2017年06月06日

火曜の大井


日曜の国営はボチボチ。
良くもなく、悪くもなく。前半戦良かった割に後半ダメ。


安田記念はサトノアラジン。
圧倒的外枠巧者だけど、川田というネックもあり◎にはしきれなかった。
昨年の香港みたいにマイルで1700m走られると困るし。。

ロゴタイプのペースは絶妙だった。
前半33.9で入って、中盤も極端に落とさず。サドラーを活かす見事な逃げ。
このペースで逃げられると、ハナ以外の先行馬はみんな展開厳しくなってしまう。

そういう意味でもサトノアラジンは展開バッチリ。
イスラボニータは詰まったこともあるとはいえ、こういうペースのマイルでは不利なくても馬券になっていたかどうか。


そんな中、エアスピネル。
『なんで先行させなかったのか』という意見を目にするけど、これに関しては賛同しかねる。
このペースで先行してたらまず垂れてた。
そして今までG1を勝ち切れなかった分、勝ち切らせるためにプラスアルファを求めて違うことをする、その気持ちも分かる。

問題は、下げたことではなく、直線に入ってからの捌き。
運がなかったのもある。右前にいたクラレントが右ムチ持ってる状態で、前にいたのが人気薄のディサイファ。安易に内は突けない。
それでも4角出口で外に出さず内を突いたのは、あそこが良かったと判断したからか。
そういう場所はみんな狙うからなぁ…

前が開いてからの伸びを見ると、余計もったいなさがあった。
本人も『勝っていたかもしれない』と言っていたけど、本当にそう。

難しいね。G1は。噛み合わないとダメ。
かといって『ツイてなかった』で片付けたくはない。

あの作戦を取らせる時点で、武豊はエアスピネルを正攻法でG1を勝たせるのは難しい、と判断させたと考えることもできる。
でも諦めたくないね。G1を勝てる馬だと思うし、夏の休養でプラスアルファを得てほしい。
まだ4歳。何とかして、武豊騎乗でG1を勝ってほしい。


そんな安田記念、8年ぶりに当たった。
抑えでロゴタイプとサトノアラジンのワイドを200円買ったのはいい判断だったかも。
外枠だけで決まるという発想もあった。

問題は安田を合計5200円買っていたこと。
そこ、払戻金を計算しないように。



ああ、スズカルパン4着ね。
そんなこともありましたね。
嫌な予感はしたよね、4コーナーで。

由比ヶ浜特別は思った以上にアレなレースになったりと、フラストレーションの溜まる開催だった。




そんな感じで今週は大井。
今週は宇宙最高のレース、東京ダービー開催週。


月曜は様子見も兼ねてメインと最終だけ。
最終のヴォルムスとフジノロンシャンのワイドだけ当たった。情けない。


最終が1.12.7。
普通、大井は雨が降ると時計が掛かる場合が多い。
そして構造上内ラチ沿いは重くなる。

途中から大雨が降って不良まで悪化。
ああ、内ラチ終了するのか。

と思ったら時計は速くなるわ、ラチ沿いは全然悪くならないわ、一体どうなってるんだあの競馬場。
フツーのダートは雨降ったら時計速くなるし、当たり前のことが起きているだけという話ではあるんだけど、『当たり前』がないから大井。
当たり前のことが起きると驚いてしまう。


そんなに神は文男の東京ダービー勝利を目撃したいか。
俺もだよ神様。



さて、火曜。
明日はついに的場文男36回目の挑戦が実る日。
ここ数日興奮して眠れない。

まずは馬場見ながら、





火曜大井





東京スポーツ賞
◎キタサンウンゲツ文男

ファイトユアソングと迷った。

ブリージーストームの外にアクティフだのドライヴシャフトだのがいて、外にスアデラ。
この枠の形だと、1400でもある程度ペースが締まるのでは。
そうなると時計も速くなりそうだし、そういう決着に対応できそうで、なおかつ馬場に向いている枠の馬を重視したい。

ウンゲツは1200だとペースによってしまうのかも。
1400延長である程度のポジションが取れれば。

ドライヴシャフトはもっと早く1400以下に短縮してほしかったなぁ…




1レース
◎イナムラ

この先の大井競馬が心配になるメンバー。
どれも強調点がそこまであるわけではなく、展開次第な感もある。

イナムラは2戦目でもう少しポジション取れそう。
内枠でできたイナムラ アヤメ、なんかそういう名前の子、全国探せばどこからいそう。

イナムラ アヤメちゃん、ファミリーマートあたりでバイトしてそう。


2レース
◎タイムロード

お兄ちゃんもなかなか走る馬だけど、この馬も悪くなさそう。
ラルウアには離されたものの、2戦目のほうがよりいいタイプに見えた。
延長でも。


3レース
◎インターラブリー

結局前で決まりましたー
みたいなレースになりそう。

他に◎にした理由がワイルドラッシュの外枠しかない。
インターラブリー、前走内枠で馬券になってるけど気にしないでください。


4レース
◎シャイニングメゴ

でも足りそうな馬場だなぁ。

C3のこの組の7頭立てはまあ仕方ないかな。
月曜の7レースと11レースの少頭数は論外。
番組組んだのは初心者ですか?と疑いたくなるレベル。


5レース
◎ギオンミスロージー

でも足りそう。
省吾がセコく乗ってくれれば。

エムズラーティー文男とかまたまたご冗談を。
馬がビックリして失神しちゃうでしょ、そういうことすると。


6レース
◎アグネスライオン文男

気性がアレだけど、文男が乗ると最後まである程度真面目に走るね。
3年B組文男先生の教育的指導は効くタイプ。
負荷がかからなそうな馬場だし、このメンバーでも…

ウインエスターテとか南関に来るんだな。安定の宮浦。
アスリートスターの鞍上が知らない人になってる。そういうパターンがあるんだな。


7レース
◎イナセナ

時計は短縮できると思う。
エイミーフレイバーの外にキタノカミカゼあたりがいるのは好都合。

ネックはイナセナの鞍上が高野誠毅という点。
強引に行ったりしないよね…?


8レース
◎アポロゴールド

足りるといいですね。
絶妙に足らずに終わりそうな感はある。

なんかトミケンアールトが目標になりやすそうなところにいるなぁ。
みんなマクったりすると、それはそれで困る。


9レースあおい賞
◎コスモボーラー

1700もできそうだけどね。
内枠が凸りそうだし、それをうまく活かしたい。

ジーガークリスタル赤岡ね、そういうのいいと思う。
もう最近のジーガークリスタル見てると、動かせる騎手だったら誰でもいい感すらある。

カントリーウォーク保育園、なんか空気の澄んだ、高原にありそうな保育園だな。


10レースフォーチュネイト白百合特別
◎ジーエンゲージ

のダート替わり短縮。シンプルな発想。
馬場は内も、馬自身はもう少し外枠のほうがいいかな…という感じはする。
そこがどうでしょうね。


最終ジューンブライド賞
◎ツナグテ

クートネイやスイシンとかと迷った。
そのあたりの方々が馬券になるような展開希望。

1200っぽいメンバーで今の馬場の1400、結構難易度が高い。
エースウィズをこのメンバーに混ぜられても難易度が上がるだけだからやめてほしい。



火曜からまた雨が降らないようだし、乾いた時に内がどうなるかね。
火曜の馬場を見てから、水曜はどうするか考えたい。


とりあえず、今日の夜、大井最終終わった頃には、毎年恒例、東京ダービーの予想記事のほうを先に上げます。
posted by cris at 01:39| Comment(0) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

POG2017・part1


どうも、無職です。

無職になって5日が経ちました。
なんか無職になってからのほうが色々忙しい気がします。


いつもだったらPOGドラフト終わり次第ホイホイ記事を上げているものの、今年に限っては諸事情でそんな暇がなく。

そもそも書いても気にしてる人いなくない…?
という思いもあったりはしますが、載せないとそれはそれでお問い合わせをいただくため、まずは昨日行われた本番POGの指名馬について書こうかなと。


そう思ってから12時間が経ちました。
もう月曜も夜です。
相変わらず書く、と決めてからが長いですね。




本番POG2017
参加者15人
被りなし、10頭持ち
ポイントは中央のみ加算。




1位母シルヴァースカヤ

今年は5団体でこの馬を指名。シルヴァースカヤに賭けてる、と言っても過言ではない。

確かに見る角度によっては脚が短い、身体が丸いで来年のばんえいダービーに出てる疑惑すらある。
ロベルト感出まくり、ああシルヴァーホークですね分かりますみたいな体型。

でも脚が短ろうが、ロベルト感が出まくろうが、ディーマジェスティが走っているように、もうディープとロベルトがダメ、という時代は終わった感がある。

去年アドミラブルが図抜けて良く見えたけど、今年はこのヘンリーバローズが図抜けて良く見える。
見た感じ、モノが違う。

と見せかけて単なるダート馬でしたーというオチは正直ありそう。
ああ、あとケガ。それだけが心配。
無事に走ってくれれば、結果は付いてきてもいいのでは…

目標は青葉賞馬券圏内。





2位母シーザリオ

血統的なことに関しては言うことなし。リオンディーズの全妹にそんな野暮なことは言えない。
グローブシアターの全妹でもあるものの、グローブシアターは小さ過ぎ。キンカメにしては小さ過ぎる。
それでいて最低限走るんだから、シーザリオの繁殖ポテンシャルの高さを再認識するね。

牝駒は走っていないとはいえ、ロザリンドは見た目からしていかにも…感あった。ヴァイオラは体質も弱かった。
今年の2歳は見た目からしてロザリンドとかと比べちゃいけない。
これなら牝馬でも走ると思う。

目標はエルフィンステークス勝ち。





3位母アドマイヤアモーレ

いわゆるイベリア。
配合は悪くない。抜群にいいかというとそうでもないけど。

1位ヘンリーバローズ、2位シーザリオは当初の予定通りで、もうこの時点でだいぶ余裕があった。
ここらで何かデビューが速くて調教動いてる馬を指名しないといかんなと、そう思った。

すでに母ラルケットは取られていたし、母ケイアイガーベラはスマーティージョーンズが嫌。
ということでイベリアを指名。

デビュー1ヶ月前の時点ですでに水準級の時計。
1ヶ月あれば、栗東坂路で4F46.0-1F9.7とか出せちゃうんじゃない?

イベリ〇豚とか言われないように頑張りましょうね。

目標は黄菊賞勝ち。





4位母シャンハイロック

3位同様、余裕あったからすでに調教動いている系男子を。
いくら美浦坂路とはいえ、55.2-39.2-24.3-11.7はなかなか期待を持たせる調教。
調教動くスクリーンヒーローは実戦でも走る馬が多い。

森岡閣下がセレクションセールで落とした馬が、なぜかノーザンファームで育成、この時点でも相当期待値は高い。

5、6位で指名できる馬という話はあったけど、うちの団体はこういう動いてる系男子の指名が速い。
それを踏まえて先に4位で指名。

1晩経って冷静になって思った。

指名早かったね。

目標はコスモス賞勝ち。





5位母ゴジップガール

これの指名順位に迷った。3位は早いし、でも事前にやったお勉強POGドラフトでは結構な人気で、実質2位で消えた。
それもあって、4位まで誰も指名しなかったら5位でいく、というプランだった。

ディープ×ロベルトはヘンリーバローズと一緒。
もうアドミラブルで味をしめてしまった分、ディープ×ロベルトに憑りつかれてしまった感。

社台F・吉田照哉社長から半持ちを持ちかけた、という経緯も評価したい。
走るか走らないか置いておいて、社台Fの庭先はどうしても気になってしまう。

てかグーグル、ゴジップガールの2015で検索してるのに、勝手にゴシップガールの2015で検索するのやめろ。

目標はセントポーリア賞連対。





6位母ツーデイズノーチス

こんなんどこらへんがいい配合なのかまったく分からん。

ならなんで指名したのかって、この順位まで残ってたからですよ、ええ。
この馬は他の団体なら5位以内だったと思う。
日高の有力馬が後ろに回されやすい団体。
だからこそこんなところまで残ってた感。

先月、とある某情報筋から『今までのツーデイズノーチスのイメージを捨てたほうがいい』という話を聞いた。
今までのツーデイズノーチスで一番走らなかったら、某情報筋からプリンかパフェおごってもらわないといかんな。

目標はクロッカスステークス勝ち。





7位母ワイルドラズベリー

一応血統派なんだよね。
ロードカナロアは母父ファルブラヴかエリシオが当たるのでは、という仮説があって、実際いきなりステルヴィオが勝って、これは本当に当たり感が出てきた。

ファルブラヴ牝馬の気性をロードカナロアは中和する可能性があると思うし、体型的にも、配合的にもマッチしていると思う。

ステルヴィオはロードカナロア×ファルブラヴ×サンデーサイレンス。
この馬もロードカナロア×ファルブラヴ×サンデーサイレンス。

実際馬体もいいし、ちょっと気性がアレな一族とはいえ、ステルヴィオほどではないだろうから、調教もある程度攻められそう。
結構楽しみにしている馬。これは欲しかったし、この順位まで待って取れたのは大きい。
当たるといいですね。

目標は千両賞or万両賞制覇。





8位母Gold Vault

これはいい馬。
今年の北米トレーニングセール組では一番。突き抜けて良かった。

もちろん姉コンテスティッドが米G1を2勝していることもあり、血統的価値は高い。

でもそれ以上に試走が良かった。
ギア上がった瞬間一気に沈み込む、素晴らしいフォームに。
加速力も、そして体のブレのなさに関しても一級と呼べるものだった。

もちろんマル外の、しかもダート向きの牝馬がPOG期間内にどこまで稼げるかという話ではある。
それでも牡馬相手だろうが関係ない力を秘めている馬。
ヒヤシンスで牡馬を圧倒する走りが見たい。

目標。ドバイ・UAEダービー当日の中山ダート1800・500万勝ち





9位母アーキオロジー

アルキメデスの半弟。
ここ数年の産駒もいい馬多いんだけど、硬い系種牡馬が多かった。

今年はディープ。モハメド殿下がついにアーキオロジーにディープの株を使ってきた。
そういうのいいと思う。

某情報筋が先月『今年のアーキオロジーは違う』と言っていたのも評価の対象。
何がどう違うのかはよく分からない。

あとは厩舎。大正義藤原英か、中内田か、野中か…
さすがに大正義藤原英だと思うのですがね…

目標は白百合ステークス3着以内。





10位母マンハッタンセレブ

藤原英はPOG向きではない、そうは思っていても指名してしまう藤原英。
先輩にも言われたけど、この血統好きなんだよな…

シャンボールフィズとか、そういう方々にも手を出してしまうほどにはサトルチェンジ好き。
すでに山元に移動している分、サトルチェンジ特有の体弱くて遅くなっちゃいましたぁパターンはそこまでなさそう。

それでも藤原英。大正義。少しでも不安が出たら使わない。ペースが遅くなる。
よく考えたら藤原英所属馬でダービー勝った馬を指名したって結構歴史的だったのかもしれない。

もちろんPOGが全てではないし、そういう使い方は賛成なんだけど、これで夏使って、半年休養、4月にアザレア賞走ってましたパターン、ありそうで怖い。

目標はひめさゆり賞勝ち。
posted by cris at 21:16| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

6月4日のお馬ちゃん


土曜の国営はほぼトントン。ちょっとマイナス。
まあ一番苦手な6月開幕週ということを考えればしのいだほうか。

降級馬の中でも降級してはいけない方々が降りてきたことで、余計に戦い辛い日だった。
戎橋特別の1、2着、降級してきちゃダメでしょ。


鳴尾記念はステイインシアトル。
デニムアンドルビーにとって、ペースは向いていた。流れは遅かったけど、ロングスパートにならなければそういう流れのほうがいい馬。
大外を回したほうがいいタイプも、全盛期のデニムはあの形でも差し届いていた。

馬券が外れたことより、デニムに衰えが出てきたことが悲しい。
ここでダメだと馬券になれる条件が…
京都外回りが致命的に下手。番組選択が限られてしまう。


しかし武豊さんと横山典弘さんは逃げるとレースを支配するね。
『鈴つけに行かない後ろが悪い』というのはまあ確かにそうなんだけど、この2人に関しては別。
この2人がいなくなった国営が想像できない。



新馬はどちらも◎が3着になるものの、ナチュラルに外した。
ああ、阪神新馬のワイドだけ引っ掛かった。大したことないけど。
ケイアイノーテックは走る馬だと思う。でもスマーティージョーンズでしょう…?
うーん…


あとサイモンラムセスに乗ってた人。あれは何だ。早めに動いてほしいという陣営のオーダーはあったにしろ、早めに動き過ぎ。そういう馬じゃないぞ…

おまけでやった盛岡メインの◎ナンヨーケンゴーが4だったことは、すでに記憶から抹消しました。
ありがとうございました。




そんな感じで日曜。
土曜の競馬で、相変わらず阪神ダートがあまり自分に向いてないことは分かった。
東京芝は思ったより重い。特にスローペースの時に来た馬の血統が重い。
偶然もあったけどね。重いことに間違いはないし、サンデー系に優しい馬場か、というとちょっと疑問。

そこらへんを考えつつ、





日曜国営





安田記念
◎エアスピネル
▲アンビシャス、サトノアラジン
☆ブラックスピネル、ロジチャリス
△ディサイファ、レッドファルクス、ビューティーオンリー、イスラボニータ、ロゴタイプ、ステファノス

安田記念はファリダット3着の時以来当たってない、まあ苦手なレース。
競馬見始めて20年近く経つけど、3回くらいしか当たってないのでは。
まあここ数年はダンスと遊び過ぎたのもあるにしろ、安田はペース次第で来る馬の傾向が変わる。難しいG1。

そんな難しいG1が、今年も順当に難しい。

エアスピネルはとにかく能力の高い馬。生まれた時代がちょっとよろしくなかったところがある。
左回りのほうがスムーズに回ってくる馬で、右回りで外を回された前走は少々しんどいレースだった。
更に運悪く、イスラボニータが内を掬う見事な騎乗だった。その分の負け。

今回は左回り替わりで、マイル。
使える上がりに限界のある馬で、東京新聞杯の敗因はこれ。
安田記念は歴史的スローの去年で、ようやくレース上がりが33秒台。そういう質のレース。
フルゲートの安田は、いくら前に行く馬が少なかろうがドスローの上がり勝負は想像しにくい。


上がり勝負になることが少ない分、長らくサンデー系が苦手なレースとされてきた安田。
とは言っても今年は多少は上がりが必要なレースになる感のあるメンバー。

そういう意味でアンビシャスとサトノアラジンをちょっと挙げた。ちょっとね。
アンビシャスはイン3狙いそうな枠。ノリちゃんのかわいい姿が見れそう。
サトノアラジンはいつもと違ってトライアルでコケたものの、道悪分は少なからずあった。ローテが良くないのが気になる。


ブラックスピネルやロジチャリスは血統的にプラスな点が多々。
血統的プラスだけで足りるメンバーだといいですね。


土曜の馬場の血統傾向だとビューティーオンリーやロゴタイプ向きに感じる。
ただビューティーはレースの引き出しがそう多くない。そこがネック。
ロゴタイプもアクシデントでダービー卿パスしたのが引っ掛かる。

考えれば考えるほど、今年の安田も当たらなそうだな…





その他のお馬ちゃん





東京1レース
◎フルオブグレース

こういうの◎にしてるから、いつまで経っても◎の4着が減らないんだよね。
分かる。


東京6レース
◎マーブルフラッシュ

こういう吉田に◎付けてるから、いつまで経っても◎の4着が減らないんだよね。
分かる。
吉田は麻薬みたいなもので、何度騙されてもつい◎を付けたくなるんだよな。
吉田を取り締まる捜査官がいてもいい気がする。
たまに逮捕されそうな位置にいるぞ。


東京7レース
◎ハッスルバッスル

こういう柴山に◎付けてるから、いつまで経っても◎の4着が減らないんだよね。
分かる。
柴山も麻薬みたいなもので、何度騙されてもつい◎を付けたくなるんだよな。
柴山を取り締まる捜査官がいてもいい気がする。
たまに逮捕されそうな位置にいるぞ。


東京10レース由比ヶ浜特別
◎デアレガーロ

こういうコピペで予想コメントを使いまわしたりしてるから、鳴尾記念でスマートレイアーが分裂したりするんだよな。

リヴィエールと迷った。
デアレガーロは本質的には1200向きだと思う。
まだ1400でも大丈夫そうだし、短縮はいい。
あとは位置取れなかった時に対応できるかどうか。


阪神メイングリーンステークス
◎スズカルパン

前走はちょっとうまくいき過ぎたところがあるとはいえ、ホント、ダート使ってたころのスズカルパンとは別馬。
馬って分かりませんね。
そんな馬のかけっこにお金を賭ける行為が果たして正しいのかどうか、自問自答してる。

なんてことはなく、また今日も元気にお馬ちゃんのかけっこにお金を投入してしまう、学習能力のない26歳男性。


阪神最終
◎ハトマークエース

タガノジーニアスと迷った。
ハトマークは外枠はいい。足りるといいですね。
なお東京最終は◎ジェイケイライアン。届くといいですね。

他力本願な、展開で足らせようとしてる◎ばかり。
日曜も◎4が減ることはなさそうだ。
posted by cris at 03:00| Comment(0) | 週末の国営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

6月3日のお馬ちゃん


金曜の浦和はボチボチ。
火傷しないよう遊んでたし、こんなもんでしょ。

メインのスーパープルームは良かったものの、ティーケーボーラーは絶対いらないと思って買った9レースで、ティーケーボーラーが勝って◎カケオチジョニーが4、これが一番アレだった。
あれ本当に俺の知ってるティーケーボーラーだったのかな。
馬が違ったぞ。


今開催に関しては崩れはしなかったものの、弱気になったところが多々あったのが反省点。
でも一番悔しいのはラブバレット。
未だに悔しい。
あれは何とかなったという思いしかない。




そんな感じでまた週末。
無職になって初の週末、今日も出勤。
無職感がまるでない。

そして今日からクラス替え。
降級馬が増えるこの時期は毎年自分の競馬に徹することができないから困る。
強い馬が席埋めて、◎が遅刻して4、よくあるパターン。

ああ、これ降級馬いなくても、365日一緒か。





土曜国営





鳴尾記念
◎デニムアンドルビー
▲スマートレイアー、バンドワゴン
☆スズカデヴィアス、マイネルフロスト
△ラストインパクト、スマートレイアー、ステイインシアトル

デニムアンドルビーだと思う。久々にデニム◎で自信があるレース。
何度も書くけど、デニムは好走パターンが似ていて、複数来る好走パターンのうち、3つほど満たせば大崩れはない。

今回は、勝負どころが下り坂ではないコース、コーナーが4つ、4角で馬群がある程度固まりそうなメンバー、極端な内伸びにならないレースの4つが該当。

前走はコーナー2つのマイルで、2走前は内にいた馬向きの1800、3走前は半周ダート。どれも参考外。
今回は久々に条件がある程度揃った。

一瞬の脚は日本トップクラス。それだけに中盤からのロングスパート勝負だけは避けたいけど、このメンバーならそれはないのでは…
4角である程度馬群が凝縮してくれれば、最後ドカンはあっていい。延長もプラス。ワンテンポ待ってタメられる福永替わりもいい。
ここ最近の中では一番調教も動いているだけに、期待しかない。


相手をどうするかね。
バンドワゴンは前走、ああいう競馬ができるとは思わなかった。
頭数が少なかったこと、準オープンだったから、という可能性もある。
それにしてもルメール上手かった。そういう競馬に応えられるくらい馬も成長してきた感もある。

スズカデヴィアスはちゃんノリのご指名。それだけで気になるね。
鞍上が何か企ててる感ある。
直接乗りたいと伝えたとか、エージェント外してからより一層かわいくなったなこの人。





その他のお馬ちゃん





京都1レース
◎ダノンキラメキ

前走は枠や牡馬混合を考えたら悪い走りではなかった。
阪神の外枠でスムーズな競馬ができればそろそろ足りても。


東京2レース
◎ファイヤーワークス

そんなにダートダートした一族ではない。
ただルーラー×ボリクリの組み合わせ的にもダートはこなせそう。
ダート替わりが東京なのはプラスだと思う。ゲートちゃんと出ましょうね。

シンボリスーマラン、毎週いないか…?


阪神7レース
◎ニホンピロワールド

この時期に阪神の2600の未勝利を組んだのはJRA久々のファインプレーのような気がする。
めったにファインプレーのない団体だから、たまにファインプレーがあると、余計にファイン感あるね。

もうヨーロピアンに振っていいレースだと思うんだけど、こういう馬にこそルメールみたいな騎手を乗せてほしい。
タガノヤグラの藤懸→ルメールはさすがに反則でしょ。

とりあえずヨーロピアンで決まってください。


東京8レース
◎タニガワ

『降級すれば力上位』と陣営は言ってるけど、あなた500万は川崎で勝ち上がりだったでしょ。
そもそも1000万の厳しいペースが合った分の前走4着という気はするけど、東京ダートマイルは合ってるだけに頑張ってほしい。


東京9レース国分寺特別
◎フローラデマリポサ

いい馬。
初戦は気性的なものがあっての大敗。
それを1戦で立て直してくる堀厩舎すげぇ。

怖がりな部分があるだけに、枠は悪くない。
昇級しても全然やれる馬だし、それでいて50キロ。この馬を50キロで走らせていいのだろうか…

ウチパクもよく50キロ承諾したね。それだけマリポサを放したくない、ということか。


東京10レース稲村ヶ崎特別
◎スクエアフォールド

に2400は長い。短縮は歓迎。
頭数少ないのはネックも、短縮分我慢が利いてほしい。

でも稲村ヶ崎特別は本当に当たらないんだよな…国営も、川崎も。
最後に稲村ヶ崎特別当たったのはミヤビジンダイコ勝った時だと思う。

稲村ヶ崎は今日もダメ〜♪
なんつって

ごめんなさい。


阪神10レース三木特別
◎サイモンラムセス

6月阪神芝は力がいる馬場になりやすい。
その分ブラックタイドの成績が良くなる。
シンプルに考えた。シンプル過ぎる気がした。
短縮ならもっと良かった。


東京メイン麦秋ステークス
◎ゴールドスーク

右回りだと半周じゃないと走れない馬で、本質的に左回りのほうがいい。
直線でまっすぐ走れないタイプだけど、左回りのほうがマシ。東京だとあまり色々考えず乗れるのがいい。
前走もいつもと違う競馬になりながら掲示板確保。さすがに東京だと走るね。
降級馬相手も、外枠替わりで一考したい。





おまけ。





盛岡10レースかきつばた賞
◎ナンヨーケンゴー

じゃないんですか。
リアル障害帰りだったOROターフで叩いて、からの延長。
家全は出てないし、高松は1540mあたりで止まるだろうし、ブレイズアトレイルに58キロ背負わせて2400はちょっと酷では…。
サンエイゴールド、ブレークビーツ、ナンヨーケンゴーの実質3頭立てと考えて、そこにいくら投資するかを考えたい。

これ、ブレイズ3、ナンヨー4だったら東京湾飛び込んじゃうやつだ。
posted by cris at 02:44| Comment(2) | 週末の国営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

金曜の浦和


木曜の浦和はまあまあとボチボチの中間。
雨降って馬場も変わったし、それを考えれば悪くはなかった。

ただ個人的には、もっと馬場が変わると踏んでいただけにちょっと意外な感もあった。
内が詰んでいいように予想したし、実際内の状況は良くなくなりつつあったんだけど、もう少し変わるかなと。内全部詰む想定もしただけに。

それくらい朝方、東京はスゴい雨だった。
浦和、うちから電車で30分くらいのはずなんだが…


最終はちょっと嬉しい当たり方。
ベストワークスの騎手の4コーナーは絶妙。真島はああいうことやらせると上手い。
増田の後ろに入った時には真島をどう煮ようか考えたけど、絶妙。
ベストワークスを勝たせるには、結果的にアレしかなかった。

似たようなパターンだと6レースのアールケイワンか。藤江も4角で開くのが分かってる1人。


メインのガリャルダは道中結構心配なことしてたけど、足りてくれてよかった。繁田ああいうの心臓に悪いぞ。俺はまだしも、ガリャルダを◎にしてた後期高齢者の心臓が心配。



そんな感じで浦和も最終日。悪い開催ではなかった。
最終日におふざけしてしくじるとか、そういうパターンだけはなしにしたい。

最終は全体的にうまくいき過ぎ。
逆に言えば、あれくらいならないと差し競馬にはならない、ということでもある。
実際ミスワイキキが勝った4レースも、あの枠の形でこの決着。外の、他力本願型の差し馬が一番厳しい。
皆さん考えて競馬しましょうね。





金曜浦和





紫陽花特別
◎スーパープルーム

いきなり目に飛び込んできたオウケンゴールド最内。
そういう出オチいいから。

アドミラルティにコスモパープルがいて、その外にグッドネス、マルヒロナッツオー…
…マルヒロナッツオー?
お前ここで何してる。早くおうちに帰りなさい。

スーパープルームは泰斗と手が合うように感じる。
元々崩れはないタイプだけど、泰斗が乗った時の安定感がそれ。この手のタイプは泰斗上手い。
展開もある程度向きそう。あとは泰斗の味付けに期待したいね。

リアライズブラザーが転入初戦で文男の意味を考える。
それだけ走るか、文男じゃないと矯正できない気性か、着火係か。
熱狂的文男ファンである小久保将軍の采配だし、どれもありそうでアレ。




1レース新馬
◎リッカサンサン

ネコジャックと迷った。
リッカサンサンは初戦から走れそうな配合。魔界の新馬だと直線長そうだけど、浦和だし。

(株)フロンティア・キリー、年々馬名の付け方が雑になってる気がするぞ。


2レース新馬
◎ヴァイスシュテルン

小久保将軍が能試で51.2は速い。
配合的にもいきなり走れそう。
小久保将軍の新馬の騎手起用のシステムがイマイチよく分からん。


3レース
◎リュウノジャパン

もう少しは走りそう。もう少しは。
このメンバーだとクレアローズの時計が輝いて見えてくるから不思議だ。

しかし最近の海馬澤は本当によく内枠が当たる。
何らかの忖度があったのではないか(ただ忖度という単語を使いたかっただけ)


4レース
◎グッディインベスト

人気ですけどね。
ケイサンホイミと迷った。

グッディの一周延長はちょっと見たかった案件。
脚はそんなに速くないものの、1200使ったのが延長でいいほうに出てほしい。


5レース
◎ミラクルフォンテン

なんかレース後、フツーに◎リュウノヘイローとかにしておけば良かったのに…
とか言ってそうな◎ミラクルフォンテン。

ミラクルはこの延長に意味があると思うんだけど、1500使うなら黄色ではなく省吾が良かったなぁ…
黄色は距離考えて最初ポジション下げそう。それがネック。


6レース
◎カルクオンガエシ

サトノマーキュリーあたりまで足りるような展開だといいですね。
とりあえず繁田は前に行く仕事はアルミサエルとかに任せて、じっとしていてほしい。
一緒に先行し出したら、今日の繁田のおやつはなしだ。
俺が代わりに食べる。

ランペイジ文男とか、高月はたまーに面白いよね。
もっと早くやってくれそういうの。


7レース
◎サレルノ

雨が降ったことで、800も外前あたりに網を張ったほうがいい気がする。
内枠だとヤスノフェアリーも気になるものの、障害物が多そう。

ワイルドソウル塚本という文字列が見えた気がするけど、なんかどんどんワイルドソウルの鞍上欄が知らない名前になっていくな…


8レース
◎ピースロード

内枠の方々が凸って、その分競馬がやりやすくなりそう。
浦和なら1周も特に心配ない。

マイネルテゾーロ櫻井ね、伊藤滋にはそういうパターンがあるんだね。


9レース行田古代蓮賞
◎カケオチジョニー

タケデンダグラスと迷ったものの、ノリP最内は嫌な予感がするからこちらに◎。
忍◎も大概嫌な予感はするけどね。

そして…あのぉ、ティーケーボーラー選手は一体何をしにマイルに出てこられたのでしょうか…


てか浦和競馬、埼玉県各地の名物などの冠レースが多いけど、その中でも行田は異様に多い気がする。
理由はよく分からん。
埼玉県庁に聞いてくれ。


10レースうどんとこいのぼりのまち加須賞
◎ジョーフリッカー

の騎手が起きたらムーアになってますように。
ライアンとは言わない、せめてジョンかトレイあたりを起用してくれ。
まだ見越よりいい気がする。

ラチ沿いにへばりついてそのままラチ沿い回ってこないで、少し頭を使った騎乗をしてほしいところ。


最終稲荷山特別
◎エルブダムール

逆転の発想でここ。ダテノトライアンフとかと迷った。

最内からアサクサハヤブサ、ワンダフルワンダー、アルトサックスときて、いつから浦和にダート1800なんて条件できたんだ、公正競馬の侵害みたいな条件だなと思ったら、1400じゃねーか…

君たちみんな、夕方のラッシュで混む前に、早く武蔵野線に乗って船橋にお帰り。
また次開催の船橋で会おうな。


なんで最終日の最終にこういう異種格闘技戦みたいなメンバー組んで、ファンの頭を悩ませるんだろう。
翌日からの国営頑張ってねとか、そういうねぎらい感あるメンバーでレースやってくれてもいいと思うんだ、俺は。





さあ、来週はいよいよ哺乳類最強決定戦、東京ダービー。
36回目の挑戦となる帝王が、ついに表彰台に立つ日がやってきた。

また今年も東京ダービーを迎えることができたことを、神様に感謝したい。
posted by cris at 03:15| Comment(0) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

木曜の浦和


水曜の浦和はまあまあとボチボチの中間。
浦和で稼がないといけないだけに、正直もう少しリターンがないと…という感じ。

ある程度馬場も読めてたし、ハマりも悪くなかった。
でもさきたま杯ね。ラブバレットに乗ってた聡哉、ちょっと話し合いたくなったね。


3コーナーのラブバレットの手応え見て、まず馬券になったと思った。当たったし、あとはどれが一番付くかなーと思いながら見てた。
そしたら4コーナーでアンサンブルライフの後ろから出ていかないじゃん。嫌な予感はしたよね。

確かに、アンサンブルライフがやや内にモタれてて、それを真島が左ムチで矯正してたから、ラチを突くのもリスキー、アンサンブルライフの右を狙うのもリスキー。
しかもベストウォーリアが思ったより伸びず、進路がなくなってしまったのも仕方ない話ではある。
それにしても、ねぇ。

やっぱり1コーナーだと思う。
コーナーは川崎のほうが狭いんだけど、構造上浦和はポジションゲーになる場合が多い。
1400において、1、2番に入った馬はポジション取れれば大変有利になるけど、取れず、インの5番手くらいになった時に競馬の選択肢が大幅に減る。

だから分かってる方々はまずポジション取りに行く。省吾がそう。文男もそう。
正重とかそういうのは少数民族よ、妥協しちゃうのは。

確かにラブバレットが右脚を滑らせた分、いいスタート切ったのにポジション取れなかったのはある。アンサンブルライフ@真島も結構締めてきてたし。
それにしても、ねぇ。

ポジション取れる取れない置いておいて、もう少しあのインのポジションは譲らない、聡哉にはそういう意思を見せてほしかった。
ラブバレットが左回り下手なら仕方ないけど、ホームが左回りの馬。妥協が早過ぎたのでは、そう思う。
あそこでポジション取ってればアンサンブルが前にいることはなかった。芸術的に詰まらずに済んだ可能性は高い。


そんなさきたま杯を勝ったのはホワイトフーガ。蛯名好騎乗。あれしかないというくらい動くタイミングが良かった。
正直あの競馬をしたモーニンに負けた国営の方々はこの先結構厳しいのでは。ベストウォーリアはちょっと馬が変わってきた感がある。



最終のピースフォーエバーはあの競馬で足りないなら仕方ない。
ウエスタンプリンス、直線は新しい遊び方でしたね。相手が弱いのも考えものだなぁ…

エラスムスは相変わらず浦和でパフォーマンスが上がる。浦和所属になったほうがいい気すらする。正重も一緒に。
イーストスパークルは脚元なんともないといいんだけど。


ああ、話題の4レース。G1にふさわしいレースだったと思う。
ソリッドゴールドはまあいいや。ノーリグレット、お前そろそろ危ないぞ。ヤリのパターンがファン層に読まれてる。

あとガトリング、お前は一体何をしに浦和に来た。
そろそろサトケンとガトリングが埼玉県警と3者面談にならないか心配。




そんな感じで木曜。
今日から雨ですって。水曜までにもっと頑張って稼いでおくんだった。
4日目に雨降るとやる気減退、最終日まで頑張る気力がなくなる。
結局やっちゃうんだけど。

のんびり馬場見ながらでしょうかね。今日から無職、時間はある。

しかしここ最近の浦和1400は内枠の方々がスタート直後によく滑るな。
あの内のあたり、地面にコンニャクでも敷いてるんじゃない?





木曜浦和





水無月特別
◎ガリャルダ

かスティレットか、といった感じか。

内からエースヴィクトリア、センペンバンカ、コスモフットライト、シークロム、ラガッソ…
しかも、これに雨でしょう?随分難易度高い問題がきたなぁ。

フットライトやシークロムの内にエースヴィクトリアがいて、しかもマイルというのはポイントになりそう。
スティレットに◎打たなかったのは、雨で内の状態が変わる可能性を考慮したから。

ガリャルダは放っておいても展開向きそう。
ネックは、前走、完璧な競馬ができたのが1500だった点。内に入れてのリカバリーも1500だったからこそ可能だったところがある。

今回は1600。繁田はメンバー見て、じっくり構えてれば勝手に展開が向くと考えていても不思議はない。
そういう乗り方で大丈夫なのかという不安はあるね。




1レース新馬
◎エスティローレル

小久保将軍は能力試験から頑張って時計出さないから、実質51秒前半から中盤の時計と言ったところか。
初戦向きという意味ではアヴァレソーとかなんだけど。アヴァレソー、なんか第二のサヴァアルジャン化しそうな馬だな。

ケムマキの子がいる。ママになっていたとは知らなかった…
ごくたまにお世話になってたな。
下級条件の馬の子とか、なんか嬉しい。


2レース
◎クロイダンガン

うん、いつもの浦和だ。
競馬を開催していいのか疑問なメンバーのレースがあると、なんか安心する。

クロイダンガンは脚力だけならもう少し上でもやれるものがある。
ただそれをコンスタントに出せない。本当は芝向きなのでは…という疑問すら浮かぶ。
今回は延長。900使ったことがいい刺激になってほしい。


3レース
◎エムノクラウン

ブレスオブファイアと迷った。
ブレスは最近の4着続きで試していなかった1400短縮。
それは悪くないなぁ…と思ったけど、また4着になりそうだから◎回避。

エムノクラウンは短縮で赤岡替わり。馬場がどうなるか未知数なところはあるものの、赤岡に任せましょう(丸投げ)

このレース、人気が見越、吉留、吉本だったりするのかな。
そういうの、埼玉県の条例に引っ掛かったりしないのかな。
大丈夫かな。


4レース
◎セイウンラードゥガ

届くといいですね。
今のラードゥガに1400は短い気がしないでもないけど。

ツガノサツキにはある程度攻めてもらいたい。ビッグサワラが外にいて、更に外にミスワイキキ文男。
人間戦車的場文男が強引にいったところを最後ラードゥガが回収するイメージ。

なんかうまくいき過ぎてるストーリーだな。
安いストーリーで、こんなん同人誌として出版もできぬ。


5レース
◎スカイランツー

パターン的には今回のような気がするがさて。
とりあえずプロセッラが危なそうなのは分かる。

ソラリスの騎手はなんでこうなった。
どういう繋がりだ一体。


6レースツイントップ特別
◎アムールリアン

の短縮はちょっと待ってたところがある。
雨が降って枠がどういう方向に働くか掴めないところはあるものの、臨戦過程に期待したい。

しかし前走まで乗ってた武藤厩舎の馬がいるのにサノノジャングルに乗るんだな、息子は。
あとオトコマエジユウの騎手が男前だなって、そう思った。
感想はそのぐらい。

ああ、1つ忘れてた。
なんで大下がいるの?

でも大下って地方7戦3勝なんだね。4へぇ。


7レース
◎ウインヴァンノ

前走は仕込みだったと思う。
このメンバーでこの枠は悪くない。
小杉の存在が気になるものの、枠的にも小杉は過剰に攻めてこないのでは。


8レース
◎マスターリデル

まーたこういうメンバーで競馬する…
別に雨降らないのであれば、こういうメンバーで競馬開催してもいいと思いますよ。
雨だよ?
屋根付けるか競馬やらないか、どちらかにしてほしい。

マスターリデルは短縮はいいと思う。
雨が降った後の砂をまだ体験してなさそうなのがネック。


9レース行田浮き城賞
◎リンノメサイア

また難しいメンバーだな。。

リンノメサイアは叩2もいいけど、最近の気の悪さを考えると、ここで短縮して締めてあげて競馬に集中させてあげるのはいいと思う。
そこに期待したい。
湿った砂なら足りていい力のある馬のはずなんだが。


10レースマルチステッキ特別
◎フォクスホール

いやティアップサンダーとか◎にしようとしたけど、なんか違う気がして結局妥協してしまった。
フォクスはまだ完調ではないと思うけど、それでも叩2で延長、このメンバー相手なら足りてほしい。
てかフォクス、まだこのクラスだったんだな。

また大下がいる…経費の削減目的かな…
見習ったほうがいいぞ東京都…


最終夏椿特別
◎ベストワークス

内ラチ沿いの状態次第。
ドゥラセア◎も考えたものの、距離感的に考えるとベストワークスか…

外がどこまでポジション取りに来るかじゃないでしょうかね。
6枠と7枠、主に君たちだよ。

ある程度差し競馬になってほしいなぁ(願望)
posted by cris at 03:02| Comment(0) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

さきたま杯2017


火曜の浦和はまあまあ。4レースの3複があそこまで付くとは。
正直メロディーの騎手があんなに上手いこと乗るとは思わなかった部分もあるし、100円だけだったのは仕方ない。

仕方ないと言えばメインもそうか。レアヴェントゥーレとサトノアビリティが共存してどちらも残るか。その発想はなかった。
いくら後半の負荷が軽いとはいえ…


最終のファビンは赤岡の好プレー。
ネックだったのは、1列目とファビンの間に複数の馬が挟まって、ファビンが動けなくなることだった。
赤岡が1コーナーまでに頑張ってポジションを取りに行ってくれた分、4コーナーが大変楽になった。

赤岡はエイシンターザンでも似たようなことを考えていたし、あのポジションは譲ってはダメという意識があるんでしょうな。
そうやって素早く馬場を読み取れるところが赤岡のいいところだし、誰とは言わないけど南関所属なのに赤岡より馬場読むのが遅い人々、ちょっと考えたほうがいいと思う。


ああ、あとデンジャラーね。。
疲れていて、馬券買ってからちょっとお昼寝してる間にオッズ動いてて涙。
そろそろデンジャラーが捕まらないか心配になってくる。




で、3日目。
グランスーリールが残れる馬場。
逃げ馬全部軸にする馬場ではないけど、そういう一定の軽さはある。

いかにコーナーを使えるか、結局のところ1コーナーの入り方がポイントになりそうですね。





水曜浦和





さきたま杯
◎ラブバレット
〇ベストウォーリア
▲アンサンブルライフ
△モーニン、ニシノラピート、ホワイトフーガ、ドリームバレンチノ

国営勢が浦和1400向きではない方々中心、というのもあるし、枠の形的にも、これはラブバレットが足りそうなレース。
少なくとも2走前に近い形になれば足りる。

一番怖いのはモーニンあたりに被されるパターン。
ただモーニンはそんなにテンが速くない。
でも砂被らせられたくない分相当頑張って押してくると思う。その影響を受けたくはないね。
ラブバレットはこの状況でスムーズにポジション確保できれば…


モーニンが詰みそうで、ホワイトフーガも1400短縮分モタモタしている中、ベストウォーリアはまた乗ってる人の動きが理想的過ぎて綺麗に差してきそう。
戸崎の浦和は芸術。ほとんど無駄がない。
若手は浦和の戸崎のポジショニング、動きをよく見るべき。


JRAの方々がそれぞれそれなりに不安持ってるし、アンサンブルライフあたりでも戦える感はある。
国営勢の自滅を祈ろう。




1レース
◎バジガクサリーレ

恐ろしく久し振りにハマタツに◎を打つ。
その時点でそこまで期待はしていない。
内をうまく使えるといいですね。


2レース
◎ミキノアレグロ

前走はいい仕込みだったと思うよ。
右回り使った後の最内に若干ネックはあるものの、枠の形は悪くない。


3レース
◎ハッピーカンパニー

ある程度自在性のあるハッピーに◎。
マドモアゼルサキが攻めてくる分内は競馬が難しくなってきそう。
そういう意味でも、ポジションをある程度取れるハッピーはいいのでは。

外の動きがちょっと変わるだけで差し競馬までありそうなメンバーではある。


4レース
◎シズク

出馬表開いた瞬間笑った。何だこれ。

ノーリグレット、ソリッドゴールド、そしてガトリングなど、その筋では有名な方々が大集合してる。
そしてみんなまとめて外枠にぶち込まれてるのがまた面白い。

まとめて縛って外枠にぶち込む埼玉県の優しさね。
ちゃんとまた仕込んで、この先頑張れよ、という親心を感じるなぁ

ある意味G1と言っていいメンバー。
出走馬の前科を合計すると何犯くらいになるんだろう。

超豪華メンバーを一般企業の昼休みに該当する時間に施行するあたり、浦和。
こういうメンバーが集まると誰がオッズ下がるのか、大変興味深い。

このメンバーが1つのレースにまとめられたのは、警察が捕まえやすくなるから…という説、あながち間違いでもない気がする


5レース
◎スピカプレイス

1200連続で使った後に延長、ポジション取れそうな感。
あとは最後ごまかせるといいですね。


6レース
◎シナノクリス

前走は最内が響いたのもある。
ナリユキマカセと枠が逆だったら良かったけど、文句は言うまい。
うまいこと切り返せるといいですね。

クリールジェニーと迷った。さすがに負荷が緩いし、後ろは相当工夫しないといかんね。
ネガティヴ、もっと早く800m使ってほしかった。


7レースサンスポZBAT!賞
◎マイネルラヴォーロ

ハニーレイに◎打とうとしたら、鞍上が元に戻ってる。◎はやめよう。
マイネルラヴォーロは前走1200使ったのがいいほうに出そう。
うまいこといくといいですね。


8レース埼玉一の米どころかぞ賞
◎イーストスパークル

逆転の発想。
翼には強気に乗ってほしい。

なんかこう、称号として『埼玉一』って付くと、なんか…ダサいというか…
某埼玉県人に以前それに近いことを言ったことがあって、『余計なお世話』と怒られたことがある。
事実だと思うんだけどなぁ…


9レース行田市観光協会会長賞
◎エラスムス

2走前は展開が厳しかった。メンバーも。
前走もある意味それに近かった。

正重にポジション取る期待をかけてはいけないと頭では分かっているものの、結局◎エラスムスに。
エラスムスはあまり浦和使っていないだけで、かなり浦和上手いタイプだと思う。

ジンダパインとかと迷った。
この枠の並び、メンバー考えるとホイホイ差し競馬まで視野に入れたい。


10レース薄暑特別
◎ダイチ

シャドウシティーと迷った。

ウエスタンプリンスは一体いつまでこのクラスにいるんだ…
もう分かったから、早急に荷物をまとめて上のクラスか、他の競馬場に行ってほしい。

そろそろ他の馬から公正競馬なのか疑問視する声が届きそう。


最終薫風特別
◎ピースフォーエバー

トゥモローウィングにハナ行ってほしいけど、1400短縮は結構不安。
ということでピースフォーエバーに◎。ある程度ポジション取れるといいですね。
前走船橋1200を使っていたのはポイントになってきそう。

カスタネットのローテは一体何を目指してるんだろうか。
イマイチテーマが伝わってこない。
posted by cris at 02:46| Comment(0) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

火曜の浦和


日曜の国営はダメ。
途中まではギリギリ戦えたものの、頑張った目黒記念で完敗して終了。
競馬、難しいね。


目黒記念、フェイムゲームが勝ち切る流れでハッピーモーメントが一緒に足りる、その発想がまったくなかった。
トニービンの共存という目黒記念のテーマにおいて、そっちのトニービンが共存するのか。
まだまだ勉強不足。それに尽きる。
正直ここまでタフな目黒記念になるとは思わなかった。
ダービーがスローだったのをもっと深く捉えるべきだったか。


そんなダービーはレイデオロ。

凡戦かどうかを置いておいて、騎手心理、という点で言えば、言われるほどつまらないレースだったとは思えない。
スローで動いたルメールの勇気と、あのタイミングで動かして、そこから一度馬をなだめて我慢させる技術、最後もう一度エンジン掛けるまでのやり過ごし方、粘らせ方、どれをとってもさすがとしか言えない。

『最も運がいい馬が勝つ』と言われるダービーで、スローで動ける枠を引いたレイデオロの運も、その運を活かしたレイデオロの力も、どれも称賛されるべき。


『アドミラブルも捲れば良かったのに』という意見も結構見られた。
書くと長くなるし、面倒だから深く触れないけど、淀みない流れだったり、タフな流れで強いことでお馴染みバレークイーンが、青葉賞としては歴史的ハイペースだった前走から、歴史的スローと言われるダービーに変わった、その時点で結構なマイナスだったと思う。
トニービン持ちの難しい点は、外からねじ伏せるようなレースが得意な割に、スローを器用に捲ったりできないところ。
他にも色々考えられる要素はある。1番人気で大外だから、ただそれだけの言葉で片付けられるほど単純な話ではないと思うし、単純な話で片付けると、今後競馬が上手くなることはないのでは、そうも思う。


マイスタイルの好発からハナ切るまでの動きは絶妙だった。
本来2番手のトラストが動くべきなんだろうけど、直線の長い東京で、なおかつ逃げてるのがノリちゃん。
丹内は動きづらい。ここで積極的にレース動かしていってほしかったけど、丹内はあの状況ではあれがベストと判断しただろうし、その分8着に残れたのも事実。


影響受けたのはダンビュライト。戦前の懸念、最内が悪いほうに働いたパターン。
せめてトラストと枠が逆であれば…と思う。武豊さんが外2だったらノリちゃんがスローに落とし切れなかっただろうし、またレースは違うものになっていた。

結局のところ、この枠の形だから、このメンバーだから、そういう事情が絡みあって誕生した組み合わせ。

でもレースってそういうものだよね。レースは生き物、よく言ったもの。


サトノアーサーは出していくと掛かるからあのポジションになったんだろうし、カデナにしても道中動けるタイプではない。

日本人が〜
外国人騎手が〜

まあそういう論調が出てくるのも分かるけど、馬のタイプを考えてそういう論調になっているか?という話。
仮にルメールがカデナとかに乗ってて、ルメールが捲れたか?そうは思わないね。


日本人騎手があの展開で動けないのは事実。
それは東京の長い直線を意識してしまうことなど様々な理由もある。
もちろんレイデオロ@ルメールみたいにストップアンドゴーができる技術が足りないというのもある。

俺は今回のレースを、日本人が、外国人が、で片付けたくない。
別に考え方は色々あるものだし、様々な考えがあるべきなんだけど、どこまで今回のダービーを考えるか、これは本当に大事なことだと思う。

せっかく色々と考える要素が散らばっているのに、1つの要素だけで考えて、何も具体性のない論調に終始するのは、正直もったいない。

まあここまでの自分の論調に具体性があるか、というとそれは答えに困るね。



あまり真面目なことを書かないようにしてるんだった。

しかし日曜も元気に◎4の繰り返し。
京都1レース、東京1レースでどちらも◎4。もう不穏な空気。
◎4を積み重ね、障害未勝利も◎ココ4。
先輩に病気と診断される。

東京6レースで◎ワカコマタイヨウ4。地面に溶ける。
柴山あの手応えで4なの?単勝89倍とか書いてあったよ?
隠れ芝馬だと思ってたら4。
階段から転げ落ちた。後輩たちの視線が生暖かかった。


記憶を無くすべく、レース中に酒飲んでたのがまた良くなかったな。
開催終わった後もみんなで飲みに行って、結局1日通して飲んでた記憶しかない。




今週は浦和。
月曜は編集してたこともあり、ほとんど静観。
フォンテンヤリっぽいからメインでファイアフォンテン買ったくらい。

カウアイフォンテンに乗ってた人が一番ギャグ性強かったかな。
定置網に引っ掛かる魚みたいな感じだった。



そんな感じで火曜。
なんとなーく馬場のイメージを掴んだ程度の感覚。
ここから詰めていきましょうかね。





火曜浦和





エメラルドカップ
◎プレイザゲーム

これはゴーオンではなかろうかと思った瞬間、目に飛び込んできた岡村。
出馬表をそっと閉じ、キューピー3分間クッキング名場面集を眺め始めた。
なるほどなぁ、岡村なんていう選択肢があるんだなぁ。

レアヴェントゥーレがいて、外にサトノアビリティ。
妥協しないマンのレアヴェントゥーレがちゃんと行って、ある程度レースを締めてほしい。
そうなると後ろの方々は前追い掛けた順に垂れていくと思う。
それに乗じて、どさくさに紛れてプレイザゲームを足らせたい。

延長はリスキーだけど、逆に言えば刺激を与えられているわけで、後者がプラスに働いてくれれば。


買わないけどエデンロック藤井勘という文字列がいきなり目に飛び込んできて笑った。
そういうジョーク結構好きだよ。札幌芝1500で見たかった組み合わせ。




1レース
◎ゴールドバード

浦和の1レースにしては悪くないメンバーだと思う。
いつもここは奈良公園ですか状態だし。それに比べればまだマシ。

内枠のゴールドバードはポジション取れないと脆いね。
泰斗もそれを考えて乗ってくるだろうし、この並びなら。

べスヴィアス、浦和の最内とかできるの…?


2レース
◎レインボーアメリ

ケイティーエイコウが調試明けだからこっちで。

リュウノハートが最内だし、外のこの組み合わせなら多少は流れそう。
フラダリがどこまで攻めるかにもよりそうな。


3レース
◎ジュニア

うん、いつもの浦和競馬だ。
いつもより1、2レースのメンバーが悪くなくて心配したけど、出馬表見て安心した。
こういうメンバーで競馬してこそ埼玉県。なんか安心する(病気)

ジュニアの前走は仕込みくさいんだよなぁ…
延長でその成果が出てほしい。

イントゥレジェンド半澤?What?
と思ったけど、そう、宇野木に転厩したのね。
サトケン血統がサトケン家から出てどうする。


4レース
◎エクセルライズ

メロディーとかと迷った。捌けるといいですね。
そういう展開になってほしい。

さりげなく藤田菜がいる。ホント、全国巡ってるな。
営業がよく入る芸人でもここまで全国巡らないぞ。


5レース
◎ネオヴァイン

届くといいですね。
プリンセスラッキー次第。締められそうになっても、諦めず頑張ってほしい。

てか最近埼玉県、アンジュディアブルに優しくない?


6レースツインベスト特別
◎ファストソレル

休み明けというのはまあネックではある。気性は休み明けできそうな感じだけど。

そもそもタートルボウルのダート替わりって浦和でも使えるのかな。
青森県の駄菓子屋でユーロ札出すような感じか(下手な例えだ)

イチネンイチクミ吉本、学級崩壊してそうな文字列きた。


7レース
◎エドノマツカゼ

あれ…これ楽に単騎…?
逆に埼玉県の陰謀を疑ってしまうレベルで単騎っぽいな…
埼玉県に騙され続けて、普段から埼玉県を疑ってしまう26歳男性。


8レース世界キャラクターサミットin羽生賞
◎ナスノフラッシュ

このメンバーにしれっとナスノフラッシュを混ぜるさいたま市。
ナチュラルに出馬表に収まってるけど、こういうのいいんだろうか。

ルクレツィアとかも考えた。まあそういうレースになってくれれば。
ポデギータのローテは厚生労働省が調査すべき案件だと俺は思うよ。


てか、世界盆栽大会に続いて、また俺にネタにされそうなレース名がキタ。
ネタにしようと、当然調べる。

開催11月25日…?

半年先じゃねーか…
なんで今このレース名で競馬施行してるんだ埼玉県…

諸事情あって、埼玉県のゆるキャラ事情にはほんの少々覚えがある。
だから世界キャラクターサミットが埼玉県で行われることに違和感はないんだけど、去年401キャラクターも集まったんだな。
アメリカや台湾からも来たとはいえ、400近くキャラクターいるのか日本。

昨年の集合写真が実にシュール。
右斜め上に前橋のころとんを発見した(だからどうした)


9レース足袋蔵のまち行田賞
◎エイシンターザン

エアーウェーブとかと迷った。
枠とかも考えるとここらへんですかね。

競馬のブログ名乗ってるのに、予想のコメントが世界キャラクターサミットin羽生賞の6分の1なの、自分でもどうかと思う。

でも様々な関係者は世界キャラクターサミットin羽生賞の情報を待ってると思う。
だから俺は世界キャラクターサミットin羽生賞の情報を出し続けたい。
うん、もはや義務だね()


10レース深緑特別
◎ゴールドレインズ

フレンドリトルとかまで足りるといいですね感あるレース。
フレンドリトルには2走前に引っ掛かっちゃった分、なんか◎にし辛い。

チェリーサターンの騎手がどう動くか、見もの。


最終カーネーション特別
◎ファビン

赤岡で短縮か、興味深いね。
この枠の形なら乗り方次第で足りて良さそう。

スパーキードリーム大外とか、埼玉県はレースを簡単にする気がないよね。
どんな簡単そうな試験問題にも必ず引っ掛けを入れてくるあたり、埼玉県らしい。
posted by cris at 03:37| Comment(0) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする