2018年02月07日

報知グランプリカップ2018


日曜の国営はまあまあ。東京新聞杯綺麗に当たって巻き返して終わり。

リスグラシューの左回りマイル短縮はずっと待っていた。そんなに妙味はなかったけど、それなりの自信もあったし、うまいこと行った感じ。
ユタカさん、前が壁になりかけてからの進路選択がさすが。
直線でああいう形になるのを事前に読んでいるとしか思えない動き。グレーターロンドンの内か外か、どちらを突くかという形で内を選んでいた。
川田は右ムチ。普通だったらグレーターは内に寄ってきて、リスグラシューは挟まれる。
でも早急に内を突いたユタカさん。
そしたらグレーターロンドンが右ムチ打たれているのに外に行き始めた。これで進路が完全に開いて突き抜けた。先読みしていたとしか思えん…
この部分は聞いてみたかったけど、他の取材と被って聞きに行けなかった。また今度。




そんな感じで今週は船橋。

月曜、火曜と北海道に出張で船橋ほとんどやれず。
しかし北海道、雪凄かった。
去年も同じ時期に行ってるけど、道端に雪すらなかったことを考えると全然違ったよね。



船橋は結果だけ見ると、なるほどなぁという馬場。
少し振り切った考えでもいいのかもね。





水曜船橋





報知グランプリ
◎フィールザスマート
〇リッカルド
▲ケイアイレオーネ
☆タマモネイヴィー
△色々

まず目に入ったのは最内ロワジャルダン。これポイント。
力なら上だけど、最内からどうレースを運ぶかね。

そんなロワジャルダンをケイアイレオーネあたりが早めに潰しにいって、その後ろにいる方々がねらい目となる展開が欲しい。
ただフィールザスマートがいつもの競馬したらちょっと列が後ろ過ぎる気も。2列くらい上げて競馬してほしい。

リッカルドはまだまだやれる馬。衰えて地方とかではない。
むしろ南関に移籍したのはプラスと思える。色々な意味で頑張ってほしい。

ワンチャン、タマモネイヴィー。こういう馬でも届くようなレースになってほしいですね。
8枠2頭は馬のタイプとしてはあまり欲しくない枠引いちゃった感あるな…




1レース黄梅賞
◎ゴールデンスパロー

位置取りによりそう。
外3になると厳しいな、なら外2の後ろのほうがいいかも分からん。


2レース
◎エンジェルピース

展開次第なところはあるものの、この100m延長は大きいと思う。
浦和の1400で締めた後の船橋。しかも前がちょうどいい形になりそう。足りるといいですね。


3レース
◎ホロスコープ

届くといいですね。希望的観測込み。
まず最初に函館に目が行く病気、どこの病院に行けば治療できるんだろう。


4レース
◎リュウノスピード

ちょっと普通過ぎるな。
ただ頼みのスリースピナーズは5半休。いかんせんギリギリのラインを攻めにくい。


5レース成田漬物☆ちょい辛小なす半額デー賞
◎シャイニングスター文男

迷ったのはゴールドレインズ。
ゴールドレインズ吉原???山浦が吉原???なにそれ???
と思ったけど1度あったわ。
ただ本気度が読めん。

ゼンノカヴァルリー◎も考えた。知らぬ間に厚弘一家に移っているけど、厚弘が江川使う時はヤリの時が多い。しかも引退開催。
ただこちらは展開が厳しい可能性が。

結局◎シャイニングスターに。シャイニングスター文男とか、それまんまじゃん。


6レース八幡平マッシュルーム 今年も馬いよ!
◎ニシノライト

ハイドンセットとかと迷った。
展開次第ですかね。噛み合ってくれれば。

こういう馬場でルミエールウェスト最内、臼井がどう乗ってくるか楽しみ。


7レースフリオーソ・メモリアル
◎ダモンデ

クレイジーアクセルと迷った。クレイジーでも足りそうな感はあるんだが…
ダモンデの前走は頓挫明け感ある気配もあった。叩いてどうよ。
何か間違えてタケショウパイロとか。展開次第ですね。

スターオブジェンヌがいつのまにか文男に替わっていて笑ってしまった。


8レーススズガモ賞
◎ハクサンエルモ

の短縮に◎。
配合だけならエンプレスダンス◎とか考えるけど、テンが遅いんだよな…
エミーズプライド◎も考えた。枠がちょっと微妙。

カランツフレイバーの1200とか実は面白いのでは?
そう思っていた時期が僕にもありました。
鞍上見てやめた。


9レース駿光特別
◎エスケイパサー

いまいちよく分からんレース。
レオナビゲートと迷った。キングマンボ有利のレースになりそうな雰囲気はある。

マスコミは日本相撲協会追いかける前に、なんでラペルドゥリデュがザキパパに替わったのかサトケンに聞いてきてくれ。
遅めの誕生日プレゼントかな…


10レースフェブラリーダッシュ
◎リュウノタケシツウ

こういう肝心な時にクオーレフォルテは短縮じゃないんだよな…
この現象に名前を付けたい。

サンダースプリング吉原???
馬主俊二とはいえ、こういう組み合わせがあるんだなぁ…


最終海神特別
◎シーザワールド

エスシーカレントと迷った。
シーザワールドを選んだ理由?
だってエスシーカレントの鞍ry以下略

アナザフォーに御神本選手ね。面白いことしてくれるじゃん。
ただそういうのは内枠じゃない時にやってほしかった。
そもそも水曜乗れなさそうだけど…



こういうランキングに参加するようになりました。


最強競馬ブログランキングへ
posted by cris at 01:06| Comment(0) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

2月4日のお馬ちゃん


土曜の国営は途中までプラマイゼロ付近を行ったり来たりして、東京最終綺麗に当たってプラスで終了。
まあ良くもなく、かといって悪くもなく、というところか。


雪かきが直前まで行われていたことから、先週の土曜午前みたいな東京ダートを想定して予想したら、全然軽かった。これは誤算。
1、2レース見て、ああ、全然馬場が違うなと。そこから頭を切り替えたのが良かったかな。

京都ダートも先週とはなんか違うし、凍結防止剤の影響力の強さを感じる。
撒くタイミング、その前後の天候などで一気に状況は変わる。
ここらへんをいかに柔軟に考えられるかが大事なんだよね。
ティンバーカントリー馬場なんて2年に一回みたいなものだし、事前予想ではどこまで寄せるかもカギ。




そんな感じで日曜。
東京芝、メインの動きあたりを見ると、なんか馬場が変わりそうで怖い。

様子を見ながら、





日曜国営





東京新聞杯
◎リスグラシュー
〇クルーガー
▲サトノアレス
☆ダノンプラチナ、ハクサンルドルフ
△カデナ、アドマイヤリード、ガリバルディ、グレーターロンドン

内ラチの上を走れ!でも触れましたが、リスグラシューの短縮は楽しみにしてたんですよ。
そしたら1番人気。それはさすがに人気になり過ぎでは。。
左回り替わりも短縮もプラス。後入れの偶数もいい。
今回はゲートさえ決まればある程度のポジションを取りに行くのでは。マイルは血統的には短いけど、気性的にはちょうどいいはず。まずはゲート。

クルーガーは今の馬場に合いそう。レースの質にもそれなりに合う。◎候補だった1頭。
サトノアレスは内枠がいいだけに、評価1つ上げ。ディープが抜群にいい馬場ではないものの、土曜よりはもう少し乾くのでは。

国枝先生が妙に自信持っていたダノンプラチナ、前走よく届いたハクサンルドルフあたりには注意を払いたい。
カデナの短縮はいいけど、ちょっと距離感が遠い。
マイラー、いや、それ以下の距離向きになっている感もある。かといって1400でも狙いづらいタイプ。どこかでお金にしたいが。





きさらぎ賞
◎ラセット
〇カツジ
▲オーデットエール、ニホンピロ態度
△他

ラセットが馬券になれば、桂土地史上、1981年宝塚記念以来36年半ぶりの重賞馬券圏内。勝てば桂土地史上、1981年天皇賞・春以来36年半ぶりの重賞勝利。
桂土地の悲願を果たす存在になってほしいね。

芝替わり初戦となった3走前から内容がずっといい。前走も着差はクビだったものの、完勝と言っていい内容。
内枠を引けたし、3歳のこの時期なら距離も持ちそう。たぶん。

カツジはセンスがあるね。アクシデントで朝日杯回避したものの、その週に様子見に行った時すでにもう問題なさそうだった。在厩でずっと仕上げてきたのがいい方に出てほしい。

オーデットエールは調教VTR見てたら違う馬に見えた。だいぶ馬が変わってきた感。
スカイアライアンスは産駒の体質が弱くてなかなか出世できないけど、この馬は今までの子とは違う。
京都外回り短縮もいい。

サトノフェイバーは現状の半周短縮がどうか。
ダノンマジェスティは前走直線で制御不能に陥ってしまった馬。
今回この鞍上で外枠。直線でロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン入りまでありそう。





その他のお馬ちゃん





東京3レース
◎グリズリダンス

意外と半周向きなのかも。心配なのは芝スタート。ここをクリアしてうまいこと先行できれば。


京都6レース
◎ハートフルタイム

前走はゲートで終了。こういう枠なら。
もうエンパイアメーカー産駒、孫のゲートに何も期待してはいけない。


東京7レース
◎アルトリウス

前走は道悪過ぎて参考外。
もうレース終わった後の姿はかわいそうだった。

今回は休み明けも、いきなり走れるタイプ。ちょっと反応鈍いし、東京だとこういう距離のほうがいいのかも。
武藤はこれが藤沢厩舎2度目。こういう馬で結果出せれば今後の騎手人生も変わってくると思う。


東京8レース
◎シゲルゴホウサイ

外枠という、ただそれだけの理由で足りるのかどうか。


東京9レースゆりかもめ賞
◎キングスヴァリュー

現段階で芝コースだと条件を選ぶけど、この時期の3歳2400なら東京芝でも…
脚が遅いものの、そういう馬が足りるのがこのゆりかもめ賞。


京都9レース山城ステークス
◎ニシオボヌール

京都替わりはいい。
乗り難しい馬だけど、そういう馬を扱わせたら世界トップクラスの四位さん替わり。
乗り替わりは全然心配していない。


京都10レース河原町ステークス
◎カネトシビバーチェ

京都のうちに何とかしておきたい。
たぶんこれは陣営も同じこと考えているのでは。


東京最終
◎トーホウハニー

このクラスだと内を突けるこういう枠のほうがいいんだと思う。
競馬にあまりバリエーションがないけど、得意な形に持ち込めれば。

バルベーラと迷った。前走の直線はもう色々とアレだった。



最近こういうランキングに参加するようになりました。


最強競馬ブログランキングへ
posted by cris at 00:37| Comment(2) | 週末の国営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

2月3日のお馬ちゃん


木曜の川崎はまあまあ。
ただ終盤が良くなかった。
思考は特に変えてなかったし、どちらかというと環境的な条件が悪い方に働いた感。

メイショウロッソに乗ってた人、さすが天才。
最内のメイショウロッソを五分でゲート切らせて、二の脚使ってイン3、あれはプロの技。
もう森下自身が一周持ちにくくなってるから買いどころはしっかり考えないといけないけど、こういう条件に入った時の森下のスタートから200mの巧さはさすが。国宝級の先行技術。



金曜は雪で馬場変わると思っていたし、メインと9Rをちょろっと買って終わり。
特に報告事項なし。

ああ、江川300勝ね。これはめでたい。キョウエイアドニスで勝って、よりめでたい。
晴夫閣下はこのところ江川300勝を達成させるために必死だったし、それに応えた江川も見事。
1頭で江川に11勝プレゼントしたキョウエイラシアスも喜んでいると思う。
ラシアスは脚が無事ならな…あれだけの馬だったし…





そんな感じでまた週末。

先週の馬場はなかなか斬新だった。
東京は未だに雪かきしてるし、かつ木曜に凍結防止剤投入したばかり。


様子を見ながら、





土曜国営





東京3レース
◎コハクノユメ

父エンパイアメーカー、母父キングカメハメハで、馬場がどっちに転んでもいいよ作戦。
テンに置かれなければ。五分に運べれば馬場自体は合いそう。


京都4レース
◎タガノプレトリア

届くといいですね。


東京5レース
◎パチュリー

現状体力不足で中山ダート1800では足りない。それでも5着。
相手が弱かったとはいえ、個人的には結構健闘に値するものだと思う。

今回は東京芝替わり短縮。
相手がそれなりに走るし、そこの関係はネックではあるものの、チャンスはあると思う。
あとは馬場が少しでも軽くなっていれば。


東京7レース
◎ミヤギウイング

土曜の勝負レース。
ミッキーメロディが前全部掃除し始めてから競馬スタート。

ただひたすら差し競馬になってほしい。
それこそミッキーマインドからアポストルやミコジェンヌあたりまで足りるレベルで。
ちょっとでも道中負荷が掛かって、直線だけいい馬場であれば、そういうレースになる可能性はあると思う。
ミヤギウイングが先行し始めたら解散。場内のうどん屋に帰宅する。


東京9レース春菜賞
◎ラソワドール

馬場次第。内がまともであれば。
去年ライズスクリューにおこづかいもらった縁起いいレース。

てか春菜賞、年を重ねるごとに難しくなってるよね。
10年くらい前、ヴィヴァチッシモが勝ったあたりの年のほうが全然簡単だったような…


京都9レース稲荷特別
◎テリトーリアル

スティッフェリオと迷った。人気なさそうなほうに◎で。
テリトーリアルは以前より競馬の幅が広がってる。
最内も、開催後半の京都と池添でなんとかしたい。


京都10レースエルフィンステークス
◎サヤカチャン

自分の競馬ができるといいですね。

グリエルマ最内とか大丈夫なのかな…
今日は他にもアルデバランでナムラアラシが最内だったり、サンビショップが最内だったり、なんか不穏なレースがチラホラ。


京都メインアルデバランステークス
◎シャイニービーム

前走のパトロールビデオを見ていただけば分かるように、1コーナーでモルトベーネに絞られて位置取りを思いっきり下げてしまった。
元々揉まれ弱いからね。ああなるとどうしようもない。
もうイン3とかでも競馬はできるし、過剰に揉まれなければ。

6枠にサンマルデュークとサンライズホームが同居していて、なんかサンマルホームが出走しているように見えるな…


東京最終
◎トレンドライン

ジェイケイライアンと迷った。
トレンドラインの前走はレース見てもらえれば分かる通り。
まともにゲート出てくれれば。

まったくどうでもいい話なんだけど、シュミノーの通訳の方はとある関西の方で、コメントも関西弁でしゃべってくる。
レース後、『ゲートの中がアカン』とコメント言われた時、笑いそうになった。
そんなこと言うフランス人いるの?w


京都最終
◎メイショウユメゴゼ

昔は本当に面倒な気性だったけど、さすがに歳を重ねてだいぶマシになってきたように見える。
休み明けから全然走れてしまう前向きな気性。9歳になっても栗東坂路でこれだけ走れるのはスゴいな。
メイショウツレヅレといい、メイショウさんの熟女たちは歳を重ねても実に元気だ。

え?前日2番人気?え?それ本当?




最近こういうランキングに参加するようになりました。


最強競馬ブログランキングへ
posted by cris at 22:11| Comment(0) | 週末の国営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

先週の東京ダートであった、興味深い話


僕、自称宮古島生まれ宮古島育ちなので、寒がりなんですよ、かなり。

先週の土日はもう検量室前が寒くて仕方なかった。某コラムには次回毛布を持ち込みたいと書いたけど、今週から後輩たちにはコタツ持ってくるよう指示したから、今週からは競馬場でコタツぬくぬく生活が待ってる。

俺?

ミカン担当。





そんな話はどうでもいいんだ。

先週末、コラムにはできなかったけど、ちょっと気になった話を。




先週の東京ダート、土曜不良馬場で日曜ちょっと回復して重馬場だったじゃないですか。

これには一つ興味深いことがあって、騎乗した騎手たちに馬場の話を聞くと、某S騎手は「軽くて走りやすい」と言えば、他の某M騎手は「走りにくいし重いしこれは辛い」と言うし、みんな感想バラバラ。
違う競馬場走ってきたんじゃなかろうか?そう思うレベルで感想が違った。


意味が分からん…と思いながら色々聞いてると、某H騎手の解説が入る。
どうも『ダートの砂の内部が凍っていた』とのこと。
そんなん見た目じゃ分からんよ…


土曜の午前中は砂が凍って、その上の雪だったかが溶けきらず、シャーベット状だったらしい。で、大変走りにくい状態だったと。

で、これが土曜日中に陽が昇り、凍った部分が溶けて、ビチャビチャの不良馬場になって、一気に走りやすくなったと。

でも土曜未明にまた砂の内部が凍って日曜午前中走りにくくなり、それが溶けて日曜午後は走りやすくなったらしい。

なるほど、聞くタイミングの違いによって騎手たちの答えが変わったのね。分かった。ような気がする。



まとめると、



土曜午前(不良)…走りにくくてタフ

土曜午後(不良)…走りやすくて軽い

日曜午前(不良)…走りにくくてタフ

日曜午後(重)…走りやすくて軽い



こんな感じ。

そういえば日曜午後の東京ダートは、キングマンボ系がよく好走していた
時計の速い時の東京ダートはキングマンボの好物でもある。

先週の3代内にキングマンボを持つ馬の東京ダート成績は、合計すると
(2.3.5.26)勝率5.6%、複勝率27.8%

この成績を時間別に分けて、この馬場の推移と重ねて比較してみよう。



土曜午前(不良)…走りにくくてタフ→(0.0.1.8)

土曜午後(不良)…走りやすくて軽い→(1.1.1.7)

日曜午前(不良)…走りにくくてタフ→(0.0.1.9)

日曜午後(重)…走りやすくて軽い→(1.2.2.2)


おお、成績が馬場と一致したぞ。

もちろんレース別に馬の能力もあるし、頭数や力関係、枠の話も関係するが、ここはその部分は置いておく。


土曜東京2レースは6頭いて、全て5着以下。
2番人気ニシノラヴコールも該当。小柄な馬で、このタフな馬場での先行は厳しかった。


土曜東京8レースでは1番人気ネイビーブルーが1着。2番人気バレッティが3着。ここらへんでは大体溶けてきたあたりかな。どっちも力ある馬だから参考になるかは不明。


土曜東京9レースは7番人気イーグルフェザーが2着。ショウナンカサロ16着。


日曜東京2レースは3頭出して全て4着以下。「新馬向きではなく、叩いた次はいいと思う」とはロトヴィンテージ村田Jの話。


日曜東京3レースは5頭出して、トーホウフライト3着、ヴィジリア4着、グラデュエイト5着。トーホウフライトは超強気に乗られた分もあった。ヴィジリアは早く延長してくれ。


またお昼になって、溶けてから行われた日曜東京6レースは4頭出しでキングマンボワンツースリー。


日曜東京7レースは3頭出しで2着ピアノイッチョウ、3着アルスフェルト。





これは日曜の話なんだけど、某騎手曰く、ダートは4コーナーまでの馬場がうねっている状態だったらしく、とても走りにくかったとのこと。しっかり走れるのは直線くらいだったという話。

ハロー掛けが間に合わなかったのかな…。砂の内部が溶けて、ビチャビチャになった部分の整地が、直線部分しか間に合わなかったのかも。


確かに日曜午後は4コーナーまでじっくり溜めて、直線でフルスピードで差してくる追い込み馬の好走が目立った。


日曜午後の東京ダートを要約すると、

地は軽い
1コーナー…ボコボコ
2コーナー…ボコボコ
向こう正面…ボコボコ
3コーナー…ボコボコ
4コーナー…ボコボコ
直線…軽くて超走りやすい


こんな感じですかね。ボコボコの部分で脚使った馬が垂れて、追い込み馬こんにちはする原理も分かる。ごくたまに大井であるやつだ。


日曜7レースで2着のピアノイッチョウ(父キングマンボ系)は4角16番手から上がり3F34.6の脚で飛んできた。
日曜8レースで1着のアフターバーナーは4角11番手からの追い込み勝ち。

メインの根岸Sは4角13番手のノンコノユメと、4角11番手のサンライズノヴァが、共に上がり34秒台半ばの脚で飛んできて叩き合い。4角14番手のカフジテイクが3着。


逆に、日曜東京3レース、ネコワシの勝った未勝利戦は、東京ダートマイルの不良馬場のレースとしては他のレースより1秒から0.5秒ほど遅い。まもなく重馬場になろうかというところでこの時計。「凍っていた」という話を聞くと納得できる。




先週の土日の東京ダートは、時系列単位で傾向を分けて覚えておきたいところ。
同じく湿った砂とはいえ、午前と午後ではダートの質が違う。

凍結防止剤の影響が強い分、普通ならティンバーカントリーが強いダートになるけど、ティンバーが得意なのは、元々ある程度乾いていた砂に凍結防止剤を撒いて、その後雨か雪が降った馬場
今回はそういうパターンとはちょっと違う。

ティンバーカントリー持ちは土日の東京ダートに3頭いたけど、全部着外。
土曜東京6レースでスマートダイバーが5着も、あの時は溶けかけ。凍結防止剤の影響も半減していたころだと思う。プッシュアゲンが全差しできる砂では逆にダイバーはキツい。

ちなみにこのレース、なんか直線軽くなってきたから◎チビノヴァルタンにしたら4着だった。お約束。



長々と書いて疲れてしまったからまとめ。次走以降、覚えておきたい巻き返し期待馬の傾向



先週の東京ダート

土曜午前(不良)…走りにくくてタフ→小柄な馬、早く動きたい馬の次走以降の巻き返しに期待

土曜午後(不良)…走りやすくて軽い→上がりが使える馬有利。内枠や先行した馬の次走以降の巻き返しに期待

日曜午前(不良)…走りにくくてタフ→小柄な馬、早く動きたい馬の次走以降の巻き返しに期待

日曜午後(重)…直線だけ走りやすくて軽い→追い込み馬ホイホイ。逃げた馬、先行した馬の次走以降の巻き返しに期待



ここまで書いて思ったけど、まだ大井競馬場よりマシだな。
時間によって変わっただけで。

魔界・大井競馬場は一番馬場が難しい時、3レースごとに馬場が変わる。あのサディスティックな馬場に比べたら、なんだか今回の東京のダートはマシに見えてきた。



そもそも「覚えておきましょう」か言いながら、言った本人は2、3日で忘れちゃうんだよなぁ…



今週は今日凍結防止剤撒いたのかな?今夜雪だってハム太郎。木曜いっぱい凍結防止剤撒いてるといいねハム太郎!




そういえば最近こういうランキングに参加するようになりました。


最強競馬ブログランキングへ
posted by cris at 22:03| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

木曜の川崎


水曜の川崎はまあまあ。スプラット大変よく頑張りました。

7レースは思ったよりうまくいった感じ。ちょっとうまくいき過ぎた部分もあるけど、森さんの動きは完璧。
繁田の重心の動きをしっかり見ていた感。さすがのプレー。


あと最終のエヌティボタンに乗ってた楢崎神もさすがの動き。楢崎神のいいところは多少位置取り悪くなっても焦らない。直線、内で迷子になってたけど、それはご愛嬌。



川崎記念はケイティブレイブ。◎グレンツェント4。またやってしまった。
ラップは
7.0-11.5-12.9-13.8-12.8-13.9-14.2-11.7-12.3-12.7-12.1

途中14.2→11.7というラップが入っているように、実にキングマンボ向きだった。
そんな中グレンツェントはイン3。もう1周目向正面の動きが極めてエロい。
アポロの後ろで切り返してイン3へ。被せ方が上手。

ドスローのイン3で、道中はもうすべてが理想的。
そんな3、4コーナーで、アポロケンタッキー内田先生に締められてしまった。あれが全て。

森さんもコーナーギリギリを回ってるんだけど、内田先生の技術力の高さがそれを上回った感じ。
川崎のあの狭いコーナーを、体重575キロの馬であんなにスリムに曲がれるもんなの?しかも内の馬を締めながら。
森さんは外に出せないし、かといってインをこじ開けられないし、あれはもうどうしようもない。内田先生が上手かった。
あの3、4コーナー観ながら白飯が食べられるね。


火曜より内が良くなって、かつドスローではサウンドトゥルーは仕方ない。
そもそも馬が進んでいかないように見えたし、これでジョッキーを責めるのはなんだか違う気がする。

去年もドスローだったけど、川崎の2100はその特殊な形態からこういうペースになりやすいところはある。
スローから、誰かマクると思ったけどな…さすがにそんなにうまくはいかないか。





そんな感じで4日目。
雨が落ちてくる前に開催終わってほしい。
夜から雪とか言うじゃん?もう金曜の川崎には何も期待してないから、木曜までで何とかしたい。





木曜川崎





多摩川オープン
◎キスミープリンス

えーっと、川崎3頭、大井1頭、船橋1頭、笠松1頭…小久保6頭…
小久保運動会はエスティファーム小見川でやってくれませんかね。

こういう馬場の日にインフォーマーが内枠だったら頑張って買ったのに、中途半端な枠。
俗にいうインフォーマー現象。買いたい日に外枠という。

ニチドウリュンヌ◎も考えた。ただ人気だろうし、もっと人気なさそうなキスミーに◎。
短縮がどうかも、前走みたいな促す競馬でも結果が出せたのは好感。前走は相当中身のある内容だったと思う。

ガーニーフラップは的場文男再生工場3走目。そろそろ気にしないといけない頃かな。




1レース
◎シントーサクラ

もう少しやれそうな馬。足りるラインに乗ってるとは思うが。
前走は初戦と内容の違う競馬。仕方ないかな。内で揉まれ込むとどうかね、前走の経験が活きれば。

ワンチャン、シナノミライ。そういう展開希望。


2レース
◎コウギョウシルク

展開次第。いい枠になるかどうか。


3レーススパート賞
◎メイショウロッソ

に森下とか、おいおい川崎いつまでお正月気分なんだ?旧正月か?
メイショウロッソみたいな馬が内枠だったら普通はあまり買いたくないど、今回は森下。天才が乗るとどうなるのか興味ある。

ただ森下を乗せたから勝負か?というとそうでもなさそう。メイショウロッソもタランテューも紀忠の先約の都合がありそうだし、そもそも中途半端に間隔の空いたフォンスヴィーテが紀忠の時点で、イマイチ意味が分からんレースではある。


4レース
◎ユキノマイクイーン

特に深いことは考えていない。
そんな感じのレースを希望。まったく妙味はないな。


5レース
◎モズノハナミチ

にしたけど、このレースはデニールの鞍上がどう乗るのか興味深い。
動かしたいタイミングがなんとなく伝わってくる。


6レース若竹特別
◎ポッドジゼル

悪くないメンバーだね。
ヴオロスとかも混ぜると結構面白いメンバー。
ただ、それだけにシェーンリートの取消は残念。

ジゼルは取り止めの影響がなければ。

ツキカゲとか何か間違って足りないかな…
今日皆既月食だったし(関係ない)


7レース瞬発賞
◎シェナヴィグラス

スタート次第。
もうゴール板さ、3コーナーあたりに設置しちゃっていいんじゃない?


8レース姫椿賞
◎シュンプウ

前走は休み明けで+19キロ。身体もできていなかった。
からの叩2。
もっとやれる馬。間隔詰めたらこのクラスでも足りる馬だと思う。


9レースユニコーン賞
◎アイアンハート

枠は遠いけど、こういう条件に短縮するとどうなるのか見てみたい。馬券というより興味に近いかな。
ハウマーナも興味あるけど、アイアンハートのほうが興味ある。

キョウエイビーナス江川とか、もう晴夫は所有馬全部江川乗せる勢いだな。
佐々木仁×江川とか記憶にない。
と思ったら7年前に1度だけあった。あったんだ…


10レースアメジストスター賞
◎カガヤキスマイル

にこのタイミングで省吾とか面白いことしてくれるじゃん。
どう乗ってくるのか楽しみ。

アーススカイはB2B3に出てくるんだな…
クラス分けのマジックとはいえ、なんかかわいそう。


最終群雄特別
◎シャドウシティー

届くといいですね。




そういえば最近こういうランキングに参加するようになりました。


最強競馬ブログランキングへ
posted by cris at 22:37| Comment(0) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#16 種牡馬ゼミナール第3限・ハービンジャー〜アスコットの破壊王の攻略法〜



はるー!


いつも内ラチの上を走れ!をご視聴いただきありがとうございます!



種牡馬ゼミナールも第3弾!



数分で分かる種牡馬の傾向をテーマに、今週末から使える馬券のポイント、そしてPOGでも使えるポイントについて取り上げていますこのコーナー。



今回取り上げるのは敬愛する合田先生にアスコットの破壊王と言わしめたハービンジャー



ハービンジャーの小ネタから産駒の傾向、そして走る馬の狙い方まで解説していますので、ぜひ今回もよろしくお願いいたします。




#16 種牡馬ゼミナール第3限・ハービンジャー〜アスコットの破壊王の攻略法〜








今回も皆さんに楽しんでいただけるようなら幸いです。




そして公開後公開通知がくる、チャンネル登録のほうもよろしくお願いいたします!



そういえば最近こういうランキングに参加するようになりました。


最強競馬ブログランキングへ
posted by cris at 18:07| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

川崎記念2018


火曜の川崎はダメ。全然ダメ。

余裕ができてしまった分。狙い過ぎてしまった。
狙いが後ろにより過ぎて、だいぶ後手に回ってしまったところが反省材料。
砂の重さに対応しきれていなかった。


ブラックゼウスとかはもうポジションすらとれなかったね。
周りも上手くて、ルメールがポジション全然取れていなかった。
レースになっていなかったし、もう一度見たいコンビではある。


あとポイントパイパーは何になりたいんだろう。


そんな感じで、全体的により前に比重を置いたほうがいい感じの馬場になってきた部分もある。そこらへんを考慮しながら、川崎ももう3日目。

こういう馬場で上級条件の2100やったら、3角の入りとかすごく重要になりそうですね。





水曜川崎





川崎記念
◎グレンツェント
〇アウォーディー
▲サウンドトゥルー
☆ケイティブレイブ
△メイショウスミトモ、アポロケンタッキー、ディアドムス

川崎2100mは2周目1コーナー前から向正面出口あたりまでガツンと緩む、というのは前から書いていること。そこで先行勢が息を入れられることから、前有利になりやすい。
ただ上級条件になると、緩んでから一気に加速し、かつロングスパート勝負になる。コーナーが非常に狭く上がりが掛かることで、他の川崎2100mのレースよりスタミナが必要。逃げ馬も不利。昨年はオールブラッシュが逃げきったものの、あれは1周目の直線からずっと緩むスローペースだった。

『一気に加速する力』が求められるレースで、そういうレースに強いのがキングマンボの系統。
実際ここ10年でキングマンボの血を持つ馬が5勝。
今年の中央勢で唯一キングマンボの血を持つグレンツェントに◎。
前走チャンピオンズCはスローペースの影響もあった。それを除けば左回りのダートでは(3.0.1.0)とまったく崩れていない。
小回りの新潟にも対応している分、川崎の狭いコーナーにもある程度対応はできそう。
2走前のJBCクラシックは5着に終わったものの、G1初挑戦ということを考えれば健闘。悪いレースではなかった。 過度に内がいい馬場ではなく、展開次第でなんとか…という感じ。

グレンツェント同様、チャンピオンズカップでスローペースが少なからず影響したサウンドトゥルー、アウォーディーを上位評価。どちらも歳を重ねたが、サウンドトゥルーに衰えは未だなく、アウォーディーは東京大賞典をあえて回避した点はいい。馬場的にサウンドトゥルーは4角で馬群が凝縮してほしいな。

メイショウスミトモはそこまでテンが速くないだけに、この枠だと後手に回りそう。今の重い砂は合いそうだけど。ケイティブレイブはペース次第。厩舎解散も近いだけにとにかく使い詰めてるから、そこがネック。




1レース
◎リコーアペルタ

正重の偏差値が試されるね。
まずジュキヤが外2で妥協するかどうかもカギ。森さんとジュキヤが行って、その後ろが


2レース
◎ツェッペリン

それなりに前に行きたい方々が多いけど、スミトアンドチャーより外は競馬が難しくなりそう。
そこを狙って、漁夫の利ホイホイ狙い。
そんな都合良く行くのかは謎。


3レース富士通フロンテック賞
◎マイネルサフィルス

ポジション取れるといいですね。取れないんだろうなぁ…
ベリーベリー行かせていいから、その後ろにいてくれ。


4レース白銀の世界・八幡平マッシュルーム
◎ベニノラブリー

を買いたいんだが、距離感が少し遠い。そこがどうか。
道中で少しでも内を使えることを祈ろう。


6レースよみうりランド「ハシビロGO!」賞
◎マンダラキッス

が帰ってきた。
能力は断然。あとは休み明けがどうかだけ。
中央でも使い方次第で好走できる馬だった。


7レース引退馬協会20周年記念タイキシャトル賞
◎ハーモニーエール

難しい。戦績以上に力のある馬が多いだけに…
展開も読みづらいし、ハーモニーで様子見。

スプラットが面白そうだけど、距離感がなぁ…

なお8レースはヘブンズゲートが増田の理由が分からないからパス。
まだ仕上がってないから…という可能性が…


10レース猛虎特別
◎クラヴィクトリー

キョウエイドラゴン◎も考えたものの、宗教上の理由でクラヴィクトリーに◎。

理由は書かなくてもお分かりですよね。
矢野厩舎の参戦は4年ぶり。
フウリンカザンに渾身の仕上げを施して勝利してから6年。
今年もまた矢野厩舎のG1がやってまいりました。

しかしスゴいメンバーだな。
ノーフォロワーの外にフローラルダンサー、ケイエスソード、ロジストーム、ビエンコビアンコ、しかも大外にインマイヒーローまでいる。1コーナーにゴールでもあるのかな。

ネックなのはクラヴィクトリーやドリームフォー、ラッキーモンキーといった展開向きそうな方々がみんな大井取り止めの影響を受けていること。まだ馬場に出していない最終レース組とはいえ、心配ではある。


最終ロジータ追悼特別
◎エヌティボタン

足りるといいですね。
ジョーフリッカーと迷ったり、そこまで自信もない。のんびり買って終わり。
あとリアルファイトあたりも買いたい。そこらへんをバラっと買う感じ。

まずブレークオンスルーとかそういう処理に困る馬混ぜないでくれ。



そういえば最近こういうランキングに参加するようになりました。


最強競馬ブログランキングへ
posted by cris at 20:08| Comment(0) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#15 種牡馬ゼミナール第2限・オルフェーヴル〜暴れん坊オルフェーヴル産駒の特徴とは?!〜



はるー!


いつも内ラチの上を走れ!をご視聴いただきありがとうございます!


前日から始めた内ラチの上を走れ!の新しい試み、種牡馬の傾向について解説する種牡馬ゼミナール




どのコースが得意など、そういう細かいことをただずっとしゃべり続けるのではなく、数分で分かる種牡馬の傾向をテーマに、今週末から使える馬券のポイント、そしてPOGでも使えるポイントについて取り上げています。



今回取り上げるのは暴れん坊でお馴染みの種牡馬・オルフェーヴル



オルフェーヴルの小ネタから産駒の傾向、そして走る馬の狙い方まで解説していますので、ぜひ今回もよろしくお願いいたします。




#15 種牡馬ゼミナール第2限・オルフェーヴル〜暴れん坊オルフェーヴル産駒の特徴とは?!〜








今回も皆さんに楽しんでいただけるようなら幸いです。




そして公開後公開通知がくる、チャンネル登録のほうもよろしくお願いいたします!



そういえば最近こういうランキングに参加するようになりました。


最強競馬ブログランキングへ
posted by cris at 19:06| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする