2017年03月05日

3月5日のお馬ちゃん




日曜国営




弥生賞
◎ベストアプローチ
▲コマノインパルス、ダイワキャグニー
☆マイスタイル、ダンビュライト
△グローブシアター、サトノマックス、カデナ

弥生賞で◎にするには少々重すぎる血統な気がするけど、◎ベストアプローチ。
何か間違えて先行してほしい。

グローブシアターも考えたものの、なんか違和感あった。ダンビュライトはハナの可能性まで考慮して1列上げ。
マイスタイルも乗り方次第。いい馬。ノリちゃんがどういう発想で乗ってくるか。
カデナはトライアルらしいトライアルをしてきそうだから△で。




大阪城ステークス
◎ガリバルディ

プロフェットと迷った。さすがに京都2200よりは条件いいでしょ。




ポラリスステークス
◎スーサンジョイ

ちゃんとゲート出ましょうね。





その他のお馬ちゃん





小倉1レース
◎クリノフウジン

クリノスターオーの弟と考えるとこういう条件悪くなさそうだが。


阪神5レース
◎アドミラブル

期待していた馬。ノドがアレでまるで力を発揮できず手術。
帰ってきてからの動きが前とは違う。最終追いで馬なりで51.6の終い12.7、一杯のアメリカンイナズマを子ども扱い。前はこれだけ動けなかった。一変期待。


中山6レース
◎ファンヴィー

中野省吾さんを応援して7年ちょっと、ようやく夢見ていた国営での中野省吾さんが見れる。
僕小倉にいるけど。
ファンヴィーは新馬以来の1200の外枠。ここ最近は参考外にしてあげたい。


阪神6レース
◎タスクフォース

ブログ用の◎が今日は少ないな。
一周延長で。


小倉6レース
◎フィールドリアン

今までこういう条件を試していなかったのが意外。この条件でどうなるか見たい。


中山9レース潮来特別
◎マイネルフレスコ

中山向きっぽい。それっぽ過ぎるのがどうかね。


阪神9レース武庫川ステークス
◎タイセイサミット

ようやく短縮。ヴァインドレッサー的に悪くなさそう。
ただ今までタイセイサミット◎にした2回、どっちも4だったんだよな。


小倉9レース
◎フレグラントブレス

周りが動くだろうから、それをうまく使いたい。


中山10レース上総ステークス
◎スノーモンキー

柴山はスノーモンキーは馬群に突っ込まないといけない生き物だって知ってる。
それで詰まらないといいですね。


小倉メイン大宰府特別
◎モンドシャルナ

の平坦短縮。非力過ぎて買う条件が少なすぎる…


中山最終
◎チョコレートバイン

シャンクシーの外枠替わり。進研ゼミでよく見る。


阪神最終
◎アイファープリティ

ようやく1200使ってきた。1200ならあの気性でも溜められると思う。
なぜに2000を使っていたんだろうか。。

トシザキミとかも重視したい。とりあえずアイファープリティ、ちゃんと控えようね。


小倉最終唐戸特別
◎グラブザフラッグ

の時計の掛かる平坦替わり。
届くといいですね。
posted by cris at 01:40| Comment(0) | 週末の国営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

3月4日のお馬ちゃん


金曜の川崎はあんまり。少し動けるタイプを◎にし過ぎた感。
ジンダパインあたりはなんとかなると思ったものの、なんとかなりませんか。難しいですね。


しかし金曜は金子デーだった。金曜の金って金子の金だったんだな。
人生26年、今回ようやくそれが分かった。

コスモロザラムに誰も絡まないのは、あれは八百屋さんではなく、『配慮』だからね。
こういうのを八百屋さんと言ってはいけない。

カントリーロードはたぶん小久保将軍の漢の仕上げだったと思う。正重が4角で英光にヒップアタックしたら英光が外に膨れて、おかげで金子が更に外回された。これがなかったらカントリーロード3着だったかもしれない。最終日だよ正重。

でもヒロソーラーとかあと500m直線長くても4着だったと思う。

キョウエイビーナスが一瞬4着っぽくて、『4着もらったぁぁぁぁぁ』と思ったら6。全盛期の金子だったらあれは4着だったと思う。お疲れさまでした。

最後セレモニーで、後列で若手の中に森下がナチュラルに混じってたけど、森下はいつまでやるんだろう。あと45年くらい現役は堅そう。



そんな感じで土曜。
日曜の国営ですが、出張のため日曜更新するか分かりません。しても簡易版でしょうね。
トライアルもスタート。いつのまにか春ですね。





土曜国営





オーシャンステークス
◎スノードラゴン
▲ブレイブスマッシュ、メラグラーナ
☆ブラヴィッシモ
△ナックビーナス、クリスマス、レッドアリオン、コスモドーム、アースソニック

何度目のスノードラゴンか、ってくらい◎にしてる気がするなぁ。
方針としては非サンデー系重視。
いやいやブレイブスマッシュサンデー系でしょって話もあるけど、まあそれはいいじゃないですか(良くない)

スノードラゴンはコジーンらしく歳を重ねてもまったく衰えを見せない。この筋肉が硬くならないところこそがコジーンの最大の長所。
ここ2走は1400以上で、からの短縮。もうこの歳だと前走同距離とか前走からの延長では動きにくくなってる可能性も。短縮でどうよ。

メラグラーナは〇でもいいんだけど、右回りだとモタれる時があるのがネック。その分▲に。
ブレイブスマッシュは横山典弘調教師の進言で短縮。実際短縮はいいと思うものの、右回りの内枠がネック。もう少し外のほうが良かったかな。

ブラヴィッシモは◎まで考えた。でもそれ先週やって、4着だったんだよな。血統はオーシャンステークス向きに見える。

レッドアリオンが調教からブリンカー着けて、めちゃめちゃ効果あると陣営は言ってる。
もう少し早く着けようよ…




チューリップ賞
◎ダノンディーヴァ
〇リスグラシュー
▲ミリッサ、ソウルスターリング
☆カワキタエンカ
△エントリーチケット、アロンザモナ

ダノンディーヴァの3走前は酷い道悪。2走前は直線で詰まり、前走は出遅れ上がり最速。
どうにもツキが回ってこないものの、前走はゴーカロライナの一族らしくない走りだった。単調な一族だけに、これがディープの為せる業か。
ここでも足りる力はある。非常に出遅れそうな気もしないでもないけど、デムーロ、ちゃんとゲート出ましょうね。

リスグラシューの前走の敗因は最後入れではなかったことに尽きる。
トライアルの分まだ仕上げは7割ちょいだろうけど、それでも今年の3歳牝馬で一番強いのは現状リスグラシューっぽい。
ソウルスターリングはまだ負けを知らない。その分、こうやったら負ける、という形を見せてほしい。休み明けでテンション上がってることも考えて一つ下げ。ナチュラルにサトノアレスに先着しているようにある程度身体はできているでしょうが。

カワキタエンカは血統的には一番面白いと思う。足りるかどうかね。
ミリッサも条件好転だと思うものの、最内がネック。





その他のお馬ちゃん





小倉1レース
◎サンデュランゴ

誕生日ウィーク。以上。


中山2レース
◎アワードウイナー

調教は悪くない馬。
エンパイアメーカー産駒だけど、母系がサンデーピクニック。前向きな子が多いだけに、短縮は好感。この臨戦過程で足りるといいですね。


阪神5レース
◎ロードソリスト

現状はマイルまで、という感じの気性。
前走途中からハナは余計だった。あれで馬がおかしくなってなければいいけど。


小倉5レース
◎スプマンテ

もう少し走れそうな馬。
血統的に道悪上手そうだけど、まだ血統ほど道悪に身体がついていっていない感を受ける。
新馬、2戦目とどちらも道悪。今回良馬場に変わってどうでしょう。


中山6レース
◎ビービーガウディ

前走は不思議なレースになってしまった。この血統にはちょっと向かなそうなレースだっただけに、それで馬券になったのだから力がある。
少頭数の外枠で。


中山8レース
◎スピナッチ

アルセナーレとかと迷った。
アルセナーレが外からハナ獲って、揉まれない前提。
速くなると外がどうなるか分からない。

スピナッチ自体はもっとやれる馬。あまり順調にはいかない馬が、今回は順調。中山戻りで。


小倉8レース
◎セルバンテス

前走は展開の分。
今回は展開が前走以上に良さそう。
これで届かなかったらまた半年近く買う時なさそうだし、その前に抹消される気がする…


阪神9レース千里山特別
◎トルストイ

長期休養明けの去年から道中我慢が利くように気性が成長してて、本格化の兆しがあった。
4走前にホワイトが自転車のごとく乗ってたけど、本来ああいうことのできない馬だった。
2走前は蹄のケガの治りかけ。前走もいい感じのレース。トニービンが出てきたかな。
これなら昇級一発目でも。


小倉10レース呼子特別
◎ウインブルーローズ

バンダムザブラッドか、レヴィンインパクトか、ウインブルーローズかで迷ったわけ。
結構考えた割に答えが出なくて、しょうがないからあみだくじ作って選ぼうと思ったら、選ばれたのはアドマイヤガストでした。


小倉メイン早鞆特別
◎オーシャンブルグ

最近小倉の隆雄は前より爆発しなくなった気がするけど、ここで。
このメンバーで丸山がゲートからガンガン押してたら日曜面談で。
じっくり構えていいから、あとは届くことを祈るのみ。


中山最終
◎オホーツク

5走前の岩室温泉特別が初の1200だったんだけど、あの時は8ヶ月の休み明けで、なおかつ内枠。
昔、芝の村上特別ではゲート決めていたように、決して芝スタートがダメな馬ではない。
岩室温泉の時は運悪く後手踏んでリカバリーできず、流れに乗れないままだった。

その割には1200でも追走できていたし、この馬はOBSマーチの試走でも時計が出た馬。
もう一度短縮で狙う価値はあると思う。

それこそセリ観てた時はもっと走る馬だと思ったんだけど。無事是名馬、ホントそうですね。

ワンボーイやケイマと迷った。
posted by cris at 03:47| Comment(0) | 週末の国営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

金曜の川崎


水曜の川崎はボチボチ。
前半なかなか良くて、ああ、今日はいける気がする…
と思ったら後半がダメ。

アズナヴァルはしょうがないとしても、レクラドリール4、ドリームパッカード4、ミッキーボクサー4と、終盤4レースで3レースが◎4ではどうしようもない。
しょうがないと思える面、もう少し何とかなったのでは…と思える面、まあ色々あるけど、だいぶ凹んだ。

凹んだうえに、メシ食って外出たら雨降ってて、木曜の川崎やる気なくしてブログ休んでしまいました、ごめんなさい。
Twitterに書いたように、ビエンコビアンコしか買わなかった。川崎は。とりあえず当たって良かった。
なんか他のレース事故りそうなメンバーだったし、避けて正解。ジャーニーマンハナとか危うく落とし穴にハマるところだった。買わなくて良かった。

と思ったんだけど、六甲盃に手を出して、また板野が届かず終了。板野、パレーナボスにそろそろアルゼンチンバックブリーカー掛けられても僕は文句言えないと思うよ。


ああ、エンプレス杯ね。
道中捲る方々がいたものの、一見速くなったように見えて、川崎2100はそうなろうが速くならないんだよな。
道中13.9-13.7-13.7-14.1というラップ、誰か捲ったようにはとても見えないよね。

こうなると内がある程度密集する。内捌けなくなって外回したタマノブリュネットには、展開、馬場共に厳しいレースだった。
ポッドガゼール@ジュキヤはほぼ完璧な競馬。やること全部やっての4着。これはしょうがないと思う。
リンダリンダはずっと内で我慢できる展開だったし、ヴィータとは紙一重の差。あと少しだった。こういうレースやってれば評価は更に上がると思う。



そんな感じで金曜。思ったより雨降ったし、そこまでやる気が上がらない。思ったより内伸びなくなったし。
と言いながらやるんだよな。
週末もあるし、のんびりと。





金曜川崎





かなチャンTV1周年記念
◎レイクマッケンジー

はもっとやれる馬なんだけどね。どうも3走前逃げてからリズムが悪い。
今回は龍哉。龍哉がマッケンジーに乗るとある程度内への意識が高まる傾向がある(俺調べ)
ケイエスソードあたりがガンガン押して、ある程度縦長になればチャンスはあっても。
何気に叩5だし。

ベイビータピットが中途半端に控えられるようになったのがネック。
昔のベイビーだったらガンガン行って前みんな手を繋いで下がる展開まで考えられたんだけど。



1レース
◎ラッキストワン

休み明けも、もう少し動けそうな馬。動けるといいですね。


2レース
◎キタサンプレミアム

マンボトップスター組はやればやるほど着順が変わると思う。
まああのレベルで何度もレースやられても困るんだけど。
そんなマンボトップスター組で距離感遠かったキタサンに◎。
これでマンボトップスター組全滅したら、それはそれで笑ってしまう。


3レース
◎ジーガープリンス

サトノライアンと迷った。サトノライアンはもう少し走れる馬だと思うんだけど、ここ3回同じこと書いてる気がするから◎やめた。
ジーガーは延長悪くなさそう。母系はやや短縮向きっぽいが。


4レース
◎クインズマーズ

ナモンブライアンがガンガン押すとも思えない。ということで◎はここですかね。

コスモロザラム金子正彦(牡・趣味昼寝)とか、さすが最終日、河津の花束みたいなものか。
しかも最内。誰も絡まないとかそういう恒例行事やめようね。張〇先生の引退日に似たような光景見たことあるけど。

メテオーラビアンカ、謎の高知遠足から帰ってきたと思ったら、田邉家に転居してる…どういうこっちゃ…


5レース
◎ワールドハーモニー

ショウナンアイリスと迷った。
リコーマッカリーが物理的に邪魔になりそうなんだけど、なんか正重から自滅しそうな雰囲気を感じる。
そこにYYが入れば自然といい感じのポジションになりそう。
叩いた効果があるといいですね。


6レース
◎アマリネ

騎手として最終日だからね、各厩舎も何かしらの用意はするだろうとは思ってはいたよ。
さすがにカントリーロード金子正彦(牡54・趣味昼寝)は笑うしかない。
こういうイベントを最終日まで取っておく小久保将軍を更に尊敬するようになった。

カントリーロード〜この道〜ずっと〜ゆけば〜あの街に〜続いてる〜気がしない〜カントリーロード〜

ひとりぼっち〜恐れずに〜最後方〜進んでいた〜

さあ来いJASRAC。


7レース
◎ソフィアローズ

せんせー、ケリーズタイムに柿本って書いてあって頭痛がするので、今日学校休みまーす。


8レース
◎ビービーロンギング

結局内にいたほうが有利になりそうなメンバー。
うまく捌けるといいですね。前、すぐに妥協しないように。


9レース県庁アナウンサー杯
◎サカノフォワード

義理人情に厚い男・小久保将軍の退職記念プレゼントがビートアッシャーで笑った。
全然騎手と馬のタイプが違うぞ…

小久保将軍恒例・漢の仕上げに応える金子…
という画が想像できなくて困る。


10レース春光特別
◎キョウエイビーナスおっ3

もう◎書いた後におっ3と付けることもないのか。そう考えると寂しいな。
しかも最後が10年間乗らなかったのに、ラストの今週だけコンビ復活した佐々木仁というのがまた何とも。
10年前はギリギリまだ南関始める前だから、ホント、この金子×佐々木仁は見慣れない。

しかしこれだけ3着が多いことで有名な騎手はいなかったんじゃないかな。
今年の成績も(0.0.5.26)。
最後くらい勝って終わってほしいという意見もあるけど、なんかここで3着だったほうが金子正彦(牡54・趣味昼寝)らしいよね。◎で。
4着なんだろうなぁ。


最終かなかなかぞく杯
◎ジンダパイン

泰斗のやりそうなことは大体想像できる。
詰まらないといいですね。






なんか、こう、うん。

金子はよくネタにする分、それだけ好きな騎手だったけど、そんな金子がいなくなるという実感がまだ湧いてない。

中継見てても、信号機がいて、折笠がいて、最後に金子がいる、なんかこう金子が最後方にいると無事に出走馬全頭走ってるんだなと、そういう妙な安心感があった。
本当に妙だな。

サイレントスタメンのダービー制覇もなんだか最近のことのように感じる。
今は珍しくなったけど、東京ダービーの時期の大雨降った後に登場する圧倒的差し馬場、通称『ネコババ』。
足立ワンツーで3、4、5着が今は亡きヒゲ。
的場文男教の熱心な信者だから毎年東京ダービー後は抜けがらみたいになってるんだけど、あのダービーの後は何だかこう、何だろうね、3日くらい3次元の出来事だったのか分からなかった。


色々な思い出があるね、金子には。

『猫と金子は呼んでも来ない』と言って◎金子にしたら4着だったとか、『今日の金子は背中の曲がり方がいつもより鈍角だからいい』と言いながら◎マチカネヒヨドリにしたら4着だったとか、うん、いい思い出を思い出すまでもう少し時間が欲しい。


金子で4着続きだったゴールデンパピオンがゲートで金子を振り落して、自力で走って4位入線したのがつい昨日のことのよう。

アクアウィズでメンバー中上がり2位の鋭い末脚を使って、1着から1.5秒差の9着だった行田市観光協会会長賞もね、なかなか思い出深いよね。


1226勝は偉大な記録だと思う。何より猫の年齢に換算すると、金子は今年で232歳。去年、228歳での勝利はたぶん猫の中で最高齢勝利。猫の進化の歴史に大きな足跡を残したのは間違いない。



そういえば、ネットの検索ワードに『金子正彦 趣味 昼寝』というワードがあったのはちょっと感動した。
金子に関する単語は色々作ったけど、趣味昼寝が浸透したのは嬉しい。
もはや元ネタの神奈川県競馬の騎手紹介ページが見当たらなくなったのに。
あれに趣味・昼寝って書いてあったんだよね。
ちなみに好きなビールの銘柄はアサヒビール。現役騎手の中で唯一好きなビールの銘柄知ってたのに…


もう競馬場に分度器持っていくこともないんだと思うと、寂しい。
7年くらい前に川崎に持っていった分度器どこにやったんだろ。


来月の川崎開催でも、中継見ててなんだか最後方に金子がいそう。
川崎の名物だった。


寂しいね。結局、この一言に尽きる。


40年近い騎手生活お疲れ様でした。


川崎競馬場近くの自宅の近所でバイク乗る時は、事故に気を付けて、安全運転を心掛けてください。
posted by cris at 04:07| Comment(3) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

エンプレス杯2017


火曜の川崎はボチボチ。人気どころ中心だったし、本来もっと当てないといけなかったと思う。ちょっとひねりがなさ過ぎた。

一番よく分からないのは最終。
エアーウェーブはいかにも感あったし分かるんだ。
ワールドフォースが一緒に差してきたのがまったく分からん。
競馬って難しい。どんなに勉強しても難しい。


あとクラッシュハイトの4。省吾らしくない部分が多々。今年の省吾が下手になったとはまったく思ってないけど、細かい位置取りがどうもらしくない時がある。あの形で4になるんだなぁ…


そのクラッシュハイトのレースもそうだけど、力が拮抗すると結局内をどう取るか、というスポーツになってくるし、外の方々は前に行くか、ある程度の工夫が必要になる。
ただ前に行くだけでもダメ。
かといってそれはみんな知ってるから内枠のオッズが辛い。

つまりやらないほうがいいんじゃないか…と思いつつ、それは昨日も思ったし、結局また予想してる。

そんな、





水曜川崎





エンプレス杯
◎タマノブリュネット
▲ヴィータアレグリア、ワンミリオンス
☆ポットガゼール、トーセンマリオン
△ブランシェクール、リンダリンダ、タイニーダンサー

タマノブリュネットは左回りがいい生き物だって、近所の中華料理屋のおばちゃんが言ってた。
ウンウン頷いてたけど、よく考えたらそうでもねぇな。
以上、エンプレス杯の予想終わり!解散!

こんなこと書いてたらさ、せっかくリンク先のURLのボタン押してくれた人に申し訳ないじゃないですか?
いや、いつも申し訳ないと思ってますよ僕は。


真面目な話をすると、タマノブリュネットの前走は後手に回ったことで3コーナーから動かざるを得なかった。馬場に反する動きをせざるを得ない状況に持ち込まれたのは、後手に回ったこともあるし、悪くないポジションを取りにいけない距離感もあると思う。
そんなに脚の速い馬ではないし、距離感を詰められる内枠のほうがいいのかもしれない。
ということで今回は内枠替わり。これで距離感を詰められれば。


ヴィータアレグリアはいつになったら本調子になるんだろう。
『本調子からは今一歩』ってコメント、5億年くらい前から出されてる気がする。
この馬の武器は機動力。を活かせる枠。どれだけ状況が戻ってきているかですかね。

ワンミリオンスが分からない。
前走はフツーに距離が長いと思ってたし、道中緩んで、直線勝負になったから良かったとは思っているものの、川崎2100もそういうレースになりやすいよねって話。
単純に距離だけ考えたら下げなんだけど、こと川崎2100は2100であって2100ではない。中弛みのスローになって出番。

ポッドガゼールやトーセンマリオンにワンチャンの期待。ポッドは右回りでエンプレス杯があったらなぁ…

タイニーダンサーの左回り替わりもいいけど、斤量にやや敏感で、なおかつ外枠。それがどうでしょう。





1レース
◎ミツカネプリンセス

ツガノサツキとかと迷った。
ミツカネの前走は900短縮で外のほうが速い展開。ポジションが悪くなってしまった。
今回は1400延長。1400はギリギリ持つ。ポジション取れるといいですね。

ウニヴェルソの鞍上がYY→森下になってる…森下もあと80年くらい騎手やってそう。


2レース
◎アンジュオスリール

ハッピーハロウィンとかと迷った。
シマウマが混じっても5着くらいに食い込めそうなメンバー。
シマウマがどれだけ速いのか知らないけど。
たまーにテレビでシマウマの走ってる姿見ても、『シマウマってトモ緩そうだなぁ』とかそういう感想しか出てこない。


3レース春風賞
◎アスカダイヤモンド

サンダースプリングとかと迷った。
たぶんサンダースプリングの短縮は大正解だと思う。隊列がどうか分からない部分があるから◎アスカ。
『競馬は短縮のサウスヴィグラス』って、インカ文明の遺跡にも書かれてたって風の噂で聞いたことある。


4レース
◎ビービースパンキー

うーん、シンプル。
いくらジーセーが馬場分かってるとはいえ、アルマカイルアがビービーより前のポジション取ってくるとかそんなことはないでしょ。さすがに。

ホワイトマズル産駒が2頭にアサクサキングスが1頭いる。
ホント、惜しい種牡馬を亡くした。
よくあの受胎率で25歳まで種牡馬やってたと思う。たぶん生産地は相当苦労したはず。
その中で結果を出して、20年種牡馬やったんだから、ホワイトマズルは偉大。
改めて合掌。


5レース
◎アクティベート

難しいからお茶を濁した。
このレースはなかなかに難解。
鬼掛かりするヤマニンピエトールを延長で◎にするのはなかなか勇気がいる。
ジーケーワンもこのクラス戻りでいいと思うものの、間隔が嫌。
考えるのやめてアクティベートになった。こういうレースをちゃんと解けるようになりたい。


6レース
◎スウェプトジョーイ

でしょうかね。
今開催のジーセーは実によく馬場とフィットしてる。
今開催(6.2.3.5)、これはもちろん馬に恵まれたこともあるけど、馬に恵まれただけでここまでの成績は出ないと思う。


7レース
◎アキトプラズマ

シャドウシティーが内枠だったら結構頑張って買ってたかも。
外枠だったから◎プラズマで。
別にハナ頑張って行かなくてもいい。出遅れだけはやめましょうね。


8レースクラシックジュニアカップ
◎アズナヴァル

先行した方々を文男が叩き潰しにいって、そのどさくさにまぎれて馬券圏内を狙うという発想。
こういう前に潰してもらって差し込む作戦、本当に俺好きだなぁ。

クラシックジュニアカップにアサクサキングス産駒がいると一瞬?となるけど、そうだった、そういえば勝ってた。


9レースアクアマリンフラワー賞
◎レクラドリール

シュンプウだと思うけど、人気だしね、◎はレクラで。
国営勢が延長ばかりで何とも隊列が読みにくい。


10レース沈丁花特別
◎ドリームパッカード

エメンタールベルンとかまで考えたいけど、距離感次第。
考えて乗ってくる方々が強そうなレースですね。

エスティレジェンド西って単語を目撃した気がする。
Why Japanese people.


最終谷桃子さんありがとう記念
◎ミッキーボクサー

シンプルにここですかね。
アシュラウェイとかと迷った。アシュラウェイの前走は21世紀の船橋史に残るアレな騎乗。
朝起きたらアシュラウェイの騎手ムーアに変わってないかな。そしたら◎アシュラウェイにするわ。

しかし今開催の金子は気合入ってるね。絶対に4着にはならないという気概を感じる。たぶん気のせいだけど。
そんな金子VSカラ馬になっても4位入線したゴールデンパピオン、ラストファイト。
餞別の4着、ありそう。
posted by cris at 02:32| Comment(0) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

北米トレーニングセールのススメ


どうもこんばんは。

また明日使えない、あさっても使えない話の時間です。

来月までなかなかシンドい日程。早く3月末になってほしいところ。



そんな感じで。

花粉が厳しい時期になってきました。目がかゆい、ティッシュの消費量が多くなる…

僕、東京に出てきてから花粉症になったんですよね。周りが山に囲まれた山形ではまったくそんなことなかったのに。



ということで今日のお題。


はい、バン。


『北米トレーニングセールのススメ』


花粉症まったく関係ないですね。



皆さんもこんな経験ありませんか?

POGで国内の良血馬はどうしても取り合いになり、10位くらいになると結構何を指名すればいいか分からない、適当に選んでしまう…

そんな時ありますよね。


最下位指名でノーザンホースパークのポニーを指名した人を知っていますが、そういう人はごく稀で、というより1人しか知らなくて、結構な人が、10位や20位といった、最下位に頭を悩ませるんじゃないかと思います。


そんな中助けになるのが外国産馬、いわゆるマル外

迷ってJOYやユージを指名するならジャニーズの若手を指名する、という人もいらっしゃると思いますが、パックンや厚切りジェイソンのような、日本人にはない面白さを持っている外国人がいるわけで。

まったく関係のない例え話ですね。


何と言ってもトレーニングセールで落札されるマル外の魅力は、ある程度完成されている、という点。
トレーニングセールに向けて、セールの試走で時計が出るように調教されるため、仕上がっているのがいいところ。

もちろんその後輸入する際に検疫で緩めることもあり、いい動きをしたから日本でも走る、と単純な話ではないのが難しいところ。

が、近年ノーザンファームを筆頭に調整力がアップしたことで、以前と比べて気性が難しいマル外でも何とかなるようになってきた点に注目。
それこそグラスワンダーほどの大物はなかなか出現しないものの、最低限2勝する馬、そして重賞でも走れる馬が出現する、それがトレーニングセール。


でも海外のセリを見るって、ハードルが高そう…英語訳すの面倒でしょ…
というそこのあなた。

大丈夫、僕高校の時英語、クラスで下から2番目とか3番目でした。
むしろ受験生にこそ、海外セールは見てほしい、英語と競馬の勉強になる。一石二鳥ではないか。



海外トレーニングセールを見る流れとしては、簡単に書くと、

1.カタログを見る
馬市ドットコムというありがたいサイトのおかげで、すぐにセリ会社のホームページに行ける。
主要トレーニングセールはカタログから試走、セリの中継まで全部見せてくれる。
現代って便利。

2.試走を見る
いわゆる公開調教。ゴールドシップが15着だった宝塚記念じゃないよ。
ただ時計が速いからいいわけじゃないのが面白いところ。
フォームや走った場所、馬場状態、風向き、色々考える要素がある。
基本は1ハロン追い。主流。たまに2ハロン追いがいる。
1F10.0を切ると速い、10秒フラットでもなかなか速い、という基準。

3.セールを見る
試走から3日後くらいが本番のセリ。
まず目に付くのは欠場の多さ。3割近く欠場する。
日本の最近のセリではちょっと考えられないくらい、北米のセリは欠場が多い。

公開調教でちょっといい動きだったりした馬は、セール本番前に交渉成立、セリに出てこない、という例が多々ある。
時差あるのにセリの時間起きてちゃんと見ている系男子としてはいい迷惑。
去年いい動きだったキトゥンズジョイとスマートストライクがどちらも何の前触れもなく欠場した時にはさすがにオコだった。

4.落札者と値段を見る
大体10分ちょっと後に、落札者の名前がサイトに出てくる。これはセリ会社によって違う。なあバレッツ。もう少し早くお願いしたいね。



日本人関連の名義は多数あるものの、気にしておきたいのは以下の名義。


Narvick International

ご存じ大正義Narvick。スーニ12万ドル、テスタマッタ7万ドルなど、信じられない低価格でG1馬を発見してくる驚異的な団体。
安過ぎる落札馬は現地で走る可能性が高いものの、牡馬は主にノーザンファーム系、アジアエクスプレスなどでお馴染み馬場閣下、バローズでお馴染み猪熊閣下に流れる。
牝馬は大体吉田和美ちゃん。和子ママというパターンもあり。

ここ最近マル外でG1馬になった馬は7割以上がこのNarvickの仕事と思っていい。代表のTさん、いつもいい仕事ありがとうございます。
Narvickだったら、シマウマの群れから走るシマウマを見つけることも可能だと思う。それくらいの眼力がある。

ファシグティプトンフロリダセールは勝已社長名義の場合が多い。


J S Company

いわゆる株式会社ジェイエス。代表が名門藤原牧場の藤原悟郎閣下ということもあり、どちらかというと日高系という扱い。
近年ジェイエスの名義で落とされる馬は矢作先生のチョイスによるものが多々。
馬主が林正道閣下になることがままある。

渋いところに行くことが多い。値段はそこまでではないものの、走る。
さすが矢作先生としか言いようがない。この人の相馬眼は海外セールを見てるとよりスゴいと思うようになる。


Kenji Ryotokuji

いわゆる了徳寺健二閣下。了徳寺学園長。通称学園長。
主要セールにはほぼ必ず代理人がいる。セリあるところに了徳寺あり。
何をどういう基準で買うのか読めないものの、スパイツタウン産駒を気にすることが多い。リエノテソーロ出て良かったですね。トレーニングセール組じゃないけど。

これは走らなそう…という馬を買うのもまた事実。当たり外れはあるものの、コスパは悪くない。
大体セールの購入者欄に名前が出てくるので、購入者欄が外人の名前ばかりで目が疲れた、という人の心のオアシス的存在。
だったらいいですね。


Masanori Taki
いわゆる田記正規閣下。株式会社日鳳代表取締役。昨年は設立10周年でしたね、おめでとうございます。
バレッツセールに出没。
安い馬から一発当てようとカタログを熟読されている姿勢を、陰ながら応援しています。
ルックスザットキルのような馬をまた落札できることを心より祈っております。



ちょっと前は栄進堂強いおもちゃ屋がいたものの、先代が亡くなられてからだいぶ方針が変わって出没が珍しくなってきた。
ノースヒルズはトレーニングセールより1歳セールでよく見かける。たまにいますね。




さて、ここまで書いたところで、これから行われる主要トレーニングセールのご紹介を簡単に。



ファシグティプトン・ガルフストリームセール

主な出身馬
・クロフネ
・エーシンフォワード
・ゴールデンバローズ
・アルビアーノ
・ストロングバローズ
・エーシンウェズン
・エーシンハーバー

今年は3月1日。主要トレーニングセールで一番最初のセール。去年までの名前はファシグティプトンフロリダセール。時差は14時間。
ケンタッキーダービー馬ナイキストがこのセール出身。
古くはクロフネを輩出したことでお馴染み。
クロフネのコンサイナーが、当時アメリカで吉田俊介氏が働いていた牧場の隣、という縁がなかったら、クロフネは落札されていなかったかもしれない。


近年の傾向として、このセールの試走に速い時計は求められない、これが挙げられる。
エーシンハーバーやゲンテン、ストロングバローズは1F10.4。これはそこまで速くない。

アルビアーノやゴールデンバローズは1F10秒フラット。
基本的に試走は全体的に時計が速くても1F10秒切るかどうか、というところに収まる。


このセリの判断基準は走り方にありそう。
ゴールデンバローズの試走はとにかく粗削りで、直線で蛇行しているとも思えるくらいの動き。それでいて1F10.0。まっすぐ走っていたら9秒台だったと思う。

ストロングバローズのフォームはそれとは逆に頭が下がり、身体をうまく使えていた。
新馬2着の後休養しているパンサーバローズもこちらに近いタイプ。

3月上旬という開催時期からか、バンバン試走で時計が出るというわけではなく、調整段階ということもあり、その時点ですでにフォームができているか、その点を気にしたい。
輸入してデビューできるのが秋口。即戦力を探すなら、ある程度フォームが固まっているタイプのほうが信頼感がある。


ただゴールデンバローズみたいに粗削りのタイプも魅力的で、多少粗削りでもノーザンファームなら矯正できる腕がある。粗くても時計が出てる馬も気にしたい。



あと注意したいのは、風。去年から試走映像がユーチューブになったことで映像が簡単に観れるようになった。映像右下に風向きと、風の強さが表示される点がポイント。

ガルフストリームパークは全体的に向正面から直線方向に風が吹くことが多く、たまに3角付近からゴール付近に吹く。
横風の時に馬の走りがブレていないか、そして好時計が出ても追い風の中で出ているものではないか、この点はしっかり観たい。





OBSマーチセレクトセール

主な出身馬
・アジアエクスプレス
・モーニン
・サウンドガガ
・エーシンレンジャー
・ソルティコメント

いわゆるOBSマーチセール。
『セレクト』とはいえ、トレーニングセールとしての信頼度で言えばファシグティプトンより下。
4月にあるOBSのスプリングセールよりはまだマシとはいえ、上場馬の上下の差が激しい。

ファシグティプトンガルフストリームは試走で全体的に時計が出ない場合が多いものの、OBSマーチは時計がファシグティプトンより出る。特にここ数年時計が速い。
1F9.8などが出ても、フロリダセールでいうと実質1F10.2くらいの感覚で捉えたほうがいい感じ。
上場馬が毎年増えていることもあり、質は上がりつつあるものの、その分走らない馬も増えた。時計が速いからいいということはない。


去年は大量欠場が発生し、合田先生が怒り始める事態に。
日本とはセールの文化が違うとはいえ、セール始まったら目玉が欠場して出てこないとか、今の日本では考えられない状況。
さすがに去年のことを考えて、欠場馬は少なくなる。はず。そう思いたい。


ファシグティプトンのほうがノーザンFは1頭あたりの値段が高く、OBSは値段がそこまで高くない。
10万ドルちょっとの馬はシルクなどクラブに流れる可能性もあり、1口でマル外を買いたい、という人は注目して損のないセール。

難しいのは、クラブ用の馬は血統的には大したことないのに、試走の時計が速い、というパターン。
ここ最近クラブに行く馬は大体このパターン。

上記したようにOBSマーチの試走時計は他のセールより早く、そんなに信頼できない。
時計が速いからいい、という認識が通用しない。


未だに忘れないのがアジアエクスプレス。
試走時計は大したことなかった。
セリに出てきた瞬間のあの馬体。
幅があり、筋骨隆々。なんで2歳のトレーニングセールで3歳馬売ってるのか不思議に思って血統表見たら、2歳って書いてあるんだもん。もうビックリ。
これは絶対走ると思った。POGで4団体指名するくらい惚れ込んだ馬。もうこれだけ惚れ込む馬は出てこないかもしれない。

逆にモーニンはそこまで手応えがなかった。結局1団体指名に留めたのも、あの頭の高かったフォーム。
いい馬感はあったものの、33万5000ドルはちょっとお高いんじゃないでしょうかと。
そしたらフェブラリーS勝っちゃいましたもんね。結果的に33万ドルは安かった。さすがNarvick。


選ぶ基準としては、時計は10秒フラットから10秒2で、落札額が25万ドル以上、という馬が一番手堅い。
時計が出ても落札額20万ドル以下という馬は割と地雷が多め。

ソルティコメントは試走で結構無駄があって、1F10.2。決して速いと唸るレベルの時計ではなかったものの、21万ドルだった。20万ドルがある程度の基準ラインになってくると思う。



3年前のこのセールで1頭のジャイアンツコーズウェイ産駒の牡馬に一目惚れしたことがある。
誰が見ても走ると思えるレベル。筋肉の塊。いい馬はこういう馬のことを言うんだなと、そう思った。
それが後にアメリカでブルーグラスSなどG1を2勝してケンタッキーダービーでも人気になったカルペディエム。

自分の中で、今でもこの馬はアメリカでいい馬を選ぶ基準。
この馬やアジアエクスプレスみたいに馬を見るために、自分は夜中までセリの予習したり、変な時間に起きてセリを見てるのかもしれない。





バレッツマーチセレクトセール

主な出身馬
・スーニ
・テスタマッタ
・ダノンレジェンド
・エスメラルディーナ
・ベストマッチョ
・チャーリーブレイヴ
・ヘニーハウンド
・ルックスザットキル

『バレッツ詣』という単語が登場するくらい、昔から日本人に人気のセール。
たぶんアメリカのトレーニングセールで一番日本で知名度が高いのはこのセールでは。

実際スーニやテスタマッタ、ダノンレジェンドという大物が登場…
しているものの、ここ数年急速に勢いが減退。

年々薄くなるカタログ。少なくなる上場頭数。売れなくなる状況。
正直今のバレッツマーチはファシグティプトンやOBSマーチ以下としか言えない。


バレッツマーチが2月末や3月頭だった時は速い時計出した馬が割とそのまま走る、そういうセールだった。
ナンチンノンやエスメラルディーナ、シゲルソウサイと、ある程度結果を出してる馬は大体が1F10.0か、9秒台。

が、ここ最近は1F10.0出しても怪しくなってきた。
去年1F9.8を出して46万ドルだったライバーバードは現在未勝利。
いやまあ確かに頭が高いフォームで、クビの使い方がキリンみたいな馬だったから心配はしていたけど、まさか未勝利とは…。
加速力に見どころのあった馬だけに、せめて現時点で1勝、500万で2着ありみたいな、そのくらいの戦績を想定してた。
合田先生が『怪物』と言っていただけにどこまで走るかと思っていたが…
合田先生の怪物候補、何年連続でコケたのかここ最近カウントしてなかった。
逆に合田先生が『粗削り』と言った馬は、経験上よく走る。

今年のバレッツマーチは現地時間の3月29日。
2月末開催の時はコンサイナーが仕上げ過ぎたり、ただ時計出せば売れると勘違いしているフシがあった。
それだけに、3月末だと2月末よりかは時計無理に出す馬は少なそう。

注目したいのは試走の時の鞍上のアクション。
3月末にガンガン押して時計出るような馬は大したことはない場合が多い。4月開催のOBSスプリングセールでよくある光景。
手があまり動かずに、まっすぐ走ってある程度の時計を出してくる馬を評価したい。
時計が遅過ぎてもダメだと思う。1F10.6以下はよほどいい理由がない限り評価を下げたい。10.4でも馬次第。


まあ色々言ってきましたけどね、やっぱり思うのは、バレッツがつまらないのは良くない、ということ。
バレッツが盛り上がらないといけないと思う。
いつまでもカタログの表紙がダノンレジェンドじゃいけないでしょ。
セリの試走の間に流れるVTRに何度ダノンレジェンドが登場したことか。


なんだかんだ掘り出し物からもいい馬が出てくるのがこのバレッツマーチというセリだったはず。
いい馬だなぁと思った後のチャーリーブレイヴが10万ドルだった時はビックリした。


でも一番の衝撃は、後のスーニが12万ドル、テスタマッタが7万ドルだったことに尽きる。

スーニは父がマイナーだったソトだったこともあるし、テスタマッタは父が今でこそ大種牡馬として北米に君臨するタピットとはいえ、タピットの初年度産駒でまだ話題になっていなかったこともある。

それにしても後のテスタマッタを7万ドルで落としてくるんだから、Narvickの相馬眼にはただただ驚くばかり。

こういう安い馬から当たりを見つけられるくらいのレベルに、いつかなりたいものですね。





OBSスプリングセール

主な出身馬
・ベストウォーリア
・ダッシングブレイズ
・エイシンブルズアイ

ザ・掘り出し物市。
掘り出し物ばかりで結局どれがスゴい価値があるのかよく分からないまま終わる。

去年も日本勢は大量購入したものの、走ったのがスーパーモリオンやズアーと、馬は良さそうだけど、出世に手間取っている勢。
ミニーちゃんことイーグルバローズは未だにデビューしてない。評判みたいだけど。


この掘り出し物市、時期が4月。
むかーしPOG雑誌に原稿書いてた時があったけど、この時期締切なんですよね、ええ。
だから雑誌に載らない、ノーマークな馬を指名できるという利点がある。正直マークしなくてもいい馬ばかりなのは内緒。

基本的にNarvickがジェイエスが落札した馬をマークしておきたいセリ。
去年アポロが5万ドルという謎の安値でキトゥンズジョイ産駒を買ってきて、しかもセール後直接取引、それが後のアポロオーランド。
まるで走らなかった。こういう明らかにヤバそうな系の馬も混じってる。


そもそもそれまで評判だった馬がこの時期のトレーニングセールにそんなホイホイ出てくるわけもなく、見どころのある血統の馬は大体3月までのトレーニングセールで行先が決まってしまう。

逆に言えば血統的に大したことなくても動きがいい馬が多いわけで、試走の全体時計もやや早め。
時計は10秒フラットが目安。選ぶならこの前後の馬。

血統的に目立たなかったエイシンブルズアイを17万ドルで栄進堂が引っ張ってきたり、種牡馬として実績が未知数だったマジェスティックウォリアーの子をNarvickが40万ドルも出して買って、それが後のベストウォーリアだったり、分かる人は分かるんだなぁ。ただただ憧れる。

ベストウォーリアの試走は今でもよく覚えてる。
いい馬だとはそりゃ思ったものの、頭が高いし、これで種牡馬としてまだどうなるか分からないマジェスティックウォリアーの子に、40万ドル…?と思ったもん。

そしたら今のこの活躍ぶり。
OBSスプリングセールは実は上記3つのトレーニングセールより奥が深い。


でも少なくとももう少しまともな馬が多いといいな…




ということで簡単にではあるものの、主要4トレーニングセールの傾向を簡単に書いてきました。

この時期はこの北米トレーニングセールに加えて、オーストラリアでイングリスマーチセール、マジックミリオンゴールドコーストセールというノーザンファーム出没セールがあったりする。
たぶん年間でも一番海外セールが面白い時期。

岡田牧雄先生が、競馬上達のコツについて、『とにかくいい馬をいっぱい見なさい』
と以前おっしゃっていた。
とにかく色々な馬が見れるのが海外セールのいいところ。

過去に落札された活躍馬の馬体を記憶し、セールに出てくる馬と比べて見る、これだけで非常に勉強になる。何せ1回のセールで何百頭とか出てきたりするわけで。

1歳セールだと気付かなくても、2歳になるとある程度競走馬として身体ができた状態で販売される。
その分比べやすいという利点がある。


皆さんもこの際、この時期の海外セールに注目してみてはいかがでしょう。


第2のアジアエクスプレス、第2のライバーバードが見つかるかもしれませんよ…?
posted by cris at 20:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火曜の川崎


日曜の国営はまあまあとボチボチの中間。
午前中何も当たらなくて凹んだ。そもそもその時間爆睡してて寝坊したけど。

午後からぽつぽつ当たり始め、最終のアバンサルで稼いで終了。
アバンサルにはいつも助けられる。
今年のブライアンズタイム回収率、数えてないけどたぶん4桁なのは間違いないと思う。
それくらい今年ブライアンズタイムと呼吸が合ってる。


中山記念はスローになった時用の馬券のみ当たった。
ミラノが逃げて、クリールカイザーが外2、というのが戦前の相沢厩舎の作戦。
そしたらハナがロゴタイプだった。ロゴタイプも相沢厩舎所属だったかな?
このおかげで予想した隊列と違うものの、スローに。
こうなると内を通る方々有利。ネオリアリズムには絶好の展開だった。

サクラアンプルールも中山のスローが得意な馬、血統。
ノリちゃんがヴィブロスが外に行くことを読んでたし、完璧な進路取り。

こういう展開だとアンビシャスは苦しい。よく4着まで来たと思う。先行すりゃ馬券になってただろうけど、1800のトライアルで先行する必要性がない。
リアルスティールはなんか馬のシルエットが変わってた。より中山に向かなくなってきたのかも。


阪急杯ね。ナガラオリオンって誰。




月曜の川崎は最終のヴァイキングだけ買った。4だった。
変に色気もってやらなければ良かった。グッドドディユはちょっと偏差値高いよ神奈川県。



そんな感じで火曜日。
馬場のイメージはなんとなく掴んだ。1500が一番考え辛い馬場に見える。
こういう馬場で2100やったら結局内有利っぽい。

一番この馬場を表現していたのは8レースのキタサンツバキかも。繁田こういうの上手い。
それをなぜ浦和で出来ないのか、みんな疑問に思っていると思うよ繁田。

しかしジーセーよく勝つね。去年とポジションの意識がちょっと変わった感があるのは気のせいでしょうか。


もう少し馬場を読みながら、





火曜川崎





早春特別
◎オーラゼウス

まず目に入ったのはインフィニティ。
14秒くらい考えたけど、足りるのこれ…?という発想から更に先に進まなかった。

トーセンハリケーン楽に単騎なら◎も考えるものの、その外にニチドウリュンヌ。に保育園…?
最近保育園問題が日本中で発生しますね。

ということで◎オーラゼウス。ある程度馬群が縦長になって、それでいて中弛みすれば自然と内目のここらへんが有利になってくるのでは。
サヴァティアーノにまくられるような隊列は避けたいところ。

キングニミッツ譲治はちょっとビックリ。あまり矢野ちゃん×ジョージという例も少ないけど、キングニミッツにジョージってパターンがあるんだなぁ…




1レース
◎ヒカルキング

2走前は枠の距離感が遠かった。
前走はゲートの中でガタガタしてて、ああ、まずい…と思った瞬間にゲート開いて失敗。
今回は偶数。ちゃんと出ましょうね。
アイサイティアラとかは行かせていいから、ある程度ポジションが欲しい。
そういえば裕人お帰り。


2レース
◎カイジンクラウン

サーブルデエースと迷った。
で、なんでカイジンクラウンは山崎裕家に転厩してるの?
カイジンクラウン、これで7厩舎目。
荷造りとか手馴れてそう。


3レース
◎マリンレイ

マリンレイ、でググると次に出てくるワードは『嫌な予感』じゃないかと思って調べた。
次に出てくるワードは雨ガッパだった。

前が弱過ぎるのがどうか。逆に内の差し馬が不利になる展開もありそうで困る。
シズクあたりの騎手が何か考えてそうな雰囲気があるんだよなぁ。

てかマリンレイ誰乗るの?ムーア?


4レース
◎リコーモラーヌ

さすがに1200は忙しそうだった。
そんな馬の内枠延長。理由はシンプル。

トミノブランドールが内枠だったら◎だったかな。


5レース
◎オクシー

まあ繁田のやることは一つでしょうな。
金子も最後の開催だし、シャレでキョウエイミントとか◎にしようと一瞬思ったけど、嫌な予感しかしなかったからやめた。
フラッシュグリームとかまで考えたりした。展開次第でしょうね。


6レース弾丸賞
◎マイネルチャンプ

外にプリンセスラッキーがいる分、前に行きたい方々はちょっと考えて競馬しないといけなそう。
900mしかないしどこまで道中考える時間があるかって話だけど。

マイネルチャンプは転入2戦目。体調上昇しているといいですね。


7レース
◎エクレール

前走は新しい一面を見れた気がする。
そして今回も最内で、かつジーセー。どうなるか興味はある。

前走うまくいきすぎたマイネルプレセンテがどういう発想で乗ってくるか、そこがポイントになってきそう。と思いつつ出馬表下にスクロールしてたら、大外にレディーオブローとかいて、そっと出馬表を閉じた。


8レース
◎シャイニングアトム

分からん。
人気がサトケンとかYYなんでしょう?
なんかこう頑張る気を削がれるメンバーですね。


9レース雪柳特別
◎グリュナシュテアン

インディーゴ、パストマスターズあたりと迷った。
パストマスターズは内枠1400がどうか微妙。インディーゴは短縮が良さそう。でもどこまで押すのか分からない。
ということでグリュナ。ポジション取れるといいですね。


10レース春告鳥特別
◎ピットブル

マイルでより展開は楽になりそう。
外のグランハーモニーも5半休だし。
でもこれクラッシュハイトの騎手何か工夫してきそうだよね。そういう読みにくい要素がどう働くか。


最終白富士特別
◎エアーウェーブ

ヤリっぽくない?
え?気のせい?
そう言われるとそんな気もする…



予想してて思った。

今日難しいレース多くない?
え?気のせい?
そう言われるとそんな気もする…
posted by cris at 00:55| Comment(0) | 今日の南関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

2月26日のお馬ちゃん


土曜の国営はボチボチ。いつもよりおとなしくしていて良かった。
アツくなってJRAと殴り合い始めてたら火傷するところだった。


アーリントンカップのヴゼットジョリー4は仕方なかった感。もうちょっと何とかなった気はしないでもない。
ベルシアンナイトは強かったものの、毎回コンスタントにMAXなパフォーマンスができるタイプでもなく、この後着付けが難しくなってきそう。
しかしオリエントチャームの子はよく走るな。


土曜一番納得がいかなかったのはユキノカトレア2番人気。
いかにも感はあったけど、ここ最近の着順で2番人気とは…
前夜1番人気で頭抱えたものの、まさか2番人気までしか落ちないとは思わなかった。
日本の競馬ファンのレベルが高過ぎる。



そんな感じで日曜。
土曜は中山芝とかの馬場読みがズレた。開幕週だから逆に差しに振ったら、知らない馬場になってた。
そこらへんを意識しながら、





日曜国営





中山記念
◎ネオリアリズム
〇アンビシャス
▲リアルスティール
☆ヴィブロス、サクラアンプルール
△マイネルミラノ、ツクバアズマオー、ロゴタイプ、ヌーヴォレコルト

まったく絞れん。今年の中山記念は例年以上に難しい。

ネオリアリズムのいいところは内ラチの使い方が上手いところ。延長になるものの、小回り1周ならコーナーを上手く使えるかも重要な要素。
まあ最内でデムーロ、出遅れる確率は倍増してるんだけど。
兄貴が適性なさそうと見られながら好走したように、機動力も大事な要素になってくると思う。

アンビシャスは、競馬のタイプとしては去年のほうが良かったかな。去年は自信があった。
ルメールが前哨戦から先行させて何とかさせにいくのは少々考え辛い。控えるほうで計算してみたい。

リアルスティールは本質的に中山だと競馬が難しくなるだけに、そこがどうか。
ヴィブロスは中山も問題ないものの、1週前のパドック写真はぬいぐるみだった。冬とはいえ、さすがに冬感あった。

サクラアンプルールはペース次第でワンチャン。
兄にサクラメガワンダー。サクラメガの子は悪くない馬でもほぼもれなく脚元が弱い。
ここまで陣営が大事に育ててきた結果、このレベルのメンバーに混じることができた。
スタッフのみなさん、良かったですね。




阪急杯
◎ブラヴィッシモ
〇ロサギガンティア
▲シュウジ
☆ムーンクレスト
△トーキングドラム、ヒルノデイバロー、ミッキーラブソング、テイエムタイホー、ダイシンサンダー

まったく絞れん。今年の阪急杯は例年以上に難しい。
そもそも阪急杯は苦手なレースの一つで、予想当たったの去年の◎ブラヴィッシモより前がプリサイスマシーン勝った時の◎エイシンドーバーまで遡るくらい苦手。

ブラヴィッシモはここ3走が京都。
ファストネットロック産駒は前脚の馬力で走るタイプが多い。この馬もその例にもれず、阪神>京都が顕著なタイプ。
阪急杯は前傾になりやすいだけに、このメンバーでもある程度は流れそう。そういう時にこの配合はプラス。

できることなら短縮、それか最低限前走から同距離がほしかった。延長がどうか。
前走はプラス12キロと、いかにもこの時期らしく太目残り。絞れているといいですね。

ロサギガンティアは阪神カップが出遅れ。本質的に阪神1400はベストコース。出遅れるところまで考えると◎にはし辛いものの、この手のタイプと四位さんは手が合いそう。まずはゲート出ようね。

シュウジ1.8倍はちょっとやり過ぎ感がある。毎回前走みたいにうまくいくかというとそうでもないだろし、直線でオーロラビジョンを見る癖があったりと結構色々抱えてる子。割とリスクは多め。

ムーンクレストとかまで足りてほしいものの、ペース次第。
テイエムタイホード単騎を阻止する会としては、それは避けたい。





その他のお馬ちゃん





中山1レース
◎リネンマックス

リネンパズルの子でしょう。短縮でしょう。
ただ芝だったらどう考えても合ってたものの、ダート。そこにネックはある。

それでも2番人気。みんなリネンパズル好きだな。
なんでこんな人気馬をいきなり挙げるかというと、つまり今日はブログに上げる用のレースが少なry


阪神1レース
◎エンゲージスマイル

エミーズスマイル好きだったな。
ダート替わり自体は問題なさそう。今週の調教はやけに動いた。脚力はあるだけに、条件がハマれば。


小倉2レース
◎イズモ

昨年夏の北海道で1000m使ったらフィットした馬。
7着だった時も速い流れを5頭先行する中で真ん中に入る、苦しい位置取り。
そんな中早めに先頭に立つ勢いで、最後歩いてもそこまで大負けしてない。適性自体はなかなかのものがある。
今回は短縮。締めてあげるのはいいと思う。この枠の形でどうよ。


中山4レース
◎サンオークランド

新馬もいいとは思ったものの、思った以上にいい馬だった。
それが2戦目でTNPK。
引退分の配慮なんだろうけど、大丈夫なんでしょうか…


小倉4レース
◎カフジリバー

ダートは合わないと思ってたら、想像以上に合ってなかった前走。
芝替わりで短縮。ある程度の位置がほしいところですね。


中山6レース
◎クレッシェンドラヴ

前走はエイプリルミストのやや強引な外への進出のおかげで挟まれ、ゴール前100mでまた挟まれ、と何ともツキのないレースだった。
挟まれた後競馬へのやる気をなくしてる素振りがあったり気持ちの面が大きい馬だけにアテにはし辛いものの、前走挟まれてなければもう少しやれていたと思う。
中山2200は合いそうな配合。足りるといいですね。

って前日1番人気じゃん…


中山7レース
◎モザイク

中山短縮。ルメール替わりもいいと思う。

って前日1番人気じゃん…


小倉7レース
◎ピッツィカート

去勢はしたものの、ゼンノロブロイ×ディクシージャズだけに、2600延長は悪くなさそう。
集中力が持つといいですね。


阪神8レース
◎ナリタゴールド

小柄な馬で、すぐに体重が減る。
そんな馬が中間よく飼い葉を食べるとは陣営の弁。
そんな馬ではないのでは…と思ったら、確かによく調教してる。森一馬がつきっきりで。
これでレースだけムーアとかそういうサプライズ案件はありませんね。
なさそうですね。


中山9レース冨里特別
◎キンショーユキヒメ

さすがに前走、京都外回りでアドマイヤリードとかを倒せというのは無理がある。
ストライクゾーンが狭い馬。中山替わりなら牡馬相手でも戦えるくらいに力はある。


中山10レースブラッドストーンステークス
◎ゲマインシャフト

クワドループルとかと迷った。方向性はそっち。
ゲマインシャフトの心配な点はちょっと外過ぎるということ。
馬体が引き締まったとは陣営の弁。これでプラス体重だったら怒るよ。


小倉メイン関門橋ステークス
◎メイクアップ

前走レース前コメントが『プラス50キロくらい増えて帰厩した』でお馴染みのメイクアップ選手。
どんなにブクブクの状態で出てくるのかと思ったら+12キロだった。どこにいった40キロ。
栗東から府中に歩いてきた説が自分の中では有力。

今回は叩2。気性的にはマイル向きも、血統的には1周でマイルより長い距離向き。今回はこのパターン。
頭上げやすいだけに、そこらへんを考慮しながら乗ってほしいものですね。


小倉最終周防灘特別
◎アスクジョーダン

素質はオープン級。
どうにも体質弱かった馬が連闘で使えるようになったあたり、だいぶ馬としてまともになった感。
昇級馬や現級で伸び悩んでる方々が相手。昇級してもいきなりやれそう。気性的にも昇級向きに感じる。
posted by cris at 04:55| Comment(0) | 週末の国営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

2月25日のお馬ちゃん


金曜の浦和はまあまあ。さすがに木曜ほどのツキはなかった。
ブラウンタイガーとマイネルラヴォーロ4はさすがに凹んだ。

マイネルラヴォーロはたぶん直線があと500mくらい長くても4だったと思う。
ブラウンタイガーは保育園も枠があったし仕方ないとはいえ、そういうレースだと4角前で頭上げちゃうんだよな。惰性に外回さないとどうにも良くない部分がある。


メインはジュンサザンクロス。毎度おなじみ的場文男再生工場。
昔ケイアイデメテルが覚醒した時も思ったけど、この手の乗り方した時の文男はなんで最後まで脚が持つのかよく分からない時がある。
よく分からないと言えばカスタネット4。何度見ても3着に見えるんですがこれは…


今開催は水曜からの3日間しかやらなかったものの、全体的には良かった。
予想に時間掛けて損はないと改めて思ったり。



そんな感じでまた週末。もう来週から3月ですね。早いですね。






土曜国営






アーリントンカップ
◎ヴゼットジョリー
〇ペルシアンナイト
▲ディバインコード
☆レッドアンシェル
△他

ヴゼットジョリーがわざわざアーリントン使ってきたのは使い分けに加えて、新潟2歳から間隔空けたのにマイナス10キロだったことも影響してそう。
今回アーリントン使えばチューリップ使うより桜花賞との間隔は空く。確かに、すでに賞金持ってればこういう手があったな。
アーリントンは重めの血統がよく来ることでお馴染み。なんちゃってサドラーなのも好感。間に合うといいですね。

ペルシアンは動けるハービンジャー。掛かる部分がそろそろ何とかならないとこの先延長は厳しそう。

ミラアイトーンはマイルまでの馬だと思う。ただ前走短縮で締めて、それで結果が出た後の延長というのがどうか。掛かる心配がある。
だったらレッドアンシェルのほうがいいかな。前走はマンカフェがダメな条件。今回はまだ悪くない条件替わり。



総武ステークス
◎メイショウウタゲ

たった100mでも短縮はいい。2度目の中山になるのも好感。
詰めてきている分そこが心配。変に掛からなければ。

バスタータイプは前走の川崎記念でずっと外に張ってた。初めての左回りに戸惑っている感しかなかったし、右回り戻りはいいのでは。
あとは7枠とか。





その他のお馬ちゃん





中山1レース
◎アクアリオ

ダート馬ではないでしょうか。牝馬限定なら。


阪神1レース
◎スズカチャレンジ

内枠決着だった前走、スズカチャレンジだけしっかり出遅れて終了してた。
そう考えると今回外枠に変わることは悪くない感がある。
ゲートまともに切れば1200もいけそうな雰囲気。


小倉3レース
◎ライブリハナメ

折り合い難しいタイプのディープブリランテ。スズカゼあたりがそうだけど、この手のディープブリランテは短縮がハマりやすい。
このメンバーだったらライブリハナメでも足りるのではなかろうか。
コース替わりで内枠が伸び始めたらしょうがない。開幕週からやや外有利で、コース替わりすると内有利になるってパターン存在するのかな。


阪神6レース
◎ラバピエス

サルスエラの他の子、チカリータやヴェルステルキング見てても、サルスエラの子は短縮がいいと思う。
多少底が割れた感があるものの、このコースに短縮でこのメンバーなら一考。


小倉8レース
◎ユキノカトレア

でしょ。と思ってJRAホームページ見たら、ユキノカトレアの脇に1番人気って書いてあった。
近くにあった土鍋食べた。さすがにそれは辛過ぎる。
芝戻しで短縮はどう考えてもいい。小倉も合いそう。
だからって1番人気はさすがに辛いでしょ。。



ビックリし過ぎて句点を下に落としちゃったじゃん…


中山9レース水仙賞
◎フラワープレミア

いかにも中山2200が合いそうな配合。
力だけだと1枚落ちるものの、中山2200はその1枚落ちる部分を血統でカバーできるコース。そういう部分に期待したい。


阪神10レース尼崎ステークス
◎アドマイヤキズナ

2走前はシュタルケが謎のプレーを見せたことで参考外。
前走は道悪もあった。
阪神2200延長は好感。乗り方次第でこのクラスでもやれる。


小倉メイン皿倉山特別
◎アグリッパーバイオ

今年もG1がやってきた。G1皿倉山特別。
近年◎メイショウブシンだったり◎カンタベリーナイトだったり◎マッキーバッハだったり、いいところつけてる気がするんだけど、いかんせん着順が当たらない。マッキーバッハが完勝するレースとかそうそうない。

スズカヴァンガードとかまで考えたいレース。
8枠が自滅するような展開まで考えないといけなそう。
posted by cris at 05:20| Comment(0) | 週末の国営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする