2018年04月24日

#28 天皇賞・春2018〜大混戦!狙うは成長著しいあの穴馬!〜



はるー!


今週もやってきました、内ラチの上を走れ!の時間です。


大阪杯◎ペルシアンナイト以降、桜花賞◎マウレアが痛恨の外枠など2週間どうも運が向かなかった内ラチの上を走れ。


先週のフローラSでは番組で◎にしたパイオニアバイオがなんと8枠。

頭を抱えて落ち込んでいたところ、鞍上のハイパー好騎乗で2着。
単勝13番人気、90.4倍。正直僕もビックリしました。

ずっと石橋さんが褒めていた馬。石橋さんのジャッジの正しさにも改めて感服したところです。





さて、再び上り調子になったところで、今週の予想レースは天皇賞・春


キタサンブラックの引退もあり、やや低調なメンバーでの大混戦。そんな難解なこのレースを、また様々な角度から考えていっています。


いかにも枠順が重要になってきそうなメンバーですね(フローラSを思い出しながら)





#28 天皇賞・春2018〜大混戦!狙うは成長著しいあの穴馬!〜








今週も内容はなかなか充実していますので、ぜひ、この番組を拡散していただけると助かります。





こういうランキングに参加するようになりました。


最強競馬ブログランキングへ
posted by cris at 18:04| Comment(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

#27 フローラS2018〜スロー必至の混戦!?スローだからこそいい血統〜



はるー!


今週もやってきました、内ラチの上を走れ!の時間です。


フェブラリーS◎インカンテーション、高松宮記念◎レッツゴードンキ、大阪杯◎ペルシアンナイトと好調が続いていた内ラチの上を走れ。

桜花賞は◎マウレアが痛恨の外枠で5着。

そして先週の皐月賞はタイムフライヤーを重視馬に挙げたものの、枠が一番望んでいなかった最内であったこと、ちょっと状態に関して不穏な話を聞いてしまったことから、◎はジャンダルムに。

と思ったら、ジャンダルムが痛恨の出遅れ。
ユタカさんも帰ってきて第一声が「痛恨でした…」だったように、ゲートが全てでしたね。


というのも、3、4コーナーで早めに動いた馬から垂れる、そんな厳しい馬場だったことが大きかった。

そして前に飛ばした3頭がいて、離れた4番手で実質ハナだったのがエポカドーロ。その後ろの皆様はエポカドーロが動かない限り動けない。
その後ろは3コーナーから動かざるを得ず、そうすると切れ味が削がれる悪循環。
冬の大井競馬を見ているかのようなレースでしたね。

流れが速くても後ろが届きにくい、珍しいパターンのレース。
競馬が複数頭でやる意味、難しさを改めて感じるレースだったと思います。





さて、今週の予想レースはフローラS


オークストライアルで毎年難解なレースになりやすいこの重賞を、また様々な角度から考えていっています。


今年はスロー確実とも言えそうなくらい逃げ馬不在のメンバー。
今までにない特殊なレースになる可能性もゼロではなく、考えられるパターンは多そうですね。





#27 フローラS2018〜スロー必至の混戦!?スローだからこそいい血統〜







今週も内容はなかなか充実していますので、ぜひ、この番組を拡散していただけると助かります。

今週は当たるといいですね。




こういうランキングに参加するようになりました。


最強競馬ブログランキングへ
posted by cris at 18:01| Comment(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

#26 皐月賞2018〜今年のメンバーだからこそ狙えるアノ馬!〜



はるー!


今週もやってきました、好調続く内ラチの上を走れ!の時間です。


フェブラリーS◎インカンテーションを皮切りに、次々と的中を重ねる内ラチの上を走れ!。
春のG1も高松宮記念◎レッツゴードンキが完璧な競馬をしてくれて、2着。大阪杯は6番人気◎ペルシアンナイトが見事2着。

そして迎えた先週の桜花賞は◎マウレアが5着。
4着かと思ったら、画面に急に現れた赤いメンコ。
そうですね、天才の登場です。
あの形から4着を取れる人がいるとは…さすが匠。


マウレアに関して言えば、最後までネックだったのが外枠。
桜花賞自体は外有利のレースとはいえ、マウレアという馬は両サイドに馬がいるか、外側に馬がいる形のほうがいいタイプ。

そんな馬が17番はさすがに外過ぎる…というネックを最後まで解消できず。
外外を回って、最後は甘くなってしまいましたね。
10番くらいであればリリーノーブルと競り合いになっていたのではないでしょうか。

ただ今回自分の競馬をさせてもらえなかったことで、オークスでは条件次第で楽しみになってきましたね。





さて、今週の予想レースは皐月賞


牡馬クラシック一冠目を血統やラップから考察。ダノンプレミアムはいなくなりましたが、今年のメンバー構成だからこそ狙える馬を紹介していきます。


この血統が来る年は1つの共通点があるんですよね。
ここ3年の勝ち時計がほぼ同じだからといって、よく見ると傾向が違ったり、天候や馬場次第で傾向が変わるこのレース。今年はそれなりに楽しみです。





#26 皐月賞2018〜今年のメンバーだからこそ狙えるアノ馬!〜







今週も内容はなかなか充実していますので、ぜひ、この番組を拡散していただけると助かります。

今週も当たるといいですね。




こういうランキングに参加するようになりました。


最強競馬ブログランキングへ
posted by cris at 18:04| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする