2017年11月20日

ジャパンC2017・外国馬分析!


はるー!


今週も内ラチの上を走れ!を公開しちゃいます!

しかも今週はジャパンCスペシャルということで2本立て!


まずは、


ジャパンC2017・外国馬分析!〜馴染みの薄い外国馬4頭を、血統やローテから一挙紹介!〜





アイダホ、ブームタイム、イキートス、ギニョール…


今年は4頭出走する外国馬。


あまり情報もなく、そもそもどんな馬なの…?


そう思っている方もいるかもしれません。


そこで今回、予想動画の他にもう1本、外国馬紹介の動画を製作してみました。


明日使える話から、明日使えない話まで盛り込んだつもりです。


これを見ればジャパンカップがより一層楽しく見れ…


るかもしれません…


ただ、トリビアに関しては明日使えなくても週末使えるかもしれません。ご使用は計画的にお願いします。




ジャパンカップ予想動画に関してはまた明日更新します!


お楽しみに!



そういえば最近こういうランキングに参加するようになりました。


最強競馬ブログランキングへ
posted by cris at 16:51| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

内ラチの上を走れ!#3 秋季繁殖馬セール2017


はるー!


内ラチの上を走れ!#3が完成いたしましたので公開させていただきます!



内ラチの上を走れ!#3 秋季繁殖馬セール2017〜そう言われれば見たことない、セールのウラ側〜

https://www.youtube.com/watch?v=0ne6HtEI3RU&feature=youtu.be



あれ?#2終了時に「次はジャパンカップで〜」って言ってなかった?


と思ったそこのあなた!


急遽予定を変更しました。


特に深い理由はございません。



競走馬セールといえばセレクトセールが有名ですが、今回訪れたのは(株)ジェイエスが主催する秋期繁殖馬セール。


内ラチの上を走れ!、初のロケ物がマイナーな存在の繁殖馬セールになるあたり、なんと言いますか、自分らしいなと思います。



基本競走馬セールや、繁殖馬セール、観に行かないじゃないですか?行ってどうするという話でもあり。

だからこそ、このような知らない世界を観ていただき、少しでも明日使えない知識を増やしていただけたらな…という思いから、#3は誕生しました。


なんだかんだ私もセレクトセールは毎年行かせていただいていますが、繁殖馬セールは初めて。勉強になることが多かったです。



これまでの2回の予想回とはまたちょっとテイストが違いますが、皆さまに楽しんでいただけると幸いです。

今後も様々な「え?そこに行くの?」みたいな場所に行く予定ですので、今後ともよろしくお願いいたします。



最強競馬ブログランキングへ
posted by cris at 19:21| Comment(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

後記〜縁あるモズカッチャンがG1を勝った話


人の縁とは不思議なもので、今までも不思議な縁だなぁと思う出来事は何回かあった。


今からもう6年半前か、うまカレを作ろうって話になったのは。


あまり書いたことがないかもしれないけど、うまカレは元々、大学の同級生に資格を200個持っているというとんでもない男がいて、なんでかその彼と繋がって、そこから話が始まった。

なんで繋がったのかは覚えてない。昨夜の晩飯のメニューも覚えてないやつが覚えているわけがないのである。


資格200個持ってるだけあって、色々な方面に人脈があったんだよね。
で、紹介された方と、うまカレの原型である全国の大学生競馬サークルを作ってみるか、という話になって、トントン拍子に話が進んで、うまカレができることになった。



まあこれもね、もう8年以上の付き合いになるうまカレ元副代表Mと知り合わなかったら為し得なかったことだし、人の縁とは不思議なものだといつも感じていること。


思えばMがダイワスカーレットのフェブラリーSを観に行くという判断をしなければ、知り合うことがあったか…もしれないけど、少なくともうまカレを一緒に作るほど仲良くなったかは疑問。違う大学に入ったからこその縁、巡り合わせだったと思う。



うまカレの発足直前に発生したのが、3.11 東日本大震災

この震災の影響で、とある場所にいるビッグゴールドを訪ねた時、震災による被災馬、避難馬の存在を知った。あの時の光景も忘れられないし、ビッグゴールドを自ら引き取る熱い皆さんと知り合うこともできた。未だに交流がある。
これもまた不思議な縁。



何よりこの大震災はうまカレのターニングポイントになったと思う。



当初、震災がなければうまカレの発足イベントは高松宮記念の日だった。

震災が発生した影響で、発足イベントは延期。翌月の皐月賞の日に開催の運びになった。



延期した影響で、翌月、皐月賞前日のうまカレ発足イベントに、大学に入学したばかりの1年生も来てくれた。


それが今、関西競馬エイトで活躍中の若手トラックマン、鈴木ショータ @SS_Meiji


不思議な縁だよね。ショータに前聞いた気がするけど、もしうまカレ発足イベントが予定通り高松宮記念前日だったら、来ていたか分からないと言っていた。


ショータはその後うまカレの3代目の代表となる。ここでショータと繋がりができて、今、俺は競馬ライターを、ショータはトラックマンやっているあたり、人生はよく分からない。




ショータが代表だったうまカレ3代目世代に、途中から入ってきた男がいる。

今も信頼の置ける後輩の一人だけど、彼の高校時代の同級生が、モズカッチャンの担当である古川秀太助手。

実に不思議な縁があったものだ。


ショータに紹介してもらい、初めてモズカッチャンの取材に行ったのがローズSの翌週。

前の仕事などで栗東に取材に行ったことはあるけど、競馬ライターとして栗東に取材に行ったのはこれが初めて。違った感覚だったから、これはショータや後輩たちの繋がりに助けられた。


鮫島一歩厩舎は本当に取材していて落ち着く厩舎で、じっくり話が聞ける。

古川助手は何でも答えてくれた。本当にありがたかった。

そして彼の言葉の1つ1つに、担当馬モズカッチャンへの愛情がこもっていた。


春の快進撃支えたルーキー助手と秋の逆襲へ モズカッチャン
https://www.keibalab.jp/column/interview/1670/


依頼を受けて書いたのがこれ。


モズカッチャンって男の子っぽい名前じゃないですか。

だから、あえて馬の性格や仕草など日常部分まで聞いて、よりモズカッチャンの女の子っぽい一面、かわいさを強調した内容に。

リンゴが好きとか、ツンデレとか、そういう普段出てこない部分をより前面に出した。



そして臨んだ秋華賞では落鉄もあり3着。



その4日後にまた栗東に行って、鮫島厩舎のモズカッチャンを訪ねた。

この記事の影響か分からないけど、パドックで「カッチャン!」と愛称で呼ばれることがあったらしい。

嬉しかったね。なんだかこう1人でもファンが増えれば…と願いながら書いたものだったし、女性ファンが増えたようで、安堵感というか、それに似たようなものがあった。



古川助手と色々話した。

話すたびに思う。本当にこの人、モズカッチャンをかわいがってる。

ツンデレカッチャンも、古川助手には甘えるんだよな、これが。顔をすり寄せたりして、本当に微笑ましい光景。

古川助手はまだトレセンに入って半年ちょっと。担当馬初勝利も、担当馬重賞初勝利もモズカッチャン。

このフレッシュコンビにG1を勝ってほしいと、自然と思ったよね。



「秋華賞の内容から改めてG1勝つ力があると確信しましたし、レース後の状態も悪くないです。更に上の状態に持って行けると思います。エリザベス女王杯が本当に楽しみです!」
と古川助手は笑顔で話してくれた。



そして今日。



モズカッチャンが完璧な立ち回りで、エリサべス女王杯を制した。


本当に嬉しかったね。月並みな表現だけど、嬉しい以上にあの感情を表現する言葉がない。


トレセン入って9ヶ月でG1を制する、相当異例のこと。新記録とかではなかろうか。

でも古川助手がひたすら愛情かけてモズカッチャンの世話をしていたのを、ほんの少しだけど見てきているし、この結果は、このコンビが一つ一つ積み重ねたモノが生んだ勝利だったと思う。




ウイニングランをするモズカッチャンを出迎える、満面の笑みの古川助手が、東京競馬場のモニターに映る。

それを見てこちらが泣きそうになった。

いかんね、歳を重ねると(そんなにまだ重ねてないけど)涙腺が緩くなるってこれ本当だわ。



この喜びは、モズカッチャンとこうして繋がりができなかったらありえなかったもの。


そしてこの繋がりを作ってくれたのは、ショータを始めとするうまカレの後輩たち。


改めて、後輩たちに感謝したい。こんな場なのが申し訳ないけど、ありがとう。本当に。





今、うまカレの後輩たちが競馬業界に多数入ってきている。

競馬場で取材していると、しょっちゅう後輩たちに会う。


将来、何年後になるか分からないけど、またうまカレでできた縁から、不思議な繋がりが生まれて、感動的な出来事に遭遇するかもしれない。

その時はまた、不思議な人の縁に感謝すると共に、後輩たちに感謝したい。


改めて、人との縁の重要性について感じる、そんな秋の1日だった。




最強競馬ブログランキングへ
posted by cris at 23:22| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする