4位父ハーツクライ、母ムーンライトダンス

これは指名する予定なかったんだけどな…
1位はまあ置いておいて、3位でグランデアモーレにいった分、少し本格派を取っておきたかった。
ハーツクライでカルディーンとか、ディープだとカンビーナあたりも考えたものの、もう少し距離持ちそうな馬が欲しかったし、こちらに。

やっぱり、馬主は正義だと思う。ジャスティスだよね。
逆に言えば、それくらいしか理由もない。
佐藤、ダンジグ持ちのハーツ、本当に好きね。

馬名にデンマーク語を使う人、初めて見たかも分からない。

狙いはゆきやなぎ賞。



5位父キングカメハメハ、母アディクティド

この馬が欲しかった。
事前の読みだと4位まで消えそうだったものの、流れを見て5位でも行けると判断し、1つ遅らせここに。
去年のアガラス枠。

馬体もいいし、配合もキンカメ×ドイツ血統の黄金パターン。まあクルーガーがいますしね。
アディクティドを活かすにはハーツクライの牝馬では良くないよねって話。

調教もこれからもっと良くなりそう。期待値込みで楽しみ。
馬名もいいよね。サクセッション!って感じで。

狙いはセントポーリア賞。




6位父ジャスタウェイ、母エリドゥバビロン

リビエール2匹目のドジョウ狙い。
セール→Gリビエール&矢野英厩舎はジェネラーレウーノと同じ。

エリドゥバビロンというのは難しい繁殖。
配合上ハーツクライと相性がいい。アドマイヤアルバはまあ兄弟の中でも走るよなと。
問題はこちらがジャスタウェイである点。ワイルドアゲインを挟んでどうか。

兄貴のサトノマサムネも調教はめちゃんこ動いて、実戦はワンペース。
ダート血統を入れ過ぎるとまずい可能性もあるよね。

いいほうに転がればジェネラーレウーノ、悪いほうに転がれば…
まあ長い目で見ていこう。デビュー予定が出ているのはいい。
Gリビエールの5文字の馬名は走るって俺が言ってた(参考例エタリオウのみ)




7位父エピファネイア、母アロマティコ

ここまで見てお気づきの方はいるでしょうが、そうなんですよね、牝馬がいないんですよね。
上位で指名したい牝馬も少なく、かといって指名しないのもなんだか申し訳なく?思い、アロマティコを。

お母さん、いい馬でしたよね。
エピファネイアはキングマンボが合うと思う、という予測があって、それに基づき指名。調教も動きはいい。

ネックは気性。一族的におとなしくはない。そこにエピファネイア。
何も1400でデビューさせなくても…とは感じるものの、ルメール確保するならここしか空いていなかった&確保するレベルと考えれば悪くないか。

初戦から負けてもいいから、折り合いだけつけてレースを覚えてほしい。

目標は春菜賞。毎年春菜賞目標の馬指名してる気がする。




8位父ディープインパクト、母ライトニングパール

これは指名する予定がなかった。
9、10位は事前に何指名するか決めていたから、あとはもう牝馬でどれを選ぶかというところ。

母ワイルドラズベリーというプランもあった。ただすでに他団体で2度指名している。
ディープが足りないと思い、リストに残ったディープ牝馬は…これだけだった。

寺田社長×中内田厩舎というパターン、そして3月末で1F14秒台を出せる脚力を評価。
430キロがそうね、20キロくらいは増えてデビューしてほしい。飼い食いいいなら、サイズ的にいけそう。

特に指名する気がなかっただけに、書くことがない。

目標…紅梅S3着




9位父American Pharoah、母Jeweliana

ファシグティプトンフロリダで吉田勝己社長が77万5000ドルで落札。1F10.0。近親に重賞勝ち馬がチラホラ。

弾むようなフットワーク、ブレない体幹、下がる重心、言うことない。よくこの値段で買えた。
過去のトレーニングセール組の馬で誰と似ているか…というとすぐ出てこないものの、馬のレベルだけならここ5年くらいではトップクラス。
アメリカンファラオといえど、芝向きかもなぁ。ラインの細い馬が多いね、この父は。

間違いなく今年のトレーニングセールで一番良かった。問題はここから。去年一番良かったパイオニアバローズがノド鳴りだったように、ここ最近のノーザン×トレーニングのノド鳴りは多い。

デビューは10月東京ならラッキー。11月、12月ならまあそうだよね感。値段が値段だし、バローズではないかもしれませんね。

目標…東京新馬で除外にならないこと




10位父Carpe Diem、母Brampton

ファシグティプトンフロリダで吉田勝己社長が65万ドルで落札。1F10.2。BCクラシック馬アクラレートと同族。

この系統らしい栗毛の筋肉質な身体付き。それでいてフットワークに伸びがある。これもいい馬だと思う。ダートの中距離、芝も行けるかも。

カルペディエムはOBSマーチセールで落札された時から見ている馬。
今でも覚えている。ものすごい筋肉量で、2歳とは思えない体付きだった。

さすがに父親と比べたら物足りない(それはそう)けれど、この馬もなかなかのレベル。
9位までダートダートしている馬を指名しなかったのも、この馬がいたから。
これ先に指名されていたら、指名するダート馬がパイクーニャンとかになっていた。危ない。

目標…ヒヤシンスS出走



今週末は本番POG第2弾。
うまくいくといいですね。
posted by cris at 00:19| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

#36 宝塚記念2018〜特殊な大レース、武器になる実績〜



はるー!


今週もやってきました、内ラチの上を走れ!の時間です。


先週の函館スプリントは◎ワンスインナムーン…


にしたものの、ライトフェアリーが外枠にいたりと、あまりいい枠ではなく…。


ユニコーンSがエングローサーだっただけに、そちらにしておけば良かったですね…


後悔しても仕方ないのですが。




さて、今週の予想レースは宝塚記念


特殊な適性が求められるレースですね。


このレースを血統やラップから分析し、妙味ある馬を推奨していこうと思います。





#36 宝塚記念2018〜特殊な大レース、武器になる実績〜










今週も内容はなかなか充実していますので、ぜひ、この番組を拡散していただけると助かります。





こういうランキングに参加するようになりました。


最強競馬ブログランキングへ
posted by cris at 23:43| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

#35 函館スプリントS2018〜傾向変化?速い時計で強いアノ血統〜




はるー!


今週もやってきました、内ラチの上を走れ!の時間です。


先週の東京ダービー、◎に指名したのはクリスタルシルバー。


完璧な競馬を見せてくれたんですけどね…


もうあれ以上ない内容、しかしあれ以上を期待してしまう内容。


競馬って難しいですね。





さて、今週の予想レースは函館スプリントステークス


ここ数年、時計の傾向が変わってきたレースですね。


このレースを血統やラップから分析し、妙味ある馬を推奨していこうと思います。





#35 函館スプリントS2018〜傾向変化?速い時計で強いアノ血統〜










今週も内容はなかなか充実していますので、ぜひ、この番組を拡散していただけると助かります。





こういうランキングに参加するようになりました。


最強競馬ブログランキングへ
posted by cris at 18:06| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする