2017年08月06日

欧州見聞録1日目〜北京は広いよどこまでも〜


7月21日早朝。


公私共々お世話になっている先輩夫妻のお宅に泊まった無職、羽田へ。


ロンマー.JPG


同じく無職、寂しそうな顔だ。。また会おうな。


朝の羽田。めちゃ混み。

出国審査を緩くパス。
日本大丈夫か、こういう奴を簡単に外に出さないために出国審査があるのではないのか。


そんな感じで無職は一路、熱海へ。


今回はフランス直行ではなく、北京で乗り換え。乗り換え時間は2時間。まあ短めだけど問題はないレベル。
逆の意味で問題があったことに、まだこの時点では気付いていない。


北京空港1.jpg

北京空港着。空がいかにも中国感ある。
時間をロスする沖止め。

羽田で買ったアクエリアスとコーヒーを没収される。
まだ飲んでもいない。280円無駄にする。5マス戻る。


北京空港2.JPG


北京空港は広い。ターミナルEだけでも端から端まで40分以上かかるとか、空港かな。
ここでパリ行きの便の搭乗口を確認。どれ…13時30出発…
出発時刻未定

マジか


一気に北京でヒマになる無職。

とりあえず北京空港を探索。


北京空港3.JPG


給水スペースのコップ。
下がとがっている。
とんがりコーンに形が近い。
どこに置くことを想定して作られたものだか、俺にはよく分からん。


トイレが綺麗だった。意外。
メーカーはTOTO。さすがTOTO先生。


hjmy.jpg


売店眺めてたら、中国らしくパンダのぬいぐるみが並ぶ中、どさくさに紛れてくまモンのぬいぐるみが売ってある。
実に中国である。


ターミナルの時計、よく見ると9時20分と書いてある。現在11時50分。
空港の時計が間違ってるとか、そんなのアリ?
国内に時差ある国だとこうなるのかな(ならない)
実に中国である。


北京空港4.JPG


やることがなさ過ぎて、急遽北京空港で依頼されていた原稿を書く。
ネットが繋がらない。実に不便だ。


結局飛行機は15時半出発となり、ゲートに移動。
現地の修学旅行生らしき一団と待合所が被る。
大変うるさい。
実に中国感ある。


さて、いざフランスへ。
離陸前の安全確認VTR、主人公がパンダ。さすが中国国際航空。
主人公のパンダ、緊急時に落ちてくる酸素マスクに手が短くて届いてないのが一番笑った。

日本から持ってきたジャンプ読んだり、機内映画でラッシュアワー1観たりしながら、なんやかんややってたら、
熱海到着
パリ到着


パリ1.JPG


仏!


シャルルドゴール空港の中の、血管のようなエスカレーターたちを越え、空港脱出。
脱出してすぐにバス発見。ラッキー。
今回の旅はこういうラッキーの連続だった。


ホテルはパリ・リヨン駅の近く。
どこの競馬場も電車で1本で行ける、日本で言う南浦和のような場所。


パリ2.JPG


パリの南浦和駅。と言われる、パリ・リヨン駅。

これが駅とか言われてもね、困っちゃうよね。


ホテルは冷房なしと聞いていた。冷房がある。
テレビなしと聞いていた。テレビがある。
快適である。


パリ3.JPG


よく分からなかったのは1部屋に枕4つ、クッション2つあったこと。
そういう国なのかな。


閉店間際のスーパーに駆け込み、夕食をゲット。
ヨーグルトやチーズのコーナーが異様に広い。本当に広い。
フランスらしい。


客は2人。店員はヒマなのかずっとスマホを見てる。緩い。てかスーパーなのに、いる店員が1人。どういう世界だ。


スーパー前の広場で子どもたちが遊んでいる。
現地時間午後10時である。
外はまだ明るいとはいえ、これがヨーロッパか…

と、すでに文化の違いを感じながら、1日目が終わっていった。


テレビ付けたら、やってたニュースは『ネイマール移籍か』でした。
ですよね。
posted by cris at 20:00| Comment(0) | 海外見聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月6日のお馬ちゃん


土曜の国営はまあまあ。
◎4が10回あったけど、それなりに◎3も多かったりと、いい感じで◎で3.5着を狙えてたと思う。

ところどころラッキーもあったものの、ヨーロッパで一度まっさらな気分で競馬した分、新鮮な発想も少しはできていた感。こういう流れのまま頑張りたい。
ピスカデーラとドリームドルチェ、あとサンブリリアント、よく頑張りました。



そんな感じで日曜。小倉は雨っぽいですね。
馬場に対する思考も変えつつ、





日曜国営





レパードステークス
◎トラネコ
〇エピカリス
▲タガノディグオ、テンザワールド
△ローズプリンスダム、タガノカトレア、スターストラック、テイエムアンムート、ブライトンロック、ハルクンノテソーロ

レパードSと言えばボールドルーラー系が強いことでお馴染み。
それはつまり平坦小回りでテンが速くなって、アメリカ競馬的な質が求められるから。
そういう質のレースにエピカリスがいる。エピカリスが前を掃除してくれれば、スタミナ血統の差し馬が展開に恵まれるのでは、という読みで、◎はスズカマンボ産駒トラネコ。

濃尾特別は物理的に届かないレースだった。
ユニコーンみたいにマイルで締まるレースだと忙しい。ユニコーンよりテンが2秒以上遅い3走前の東京マイルで間に合っているように、本質は1周向きでは。
そこまで強い馬ではないけど、悪い馬でもない。間に合うといいですね。


エピカリスはまあ身体はある程度できてるだろうけど、遠征帰りで自分が前潰す係になるのはなかなか厳しいよね。絶対勝つか?というとそこに絶対はなさそう。
タガノディグオは鞍上が鞍上だけに、新潟で外外回して、展開に恵まれたのに盛大に遅刻というパターンがありそうで怖い。

一発あるならテイエムアンムートかブライトンロックだと思うけど、ブライトンはせめてどこか使ってから出てきて欲しかった。




小倉記念
◎フェルメッツァ
▲ヴォージュ、ベルーフ
△タツゴウゲキ、サンマルティン、シャドウパーティー、ストロングタイタン、ケイティープライド、バンドワゴン

どこまで雨が降るかによるかな。
フェルメッツァはまあトニービンを意識したのもあるけど、七夕賞みたいにテンが速いレースだと、逆に追走に忙しくて余計に反応が鈍くなるのかもしれない。
今回は持続力が試される小倉2000。まだこういうコースのほうがスムーズに行く可能性を考慮した。

ヴォージュは雨は問題ない。位置次第か。前走七夕賞はハイペースの被害者。
ベルーフのここ2走は半周の1800で合わなそうなペース。一周替わりはいい。ここ2年連続2着の馬に◎打つのも味気ないから◎にはせず。

ストロングタイタンは雨が結構降るとよろしくない。そこまで強くないだけに、あまりマイナス材料は増えてほしくないのでは。

昔はニホンピロキースだの、ダンスアジョイだの、ニホンピロレガーロだの、リクエストソングだの、得意レースだったんだけどなぁ…
なんかもうそういうレースじゃなくなりつつある。




UHB賞
◎イッテツ

滞在向きの気性。
前はすぐに燃え上がる系男子だったけど、最近馬が変わってきた。成長を感じる。
昔のイッテツだったら、前走みたいに差しに回してホイホイができなかった。
今のイッテツなら、この枠でも。

ヒルノデイバローがどういうレースしてくるか読めないから困る。





その他のお馬ちゃん





札幌1レース
◎バリエンテ

1200使ったここ2走はレースが終わるころに伸びてきた。短いね、1200。
テンを考えると、延長して持ち味がいきそう。
血統的にも札幌1500向き。

迷ったのはナムラファラー。これは短縮良さそうなんだよなぁ。


小倉2レース
◎メイトサン

人気ですけどね。
なんでか去勢したらテンが速くなってた。
それがどういうメカニズムなのかは知らないけど、短縮は良さそう。


新潟4レース
◎エンジェルドンキ

なかなかいい馬。未勝利だけど。
この一族にディープの牝馬らしく、線が細い。パワー不足。春先はそれが大きく出ていたところがあった。
今回は一息入れて、新潟に短縮。土曜の新潟はかなり上がりが速かったように、スローの時のラストの負荷が緩い。そういう馬場は向いているのでは。
もっとやれていい運動神経はあると思う。


新潟7レース
◎トゥルーラヴキッス

前走外枠なのに砂被って嫌がってた。スモークンフローリックだからね、仕方ないね。
初戦は内枠だったものの、負荷が緩かったし、実際は外枠向きなのでは。
今回は去勢明け2戦目。ルメール替わりで外枠延長。これでどうでしょうね。


小倉8レース
◎ジオラマ

フィールドセンスと迷った。
あまり内枠に入りたくない方々が内枠に入ったし、外枠はそれだけで有利感はある。
ジオラマは今回短縮。本質的に1700以下の馬だと思う。
あとはポジション取れれば。


札幌9レース
◎マイネルクラフト

先行する方々がワーって行って、それを中盤捲る方々がワーってやって、最後まで待ってたマイネルクラフトあたりがワーって来る想定。
語彙力の無さが深刻。

まったく関係ないけど、中国国際航空、機内ムービーのパッケージにラッシュアワー3って書いてあるのに、開くと中身はラッシュアワー1なの、本当にやめてほしい。


新潟10レース驀進特別
◎リュウツバメ

半周マイルで1秒差だった前走はかなり走ってるほうだと思う。
2走前は2階級格上挑戦。ノーカウント。
現級の直千で大外でしょう?条件は圧倒的好転。
調教がちょっと物足りないかな。まあそこがどうか。


札幌10レース大倉山特別
◎トウケイワラウカド

先行勢をスウィフトレイドが潰して、それについていったトウケイワラウカドごっつぁんレース作戦。
問題はスウィフトレイドも一緒に樺太方面に飛ぶ可能性があることだ。
前全潰しからのワイドリーザワンという手も考えた。ちょっと内枠過ぎる。

ショートストーリーにノリちゃん、そういう発想嫌いじゃないけど、ノリちゃんテン乗りで内枠とか、どう乗ってくるのかまったく分かんない。
せめてモハメド殿下に怒られない程度の騎乗であってほしい。


新潟最終
◎カイマノア

最近の気性見てると、前より短縮が効く馬になってきた感。
内枠だとレースが難しくなるタイプ。外枠短縮は好感。
2走前に東京1300である程度のポジションが取れたように、1200に対応できるスピード自体はありそう。


札幌最終藻岩山特別
◎トレクァルティスタ

シングンジョーカーと迷った。
ほっといても差し競馬になりそう。でも柴山はほっといたら差し競馬でも4着になりそう。
函館より札幌のほうがいいと思うし、無難に乗ってください。

藻岩山特別、早く芝1500に戻らないかな…
大倉山特別は早く牝馬限定の芝1800に戻ってくれ。
posted by cris at 06:51| Comment(1) | 週末の国営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

8月5日のお馬ちゃん


日本に戻ってきました。

ヒースローで荷物検査に引っ掛かり、北京でお茶を何らかの薬物と間違われ、機内に閉じ込められたりする楽しいエピソードを経て、ロンドンから帰ってきました。


正直ここまで素晴らしい経験をさせてもらえるとは思わず。個人の勉強のレベルを超えてた感。
勉強になるどころか、競馬観を変えられるくらいの渡欧。
あとは今回の経験をどう活かすか、でしょう。
珍道中の模様はのんびり更新していくつもりです。


さて、国営。
2週間サボっただけでだいぶ競馬が難しくなった感。
毎日積み重ねないとダメ、本当にそう思う。


馬場を測りつつ、





土曜国営





札幌日経オープン
◎シルクドリーマー

まず最初に思ったのは、プレストウィックが最内でティータンとか大丈夫?という点。嫌な予感がする。
そんなこと言ったらシルクドリーマーがコーナー6つで柴山なのも相当嫌な予感がするんだけどね。
相当センスのなさそうな位置に付けて、何事もなく競馬終わって掲示板の下のほうとかありそう。



ダリア賞
◎スプリングマン

いい運動神経してる。
緒戦は相手が悪かった。昇級もこの相手なら問題はなさそう。





その他のお馬ちゃん





札幌1レース
◎パスポート

パッと見ダート替わりがプラスに働きそうな血統だし、調教も悪くない。
あとは身体が小さい点がどうか。


新潟2レース
◎ウインファルコン

スピニングワールド持ちだし、気性的にも直線競馬は合いそうなんだよな。
幸いいい枠引いてきたし、内から被されなければ。

しかしミルファーム多い。独占禁止法に違反しそうなくらい多い。


小倉2レース
◎ミーティアトレイル

配合的に一周延長はプラス。
兄貴のジャイアントリープはコーナー4つのコースで内を捌かせていいタイプだった。
あとは気性が延長に耐えきれるかどうか。


札幌2レース
◎ペイシャオブワキア

ついにルメールとか乗せてきた。
それやれるならもっと早くやってよ…


小倉6レース
◎サイレントアスカ

人気サイドですけどね。血統と、そして見てる限りは短縮はいいんじゃないですか。


札幌8レース
◎ピスカデーラ

もっと走れていい馬。ここ2走は物足りないけど。
1800のほうが良かった気はするものの、洋芝のコーナー4つは合いそうだし、巧いこと内を捌きたい。


小倉10レース指宿特別
◎ナムラミラクル

ウォーターレスターと迷った。
ナムラミラクルは前走1800で逃げた後の短縮、悪くないと思う。
ただ今回は控えてほしい。逃げちゃダメよ。


札幌10レース十勝岳特別
◎コマノレジーナ

前走みたいにパワーを問われると分が悪い。
このクラスでも戦えるいい素質はあるけど、父が父だけに身体が小さい。
今回は札幌滞在で輸送なし。初戦から走れたように、気持ちも前向き、休み明けも良さそう。
惰性に外回したほうが良さそうな馬だし、そういう意味でも四位さんは手が合いそうに見える。


新潟メイン越後ステークス
◎ドリームドルチェ

2走前は出遅れで、前走は芝。準オープンの芝で1着と0.5秒差7着はなかなか頑張ってるのでは。
今回はダート替わりで、かつ新潟。
新潟の芝スタートがフィットしている馬。左回りのほうがスムーズな馬でもある。
この替わり方で足りるといいですね。


小倉最終
◎ボクノナオミ

ハーツジュニアとかと迷った。
ボクノナオミは気性的に前向き過ぎて一気に走るところがあるし、案外1000m短縮で何も考えさせずに走らせるくらいがちょうどいいのかもしれん。色々な意味で興味深い。
posted by cris at 03:15| Comment(1) | 週末の国営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

ニューマーケットからこんにちは


Hello!

と書くつもりが、Haloと書いたことがある、これ競馬ファンあるあるですよね?
え?ない?

いや別にあってもなくても、だからどうしたって話なんですけどね。


ということで今、イギリス・ニューマーケットでブログを更新しています。
お久しぶりです。ボンジュール。


たかが1週間とはいえ、フランスで簡単な会話に慣れつつある中からのイギリス。
ホテルのフロントで間違ってオールヴォワ!と言ってしまうあたり、気分はまだフランスですね。


本当は暇がある時にでもブログ更新できれば…と思っていたのですが、フランスのホテルのWi-Fiの調子が非常によろしくなく。
ニューマーケットに移動したら妙にWi-Fiの通りがいい。
ということで、何となくブログ更新です。


なんかニューマーケットで競馬のブログ更新、夢みたいな話ですね。


今回のお勉強の旅はまたまとめて、後日公開で。
2つくらいの記事でまとまると思っていたら、珍道中みたいな感じになったことで、1日1記事いけそうな状況に。


様々な人と出会い、様々な国の文化に触れ、そして競馬を観る…


この旅を始めるキッカケ、『自分の競馬観の破壊』がいい感じで進んでいるなと。

別に海外競馬が素晴らしい!日本は良くない!
と言っているわけではなくて、むしろ馬のレベルや技術面、ハード面で言えば日本は世界最高クラス。

フランスで競馬見て驚いた。馬のレベルが日本のほうが圧倒的に上。
海外の騎手はよくそれを言うけど、確かにそうだ。見て分かるレベルで日本が上。


でも海外の馬たちの精神的余裕ね。
これは日本にはない。日本には出せない気がする。
フラッシュ撮影にも驚かず、人の言うことを素直に聞く気性。
日本のサラブレッドとは本当に同じ生き物かな?


施設も圧倒的に日本が上だし、スタンドも日本のほうが広い。
シャンティイとかビックリしちゃうくらい狭い。


ただ、競馬の環境、文化での位置づけという面に関しては圧倒的に欧州が上。
競馬が歴史と文化の中に組み込まれてる。
ファンと騎手の関係とかうらやましくもなった。



そんな感じでフランスからイギリスへ。

図らずとも、近代競馬のルーツを辿る旅みたいになってきている。
あれだけ文化に競馬が溶け込んでいるフランスで、近代競馬発祥から200年。

近代競馬発祥からあと2年で400周年を迎える本場・イギリスはどうなのかなって。
ただ単純に楽しみだったよね。


ニューマーケットの世界的な調教場・ウォーレンヒルを見て思った。

スケールが違う。全然違う。

自分が知ってる競馬ではない。まったく知らない世界がそこにあった。


本や写真で知ってる、いや、知った気になってたことがぜーんぶ覆されるような光景。
圧倒的スケール。

本とか読んで知った気になってはいけないね、ホント。


英国の名馬たちがこの環境から生まれたのかと思うと、納得できるところがある。


そんな、英国の名馬たちがどういう環境で生まれてきたのか、これを今日から勉強。


英国の皆様の手厚い配慮のおかげで、なんかよく分からない流れになっているだけに、無事に日程をこなせることを願うばかり。


ようやく中間地点。自分の停滞する競馬観が覆る経験ができている。
より深く、より競馬を知りたい、ホント、それだけ。


さて、もう夜12時。明日は朝早く起きて、ウォーレンヒルに調教の見学。

ウォーレンヒルは夕方より晴れた朝が素晴らしいって言うし、ただただ楽しみ。


雨はやめようね。
posted by cris at 07:48| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

そんな感じでヨーロッパ


明日からヨーロッパに競馬の勉強しに行ってきます。





以下、余談。





自分の競馬観が、何というか停滞してるな、そう思い始めたのはそんなに最近のことではなくて、それこそ2年近く前くらいからずっと思い続けていたことだった。


競馬始めてそれなりの年月が経って、仕事も競馬関係になって、環境自体はどんどん恵まれていっている。
でも、自分の発想力は本当に上がっているのか、そして競馬力、と言っても色々あるだろうけど、自分が以前より競馬の知識が増えているのか、増やそうとしているのか、疑問に思うことが多々あった。


それなりの年月をかけてやっている割に、未だに知らないことが多過ぎる。
何度も北海道に行かせてもらって、それこそ主要な牧場、育成施設は全部見たけど、行くたびに自分の無知を感じる。

普段いかに机の上で、文字だけで知識を得ているかがよく分かる。
実際必要なのは、自分の足で巡って、自分の目で見て、自分で感じること。


もちろん牧場勤めとかをしているわけではないから、そういう現場的知識が足りないのはある程度しょうがない。
そのような現場的知識をよりつけるために、先日の北海道行きの時も、セレクトセール当歳展示で1頭1頭じっくり見せてもらった。
牧場関係者の方に話を聞いて、新しい知識を得て、より自分の競馬観が広がった感覚を受けた。

知識があるから予想が当たるわけでもない。競馬はそこが比例しないし。
ただ、知識があって損をすることもない。とにかく好きなことに関して、知らないことを1つでも減らしたい性格だったりもする。


北海道行くたびに思う。
自分の目で見ないと分からないことがこの世には多い。
そしてそれは競馬も例外ではない。
今の自分に足りていないのは現場を見る機会の少なさだと思う。

そして競馬をある程度の年月やってきたことで頭に染みついてしまっている『常識』。
常識になっていることが、実は常識ではない、これは競馬の世界においてそう珍しいことではない。


本当にそうなの?という話がネット上には溢れている。
一般論が、実際色々見聞きすると違うことはよくある。これはどの世界でもそうなんだろうけど。
実は様々な理由があることが、騎手が下手とかそういう1つの要素で片付けられるのはもったいないと思っていて、自分もそうならないよう常々現場を見て勉強していこうと思い続けてきた。


現場に行って、著名なホースマンに話を聞く機会も多かった。
岡田牧雄先生のおっしゃる『いい馬をたくさん見ることが大事』、これは実践している。


そんな中言われたのは、
『若いうちにヨーロッパで競馬を見てきたほうがいい』
『今、ヨーロッパに行くことに意味がある』
ということ。
某天才ジョッキーや某S台ファームの方々に言われたことね。
これが1年半前。ずっとこの言葉は頭の中にあった。



単純に、今より競馬が上手くなりたい。新しい競馬の世界を知りたい。新しい知識を得たい。今の自分の競馬観を壊したい。

だから実際ヨーロッパに行くことにした。


近代競馬において、イギリス、フランスは日本の4倍以上の歴史がある。
映像や写真でしか見たことない光景を実際に目で見て、空気を感じたい。

近代競馬発祥の地であるニューマーケットに行って、馬の勉強をする、これは1つの夢でもあった。


1つの例として、ヨーロッパから輸入されるマル外たちが、日本国内のレースで口を割って引っ掛かっていることはそう珍しくない。
フランケル産駒の短縮とか気性的にハマるし。

ヨーロッパのレースを見ていると、日本の馬ほど口を割っている馬がいない。
なんでこうなるのと。育った環境?人との距離感?人間の技術?

まあ色々あるんだろうけど、自分の中でそれを明確に説明する知識はまだないと思っているし、知らないことだらけの自分にある意味ショックを与えたいから、イギリスに行く。


馬を育てる仕事に就きたいわけではない。ただ、1つの国の競馬しか生で見ていないのに、競馬についてより知識や競馬観を広げられるかというと疑問なわけ。


さすがに半年とか1年とか、そこまで長い期間行くわけにはいかないものの、短期間でいいから『本場』を知っておきたい。S台ファームの方々の『今ヨーロッパに行くことに意味がある』という言葉の意味を知りに行ってきます。


そう決めてから2ヶ月ほど経ったけど、仕事関係先とかでは結構笑われることは多かった。
まあ確かに馬の勉強で乗る側として行くならまだしも、競馬の勉強は珍しい。


前の仕事の人脈や繋がり、そして英国の皆様のご厚意によって、自分が希望してた以上に素晴らしい環境を回れそう。

あとはその環境で、自分が何を学ぶか、何を感じるかでしょう。こればかりは行ってみないとどうなるかは分からない。
ただ英国、それこそ欧州競馬の中心の一つまで見せてもらえる機会なんて、人生でそうあるもんじゃない。
この貴重な機会を大事にして、自分の競馬観をぶっ壊して、日本に帰ってきたいところですね。




まずはフランス。滞在期間自体は一週間ほど。
ここで競馬場にいくつか行き、現地の専門家の方に話を聞く。
凱旋門賞の舞台も見ておかないとね。


そしてイギリス。
近代競馬発祥の地・ニューマーケットで、馬と人との距離感を見たい。

お世話になってる方に、ニューマーケットで調教助手をやってた方がいて、その方が『ニューマーケットではペットの犬とペットの猫と馬が同じ扱い』と聞いている。
どういう環境なんだそれ…

まるで想像できないから自分で観に行く。
400年前から競馬が開催されている街がどんなものなのか、実際に観る。

それからいい馬を多く見て、最後はキングジョージ。ここまでが1セット。



ちょうど欧州周遊中にホーム・大井開催があるものの、こればかりは仕方ないね。

フランスで買う。



毎日の南関、国営のブログ更新は少しの間止まりますが、欧州での出来事や感想などをまとめた記事はたぶん更新しますので、欧州でもアホなことやってるなぁと生暖かい目で見ていただければ幸いです。




ということで、ちょっと自分の競馬観をぶっ壊してきます。




まずは場所まで辿り着けるか…それが問題だ…
posted by cris at 20:47| Comment(7) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木曜の浦和


水曜の浦和はボチボチ。
火曜より狙いを穴方面に下げた分打率が低くなるのは仕方ないとして、マイネルハイネス4なぁ…
いや、知ってた…けど…決定的な差だけに何とも言えないものの、妙なモヤモヤ感がある。

あとはサウザンアイランドせっかく当たったのに3複半額になったのも痛かった。
ツイてない。。


『ビトクは4っぽいから◎ゴールドメンバー』的なこと書いたら、ビトクが馬券になって、ゴールドメンバーが4。何をやっているんだ俺は。
最終もダイバリュウジンにしておけばいいものを…。


メインは上位3頭の騎手が上手かった。
省吾はフォクスホール利用する手が最善だったと思うし、翼がノーミスだった分の2着。
ビーインラプチャーの騎手もやり方としては完璧だった。1、2着の騎手が完璧だった分の3着。


とりあえず、まずは◎4着を減らさねばならん。
減らす気があるのに、予想のやり方が変わらないのが問題。




そんな感じで浦和も最終日。
今日の更新をもって、『週末の国営』『今日の南関』は2週間ちょっとお休みします。
『その他』に関してはもしかしたら更新するかもしれません。

時間があれば『水曜の大井』などは簡易的な更新があるかもしれませんね。
そこらへんについては、次の記事で。

まずは痛い目に遭わない程度に、





木曜浦和





雲取山特別
◎スピーティーズ

ライムチェイサーやエンプレスダンスと迷った。買いたいのはこのあたり。
ライムチェイサーは国営時代外枠巧者だった。この枠がどうか。
エンプレスダンスはインを使うのが上手い馬だけど、その上手い時は大体繁田だった。そこがどうか。

スピーティーズにしたのは3択のミスのような気がする。
エドノエレーナがマコリンだし、マコリンが積極的に前にプレッシャー掛けるような展開なら。
コパノリクエストは随分競馬が難しくなりそうな枠を引いてきたな。




1レース新馬
◎ファシルマニエ

新馬で最低限仕上げる厩舎で、新馬で最低限走る血統。
最低限な着順が欲しい。

サンダーマックス、将軍家では結構速い部類に入る能試時計だな。


2レース新馬
◎へリックスブリッジ

工夫しないと単とかは厳しそう。
フツーにアルバリが勝っちゃいそうなメンバーではある。
ユングフラウヨシコの子か。ヨシコ、悪くない馬だったな。


3レース
◎キミコイシ

パチャマルと迷った。
ハナに行けた時のパチャマルがどこまで走れるのか見たい。
ただ◎はこっち。


4レース
◎ハイパーエンジェル

内がそんなに強くないし、枠の形は悪くないと思う。
ハイパーエンジェルが強いとは言わないものの、このメンバーなら。


5レース
◎リックバナード

チャンクミが800mにいる。
決意の800mだな。確かに速いけど、800mか…
ダイエーは外3とか中途半端な位置にいそうだから、◎はここで。


6レースツインサマー特別
◎ルデマレ

ガイディングスターあたりと迷った。
ルデマレはポジション次第。
あとは外がどこまでプレッシャー掛けてくるか。
しかしルデマレはよく交流戦に出てくるなぁ…

ハンディマンが力上位なんだろうけど、1周を走れるのかどうか、単純な疑問が湧いてくる。


7レース
◎サグラダファミリア

なんかまあ浦和らしいメンバーですね。
あまり力差のなさそうなメンバーだし、内を丁寧に回ってくれる騎手に◎。


8レース
◎マイネルラヴォーロ

にジョージとか、そういうことできるならもっと早くやろうよ…
明らかに時間を無駄にした感すらある。
まともな人が乗ればそれなりに走る馬。
そして前走1200短縮からの延長。これならポジション取れても。

エクセルレジェンドと迷った。まあそのあたり。
なんか内が渋滞しそうな枠の形だなぁ…


9レースちちぶのじかプロジェクト賞
◎トレジャーブースト

短縮はいいと思う。
外が内を締めてくるだろうから、その時のポジションが大事。
マスターリデル◎も考えたけど、鞍上がいかにも遅刻しそう。


10レースマルチヒーロー特別
◎ガロファノ

距離感は遠いものの、ガロファノはまだ一周の1400という条件をやったことがない。
こういう条件だとどうなるのか、ただ単純に興味ある。
アドミラルティをスプリングガールあたりがいじめにいく枠の形。
となると多少は展開向きそうだが。

あれ?ドライトウショウが埼玉県民になってる。


最終夏木立特別
◎アーススピード

2走前は川崎2000が合わず、前走はヤラズ。
何のためのヤラズだったかはよく分からないけど、まあそういう時もあるでしょう。
本来はもう1列前で競馬ができる馬。だったはず。
内のいいところに収まって、あとは流れに乗りたい。
posted by cris at 03:39| Comment(0) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

水曜の浦和


火曜の浦和はまあまあ。
スカレークインね。届けばいいなぁ感覚で見てたけど、まさか4コーナーで持ったまま回ってくるとは思わなかった。

本間、さすがにあからさま過ぎる気がしたぞ。
ザキパパ替わりはやはり意味があった。
これも競馬。八百屋さんとは呼んでほしくないね。


メインは結構悔しい。
展開はほぼ読み通りだっただけに、最後グッドネスが届かなかったことが惜しまれる。
グッドネスが外に振られる心配をしていたら、いい感じに回ってきて、からの4。あれで届かないんだ。。


エクセルライズやヴァリアーレ、イノセントワールドは想定した以上にいい感じに運んだけど、最終ね。
ブラウンタイガーと本橋の呼吸がまるで合っていなかった。
そもそも浦和のマイルだからって、ブラウンタイガーでポジション取りに行く発想に疑問が。
終わったことに対してワーワー言うのもアレだけど、もう少しやり方があったと思う。




そんな感じで浦和3日目。
もう少し発想を変えていかないといけないかな。
なんだかんだ火曜は人気に寄せたし、一部ラッキーな部分もあった。
また1から頑張りましょう。そんな、





水曜浦和





プラチナカップ
◎ファイヤープリンス

まずは隊列がどうなるか。
コスモフットライトは速いし、サトノアビリティはなるべく外2に付けたいんだろうけど、内にエールドランジュがいる。
エールドが妥協せず張れば、外の方々は競馬に工夫が必要になるのでは。

そこを突いて◎ファイヤープリンス。
的場文男主義小久保共和国の割に、浦和を使う回数がそう多くない馬。
浦和の1400を走った時は悪い競馬はしてない。
キタノヘイローが物理的な障害になってきそうだけど、そこらへんは省吾だし考えて乗るのでは(最後は省吾のアイディア任せ)

フォクスホール有利の展開も考えておきたい。




1レース新馬
◎イソエイゴールド

新馬から走るかは半信半疑も、最内のアサクサキングスとかよりはまだ買いたいかな。

エスポワールシチー産駒は調教といい能試といい、速めの時計で走る馬が多いなぁ。
そういう性格なのかもしれん。


2レース
◎サウザンアイランド

足りるかちょっと微妙なラインか。
ブルーサファイアの延長に◎という手もあった。ただサウザンよりも弱い。そこがネック。

まずはゴールドハリケーンが叩2でどこまでできているかね。
タイシロンマッハに先着してる力がフルで出れば、こんなところでは負けないものだが。


3レース
◎クロイダンガン

単純に〇×的なところがある馬っぽいし、そもそも1200は忙しい。
一度900で締めてから1400に延長したら走ったように、それに近いローテの今回どうよ。

と思ったら、厩舎欄が…アレ…?
こういうのを脱北と言うのか(違う)

着順だけならマシな馬多いけど、よく見ると全然アレなメンバーですね。


4レース
◎チェリークラウン

まーた難しいメンバーでかけっこするんだから。
チェリークラウンは川崎の1500が持つなら、浦和の1500も持ちそう。
まあ展開次第でしょう。
あまり興味を持てないレース。


5レース
◎ゴールドメンバー

ですかね。
繁田が騎乗見合わせなのは痛いけど、高哲で文句を言ってはいけまい。

ビトク◎も考えたものの、『あ、それ何度見ても4着ー』みたいな感じで4着取りそうだからやめた。

ジョーハット半澤とか、随分イカしたことを考えますね将軍。


6レース
◎カルクオンガエシ

ランペイジあたりと迷った。
届くといいですね。
届きそうもないけど。

ゲオグラフィア先生が帰ってきてる!
体質さえまともなら…と思わざるを得ない。


7レース秩父吉田山逢の里賞
◎マイネルマルキ

ポッドタイムと迷った。
昔のポッドタイムだったら◎だった。
今は吉田のポッドタイムだからなぁ。

マルキは動くタイミング次第。
マコリン、仕掛けるタイミング間違っちゃいかんよ。


8レース興雲閣幸運賞
◎プリンセスラッキー

シュガーラッシュとか内枠に入れないでくださいます?
展開が読みにくくて困る。
実はプリンセスラッキーが外2、3とかいう展開まで考えての◎。
ポジション取れなかったら終了でしょう。

前がやり過ぎてトリプルアローとかいう案件も考慮した。
そんなうまくいくんかいな。

興雲閣、何かと思ったら秩父三峯神社の宿坊なのな。
どこの宗教もやってることが多角的だなぁ。


9レース秩父吉田元気村賞
◎マイネルハイネス

届くといいですね。
この枠の形だと前が楽しく競り合いそう。
そのどさくさに紛れて届かせたい。
短縮なのがもったいないね。追走できるかがネック。


10レース涼月特別
◎ダイワプロシード

ニューエトワールあたりと迷った。
内が凸って凹みができそう。そこにうまいこと収納したいね。

収納と言えば、いつまでミヤネ屋はトップニュース松居一代なんだ…


最終盛夏特別
◎ハッピーリーベ

シェナヴィグラスが内枠で、外にハーモニーブルランとかいるなら、ある程度はペース流れそう。
あとは足りるといいですね。
ダービージョッキーだし大丈夫でしょ(楽観的)

ケイティーシップあたりが展開向くんでしょうが、間隔がアレ。
ダイバリュウジン◎もちょっと考えた。ただ後追いになるようで嫌。
コピーライターはもう少し外枠とかのほうが良かったかな。
posted by cris at 03:08| Comment(0) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

火曜の浦和


日曜の国営はボチボチ。
一番買ったパッシングブリーズが僅差の5着で、次に自信あったキョウワゼノビアが4着。
アルマワイオリは3着だったけど、こんなんばっかり。

展開のアヤと言えばまあそれまでだけど、そこまで読まないと予想ではないんだよな。


函館記念は完全に読み間違い。内の馬みんな凹んで潰れてしまった。
レッドソロモンはもう少しテンがあれば話は違っただろうけど、完全に後手に回って最後方。
岩田の後ろには救急車しかいなかった。
ルミナスウォリアーね。そっちのオペラハウスが正解ですか。競馬難しいネ。



月曜は浦和3レースでロラーナが叩き5戦目、祝日と条件揃ってたから購入。
未だに海馬澤を叩く人がいるけど、日本には昔から、郷に入れば郷に従えという言葉がある。
埼玉県では海馬澤に従えという言葉もある。海馬澤がルールだ。

それ以外買うつもりはなかったものの、ミヤネ屋がつまらなかったからつい競馬に手を出してしまった。
名港盃買ったら◎マヤノカデンツァ4。
浦和メイン買ったら◎センペンバンカ4。

センペンバンカの4は防げたよアキラ。
ノブワイルドがイン3なんかに入ることはありえないんだから、外2に入ることを予期してほしかった。
どうやっても外3で1コーナーを回ってしまう。
その分最後甘くなってしまった。タケショウメーカーとの2頭軸だっただけに余計悔しい。
コスモパープルは櫻井が上手かった。

最終も2択で迷ったロイドに勝たれて終了。こんなに付くんですね。
ブリス共々、妙に悔しい。




そんな感じで今週は浦和。
ただの前残り馬場ではないね。内の使い方がカギ。
ファビンに乗ってた騎手に言ってるんだよ。





火曜浦和





武甲山特別
◎ノーフォロワー

グッドネスと迷った。グッドネスがただ外回って大宮方面に買い物に行くだけで終わる可能性も考慮して、こっちに。

ケイティードラゴンは休み明け、パルパルパピヨンが短縮、となるとノーフォロワーがハナでは。
ノーフォロワーも短縮なんだけど()
あとロケットダッシュがわざわざ1400使ってる、ということは強引にハナに行こうとしているのでは、という発想もある。
ここらへんは運次第ではないでしょうか。

ツルマルキングオーという発想もあった。
ただ厩舎欄が、コナンくん風に言うと『あれれぇ〜ツルマルキングオーが川島部屋じゃなくなってるよぉ〜』という感じで◎にするのはやめた。

てか、武甲山特別、絶対他のレースより施行回数多いだろよく見るぞ
…と思ったら、2012年と2013年は年2回の開催だった。本当に多かった。

武甲山側からの何らかの圧力を感じる(ない)




1レース
◎カムナビ

外枠のほうが良さそうな配合。前走は少頭数とはいえ内枠で、良さが出ずに終わった感。
間隔は空いたものの、休み明けは走れそうではある。


2レース
◎ナイスポジション

シャイニーソウルかミヤビクロタカかナイスポジションか、という感じ。
ナイスは鞍上含めて危うさしかないけど、シャイニーの外という点がプラスか。
シャイニーももう8歳か。早いですね。


3レース
◎グッドオー

にカトパク???
と思ったら、グッドオーお前埼玉県民になったのか。
都民とイメージしかないから、違和感しかない。
しかも転厩先が40度目の今月の調教師岡田一男という

でも地味に浦和が上手い。転厩初戦でも。
ネックは前にいそうなビッグバンカズが全然強くないこと。
詰まらないといいですね。


4レース
◎エクセルライズ

最近大井が多くて忘れてた。
こういうメンバーを見ると、埼玉県に戻ってきた感があって嬉しくな…らないね。
ヨットマン◎もちょっと考えたけど、このメンバーに時間掛けて考える価値を見出せなかった。


5レース
◎ヴァリアーレ

地味に行ける脚はある。試しにガンガン押してみてほしい。
マリーアントワーがハナというパターンが一番怖い。そうなると厳しいのでは。


6レースツインホープ特別
◎ウインコーラル

難しいレースですね。
ウインコーラルの前走は着順ほど内容は悪くない。
母サンゴノウミヲが小回り向きだったし、浦和で器用に動ける脚はあるのでは。
人気サイドだけど。


7レースフルーツ満彩美味しいちちぶ賞
◎スカイランスリー

あまり期待はしてない。
ワンダーヘーヒストがもう少し内枠だったら◎にしてた。

未だに謎なのは、スカイランツーとスカイランスリーはいるのに、スカイランワンがいないこと。
気になって夜も眠れない。


8レース
◎イノセントワールド

足りるといいですね。
ハニーレイと迷った。
ハニーレイのネックは大外にレモンティーがいること。この形だとレモンティーが簡単に引かなそうで。。

いつのまにかパープルポイントが鳴尾浜から甲子園に移動してた。
鳴尾浜タイガース、所属馬がチュラウミとラザンツだけになっとるがな…
管理馬2頭はさすがに森始厩舎マズそう。


9レースちちぶ山ルビー賞
◎ミサノリュウギョク

前走は小学生でも分かるヤラズ。
今回は叩2で、町田戻り。そういうことなのでは。
デンコウイッセンと迷った。まあこのあたりが馬券になるといいですね。

イーストスパークル半澤という文字列が視界を横切った。
またまたご冗談を。


10レース秩父ブルーベリー賞
◎スカレークイン

一番気になるのはスカレークイン@ザキパパ。
ここでザキパパ起用か。
本間のザキパパ起用はガチ。
届くといいですね。

エドノマツカゼと迷った。
前半3F37.4で入った前走は、メイショウサンキチが絶対引かないマンと化していた分、かなり厳しいレースだった。
でもあそこで簡単に妥協せず引かなかったことが、今回いい方向に出るのでは。

ネオヴァルカスとかまで足りるレースになるとありがたいかな。


最終文月特別
◎ブラウンタイガー

に本橋、さすがに5.2度見した。
山越が本橋乗せるパターンはレア。まさか本橋を起用してくるとは思わなかった。
文男はどうした、先週金曜クニムラマカニがゲートでやらかした時にどこか痛めた…?

ウインシンフォニア、藤田菜→松岡→高倉→草野→駿という、一般的に生きていると起こりえなさそうな鞍上変遷を辿ってるな。




火曜はもう少し様子見ながらになりそう。
posted by cris at 02:57| Comment(0) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする